単語記事: ウサマ・ビンラディン

編集
人物
ウサマ・ビン・ムハンマド・ビン・アワド・ビン・ラディン
基本情報
生年 1957年3月10日
生誕地 ウジアラビア・リヤド
没年 --
死没地 --
出身地 ウジアラビア・リヤド
ウジアラビア
本名 أسامة بن محمد بن عوض بن لادن
別名 --
職業・肩書 --
備考・その他
人物テンプレートボックス

ウサマ・ビンラディンは、サウジアラビア出身のイスラム教徒。イスラム過激派アルカイダ導者である。

概要

ウジアラビア建築関係の財閥「サウジビンラディングループ」を柱としたラディン一族に生まれる。

1979-89年のソ連アフガニスタン侵攻のさい、身と資財を擲ってソ連と戦った。この時にアルカイダの原となった軍事ネットワークを作ったとされる。

戦争後には過反米活動を展開したため、を追われてアフガニスタンのタリバン政権に身を寄せた。ここを拠点に様々なテロ活動を示し、その極めつけが2001年9月11日アメリカ同時多発テロであった。

アメリカビンラディン含むアルカイダメンバーの身柄引き渡しを要したが、タリバン政権はアルカイダの犯行を否認して拒否した。このためにアメリカアフガニスタンに侵攻し、タリバン政権を崩壊させたが、ビンラディンは見つからなかった。

以後、死亡説と生存説が重ね重ね繰り返されてきたが、2011年5月1日アメリカ政府がビンラディンを発表した。

関連動画

時代が追いついた(左)

お絵カキコ

関連生放送

関連商品

関連コミュニティ

関連項目


【スポンサーリンク】

携帯版URL:
http://dic.nicomoba.jp/k/a/%E3%82%A6%E3%82%B5%E3%83%9E%E3%83%BB%E3%83%93%E3%83%B3%E3%83%A9%E3%83%87%E3%82%A3%E3%83%B3
ページ番号: 4623776 リビジョン番号: 2249951
読み:ウサマビンラディン
初版作成日: 11/05/03 00:52 ◆ 最終更新日: 15/08/21 02:38
編集内容についての説明/コメント: お絵カキコ追加。
記事編集 / 編集履歴を閲覧

この記事の掲示板に最近描かれたお絵カキコ

お絵カキコがありません

この記事の掲示板に最近投稿されたピコカキコ

ピコカキコがありません

ウサマ・ビンラディンについて語るスレ

109 : ななしのよっしん :2012/10/23(火) 20:24:42 ID: nQFEhqjGQT
原理義者というやつほど原典を独自解釈してたりするもんです
110 : ネットウヨ :2012/11/29(木) 22:09:15 ID: pK0QHPpp2S
CIAアルカイーダだ!!」
111 : ななしのよっしん :2013/01/25(金) 01:04:12 ID: pWgC0QeIhq
戦の方のジハードも元々は攻撃されたらやり返す事って事だからな、しかも宗教的な迫とかそういう意味で
112 : ネットウヨ :2013/02/20(水) 13:49:49 ID: pK0QHPpp2S
偉大なる組織の導者。ビンラディン閣下
ALL heil
113 : ななしのよっしん :2013/08/04(日) 21:35:59 ID: caQcbM29mI
も地位ももちのんびりを暮らせるもあったが
それを捨てて戦い抜いた男。
日本にも韓国企業報道と言った悪しき犯罪組織と
戦う戦士が育たないと駄だね
114 : ななしのよっしん :2013/08/04(日) 21:44:40 ID: iYhqXoE1V/
むしろ地位とがあったから色々やる余裕があったとも
どん詰まりか持ちでもなきゃこういうことやる気にならんじゃないの?
115 : ななしのよっしん :2013/08/31(土) 18:32:09 ID: uM6KGF6KA1
BF3だけでなくBO2にも出てくるとは大人気だな
116 : ななしのよっしん :2014/08/11(月) 13:41:12 ID: uc1S9Tzj1X
アメリカの思惑に翻弄された犠牲者と言えなくもない
117 : ななしのよっしん :2015/11/17(火) 19:01:12 ID: WjalX4ILa9
ビンラディンがやったのは、ナチスドイツの自滅的な反西洋思想(オクシデンタリズム)を信じたこと、中世のはずれ者集団が実行してしくじった自殺戦法を近代に持ち込んだこと

>『反西洋思想』(新潮社2006年
>「狂気」を好むビン・ラディン
>オサマ・ビン・ラディンが、若い信奉者たちにハッパをかける際に用いる「死の崇拝」的レトリックには、カミカゼとの類似点が多い。1996年、19人の兵が死亡したサウジアラビアアルコバールタワー軍宿舎爆破事件から2ヶ後に行われたインタビューで、ビン・ラディンはこう言っている。
>「恐れを知らぬ勇敢なイスラムの若者たちが、アルコバールを爆破して、十字軍の軍隊は砂と消えた。死の恐怖によって脅されれば、彼らはこう答える。『私の死は勝利だ』と」。
>彼の若き戦士たちはアメリカ兵士たちとは異なっている。なぜならば「アメリカの問題は『どうやって、戦うように軍隊を説得するか』だが、々の問題は『どうやって先に戦おうとする若者たちを抑制するか』にあるからだ」。ビン・ラ
(省略しています。全て読むにはこのリンクをクリック!)
118 : ななしのよっしん :2015/11/17(火) 19:03:11 ID: WjalX4ILa9
>「暗殺教団」はシリアペルシャの要塞に身を潜め、リーダーへの絶対的従を精巧な儀式的自殺によって表現した。命じられれば、なく崖から身を投じた。殺人行為はな義務として遂行した。暗殺の際、一使用を許された武器は短で、殺人を成し遂げた後には自らも名誉ある死を遂げることになっていた。(p. 116
>しかし理由は何であれ、彼らの特殊戦法は失敗に終わった。「暗殺教団」の活動は、遠征してきたモンゴル軍に打ち砕かれ、13世紀中頃までに終わった。
>これで一つのパターン確立された。すなわち、宗教的反逆者が、被抑圧層、貧困層、不満を抱く層にむけて、「この世にの王を復するため死ぬまで戦い続けよう」と呼びかける構図である。
>それでも「死のカルト」に訴えたイスラムリーダーたちは、倒そうとした当の支配者の屋で最期を迎えるというのがほとんどだった。(p. 117
  JASRAC許諾番号: 9011622001Y31015