単語記事: ウイスキー

編集

ウイスキーとは蒸留の一種で、洋の代表格である。

概要

大麦トウモロコシ等の穀物類を糖化・発酵後に蒸留し、で熟成させて作られる。

ウイスキーの起は、麦から作られた醸造であるビールであり、ビールに対して当時の錬金術の技術であった蒸留をおこなうことで蒸留がつくられた。
そのようにして作られた蒸留から酒税を取ろうとした役人のから逃れるために蒸留に詰めて隠しておいた。後になって隠しておいた蒸留を取り出してみると、熟成が進み、琥珀色に色付き、すばらしい味のへと変化していた。

このようなストーリーが伝えられているが、どこまでが真実なのかはわからない。

製法

製法は原材料などによっても違いがあるが一例として書いておく。

大麦を発芽させて麦芽とし、ピート(泥炭)の煙で燻して成長を止める。麦芽の酵素によって糖化させてから濾過して麦汁を生成。それを蒸留器で蒸留して色透明の蒸留液とする。これをオーク等のに詰めて熟成させることで味が付き、琥珀色の原となる。

一般に売られているモルト・ウイスキーはこの原に加したもので、ブレンデッド・ウイスキーは複数の原を混合・加して作られる。

分類

ウイスキーの種類を大別すると以下のようになる。

シングルモルト・ウイスキー
モルト、すなわち大麦の麦芽のみを用いて作られ、さらに一つの蒸溜所で生産された原ブレンドしたウイスキーブレンデッド・ウイスキーべるとブランドごとの個性が強い。なお、複数の蒸溜所の原ブレンドしたものは「ヴァッテッド・モルト」と呼称する。
本場・スコットランドではさらに生産地に基づいて分類されており、ハイランドローランド、スペイサイドアイラ、キャンベルタウンの5種類にアイランズを加えた分類が一般的である。アイランズを除き、地方によりある程度共通した特徴を持つ。
  代表的な銘柄:ザ・グレンリヴェット、ボウモア、エドラダワー、山崎余市
シングルカスク・ウイスキー
1種類だけで、他の原との混合、および加をせずに作られるウイスキー日本語で言うと出し原のため、基本的にアルコール度数が高い。カスクとはのことで、が持つ個性が凝縮されているため、出来の善し悪しの差が大きい。メーカーが直接売り出すケースはあまり多くなく、ボトラーズ(詰業者)による販売がほとんど。
グレーン・ウイスキー
トウモロコシやライ麦を原料に作られる。生産されるほとんどがブレンデッド・ウイスキーの材料として使われるが、一部ではグレーンだけを用いたものが売られている。
ブレンデッド・ウイスキー
複数のモルト・ウイスキーグレーン・ウイスキーを混合して作られるウイスキーシングルモルト・ウイスキーべるとマイルドな味わいで複雑な香りとなる。現在世界で消費されるウイスキーはこのブレンデッドが最も多い。
  代表的な銘柄:バランタイン、ジョニーウォーカーホワイト・ホース、

飲み方

ストレート
なにも手を加えずにグラスに注いだものをそのまま嗜む飲み方。それだけだとアルコール濃度がきついので、後からチェイサーと呼ばれるを別に飲んだりもする。neatとも
水割り
グラスに注いだ後にを足して薄める飲み方。大概氷も加えられる。おそらく日本では最も飲まれている飲み方。
ワイス・アップ
注いだウイスキーに同量のを加える飲み方。ウイスキーの調合を生業とするブレンダー(調合師)が薦めるレシピで、ウイスキーの香りが最もたちやすいとされる。ウイスキーは冷やさず室温がいいとか。
オンザ・ロックオーバーアイス
グラスに大きめの氷を入れておき、そこにボトルから注いで飲む。冷やされたウイスキーと氷の解け具合によって変わる濃度を楽しむ。
ハイボール
ウイスキー炭酸水割り。氷入りのグラスにウイスキーを注ぎ、さらに静かに炭酸を加え軽くステア。レモンの輪切りも添えて。
戦後から一般的な飲み方であるが、2000年代後半から若者を中心に飲まれ始め、近年のウイスキー普及をけん引している。
コークハイコーラハイ
炭酸の代わりにコーラを使って割ったハイボールコークハイという場合は、コカ・コーラを使う必要がある。
お湯割り(ホット・ウイスキー
でなくお湯で割って飲む嗜み方。場にどうぞ。
ウーロン茶割り
うんちマンガBARレモンハート』で登場人物のちゃんが好んで飲んでいるレシピ。余談だがっちゃんは最近になってようやく州12年の水割りを飲むようになった。
カクテル
厳密に言えば水割りハイボールなども広義のカクテルに含まれる。その他にもウイスキーベースカクテルは広く親しまれており、マンハッタンやゴッドファーザーなどが知られている。変わったところではホットコーヒー砂糖と生クリームアイリッシュウイスキーを加えたアイリッシュコーヒーなども。
ウイスキーベースカクテルはしばしば使うウイスキーによって名前が変わることがある。

生産地

ウイスキーの生産地として有名なのは、スコットランドアイルランドアメリカカナダ日本である。
近年ではインドオーストラリア台湾ウイスキーが注されつつある。

スコットランド産のスコッチ・ウイスキーと、アメリカ産のバーボン・ウイスキーが特にメジャーバーボン較的グレーンが多く使われる傾向にあり、コーンやライ麦をメインにしたものもある。 

