単語記事: ウルトラマンコスモス

編集

ウルトラマンコスモス」とは、2001年から2002年にかけてTBS系列にて放映された円谷プロダクション製作テレビ番組、及び作中に登場するウルトラマンである。

ちなみに制作局は在阪局の毎日放送MBS)。ぎなた読みするとアレな言葉のように聞こえるタイトルに在キー局であるTBSが難色を表したため、標準アレな言葉にさほど抵抗のない毎日放送円谷プロが話を持ちかけ放送にこぎつけた…という都市伝説が存在するが、そんなことは断じていと思われる。たぶん。

あらすじ

かつて秘の巨人ウルトラマンコスモスと出会い石を託された少年ムサシは、の発体・カオスヘッダーに侵されて暴れていた怪獣ドリアスを鎮めるために奮闘していた。

その勇気を評価されたムサシ怪獣の保護や異人との友好を的とした組織TEAM EYESElite Young Expert Squadron)に入隊することになる。

カオスヘッダーを追って再び地球にやって来たコスモスと再会したムサシ石をコスモプラックに変化させ、コスモスと一体化して地球を守る戦士となったのだ。

作品概要 

ウルトラシリーズ35周年&円谷英二生誕100周年を記念して制作された21世紀初のウルトラ作品である。

主人公ムサシや彼の所属する組織・TEAM EYES怪獣を保護することを的としており、宇宙からやって来た生命体・カオスヘッダーにより暴走した怪獣との戦いが描かれているものの、あくまでカオスヘッダーを怪獣から引き離すための戦いであるため、怪獣そのものは倒さない。

キャステングにおいて演の杉浦太陽をはじめ、「超獣戦隊ライブマン」でレッドファルコン天宮勇介を演じた嶋大輔タレントベッキーなど、現在ではバラエティ等で活躍中の著名人も見られる。

シリーズ最長となる5クール・全65話(後述の放送打ち切りによって、実際に放映されたのは60話のみ)が制作され、劇場版も合わせると足掛け3年という非常に長い期間をかけて展開されたシリーズである。

終了の際には「最後まで優しさを貫いたウルトラマン」として新聞などにも掲載された。

カオスヘッダー

本編におけるな敵対生物宇宙から飛来した発生命体で、「ウィルス」とも称される。他の生物に憑依して支配することや、エネルギーを吸収してコピーすることで実体化することができる。

劇中においては、さまざまな怪獣に憑依し暴化させて操ったり、コスモスコピーした「カオスウルトラマン」となって暴れ回っていた。地球での活動を通じて人間の感情に興味を抱き、憎悪の感情を手に入れ憑依やコピーなしに実体化できるようになる。このときの実体化した姿は「実体カオスヘッダー」と呼ばれる。

その正体はとある惑星で秩序をもたらすために生み出された人工生命体であり、その秩序を守るために全ての生物の意識を一体化することを的としていた。

番組の放送中断

物語も終盤に差し掛かろうとしていた49話終了後、演の杉浦太陽2000年に起きた傷事件の容疑者として逮捕されてしまい、翌週から放送が打ち切られることになった。TBS各局ではアニメ映画ウルトラマンM78劇場 Love & Peace」や「ウルトラマンネオス」、そしてコスモス本編の最終章から杉浦太陽が映っている部分などをカットした特別編などを代替放送した。

その後、被者が「事件の一部を虚偽と認める陳述書」を提出したことにより傷容疑は不起訴処分に、恐についても起訴猶予処分が決まり、事件は決着した。これを受けてコスモスの放送開始が決定し、代替放送されたOVA作品「ウルトラマンネオス」をわずか2話で打ち切り51話から一部の話を未放映にする形で放送が再開された。

未放映の5話については、代替放送された特別総集編と共にDVD化されている。 また2011年7月7日に発売されたTVシリーズDVDボックスに放送予定だった順番で収録されている。

劇場版

本作は単独のウルトラマンシリーズの中で最も多くの映画制作され、全部で4作品ある。

ウルトラマンコスモス THE FIRST CONTACT

TVシリーズの前日談であり、少年時代ムサシコスモスの初めての出会いを描いた作品。
本来はTV放送開始前に開する予定だったが、諸々の事情でTV放送開始後に開された。
荒らし森林公園に向かったムサシバルタン星人との戦いで尽き倒れていたコスモスを発見する。

