単語記事: ウォッカ

編集  

ウォッカ(водка、vodka)とは、ロシア人の燃料である。
最近はよりロシア語に近い発音としてウォツカウォトカ、ヴォトカなどとも表記される。

概要

ロシア中東欧などで広く飲まれる蒸留ジン焼酎と同様、様々な素材を原料として作られる。ライ麦・大麦ジャガイモなどを原料とすることが多い。原白樺の炭で複数回ろ過するので、ほぼ色透明臭のお酒である。ジンラムテキーラとともに4大スピリッツと呼ばれることもある。

カクテルに用いると、素材味を生かしたままらしく仕上げることができる。カクテル作りではジンと並んで出番の多い蒸留である。バンドで例えれば腕の立つベーシストドラマーといったところか。
フルーツジュースとの相性は抜群で、生フルーツを用いたカクテルを作るときにアルコール分を確保するのに重宝する。氷結など一部のチューハイでは焼酎の代わりに原料として用いられている。

本場ロシアではストレートで飲むことが原則とされ、や氷を加えたり、カクテルにするなどの飲み方は本来は邪とされる。冷凍庫で冷やすか、厳寒期には戸外で氷点下まで冷やしとろりとさせたものをストレートで飲むこともある。ただしアルコールは全身の血管を拡し、結果として体温の発散を高めるために、ほんとに寒いときはアルコールの摂取は避けた方がいい。死ぬよ?

その他、しばしばロシア文学民間療法などに登場し、ロシア人とロシア文化の要な一を担っている飲料である。ロシアではウォッカアルコール度数は40度が標準となっているが、これについてはウォッカの製造法を標準化し度数を定めたのは周期表で有名な科学者メンデレーエフだという俗説がある。

飲みで有名だったボリス・エリツィン大統領一行が来日した際には、泊まったホテルにあったウォッカが払底し仕方なくジンブランデーを供したなどと言う逸話も残っているが、現在ロシアでは経済発展に伴って健康志向が広まっており、ウォッカの消費は冷え込んでいる。

ほかの蒸留と同様、様々なブランドが存在し、それぞれ個性がある。自信があるならば飲みべてみるのも一。本来は精製された臭で純エタノールに近いものが上質とされるが、スパイスや香などで味をつけたフレーバード・ウォッカも普及している。

ちなみに、英語のwaterと同で、印欧祖 *wed-/wod-””。それが変化して出来たロシア語を表す "вода(voda)" に縮小辞をつけたもの。ようするに、のようなもの、に準じるものというのが本来の意味。

ウォッカにまつわる伝説

…そして最後にディミトリー大公が、タタールの軛からロシアを解放した。彼は1380年、ドン河畔の戦闘でママイ汗を打ち破り、それによってドンコイと言う尊称を得た。これはドンの、と言う意味で、の精が大公に加勢したので、迷信深いタタール軍が逃走したといわれている。

そうだったにしても、の精の魔は長持ちしなかった。すでに二年後にはトフタムイシ汗が押し寄せて、土を荒らしモスクワを - 初めて - 焼き払っているからである。なるロシアは戦りつした。

大公ディミトリー・ドンコイは逃げた。遠くから自分の町が燃えるのをながめた。彼は切りしゃがみ、あごに手を当てて泣いた。その前につぼがあった。あつい涙がつぼに落ちた。なるディミトリーが立ち上がって、さらにを走らせたあと、一人の百姓がそのつぼを見つけた。彼は、だと思って、のどが渇いていたので飲んだ。舌を刺すような味がしたが、うまいことはうまかった。つぼを飲みほして、百姓酔っぱらった。

なるディミトリーは」

と彼は鼻歌を歌った。

「お泣きであった。おれが、涙を飲んでやった。これを飲むやつは泣かなくちゃならん。」

ぼの中には少し麦が入っていたのだ。それがモスクワ火事にあぶられ、大公の涙がひたすうち、ウォッカになったのである。ウォッカはディミトリーの涙からできたのである。ウォッカは人を悲しくする。

