単語記事: ウイスキー

編集

ウイスキーウィスキーとは蒸留の一種である。

「洋」のカテゴリに位置づけられる蒸留の中ではブランデー、ジンウォッカテキーラなどと共に特に著名なものである。

概要

大麦トウモロコシ等の穀物類を糖化・発酵後に蒸留し、で熟成させて作られる。

ウイスキーの起は、麦から作られた醸造であるビールであり、ビールに対して当時の錬金術の技術であった蒸留をおこなうことで蒸留がつくられた。

そのようにして作られた蒸留から酒税を取ろうとした役人のから逃れるために蒸留に詰めて隠しておいた。後になって隠しておいた蒸留を取り出してみると、熟成が進み、琥珀色に色付き、すばらしい味のへと変化していた。

スコットランドスコッチウイスキー)では上記のような逸話が伝えられているが、あくまで伝承であり、どこまで真実っているかは不明である。ウイスキーの発祥は15世紀のアイルランドアイリッシュウイスキー)とされており、シェリーなど他ので先駆けて熟成が行われていたため、スコットランドそれらも真似たというのが実際のところではないかとも言われている。

ウイスキーアイルランド語の「命の」(イシュケ・バーハ)だと言われている。

製法

製法は原材料などによっても違いがあるが一例として書いておく。

大麦を発芽させて麦芽とし、ピート(泥炭)の煙で燻して成長を止める。麦芽の酵素によって糖化させてから濾過して麦汁を生成。それを蒸留器で蒸留して色透明の蒸留液とする。これをオーク等のに詰めて熟成させることで味が付き、琥珀色の原となる。

一般に売られているモルト・ウイスキーはこの原に加したもので、ブレンデッド・ウイスキーは複数の原を混合・加して作られる。

分類

ウイスキーの種類を大別すると以下のようになる。

生産地

ウイスキーの生産地として有名なのは、スコットランドアイルランドアメリカカナダの4である。
日本ウイスキー際的知名度は高まっており、また近年ではインドオーストラリア台湾ウイスキーが注されつつある。

スコットランド産のスコッチ・ウイスキーと、アメリカ産のバーボン・ウイスキーが特にメジャーバーボン較的グレーンが多く使われる傾向にあり、コーンやライ麦をメインにしたものもある。 

日本ウイスキーハイボール水割り用の大衆としても親しまれてきたが、近年では各種のシングルモルトウイスキー際的にも高い評価を得ている(ジャパニーズ・ウイスキー)。

ウイスキーの生産地別分類

日本の主なウイスキー製造メーカー

ジャパニーズウイスキーの一覧」の記事も参照のこと。

酒税による分類

日本では1953年に制定された酒税法で、アルコール度数による分類を行い、それぞれの税率を決めていた。

そのために、スコッチウイスキー内の本格的なウイスキーは高嶺のとなり、昭和時代の一般サラリーマンは二級の味の落ちるウイスキーくらいしか口にできなかった。

しかし1989年に等級分類が止されてアルコール度数に例した税が課せられることとなり、特級に分類されていたウイスキーは大幅に値下がりした。
さらに1997年にさらに税率が下げられ、かつて高嶺のと言われた銘柄やシングルモルトウイスキーも手ごろな値段で買えるようになった。 

飲み方

余談

関連動画

関連商品

関連コミュニティ

関連項目


【スポンサーリンク】

携帯版URL:
http://dic.nicomoba.jp/k/a/%E3%82%A6%E3%82%A4%E3%82%B9%E3%82%AD%E3%83%BC
ページ番号: 4130132 リビジョン番号: 2450842
読み:ウイスキー
初版作成日: 09/07/23 03:57 ◆ 最終更新日: 17/01/21 07:53
編集内容についての説明/コメント: 生産地別特徴を加筆。削除商品除去
記事編集 / 編集履歴を閲覧

