単語記事: ウルトラマンガイア

編集

ウルトラマンガイアとは、1998年から1999年にかけてTBS系列で放映されたウルトラシリーズまたはその主人公の名前である。

概要

平成ウルトラシリーズ3部作の最後を飾る作品。

ウルトラマンティガとウルトラマンダイナが同一世界観だったのに対して、劇中時間と実際の放映時間が同じということになっている。また、M78星雲とのつながりが完全に断ち切れており、劇中で「地球の光」という言葉が出ている通り、完全に地球出身のウルトラマンである。そのため、変身のタイムリミットは存在しない(ただしライフゲージというカラータイマーに相応する部分は存在し、エネルギーの消耗等により変身が解けることはある)。

最大の特徴はライバルとなるウルトラマン、ウルトラマンアグルが設定されたことである。アグルは物語の半ばで退場する予定だったのだが、爆発的な人気が出たため復活して最終回まで登場することとなった。

放送当時が世紀末が近いことからか、敵が「根源的破滅招来体」という実態のよく分からないものに設定されている。破滅招来体はあえてその正体を見せるよりは、脚本家や監督の中にあるそれぞれの破滅招来体を描くことにし、宇宙怪獣、精神寄生体、魔神、悪魔、天使といった幅広い敵を生み出すことになった。

ガイアでは防衛チームのXIG(eXpanded Interceptive Gardians)は複数のチームから成り立っており、航空戦力はチームライトニング、ファルコン、クロウ。地上戦力はハーキュリーズ(ヘラクレス)、海中戦力はマーリン(カジキ)、初のレスキュー専門部隊シーガル(カモメ)と分担されている。
ライドマシンが六角柱の状態で待機できるようになっており、専用の輸送艦ピースキャリーで現場まで輸送し展開するというシステムが採用されていた。

上部組織にG.U.A.R.D(Geocentric Universal Alliance against the Radical Destruction)が存在し、従来のシリーズよりミリタリー色の強い組織になっていた。

主な登場人物

高山我夢/ウルトラマンガイア(演:吉岡毅志)
天才学者集団『アルケミースターズ』出身で、量子物理学の研究を行っている青年。コッヴ襲来の際、地球から「ウルトラマンガイア」の力を授かり、それを機にXIGへアナライザー(異常現象や怪生物の分析担当)として入隊する。1980年代に世界中で誕生した天才児の一人であり、XIGの活動拠点であるエリアルベース、また戦闘機・XIGファイターに搭載されている反陽子浮揚メカニズム「リパルサーリフト」を開発したのも彼である。
前2作の主人公と違い、ウルトラシリーズ屈指の超頭脳を持つ主人公であるためか、序盤の戦闘(アパテーやボグラムなど)においては苦戦を強いられることが多かったものの、後半ではトレーニングや独自の戦法(投げ技等)を編み出したことによって強くなっていった。
ちなみにダイゴ(ティガ)・アスカ(ダイナ)と違い、戦闘機(XIGファイターEX)で出撃した際の被弾率は極めて少ない(というか一度も撃墜されていない。これも我夢の開発したAI、PALによる操縦のなせる業)。
藤宮とは当初は互いの意見の相違から2度にわたり激突することとなるが、アグルV2復活時に和解。その後は人類と地球のために共闘していく。
藤宮博也/ウルトラマンアグル(演:高野八誠)
本作のもう一人の主人公でありライバル。詳細はウルトラマンアグルの項目を参照。
石室章雄(演:渡辺裕之)
XIGの司令官であり、隊員からは「コマンダー(または石室コマンダー)」と呼ばれている。
基本的にはエリアルベースから司令官として隊員たちに指示を出しているが、意外と行動派な部分があったり熱血的な部分もあったりする。
部下・隊員からの信頼は厚い。我夢=ガイアということに早くから気付いていたようだが…?

ウルトラマンガイア

我夢が自ら開発した変身アイテム「エスプレンダー」に込められた大地ので変身する。
前述の通り、地球上における変身のタイムリミットは存在しない。ただし変身者の身体能力がそのままあらわれるらしく、序盤は打たれ弱い面も多かった。
ガイア」という名前はギリシャ神話に登場する大地の女神ガイア、劇中ではガイア理論に由来する。

