単語記事: エスターク

編集

エスタークとは、ドラゴンクエストシリーズに登場する地獄の帝王である。

進化の秘法」を生み出した本人。

概要

ドラゴンクエストⅣ

エスターク(リメイク版Ⅳ)初めての登場はDQⅣ中ボスとして。アッテムト殿で眠っている。ファミコン版では玉座で眠っているエスタークの前に立つと会話しで即戦闘に突入するが、リメイク版では戦闘前に「なに…やつだ……。 わが眠り… さまたげる者は……。」というわずかな台詞が追加されている。

戦闘に入っても最初は眠っていて、起きると不全なローテーションで行動する。眠っているときにぶきみなを発動させたりする。また、このときの彼の色は青色である。

高い攻撃と強なこごえるふぶきを扱うが、ラリホーマが高確率で効くという特徴がある。しかし、眠っている時のぶきみな連打の方が下手すれば起きているときよりしい攻撃になるため、素直に起こしておいた方がいいかもしれない。

天空城にある図書館にはエスタークについて書かれた本があり、その内容を人がって聞かせてくれる。それによると元々エスタークは魔族の王であり、「進化の秘法」を作り出して自らを究極の生物進化させた。このとき「腕輪」が不足していたために進化の秘法は全ではなかったという。そして、マスタードラゴン人たちがエスタークと戦い、エスタークを地下深くに封じこめたのだという。

だが作中の第5章においてアッテムトの鉱山でエスタークの眠る殿が掘り当てられてしまい、エスタークが復活することになってしまった。

デスピサロ魔物たちはエスタークを「地獄の帝王」と呼び、復活後に自分たちのに迎えようとしていた。また、エスタークが実際に復活する前にも「帝王」「地獄の帝王」といったフレーズ魔物たちが時々会話に出している。「地獄の帝王が復活する」「地獄の帝王を倒すことができるのは勇者のみ」という予言があったとのこと。第1章で子供がさらわれていたり、第5章で勇者の生まれ育った隠れ里がデスピサロらに襲われるのもこの予言のためである。ただしこの予言について、具体的にがもたらしたものなのかは作中ではられない。

勇者導かれし者たちは、地獄の帝王エスターク全に覚める前に戦いを挑み、これを討ち果たす。ここに「勇者地獄の帝王を倒す」という予言が成就したかのように見えた。だがその後、「進化の秘法」によってまた新たな「地獄の帝王」が誕生するのだった。

なお、倒れたエスタークを調べると、「へんじがない。 ただの しかばねのようだ。」のメッセージが表示される。ただしDQ4では「ただのしかばねのようだ」のメッセージが表示されたのに生存していたキャラクターが他に存在しており(オーリン)、後述のようにDQ5でも登場するため、「実はこの時にエスタークは滅びてはいなかった」と解釈されることもある。

攻撃パターン

ドラゴンクエストⅤ

エスターク ver.SFC2回の登場はDQⅤで、このときは裏ボスとして登場する。

ラスボスミルドラースより圧倒的に強いため、彼の影をさらに薄くした。

HPと攻撃が極めて高い上、かなりの頻度で凍てつく波動を放ち、攻撃を一人に集中して行うなど、レベルが低いと殺されることもあったりする(特に 波動→かがやくいき のコンボは強)

色がから色に変わっている(DQⅣ変身デスピサロと同じ)

ヒャド系の武器がよく効くことでも知られており、く倒すためには吹雪や氷のを装備できる仲間モンスターおよびキャラクターめられる。

ちなみにIVの時と同じく、いつも寝ていたためかラリホーマがよく効く。しかもVではぶきみなのような行動がないため、このことを知っているプレイヤーには眠らされた挙句フルボッコにされることも少なくない。ただし2回攻撃のため起きるのも結構い。

SFC版では、撃破後に「この私がたった○ターンでやられてしまうとは・・・。」という言葉を残し、掛かったターン数を教えてくれることから、一定ターン以内に倒すと仲間になるといったデマが出回った。リメイク版ではこのデマを受けて、本人こそ仲間にならないものの、『プチターク』という彼の息子仲間になる。

ちなみに、彼が居る洞窟の中にあるすごろく場が密かな楽しみなようである。

上記のように、裏ボスながら妙に親しみの持てるキャラクター付けがされている。また台詞でも「名前しか思い出せない」「自分が善なのか悪なのかそれすらもわからない」とっており、戦いになるのも「私を ほろぼすために やってきたのか?」という問いに「はい」と答えたときのみであって言わば正当防衛ともとれる。これらのためか、シリーズファンからはあまり「悪」といった印で見られることが少ない。初登場したDQ4でほとんど台詞く、本作での印の方が強いこともこの傾向に影しているかもしれない。

攻撃パターン

ドラゴンクエストⅧ(3DS版)