「ディミトリー大公の涙」より(世界伝説1、 / ぎょうせい / 1979)

関連動画

関連商品

ロシア
 

ポーランド
 

韓国

ぶどうで造ったウォッカ(フランス産)

関連項目


【スポンサーリンク】

携帯版URL:
http://dic.nicomoba.jp/k/a/%E3%82%A6%E3%82%A9%E3%83%83%E3%82%AB
ページ番号: 4133147 リビジョン番号: 2440772
読み:ウォッカ
初版作成日: 09/07/29 23:32 ◆ 最終更新日: 16/12/23 08:54
編集内容についての説明/コメント: 銘柄を追加
記事編集 / 編集履歴を閲覧
このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事の掲示板に最近描かれたお絵カキコ

お絵カキコがありません

この記事の掲示板に最近投稿されたピコカキコ

ピコカキコがありません

ウォッカについて語るスレ

83 : ななしのよっしん :2016/04/16(土) 18:49:59 ID: BvlrbyLq4R
ロシア人にとっての「」はウォッカであってビールカクテルジュース
84 : ななしのよっしん :2016/11/20(日) 01:52:10 ID: HP866rp73e
アブソルートが大当たりすぎる。間違いなくストレートで味わうべきお酒
甘く芳醇な香りと天然甘味、それでいて一切クセや雑味のないクリアーな味わい。
これで1300円とかを疑った。
そもそもウォッカなのかこれ?かなり方向性違うよね。
85 : ななしのよっしん :2017/01/17(火) 16:02:14 ID: LaY/L4coUa
元を糺せば別の者だったが、後世に定義が統一されて今では両方ともウォッカ扱いだった記憶。
大別して、東欧ロシアで呼び名が違い、東欧でもポーランド等地域ごとで発祥の逸話が異なるとかなんとか

それは飲みたい。
86 : ななしのよっしん :2017/02/07(火) 00:40:32 ID: HP866rp73e
アブソルートの生産地のオーフス村で調べてもデンマーク第二の都市ばかり出て疑心暗鬼になったけど
よく調べたら本当にスウェーデンにオーフスと工場があるようだ
生産地詐称かと思った
87 : ななしのよっしん :2017/02/10(金) 22:11:04 ID: mjWC5Rwf8k
>>83
ロシア人にとっての ×
ロシア人にとっての ○
88 : ななしのよっしん :2017/02/17(金) 00:56:24 ID: R8k7VWYFiv
アブソルートのエリクスが通常タイプアブソルートウォッカ
どう味が違うのか気になる
89 : ななしのよっしん :2017/07/28(金) 00:44:13 ID: JUcniMqzuv
アルコール筋症で飲んだらダメよされて半年
ふっと飲みたくなるのはウイスキーでも日本酒でもなくウォッカ
あああ飲みたい
90 : ななしのよっしん :2017/08/03(木) 14:27:20 ID: XP+GN1SCmq
故にはこの掲示板を見てしまったのか、飲みたくて仕方ない。
91 : ななしのよっしん :2017/10/13(金) 16:43:03 ID: GJzU1afn0H
ウォッカ(Водка)の(вода)。
「-ка」の部分は形変化で「-ちゃん」みたいな親しみを込めた意味が込められているそうな。
ウクライナ人のロシア語教師に習ったから間違いはないはず。
92 : ななしのよっしん :2017/11/02(木) 21:44:10 ID: rHxBneHq/a
モスクワお土産屋に行ったときに透明の液体をおすそ分けされたんで
だと思って飲んだら頭の中をガツンとした衝撃が襲った
聞いてみたら案の定ウォッカだったが、現地の人はあんなのを常飲してんのか…と思った
急上昇ワード
ニコニコニューストピックス
電ファミwiki
  JASRAC許諾番号: 9013388001Y45123
  NexTone許諾番号: ID000001829