この記事の掲示板に最近描かれたお絵カキコ

お絵カキコがありません

この記事の掲示板に最近投稿されたピコカキコ

ピコカキコがありません

ウイスキーについて語るスレ

107 : ななしのよっしん :2016/09/29(木) 18:53:25 ID: kSQfH2qo2j
歴史で言えばアイリッシュのがスコッチよりもずっと古いんだっけ?
まぁ、>>100に飲ませたら「なにこのパチモンウイスキーw」とかいいそうだけど。
108 : ななしのよっしん :2016/09/29(木) 23:05:21 ID: T/mIbNTD3i
ぶっちゃけ産地うんぬんより、人の好きこのみの話。ピートの強い香りがすきな人もいるし、のように軽やかな味わいが好きな人もいる
109 : ななしのよっしん :2016/10/29(土) 23:10:00 ID: OV2Bb7g0JV
成人して初めて飲んだ時は木の香りばかりが立って味を美味しいとは思えなかった。
110 : ななしのよっしん :2017/01/09(月) 13:48:31 ID: p9RlmSAfZa
三ツ矢サイダーで割ると飲みやすいと思うのは私だけですか。
111 : ななしのよっしん :2017/01/16(月) 21:34:42 ID: l6neIFPv+T
>>110
コーラハイがあるわけだから砂糖炭酸割りはまあ有りだと思うよ。

しかしアイルランドにしろ、スコットランドにしろ、著名の原産ではあんま消費されてないんだなウイスキーは。アメリカ日本フランスの消費量が英国上回るんだから。
フランスなんかどう見てもウイスキー沢山造ってるとは思えんし(アメリカは地産地消もやってると言える)。

特に日本なんかここしばらくサントリーハイボール攻勢とマッサンブームで持ち直すまで、ウイスキーの需要なんてだだ下がりだったのに(日本酒同様、長期低落にあった)、それでも英国より上とは。
112 : ななしのよっしん :2017/01/24(火) 17:47:57 ID: qjpdVcjayj
普段スコッチ党だが、新旧の余市を多めに使ったニッカ ブレンダーズスピリットとかいうのが出たと聞いて飲んでみたが、ピートの香りが全然違うな。
同じ泥炭でも土地柄によってここまで変わるとは。
113 : ななしのよっしん :2017/02/18(土) 02:33:54 ID: sDwVL4gi2/
>>100
サントリーは本物のスコッチを札束でくやり方で買いいてウィスキー文化を破壊していたしボウモアも一時期酷くなったからなあ
やっぱりウイスキージャパニーズは二等品の域から抜け出せないよね。
日本人なら日本酒焼酎
114 : ななしのよっしん :2017/02/22(水) 18:59:25 ID: kSQfH2qo2j
資本が変わったからってそれが原因で味が変わるわけねーだろ。
ボウモア日本からか遠く離れた空気と麦で仕込んでいるのに。
つーか順番が逆だ。
一時期スコッチの質が著しく落ちたから客が離れてサントリーごときに買いたたかれたんだよ。
今は反して大分戻してきたが。
115 : ななしのよっしん :2017/02/27(月) 21:31:48 ID: R2TKfOjkNh
>>113
ボウモアの味が落ちて潰れかかってた頃にサントリーに買われて生き延び、
伝統的な手法は維持しながらサントリーに品質善してもらって
元の美味しいボウモアに戻った話を知らんのか(呆れ)

サントリーが買わなけりゃボウモアは今頃潰れて影も形もくなってるよ
116 : ななしのよっしん :2017/03/05(日) 13:39:25 ID: kSQfH2qo2j
サントリーのおかげで生き延びたのは事実だが、サントリーのおかげで品質が善されたわけじゃない。
というか、ウイスキーの品質なんてものは生産量しだいだ。
かつてスコッチの質が著しく落ちたのは思慮に生産を拡大して
あまり質の良くない原が大量に出回ったから。
で、そのおかげで客が離れて、どこも経営難になって、
生産量も縮小整理されたおかげで厳選された原だけが出回るようになり
今日世界ウイスキーブームの復活に繋がっている。
ウイスキーってのは自然が時間をかけて作り出すものなんだ。
企業や生産者の都合でどうこうできるもんじゃない。
  JASRAC許諾番号: 9011622001Y31015