 なんと3DSにも出張。さらなる隠し要素「追憶の回廊」の最終ボスとして登場する。相変わらず眠っており、覚めたと同時にいつもの質問を行い戦闘となる(ただし今回は「いいえ」を選択し続けると「意味もなくめさせたのか」と逆上して結局戦闘になる)。

 本作の裏最終ボスにふさわしくレベル99かつ全スキルマスターでも苦戦するほどの異様な強さ。通常攻撃は300~500ほどのダメージを弾きだし、イオナズンメラゾーマエスタークのみの特別仕様で通常の倍以上の威(例:イオナズンで全体350ほど)。灼熱もこの直前に戦う追憶のドルマゲス同様特別仕様で、全体に400以上のダメージ。それに加え、地竜巻(バギ系、290~360ほどのダメージ)、を突き立てる(ギラ系、全体460~550ダメージ)ととにかく全体攻撃が非常にしい。

 さらに必殺の一撃という特殊攻撃があり、これは必中かつ1000以上のダメージという即死技。

 素さはなんとメタルキングえておりメタルキング:255、エスターク333)、特定の装備を整えたゲルダゼシカくらいしか先手を取れない。攻撃がしいためベホマズンが欲しいが主人公の素さが低めのためピオリムはほぼ必須(の素さは回避にも関わるので重要)。

 攻撃は当然のようにカンスト999である、しかし上記した全体攻撃の数々の方が厄介である上に回避可なため、通常攻撃の方がよほど有情である。

 幸いなのはここまでの追憶ボスで多かった3回行動ではなく、2回行動止まりな点か。

 正攻法で戦うのならとにかくのブレス呪文への対抗策が必要。特に呪文耐性は地竜巻を突き立てる対策にもなるためこちらを優先しよう。幸いこの時点でブレス呪文半減の女神が2つ入手できるので、ゼシカゲルダにぜひとも装備させること。この他、軽減系は「○ダメージ軽減」よりも「2/3に軽減」といった装備を選ぶ方がいい(はぐれメタル等)。前者はもはや焼け石にになっている。

 フバーハやマジックリアもかけたいところだが、最優先でピオリムをかけ、先手を取れるようにしよう。凍てつく波動も頻繁に行うのでテンション溜め戦法は得策ではない。

 …と、ここまで正攻法で戦った場合の攻略法を書いたが、実はこいつには致命的な弱点がある。

 そう、シリーズプレイしている人なら察しは付くと思うが、ラリホーが弱耐性止まりなのだゲルダゼシカラリホーラリホーマ)を使えるキャラが複数いるためハメ倒しも十分可。どうしても勝てないと思ったらこの戦法でジワジワとろう。

 ただし2回行動なため割とあっさりとを覚ます。油断は禁物である。

 勝利すれば初回は「帝王腕輪」を入手。これはダメージ2倍という恐ろしいチートアイテム…なのだがもう使う相手は少ないためオマケのようなもの。

 2回以降は規定ターン数以内に倒すと台詞が変化する。

 以上のように歴代のボスの中でも屈の強さを誇るが、攻略法が確立した現在は(帝王腕輪装備が前提だが)最短2ターンで撃破可となった

その他

亜種一覧

デスピサロ

ドラゴンクエストⅣラスボス
魔族の王となり人間を根絶やしにすべく、エスタークと同じ「進化の秘法」を自身に使う。その結果、デスマウンテン導かれし者たちが見たその姿はエスタークそっくりになっていた。

詳細は個別記事を参照→デスピサロ

エビルエスターク

ドラゴンクエストⅦの隠しダンジョンに出現するモンスター
魔界に君臨する邪神とされており、両手にを持ったずくめの姿をしている。色違いモンスターに「てっこうまじん」と「デスマシーン」がいる。部に顔があり、エスタークよりは頭部が再生する前のデスピサロに近い姿をしている。
エスターク自身とは直接関係ないが、モンスターパークでは「自分が善なのか悪なのか、そもそも何者なのかさえも分からない」と、本家エスタークパロディ台詞を言う。

異常とも言える高い攻撃を持ちながら痛恨の一撃を放ち、さらにイオナズンや凍える吹雪による全体攻撃、挙句の果てには凍てつく波動まで使う強敵。

グランエスターク

ドラゴンクエストモンスターズ2 イルとルカの不思議なふしぎな鍵に登場したモンスター

本編クリア後の裏ストーリーに登場する。元々は裏ボス「狭間の闇の王」に対抗すべく賢者ミラクレアが魔族たちの協を得て作らせた大魔神像。
最初はを持っていないエスターク石像でしかないが、かつてのミラクレア同志であり、異世界である「オリハルゴン」がに、「リバイアさま」が に、「マンモデウス」がとなり、最後にミラクレア自身が大魔神像と融合することで全体となる。その姿は全身がスーパーロボットのよう。