※ウルトラマンガイアの声は全て高山我夢役の吉岡毅志が声を演じている。

ウルトラマンガイア(V1)
基本カラーは赤。
必殺技の「フォトンエッジ」はそれまでのウルトラマンシリーズとは違った独特のモーションとなっており、当時の視聴者達に衝撃を与えた。もう一つの必殺技として「クァンタムストリーム」もあるが、初登場で敵を倒せなかったというウルトラ的なお約束を破ったり、中断することも多かった。ちなみにこの技は溜めポーズをしなくても撃てたり、ウルトラセブンのワイドショットのように腕をL字に組んでも撃てる。
ウルトラマンガイア(V2)
我夢が藤宮から託されたアグルの青い光の力を得て、パワーアップしたガイア。V2はバージョン2(Version2)の意味。
特徴は胸のプロテクター(ガイアブレスター)のラインが黒くなっている点。またアグルV1の技も全て使うことができる。V1の必殺技も強化されているうえ、自身とアグルの光の力を最大に解放することによってSV(スプリーム・ヴァージョン)へと強化変身することができる。
このV2になってからは変身の際、赤の青両方の光が現れるようになった。
ウルトラマンガイア(SV)
ガイアV2がさらにパワーアップした姿。SVはスプリームヴァージョン(SUPREME VERSION)の意味、スプリームとは「最高の」を意味する。
V2に比べてかなりマッチョになっており、身体カラーは赤・銀・黒・・青と派手。
肉弾戦においては圧倒的なパワーを誇り、必殺技の「フォトンストリーム」はまさに必殺である(直撃した怪獣は全員爆散している)。 当初は時間制限などは無かったが、途中から「一分」という制限がついた。別名「投げの鬼」。
実質のSV初戦闘(ミーモス戦)では敵を9回投げまくり、その後も(一部を除き)1戦に一度は投げ技を使用している(本編中では計40回以上投げている)。本編中でのこのフォーム自体の成績は無敗。そのため一見チート形態のようにもみえるが、他のチート扱いのウルトラマンと違い、「奇跡的な力」や「超能力」などをほとんど使わず単純にパワーで圧倒する為「純粋に強い」というのが正しいと思われる。
最終回のみこの形態に直接変身している。

主な必殺技

フォトンエッジ
ウルトラマンガイアを象徴する必殺技。
V1時ではガイアの持つ最強の技であり、アグルの「フォトンクラッシャー」と同等の威力がある。
頭部にエネルギーを溜め、鞭のようにしならせながら光の刃を放つ技であり、V2時にはさらに威力を増している。
中盤からは足がガクガク震えるモーションが入るようになり、より力を込めるような描写になっている。
クァンタムストリーム
ガイアの持つ第二の必殺技で、アグルの「リキデイター」と対を為す技。一応はスペシウム系の必殺技に分類される。
初使用で敵を倒せなかったり(アパテー戦)、妨害・我夢自身のためらいなどによって中断することが多く、フィニッシュとして使うことも少なかった。
ただ回を重ねるごとに威力が増していく描写があり、この技の威力の上がり方が我夢の成長を表しているとも言える。
フォトンストリーム(SV時のみ)
ガイアSV時のみ使用できる、ガイアの持ちうる最強必殺技。本編中でこの技に直撃した敵は例外無く爆散している。フォトンエッジ以上に独特のポーズ。
この技のためだけにSVになることも多かった。
シャイニングブレード(SV時のみ)
SV時の第二の必殺技。
両手から光のブーメランと飛ばす技で、使用回数は少ないが威力は高い。
フォトンクラッシャー(V2以降)
アグルの力を受け継いだことによって使用できるようになった技。
ただしアグルとはポーズが若干違い、ほとんどが簡易版のようなモーションになっている。
また、宇宙空間ではこの技を使うことが多い(ソースは不明だが、理由は「フォトンエッジとフォトンストリームは地面に足がついていないと使えない」為であるらしい。同様の理由で、空中ではクァンタムストリーム・シャイニングブレードの使用率が高い)。
リキデイター(V2以降)
フォトンクラッシャー同様アグルの力を受け継いだことによって使用できるようになった技。
初使用のミーモス戦ではアグル同様青い球体だったが、クインメザード戦では赤い球体になっている。
アグルブレード(V2以降)
フォトンクラッシャー同様アグルの力を受け継いだことによって使用できるようになった技。
 腕から青い光の剣を発生させる(ただし手元はアグルと異なり赤く光っている)。
バーストストリーム/ストリーム・エクスブロージョン(ガイアSV・アグルV2の合体技)
ガイアSVのフォトンストリームと、アグルV2のアグルストリームを合体させ、更に強力な光線を放つ大技。
最終回のみ使用され、互いに必殺技のポーズが若干異なる。
なお、超コッヴ&超パズズ戦で使用されたのは「ダブルストリーム・クラッシャー」と呼ばれる同時発射の合体技である。

ウルトラマンアグル

「ウルトラマンアグル」の項目を参照。

関連動画

そして15年後・・・

2013年、「ウルトラマン列伝」にて15周年を記念し、新年に劇場版の4分割放送、そして5月にウルトラマンガイアを振り返る(紹介する)特集が2週連続で放送された。

劇場版の放送時は、我夢本人が当時を振り返るという形でウルトラマンゼロの代わりにナビゲーターを行い、パラレルワールドについての解説や、自身に起きた不思議な出来事を語った。
そして同年5月のガイア特集では、我夢に加えて藤宮もナビゲーターとして参加。劇場版放送では登場しないアグルの活躍、そして今に至る経緯を振り返りつつ視聴者に説明してくれた。

本放送の我夢と藤宮は「大決戦!超ウルトラ8兄弟」のような別世界の同一人物ではなく、「ウルトラマンガイア」本編の2人(公式ブログでは「イマ我夢・イマ藤宮」と呼ばれている)である。またガイア特集の最後には二人の変身シーンを新撮映像付きで観ることができる。特に藤宮(高野氏)の変身はOVを除けば実に15年ぶり。

