単語記事: ウイスキー

編集  

ウイスキーウィスキーとは蒸留の一種である。

「洋」のカテゴリに位置づけられる蒸留の中ではブランデー、ジンウォッカテキーラなどと共に特に著名なものである。

概要

大麦トウモロコシ等の穀物類を糖化・発酵後に蒸留し、で熟成させて作られる。

ウイスキーの起は、麦から作られた醸造であるビールであり、ビールに対して当時の錬金術の技術であった蒸留をおこなうことで蒸留がつくられた。

そのようにして作られた蒸留から酒税を取ろうとした役人のから逃れるために蒸留に詰めて隠しておいた。後になって隠しておいた蒸留を取り出してみると、熟成が進み、琥珀色に色付き、すばらしい味のへと変化していた。

スコットランドスコッチウイスキー)では上記のような逸話が伝えられているが、あくまで伝承であり、どこまで真実っているかは不明である。ウイスキーの発祥は15世紀のアイルランドアイリッシュウイスキー)とされており、シェリーなど他ので先駆けて熟成が行われていたため、スコットランドそれらも真似たというのが実際のところではないかとも言われている。

ウイスキーアイルランド語の「命の」(イシュケ・バーハ)だと言われている。

製法

製法は原材料などによっても違いがあるが一例として書いておく。

大麦を発芽させて麦芽とし、ピート(泥炭)の煙で燻して成長を止める。麦芽の酵素によって糖化させてから濾過して麦汁を生成。それを蒸留器で蒸留して色透明の蒸留液とする。これをオーク等のに詰めて熟成させることで味が付き、琥珀色の原となる。

一般に売られているモルト・ウイスキーはこの原に加したもので、ブレンデッド・ウイスキーは複数の原を混合・加して作られる。

分類

ウイスキーの種類を大別すると以下のようになる。

生産地

ウイスキーの生産地として有名なのは、スコットランドアイルランドアメリカカナダの4である。
日本ウイスキー際的知名度は高まっており、また近年ではインドオーストラリア台湾ウイスキーが注されつつある。

スコットランド産のスコッチ・ウイスキーと、アメリカ産のバーボン・ウイスキーが特にメジャーバーボン較的グレーンが多く使われる傾向にあり、コーンやライ麦をメインにしたものもある。 

日本ウイスキーハイボール水割り用の大衆としても親しまれてきたが、近年では各種のシングルモルトウイスキー際的にも高い評価を得ている(ジャパニーズ・ウイスキー)。

ウイスキーの生産地別分類

日本の主なウイスキー製造メーカー

ジャパニーズウイスキーの一覧」の記事も参照のこと。

酒税による分類

日本では1953年に制定された酒税法で、アルコール度数による分類を行い、それぞれの税率を決めていた。

そのために、スコッチウイスキー内の本格的なウイスキーは高嶺のとなり、昭和時代の一般サラリーマンは二級の味の落ちるウイスキーくらいしか口にできなかった。

しかし1989年に等級分類が止されてアルコール度数に例した税が課せられることとなり、特級に分類されていたウイスキーは大幅に値下がりした。
さらに1997年にさらに税率が下げられ、かつて高嶺のと言われた銘柄やシングルモルトウイスキーも手ごろな値段で買えるようになった。 

飲み方

余談

関連動画

関連商品

関連コミュニティ

関連項目


【スポンサーリンク】

携帯版URL:
http://dic.nicomoba.jp/k/a/%E3%82%A6%E3%82%A4%E3%82%B9%E3%82%AD%E3%83%BC
ページ番号: 4130132 リビジョン番号: 2450842
読み:ウイスキー
初版作成日: 09/07/23 03:57 ◆ 最終更新日: 17/01/21 07:53
編集内容についての説明/コメント: 生産地別特徴を加筆。削除商品除去
記事編集 / 編集履歴を閲覧
このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事の掲示板に最近描かれたお絵カキコ

お絵カキコがありません

この記事の掲示板に最近投稿されたピコカキコ

ピコカキコがありません

ウイスキーについて語るスレ

136 : ななしのよっしん :2017/11/09(木) 23:04:55 ID: d9/INwkNNS
水割りストレートチェイサーとでも全く違う性格を見せるよね