ウルトラマンコスモス2 THE BLUE PLANET

TVシリーズのその後を描く物語だが、開されたのはTV放送の最中。
チームEYESを退役し念願のアストロノーツとなったムサシ。ツトム結婚式に出席するためサイパンに訪れた際にの異人シャウとジーンに遭遇する。そこで遊星ジュランを滅ぼした邪悪な生命体サンドロスとの戦いが始まる。

ウルトラマンコスモス2 THE BLUE PLANET ムサシ(13才)少年編

番組の放送中断事件によりコスモス2の上映が危ぶまれた際に、コスモス2の内容からムサシの登場シーンを差し替えてダイジェストにまとめた映画
13歳のムサシを演じるのはTHE FIRST CONTACT少年ムサシを演じた東海孝之助である。

ウルトラマンコスモスVSウルトラマンジャスティス THE FINAL BATTLE

コスモスシリーズ完結編。アストロノーツとなり開拓した遊星ジュランに怪獣たちを移住させるプロジェクトに参加するムサシ、その時宇宙からロボットグロカー」とウルトラマンジャスティスが飛来し攻撃を開始した。
今、地球の運命をかけたムサシコスモス最後の戦いが始まる。

戦士としての概要

コスモス遥か彼方宇宙から、地球にやってきた秘の巨人である。20000歳。バルタン星人を追って地球にやって来た際に、ムサシと知り合い、友人となる。

一度は宇宙に帰還するが、カオスヘッダーを追って再び地球に現れた際に、ムサシと一体化して戦う決心をする。

戦いを好まず、相手と傷つけずに仲間になることを心から望んでいるが、邪悪なる者に対しては勇敢に立ち向かうなど優しさと強さを兼ね備えた戦士である。

ティガダイナのようにモードチェンジを行うが、コスモスの場合は戦闘の的に応じてモードを使い分ける。

ルナモード

コスモスの通常形態。ウルトラマンでは一、を基調とした通常形態となる。
優しさや慈を体現する「の優しきのごとき、慈しみの巨人」の姿。中国拳法のような動きで攻撃を受け流して、相手の体を奪うバトルスタイルを取る。得意技は手のからを照射し、奮して暴れる怪獣を鎮める「フルムーンレクト」。

コロナモード

ルナモードから多段変身するを基調とする形態。
戦士としての強さを体現する「火陽の燃ゆる炎のごとき、戦いの巨人」の姿。同じく中国拳法の動きをモチーフにしているが邪悪なる者との戦いを的とするため、手から拳へと変えて相手を攻撃するスタイルである。得意技は右手に集めた宇宙エネルギービームとして放つ「ネイバスター線」など。

エクリプスモード

勇気を体現する「火陽とが重なる金環日食の溢れるフレアーのごとき、秘の巨人」の姿。
カオスヘッダーに敗れたコスモスが、ムサシ勇気皆既日食で復活した際に覚醒した形態。空手の様な鋭い動きでルナモードの優しさとコロナモードの強さを同時に行使することが出来る。得意技は優しさと強さが一体化したビーム「コズミューム線」。この技はカオスヘッダーのみならず、素や機械化された部位といった悪い要素そのものを全に消し去ることができる。

ミラクルナモード

カオスヘッダーとの最終決戦で、勇者となったムサシコスモスと一体化して変身した。徴するルナモード。すぐに通常のルナモードに戻ってしまったが、コスモスはこの変身によって本来のを取り戻すことができた。
またこれによりを取り戻したコスモス憎しみの心を全に浄化する技「ルナファイナル」を会得した。

スペースコロナモード

劇場版で登場。コスモス宇宙で活動するための形態。
気(ウルトラ)といった本来のコスモス超能力が使いやすい形態で、”コスモスのみで変身出来る姿”の中ではコロナモードいで最強である。宇宙エネルギーを吸収することで限に近い飛行速度が出せる。得意技は両手にチャージした宇宙エネルギーを一気に打ち出す「オーバーループ線」など。

スケルトンコロナモード

劇場版で登場。正確にはコスモスの姿ではなく、ムサシの見たコスモスの幻影。透明な姿で、別名・ファントムコスモスとも呼ばれる。

フューチャーモード

劇場版に登場。異間に閉されていたコスモスムサシ達の「フューチャーエナジー」によって覚醒した姿。
明日への希望を体現する「未来を信じる、希望巨人」の姿。コスモスムサシが一体化して変身出来る事実上の最強形態となる。得意技はフューチャーエナジーによってコズミューム線が強化された「コスモストライク」など。