関連商品

関連コミュニティ

関連項目

  • 特撮作品一覧
  • ウルトラマン
  • 平成ウルトラシリーズ3部作
    • ウルトラマンティガ
    • ウルトラマンダイナ
  • ウルトラマンガイア!(主題歌)
  • 小中千昭

【スポンサーリンク】

携帯版URL:
http://dic.nicomoba.jp/k/a/%E3%82%A6%E3%83%AB%E3%83%88%E3%83%A9%E3%83%9E%E3%83%B3%E3%82%AC%E3%82%A4%E3%82%A2
ページ番号: 3056412 リビジョン番号: 2337172
読み:ウルトラマンガイア
初版作成日: 09/05/07 01:20 ◆ 最終更新日: 16/03/15 00:43
編集内容についての説明/コメント: 関連商品にO.S.T リマスターBOXを追加
記事編集 / 編集履歴を閲覧

この記事の掲示板に最近描かれたお絵カキコ

お絵カキコがありません

この記事の掲示板に最近投稿されたピコカキコ

ピコカキコがありません

ウルトラマンガイアについて語るスレ

293 : ななしのよっしん :2017/02/07(火) 10:16:07 ID: 3sZf/IEWrZ
>>290
一応、10勇士で一緒に戦ってるから知らないことは無いと思うよ
ただ『ガイア』は知ってても『我夢』は知らなさそう

>>291
監督は劇場版を担当してるから我夢は問題ないでしょ
294 : ななしのよっしん :2017/02/07(火) 23:14:37 ID: XrVWTerXtg
地球に来てアスカと我夢はからんでほしいよなぁ~
超8の時は別人設定だったし、超時空、10勇士はふたり共変身後だった
295 : ななしのよっしん :2017/02/13(月) 03:13:12 ID: eCYL14x0JB
XIGナビがかなりすごいことになってたね
アグル復活も再現するし当時を思い出して感動しちゃったよ
296 : ななしのよっしん :2017/02/13(月) 08:11:22 ID: 1CQQlIr5OJ
ちゃんとしたガイア本人での登場なんて何年ぶりになるのか
今後はマルチバースに絡みやすくなるのかな、我夢の天才っぷりがあれば平行世界移動なんて不可能ではない気もするが
297 : ななしのよっしん :2017/02/13(月) 16:09:26 ID: eCYL14x0JB
>>296
そもそも映画の時点で光の星のウルトラマンが総力を挙げてようやく一人送れるレベルな難易度の別宇宙への移動を成し遂げる機械を完成させてるからな
今回の地球の意思が望めば地球限定でマルチバース突破できるってのも研究してよりレベルの高い次元移動装置完成させそう
298 : ななしのよっしん :2017/02/13(月) 23:50:16 ID: m/nRtWO/g2
我夢さん相変わらず難しい単語ばっかり使うので苦手です。
299 : ななしのよっしん :2017/02/16(木) 17:10:24 ID: pldXU4hLQv
我夢は好きだけど流石にウルトラマン云十人より頭良いは色々もにょるから平行世界にも『ガイアが放映されてる世界』『他のウルトラマンがいる世界』、『他のヒーローがいる世界』みたいな順で近い平行世界があるんじゃね?
ゼロは『ウルトラマンが存在してる世界』ならどこでも行ける、みたいな

……そこんとこ行くとダイナは一体どのくらいの次元移動の力持ってんだって話になるけど
300 : ななしのよっしん :2017/02/20(月) 01:46:16 ID: eCYL14x0JB
ゼロはウルトラマンのいない世界も行けるぞ
あらゆる平行宇宙に無制限でゲート開ける訳だから
それにM78ウルトラマンは必要なエネルギーが多すぎるだけで移動そのものは問題にしてなかった辺りガイア世界の地球にはそういうエネルギーの活用法なり資源があったと考えるのがいいかと
301 : ななしのよっしん :2017/02/20(月) 11:30:55 ID: XziLd/2oPe
オーブサーガの場合だと、ガイとジャグラーの関係を取り持つ目的+地球がピンチだからって理由で呼ばれた感じなんじゃないか
映画の時も本と赤い玉の道標があったからあの世界に行けたわけで、行き先指定とかはまだできないニュアンスもあったし
まあ、全部終わった後に二人乗りに改造したアドベンチャー号でしれっと帰っていったら爆笑する自信あるがな!
302 : ななしのよっしん :2017/02/23(木) 19:31:32 ID: bLbE6w7jRm
XIGナビの機能、進化しすぎワロタ
まあ20年近く経った上に天才少年だった理系の我夢があれだけ改良加えていてもおかしくはないか
しかし、どうやってオリジンサーガの地球にやってきたのか気になる
「この地球に呼ばれた」って台詞があることから、自分たちの意思で来たわけではなさそうだし。
  JASRAC許諾番号: 9011622001Y31015