単語記事: ウイスキー

編集

ウイスキーウィスキーとは蒸留酒の一種である。

「洋酒」のカテゴリに位置づけられる蒸留酒の中ではブランデー、ジン、ウォッカ、テキーラなどと共に特に著名なものである。

概要

大麦やトウモロコシ等の穀物類を糖化・発酵後に蒸留し、樽で熟成させて作られる。

ウイスキーの起源は、麦から作られた醸造酒であるビールであり、ビールに対して当時の錬術の技術であった蒸留をおこなうことで蒸留酒がつくられた。

そのようにして作られた蒸留酒から酒税を取ろうとした役人の目から逃れるために蒸留酒を樽に詰めて隠しておいた。後になって隠しておいた蒸留酒を取り出してみると、熟成が進み、琥珀色に色付き、すばらしい風味の酒へと変化していた。

スコットランド(スコッチウイスキー)では上記のような逸話が伝えられているが、あくまで伝承であり、どこまで真実を語っているかは不明である。ウイスキーの発祥は15世紀のアイルランド(アイリッシュウイスキー)とされており、シェリー酒など他の酒で先駆けて樽熟成が行われていたため、スコットランドそれらも真似たというのが実際のところではないかとも言われている。

ウイスキーの語源もアイルランド語の「命の水」(イシュケ・バーハ)だと言われている。

製法

製法は原材料などによっても違いがあるが一例として書いておく。

大麦を発芽させて麦芽とし、ピート(泥炭)の煙で燻して成長を止める。麦芽の酵素によって糖化させてから濾過して麦汁を生成。それを蒸留器で蒸留して無色透明の蒸留液とする。これをオーク等の樽に詰めて熟成させることで風味が付き、琥珀色の原酒となる。

一般に売られているモルト・ウイスキーはこの原酒に加水したもので、ブレンデッド・ウイスキーは複数の原酒を混合・加水して作られる。

分類

ウイスキーの種類を大別すると以下のようになる。

  • シングルモルト・ウイスキー
    • モルト、すなわち大麦の麦芽のみを用いて作られ、さらに一つの蒸溜所で生産された原酒をブレンドしたウイスキー。ブレンデッド・ウイスキーに比べるとブランドごとの個性が強い。
    • 複数の蒸溜所の原酒をブレンドしたものは「ヴァッテッド・モルト」と呼称する。
    • 代表的な銘柄:ザ・グレンリヴェット、ボウモア、エドラダワー、山崎、余市 等
  • シングルカスク・ウイスキー
    • 原酒1種類だけで、他の原酒との混合、および加水をせずに作られるウイスキー。日本語で言うと樽出し原酒のため、基本的にアルコール度数が高い。
    • カスクとは樽のことで、樽が持つ個性が凝縮されているため、出来の善し悪しの差が大きい。メーカーが直接売り出すケースはあまり多くなく、ボトラーズ(樽詰業者)による販売がほとんど。
  • グレーン・ウイスキー
    • トウモロコシやライ麦を原料に作られる。生産されるほとんどがブレンデッド・ウイスキーの材料として使われるが、一部ではグレーンだけを用いたものが売られている。
    • 代表的な銘柄:知多、ニッカカフェモルト 等
  • ブレンデッド・ウイスキー
    • 複数のモルト・ウイスキー、グレーン・ウイスキーを混合して作られるウイスキー。シングルモルト・ウイスキーに比べるとマイルドな味わいで複雑な香りとなる。現在世界で消費されるウイスキーはこのブレンデッドが最も多い。
    • 代表的な銘柄:バランタイン、ジョニー・ウォーカー、ホワイト・ホース、響 等

生産地

ウイスキーの生産地として有名なのは、スコットランド、アイルランド、アメリカ、カナダの4国である。
日本のウイスキーも国際的知名度は高まっており、また近年ではインド、オーストラリア、台湾のウイスキーが注目されつつある。