関連動画

関連商品


関連コミュニティ

関連項目 


【スポンサーリンク】

携帯版URL:
http://dic.nicomoba.jp/k/a/%E3%82%A6%E3%83%AB%E3%83%88%E3%83%A9%E3%83%9E%E3%83%B3%E3%82%B3%E3%82%B9%E3%83%A2%E3%82%B9
ページ番号: 4411951 リビジョン番号: 2035666
読み:ウルトラマンコスモス
初版作成日: 10/07/09 21:55 ◆ 最終更新日: 14/06/08 21:52
編集内容についての説明/コメント: 動画追加
記事編集 / 編集履歴を閲覧

この記事の掲示板に最近描かれたお絵カキコ

お絵カキコがありません

この記事の掲示板に最近投稿されたピコカキコ

ピコカキコがありません

ウルトラマンコスモスについて語るスレ

372 : ななしのよっしん :2016/06/16(木) 05:14:12 ID: 61AxWRjunK
バイオマンコーンスナック
373 : ななしのよっしん :2016/06/16(木) 12:16:41 ID: MkXiWBcWEJ
コスモスってよくかれてるのは何でだろ?
当時小学生の自分の周りでは普通に人気あったし
ヒーローショーやとかでも親子連れ多かったけどな
374 : ななしのよっしん :2016/06/18(土) 15:12:59 ID: b9fLYsDRjB
放送当時の自身がそうだったけど、「怪獣を積極的には倒さないウルトラマン」という路線に反発してる人が結構いるんだと思う。

あと、斜に構えたが「コスモスは綺麗事を描いた作品」だって言ってくのも結構見かける。間違いなくそいつは見てないだろうけどね。その綺麗事を実現することの難しさを描いた作品がコスモスなんだから。
375 : ななしのよっしん :2016/06/21(火) 12:49:34 ID: koeWvuZfQF
まあ今でこそくじらたてることもないけど、昔は怪獣を倒さないのが「優しい」ってことなら、それまでのウルトラマンは優しくないのかって反発はあったね。
376 : ななしのよっしん :2016/06/21(火) 22:31:59 ID: ayL1Y+5APM
そこまでがっつりコスモス見てたわけじゃないが言うのもなんなんだけど
もしもムサシが(少々弊があるかもしれないが)普通怪獣を倒す組織やウルトラマン世界を見たらどう思うんだろうっていうのが時々思う事
ムサシパラレルワールドサーガのときね)に行ったときもグビラやゴメスを倒さず沈静化させるに止めてたし
377 : ななしのよっしん :2016/06/23(木) 17:37:19 ID: h1d+Ke6pjC
>>373
好きな作品だけど、今見るとどうもテーマを掘り下げられてない印
たとえば本編摘されてたことを挙げれば
「保護という理想のために市民の生活を犠牲にしてもいいのか?」
「人間の都合で怪獣を隔離するのが共存なのか?」
「自分の理想のために生態系に干渉するのはコスモスカオスヘッダーも同じではないのか?」

重要な問題なだけに、この作品としての答えがほしかった
378 : ななしのよっしん :2016/06/23(木) 20:55:21 ID: Veh0IZiBGz
>>377
好きだがその辺りが甘い話があったよね
初めての試みだったし難しかったのはわかるが
379 : ななしのよっしん :2016/07/05(火) 04:03:07 ID: /CsfVO2aIz
同年のガオレンジャーと同じく子供人気はあったがオタからは支持されなかった作品って印
ただよりによって、放送中での逮捕騒動がなけりゃな…冤罪だったとはいえあの時の円谷プロダメージは間違いなくデカかっただろう

個人的に「」って回が好きだったな、あとアヤノ隊員が可かった(小並感)
380 : ななしのよっしん :2016/07/13(水) 11:13:10 ID: SopJpI4uSU
逮捕された時の前説はホント伝説だわ
381 : ななしのよっしん :2016/07/26(火) 00:37:57 ID: gx4zEdFd6w
もしコスモスニコ生配信とかされることになったら、普通テレビ放送分60話を配信するんだろうか?
それとも本来の話数を本来の順番で配信するんだろうか?
個人的には後者がいいなぁ。長くて大変かもしれないけど。
  JASRAC許諾番号: 9011622001Y31015