日本ウイスキーハイボール水割り用の大衆としても親しまれてきたが、近年では各種のシングルモルトウイスキー際的にも高い評価を得ている(ジャパニーズ・ウイスキー)。

酒税による分類

日本では1953年に制定された酒税法で、アルコール度数による分類を行い、それぞれの税率を決めていた。

そのために、スコッチウイスキー内の本格的なウイスキーは高嶺のとなり、昭和時代の一般サラリーマンは二級の味の落ちるウイスキーくらいしか口にできなかった。

しかし1989年に等級分類が止されてアルコール度数に例した税が課せられることとなり、特級に分類されていたウイスキーは大幅に値下がりした。
さらに1997年にさらに税率が下げられ、かつて高嶺のと言われた銘柄やシングルモルトウイスキーも手ごろな値段で買えるようになった。 

余談

関連動画

関連商品

関連コミュニティ

関連項目


【スポンサーリンク】

携帯版URL:
http://dic.nicomoba.jp/k/a/%E3%82%A6%E3%82%A4%E3%82%B9%E3%82%AD%E3%83%BC
ページ番号: 4130132 リビジョン番号: 2276133
読み:ウイスキー
初版作成日: 09/07/23 03:57 ◆ 最終更新日: 15/10/17 14:43
編集内容についての説明/コメント: いくつか追記
記事編集 / 編集履歴を閲覧

この記事の掲示板に最近描かれたお絵カキコ

お絵カキコがありません

この記事の掲示板に最近投稿されたピコカキコ

ピコカキコがありません

ウイスキーについて語るスレ

100 : ななしのよっしん :2016/06/24(金) 23:25:21 ID: mHHb7gxFfL
ジャパニーズウイスキーって所詮精度のいいパチモンでしかないからなあ
仮にスコットランド人が日本真似して焼酎作っても通はも飲もうとは思わんだろ?
やっぱり本場のスコッチウィスキーが一番だよ。異論は認めない
101 : ななしのよっしん :2016/06/25(土) 00:24:08 ID: wOe/ZKworp
えーっとな、そもそも焼酎って蒸留の通称みたいなもんなんだが
世界中で焼酎は作ってるぞ
スコッチも起ってわけでもないし、言ってみればスコッチウイスキーもどこかの真似
まぁネタで、釣りで言っているのだと信じるよ
102 : ななしのよっしん :2016/07/01(金) 19:06:19 ID: BSurVFslvA
まず精度のいいパチもんって言うにしても、本場スコットランドと気土が違いすぎるのを考慮してないな。
しかも固有の木材による熟成(有名なのはミズナラ)なんて試みをシーバスリーガルも模倣してるし、
肥土知郎社長の手がけたウイスキーや、本坊造にマルスモルテージ3+25あたりを飲んだことがあれば、口が裂けてもそんなことは言えない。
もちろんスコットランド質が高いのは認めるが、お前の意見は余りにも狭量すぎるな。

タスマニアインドでもスコッチに迫るほど質の高いウイスキーを造っているし、
>>101の言うように焼酎世界中で造っていて、日本のもシャムタイ)→琉球九州真似を繰り返したものだ。
たとえ模倣でも美味けりゃ有り難いし、むしろスコットランド人の作った焼酎なら飲んでみたいわw
103 : ななしのよっしん :2016/07/05(火) 09:02:21 ID: j8IESHgU2O
とわいすあっぷっ!
104 : ななしのよっしん :2016/07/06(水) 19:01:28 ID: It0ValFSP0
ニッカトリスをよく飲むな。も好きだけど高いんだよな。ニッカは安いし。でもコスモスだとトリスの方が安いからトリスを最近はよく買うな。ロックをよく飲むが氷を溶かさないとキツイし、ハイボール水割りの方が飲みやすいな。
ただ、缶のハイボールはキツすぎる。ハイボールは自分で度合いを決めれるからいいんだよ。
105 : ななしのよっしん :2016/07/31(日) 02:37:45 ID: l6neIFPv+T
>>102
実際、向こうでのウイスキーの原ことニュースリッツ日本にも輸入されてるからな。原料が麦だから麦焼酎と言えなくもない。

逆に日本焼酎だって熟成させて色がついたのは存在する。
甲種でさえ宝酒造レジェンドが有名だ。種はもっと多い。

ただ日本の法規制ウイスキーと区別がつかなくなるため、ウイスキーレベルの色になったものは販売できないそうだ。
106 : ななしのよっしん :2016/08/31(水) 00:24:18 ID: BSurVFslvA
>>105
飲んだことあるよ。ニューポットとも言うね。
2~6年熟成、かつそんなにピート炊いてないやつだと本当に麦焼酎みたいなのもあったw
スコットランドの冷な気だと熟成が遅いというのもあるけど)
実際、麦焼酎との違いって醸すのに麹を使うか麦芽を使うかってだけだし。

熟の焼酎だと年の孤独とか有名だなー。味わいもスコッチとかブランデーに近いし。
でも色の濃さ≒熟成年数で酒税法上の規制があるのは知らなかった。
泡盛だと10年以上の古があるけど、瓶熟で色移りしにくいからなんだなーと納得。
107 : ななしのよっしん :2016/09/29(木) 18:53:25 ID: kSQfH2qo2j
歴史で言えばアイリッシュのがスコッチよりもずっと古いんだっけ?
まぁ、>>100に飲ませたら「なにこのパチモンウイスキーw」とかいいそうだけど。
108 : ななしのよっしん :2016/09/29(木) 23:05:21 ID: T/mIbNTD3i
ぶっちゃけ産地うんぬんより、人の好きこのみの話。ピートの強い香りがすきな人もいるし、のように軽やかな味わいが好きな人もいる
109 : ななしのよっしん :2016/10/29(土) 23:10:00 ID: OV2Bb7g0JV
成人して初めて飲んだ時は木の香りばかりが立って味を美味しいとは思えなかった。
  JASRAC許諾番号: 9011622001Y31015