スコットランド産のスコッチ・ウイスキーと、アメリカ産のバーボン・ウイスキーが特にメジャー。バーボンは比較的グレーンが多く使われる傾向にあり、コーンやライ麦をメインにしたものもある。 

日本の国産ウイスキーはハイボールや水割り用の大衆酒としても親しまれてきたが、近年では各種のシングルモルトウイスキーが国際的にも高い評価を得ている(ジャパニーズ・ウイスキー)。

ウイスキーの生産地別分類

  • スコットランドスコッチ・ウイスキー
    • 原料となる麦芽(モルト)の乾燥過程でピートと呼ばれる泥炭を利用しており、そのスモーキーフレーバーが特徴となっている。
    • モルトウイスキーは産地に基づいて分類されており、ハイランド、ローランド、スペイサイド、アイラ、キャンベルタウンの5種類にアイランズを加えた分類が一般的である。アイランズを除き、地方によりある程度共通した特徴を持つ。
    • 各蒸留所のモルトのみを用いたシングル・モルトウイスキーが活況となりつつあるが、グレーンと混和したブレンデッド・ウイスキーが今なお主流である。
  • アイルランドアイリッシュ・ウイスキー
    • 大麦麦芽と発芽していない大麦、それにオート麦、小麦、ライ麦の5種を発酵させ、複数回蒸留するピュアモットスチルウイスキーが伝統的な製法となっている。
    • 現在ではスコッチ同様、モルトとグレーンを造り、それらを混和ないし単独で供給するのが主流である。
  • アメリカ合衆国アメリカン・ウイスキー
    • 原料にトウモロコシを半分以上用い、内側を焦がした新樽で熟成するバーボン・ウイスキーが著名。その中でもテネシー州で造られる蒸留直後の原酒をサトウカエデの炭で濾過したものはテネシー・ウイスキーとして区分されている。
    • 焦がした樽を用いないコーン・ウイスキーや、バードン同様に焦がした樽を用いるが原料にライ麦を用いたライ・ウイスキー、小麦を用いたホイート・ウイスキー、大麦を用いたモルト・ウイスキーも存在する。
  • カナダカナディアン・ウイスキー
    • ライ麦、トウモロコシ、大麦、ライ麦などを原料とし、混和して3年以上貯蔵したものと定義されている。
    • アメリカで禁酒法が存在した20世紀初頭、隣国という地勢の利を活かしてシェアを拡大、製造技術が確立されたと言われている。
  • 日本ジャパニーズ・ウイスキー
    • サントリー山崎蒸溜所の初代所長を務め、またニッカウヰスキーの創業者となった竹鶴政孝がスコットランドからその製造手法を学んだ影響により、日本のウイスキーはスコッチ・ウイスキーがベースとなっている。
    • 日本ではスモーキーフレーバーの強いウイスキーが黎明期には売れなかったことから、現在ではその香りを抑えた製品が主流となっている。