せっかく日本に住んでるなら、「チェイサーピッチャーで頂戴」なんて頼み方して、
ストレートで色々飲んでみるのも面いかも
137 : ななしのよっしん :2017/11/24(金) 18:27:07 ID: dt/j+hd0To
うちのじいちゃんが
かなり濃いめで飲む→半分ぐらい飲んだら薄めつつ元の量に戻す
→半分ぐらい飲んだら薄めつつ元の量に戻す→半分ぐらい……
を繰り返して飲んでたらしいけどこれってどんな感じ?
138 : ななしのよっしん :2018/02/03(土) 07:25:40 ID: GC0BE+rTB+
>>135
ウイスキーは後的味覚を培う期間がいるよね
人によるかもしれんけど
139 : ななしのよっしん :2018/02/03(土) 20:37:50 ID: qjpdVcjayj
最近になって倉吉ってのをよく見かけるようになったが
あれスコッチと他社のジャパニーズを混ぜたのを売ってるだけなのね
他にも幾つか自社で作ったように見せかけてるだけのウイスキーがあるみたいだから聞き慣れないメーカーが出してるのには注意が必要かも

グレンロナック気になるけどどこにも置いてないんだよなあ。何でも近年シェリーカスク系のウイスキーバブル状態になってるらしくてどれも品薄状態みたいだ。グレンファクラスとかはまだそこまで高騰進んでないから今のうちに買い溜めした方がいいかもな
140 : ななしのよっしん :2018/02/04(日) 07:55:36 ID: GC0BE+rTB+
>>139
あれウイスキーに対する説明もあやふやで、ひと騒動あったみたいだね
産といってはみても日本にも色々居るからなぁ…
蒸留所はほんと楽しみだけどね

自分は日が浅いからシェリーカスクのシングルモルトは買ったことないや
バーボンシェリーの原がヴァッティングされたのなら知らずに飲んでいるんだろうけどね
アードベックも飲んでみたくて次に買うのが迷うな
141 : ななしのよっしん :2018/02/10(土) 12:16:31 ID: kSQfH2qo2j
最近見ないなと思っていたオールドエズラ12年。
いつのまにか終売になってたのか…
7年と千円くらいしか違わなかったしコスパ良すぎたからなぁ。
不足の並がついにスコッチジャパニーズでなくバーボンにまできたか…
すぐ終息すると思っていたウイスキーブーム思ったより長く続くな。
142 : ななしのよっしん :2018/03/01(木) 05:38:02 ID: qjpdVcjayj
>>135
とかいうウイスキーもどきアイラモルトを同列にするのはさすがにどうなのよ

ヘリオス造はそもそもウイスキー用のポットスチルを使わず、泡盛用の蒸留器を使って蒸留した麦をに詰め込んだだけのもの。一応ウイスキーの定義には当てはまってるけど味はどう見たってウイスキーのそれじゃない。ウイスキーを期待して飲んだ人があの反応なのは当然のことかと…そもそも何故あそこまで強ゴム臭がするのかすぎるし

アイラモルトはピート香はとびきり強いが確かにウイスキーらしく不純物の少ない研ぎ澄まされた味がする。ピートにモルトや味も感じられるし一見さんお断りなところはあるが間違いなく正統派ウイスキーだろ。ゲテモノはさすがに言い過ぎ
143 : ななしのよっしん :2018/03/03(土) 07:32:23 ID: GC0BE+rTB+
バーで試しにアードベック飲んでからアイラモルトにハマってしまったよ
個人の好みとしては辺の蒸留所のウイスキー最高だ
入門用に今まで飲んだスペイサイドのより圧倒的に好きだな
キャンベルタウンやスカイウイスキーも飲んでみてえなぁ
余市も蒸留所限定のやつがアイラっぽくて美味いし…厚蒸留所の10年後がマジで楽しみだ

スペイサイドオロロソ・シェリーカスクも飲んでみたが
ひたすら惹き込まれるような甘美な香りと味わいに余韻だった
心地良すぎて途中に寝そうになったくらいw

それでもスモーキーウイスキーにばかりがいってしまう辺り好みなんだろうなぁ…w
144 : ななしのよっしん :2018/03/03(土) 08:39:18 ID: GC0BE+rTB+
ノンピートアイラはまだ飲んだことないんだけどね…
145 : ななしのよっしん :2018/04/21(土) 14:25:43 ID: DnWoXqlKF5
>>139とか>>142に出てくるを見てみると、>>100摘してる通り、やっぱりジャパニーズウイスキーは粗悪なシロモノの域から抜け出せてないんだなあとしみじみ思う
ジャパニーズウイスキーなんて混ぜ物ばかりだし品質表示も怪しいし、ウイスキーではスコットランドアイルランドの二強であることに変わりはない
急上昇ワード
ニコニコニューストピックス
  JASRAC許諾番号: 9013388001Y45123
  NexTone許諾番号: ID000001829