日本の主なウイスキー製造メーカー

「ジャパニーズウイスキーの一覧」の記事も参照のこと。

  • SUNTORY(サントリー)
    • モルトでは大阪府島本町に山崎蒸溜所、山県北杜市に白州蒸留所を持つ。またグレーンでは系列会社のサングレインの持つ知多蒸留所が愛知県知多市にある。
    • 各蒸留所の名を冠した「山崎」「白州」「知多」が代表銘柄。他に「」「オールド」「トリス」「角瓶」「ローヤル」「白瓶」「レッド」などと言ったブランドがある。
    • 海外ウイスキーメーカーや蒸留所の買収も積極的に行っており、直近ではバーボンのジム・ビームを2014年に子会社化した。日本ではそれらウイスキーの輸入代理店ともなっている。
  • ニッカウヰスキー
    • 北海道余市町に余市蒸留所、宮城県仙台市に宮城峡蒸留所がある。宮城峡蒸留所ではモルトのみならずグレーンウイスキーも製造している。
    • 代表銘柄にはシングルモルトの「余市」「宮城峡」、また創業者である竹鶴政孝の名を冠した「竹鶴」、普及価格帯の「ブラックニッカ」シリーズ、また「ハイニッカ」「スーパーニッカ」などが挙げられる。
  • KIRIN(キリン)
    • 子会社であるキリンディスティラリーが製造を手がける。静岡県御殿場市に富士御殿場蒸留所を持つ。
    • 代表銘柄に「富士山麓」「ロバートブラウン」「オークマスター樽薫る」がある。
    • 以前は系列会社のメルシャンがウイスキー事業を手がけており、「オーシャン」というブランドを有していた。長野県御代田町には軽井沢蒸留所が存在したが、2011年に閉鎖されている。
    • スコッチウイスキーの著名銘柄、「ジョニー・ウォーカー」の日本における販売も手がけている。
  • 本坊酒造
    • 鹿児島県鹿児島市に本社がある酒造メーカー。もとは焼酎の製造がメインであったが、「マルスウイスキー」としてウイスキーの製造も手がけている。
    • 蒸留所は信州マルス蒸留所(長野県宮田村)にある。もとは鹿児島市に置いていたが、1985年に移転したもの。後に南さつま市へマルス津貫蒸留所を新規に構えている。
  • 江井ヶ嶋酒造
    • 兵庫県明石市に本社がある酒造メーカー。日本酒製造が主であったが、サントリーの山崎蒸溜所完成より5年早い1919年にウイスキーの製造免許を取得しており、「ホワイトオーク」のブランドで販売を行っている。
    • 明石市にある現在の蒸留所は1984年に竣工した。

酒税による分類

日本では1953年に制定された酒税法で、アルコール度数による分類を行い、それぞれの税率を決めていた。

  • 特級:アルコール度数43度以上
  • 一級:アルコール度数40度以上43度未満
  • 二級:アルコール度数40度未満

そのために、スコッチウイスキーや国内の本格的なウイスキーは高嶺の花となり、昭和時代の一般サラリーマンは二級の味の落ちるウイスキーくらいしか口にできなかった。

しかし1989年に等級分類が廃止されてアルコール度数に比例した税が課せられることとなり、特級に分類されていたウイスキーは大幅に値下がりした。
さらに1997年にさらに税率が下げられ、かつて高嶺の花と言われた銘柄やシングルモルトウイスキーも手ごろな値段で買えるようになった。 

飲み方

  • ストレート
    • なにも手を加えずにグラスに注いだものをそのまま嗜む飲み方。
    • それだけだとアルコール濃度がきついので、後からチェイサーと呼ばれる水を別に飲んだりもする。neatとも。
  • 水割り
    • グラスに注いだ後に水を足して薄める飲み方。大概氷も加えられる。おそらく日本では最も飲まれている飲み方。
    • 海外では後述のトゥワイス・アップを除くとさほどメジャーではないと言われ、日本人ほかアジア人のアルコール耐性が遺伝子的に欧米人よりも低いのが日本で普及した要因と言われている。
  • トゥワイス・アップ(トワイス・アップ)
    • 注いだウイスキーに同量の水を加える飲み方。
    • ウイスキーの調合を生業とするブレンダー(調合師)が香りを測るときに用いるもので、ウイスキーの香りが最もたちやすい。
    • ウイスキーと水は冷やさず室温が良いとされる。
  • オン・ザ・ロック(オーバー・アイス)
    • グラスに大きめの氷を入れておき、そこにボトルから注いで飲む。
    • 冷やされたウイスキーと氷の解け具合によって変わる濃度を楽しむ。
  • ミスト
    • 砕いた氷(クラッシュド・アイス)にウイスキーを注いだもの。レモンピールを加えることもある。
    • ミストは霧の意味で、グラス外側に霧が張ることからこう呼ばれる。夏向き。
  • ウイスキーフロート
    • 氷入りのミネラルウォーターの上にウイスキーを浮かべたもの。
    • 飲むうちにストレートから水割りまでの味の変化を楽しむことができる。
  • ハイボール
    • ウイスキーの炭酸水割り。氷入りのグラスにウイスキーを注ぎ、さらに静かに炭酸水を加え軽くステア。レモンの輪切りも添えて。
    • 戦後から一般的な飲み方であるが、2000年代後半から若者を中心に飲まれ始め、近年のウイスキー普及を牽引している。
    • 飲食店等でウイスキーが出される場合、このメニューだけとなっている事も多い。
  • コークハイ(コーラハイ)
    • 炭酸水の代わりにコーラを使って割ったハイボール。コークハイという場合は、コカ・コーラを使う必要がある。
  • お湯割り(ホット・ウイスキー)
    • 水でなくお湯で割って飲む嗜み方。冬向き。
  • ウーロン割り
    • 酒うんちくマンガ『BARレモン・ハート』で登場人物の松ちゃんが好んで飲んでいるレシピ。
    • 余談だが松っちゃんは最近になってようやく白州12年の水割りを飲むようになった。
  • カクテル
    • 厳密に言えば水割りやハイボールなども広義のカクテルに含まれる。
    • その他にもウイスキー・ベースのカクテルは広く親しまれており、マンハッタンやゴッドファーザーなどが知られている。変わったところではホットコーヒーに砂糖と生クリーム、アイリッシュウイスキーを加えたアイリッシュコーヒーなども。
    • ウイスキーベースのカクテルは使うウイスキーによって名前が変わることがある。

余談

  • NATOフォネティックコードではアルファベットの「W」に「ウイスキー」があてられている。航空機のヘッドアップディスプレイなどに表示される、自機の姿勢や方位を示すW型のマークは「ウイスキー・マーク」とよばれる。
  • 1981年、ソ連海軍バルチック艦隊に所属する一隻の613型潜水艦が、航法士官のミスにより航路を180kmも外れて航行、更に見張り担当が岩礁を油の帯と見誤り、隣国スウェーデンの軍港からわずか10kmのスウェーデン領海内で座礁するという国際問題を引き起こした。
    • 613型の西側呼称がウィスキー級であったことから、ソ連の驚くほどお粗末なミスが原因のこの事件は、「ウィスキー・オン・ザ・ロック事件」として世界中から物笑いの種にされた。

関連動画

関連商品

関連コミュニティ

関連項目

  • ウィスキー(表記揺れタグ検索用)
  •  / アルコール
  • BAR
  • 酒のうまくなる曲
  • バーボンハウス
  • ウイスキーが、お好きでしょ
  • ジャックダニエル
  • ジャパニーズウイスキー
  • ジャパニーズウイスキーの一覧

【スポンサーリンク】

携帯版URL:
http://dic.nicomoba.jp/k/a/%E3%82%A6%E3%82%A4%E3%82%B9%E3%82%AD%E3%83%BC
ページ番号: 4130132 リビジョン番号: 2450842
読み:ウイスキー
初版作成日: 09/07/23 03:57 ◆ 最終更新日: 17/01/21 07:53
編集内容についての説明/コメント: 生産地別特徴を加筆。削除商品除去
記事編集 / 編集履歴を閲覧

この記事の掲示板に最近描かれたお絵カキコ

お絵カキコがありません

この記事の掲示板に最近投稿されたピコカキコ

ピコカキコがありません

ウイスキーについて語るスレ

105 : ななしのよっしん :2016/07/31(日) 02:37:45 ID: l6neIFPv+T
>>102
実際、向こうでのウイスキーの原酒ことニュースピリッツは日本にも輸入されてるからな。原料が麦だから麦焼酎と言えなくもない。

逆に日本の焼酎だって熟成させて色がついたのは存在する。
甲種でさえ宝酒造のレジェンドが有名だ。乙種はもっと多い。

ただ日本の法規制でウイスキーと区別がつかなくなるため、ウイスキーレベルの色になったものは販売できないそうだ。
106 : ななしのよっしん :2016/08/31(水) 00:24:18 ID: BSurVFslvA
>>105
飲んだことあるよ。ニューポットとも言うね。
2~6年熟成、かつそんなにピート炊いてないやつだと本当に麦焼酎みたいなのもあったw
(スコットランドの冷涼な気候だと熟成が遅いというのもあるけど)
実際、麦焼酎との違いって醸すのに麹を使うか麦芽を使うかってだけだし。

樽熟の乙類焼酎だと百年の孤独とか有名だなー。味わいもスコッチとかブランデーに近いし。
でも色の濃さ≒熟成年数で酒税法上の規制があるのは知らなかった。
泡盛だと10年以上の古酒があるけど、瓶熟で色移りしにくいからなんだなーと納得。
107 : ななしのよっしん :2016/09/29(木) 18:53:25 ID: kSQfH2qo2j
歴史で言えばアイリッシュのがスコッチよりもずっと古いんだっけ?
まぁ、>>100に飲ませたら「なにこのパチモンウイスキーw」とかいいそうだけど。
108 : ななしのよっしん :2016/09/29(木) 23:05:21 ID: T/mIbNTD3i
ぶっちゃけ産地うんぬんより、人の好きこのみの話。ピートの強い香りがすきな人もいるし、白洲のように軽やかな味わいが好きな人もいる
109 : ななしのよっしん :2016/10/29(土) 23:10:00 ID: OV2Bb7g0JV
成人して初めて飲んだ時は木の香りばかりが目立って味を美味しいとは思えなかった。
110 : ななしのよっしん :2017/01/09(月) 13:48:31 ID: p9RlmSAfZa
三ツ矢サイダーで割ると飲みやすいと思うのは私だけですか。
111 : ななしのよっしん :2017/01/16(月) 21:34:42 ID: l6neIFPv+T
>>110
コーラハイがあるわけだから砂糖炭酸割りはまあ有りだと思うよ。

しかしアイルランドにしろ、スコットランドにしろ、著名の原産国ではあんま消費されてないんだなウイスキーは。アメリカや日本フランスの消費量が英国上回るんだから。
フランスなんかどう見てもウイスキー沢山造ってる国とは思えんし(アメリカは地産地消もやってると言える)。

特に日本なんかここしばらくサントリーのハイボール攻勢とマッサンブームで持ち直すまで、ウイスキーの需要なんてだだ下がりだったのに(日本酒同様、長期低落にあった)、それでも英国より上とは。
112 : ななしのよっしん :2017/01/24(火) 17:47:57 ID: qjpdVcjayj
普段スコッチ党だが、新旧の余市を多めに使ったニッカ ブレンダーズスピリットとかいうのが出たと聞いて飲んでみたが、ピートの香りが全然違うな。
同じ泥炭でも土地柄によってここまで変わるとは。
113 : ななしのよっしん :2017/02/18(土) 02:33:54 ID: sDwVL4gi2/
>>100
サントリーは本物のスコッチを札束で頬を叩くやり方で買い叩いてウィスキー文化を破壊していたしボウモアも一時期酷くなったからなあ
やっぱりウイスキーはジャパニーズは二等品の域から抜け出せないよね。
日本人なら日本酒焼酎。
114 : ななしのよっしん :2017/02/22(水) 18:59:25 ID: kSQfH2qo2j
資本が変わったからってそれが原因で味が変わるわけねーだろ。
ボウモアは日本から遥か遠く離れた国の水と空気と麦で仕込んでいるのに。
つーか順番が逆だ。
一時期スコッチの質が著しく落ちたから客が離れてサントリーごときに買いたたかれたんだよ。
今は反省して大分戻してきたが。
  JASRAC許諾番号: 9011622001Y31015