ギガボディのモンスターであり、「ひん死で会心」と「会心出やすい」の特性を持つことから、対戦においては新生配合で「亡者の執念」の特性を与え、死亡時に自動復活する「リザオラル」とコンボし、会心を連打するが流行した。

凶エスターク

ドラゴンクエストモンスターズジョーカー3で登場したモンスター
ブレイクモンスター」の一種で、かつて勇者に敗れてバラバラになったエスタークが強なマ素の影で繋ぎ直されたものであるという。ブレイクモンスター の例に漏れず、全身がマ素に浸食されたおぞましい姿をしている。「地の遺伝子」と呼ばれるアイテムを集めることでこいつを出現させることができるように なる。

JOKER」と配合すると本家エスタークになる。

厄災の王

ドラゴンクエストⅩに登場したモンスター
世告げのが予言した厄災の正体で、覚めた直後にガケっぷち村を半壊させる。PVで先行開されたその姿がエスタークそのものであり、シリーズファンの度肝を抜いた。

もちろんその強さも折り紙付きで、高い攻撃に加え状態異常による搦め手も多用し、多くのプレイヤーを返り討ちにした初見殺し
更に一度やられると理性を失いボロボロの姿になった「・厄災の王」に変身する。キタークなんて酷いあだ名で呼ばれてたことが稀によくあったが、四つん這いで這い回るその姿は余計ゴキブリにしか見えない・・・・・・。なお、・厄災の王は後にジョーカー3にも登場した。

ファラオ・カーメン

ドラゴンクエストⅩに登場した、上記の厄災の王の色違いボス。もちろんエスタークそっくり。全身がずんでおり、ところどころに色の装飾がある。「ピラミッドの秘法」の「第九の霊」のボスで、王が最も栄えた時代の偉大な王であったが、同時に孤独な生涯を送った王でもあったと言う。

攻撃は高いがモーションが長い技が多く回避しやすい。霊攻略し続けた実があれば倒すのはそう難しくない。

ちなみに当初は「ファラオ・エスタ」という名前を付けられていたが、あまりにそのままなせいかスタッフからダメ出しを食らい、現在の名前になったという経緯がある(DQ10TVでのコメント)。

関連動画

左:DQⅣエスタークBGM。 右:DQ9でのエスターク

エスタークの姿。

関連商品

関連項目


【スポンサーリンク】

携帯版URL:
http://dic.nicomoba.jp/k/a/%E3%82%A8%E3%82%B9%E3%82%BF%E3%83%BC%E3%82%AF
ページ番号: 867154 リビジョン番号: 2391909
読み:エスターク
初版作成日: 09/01/09 21:38 ◆ 最終更新日: 16/08/07 18:09
編集内容についての説明/コメント: 亜種一覧の項目作成。間違いや抜けがあったらご指摘を
記事編集 / 編集履歴を閲覧

この記事の掲示板に最近描かれたお絵カキコ


エスターク(Ⅳ)

エスターク(青)

エスター・・・

この記事の掲示板に最近投稿されたピコカキコ

ピコカキコがありません

エスタークについて語るスレ

178 : ななしのよっしん :2016/02/14(日) 07:13:42 ID: rFRz3BAIcD
色だと昆虫のケラに似てるな。

設定上でもゲーム中でも間違いなく強いはずなんだが、寝込みをいつも襲われている不憫というイメージが強くてあんまし強敵という印が残っていない。
179 : ななしのよっしん :2016/02/17(水) 15:08:12 ID: YISGOu5lvV
DQ4でこいつとの戦闘が鉱山というのはちょっとかった気がする。

主人公達が鉱山最深部に到達したら「もうデスパレスの方に移された」と説明されて、デスパレスの方で対決でよかったんじゃ?
180 : ななしのよっしん :2016/04/12(火) 02:17:46 ID: nHXwUgRdbk
>>177
とりあえずDQH2には出るそうで
181 : ななしのよっしん :2016/04/12(火) 02:34:10 ID: /TLNaIwxJM
J3ではマ素に犯されて登場したな
182 : 何処某 :2016/04/12(火) 20:19:24 ID: PmzSV9lDJq
>>181
ライブラリによると侵されたというより再生怪人的な存在っぽい。
配合でも他はマ素で侵すのに対し、エスタークはマ素を取り除く配合になってる。
183 : ななしのよっしん :2016/04/18(月) 19:50:55 ID: XjOfbtfGk1
BGMかっこよくて好き
184 : ななしのよっしん :2016/05/09(月) 12:12:01 ID: PI8Uxhy4ze
エスタークデスピサロエビルプリーストって進化の進行度が違うだけで秘法使ってたどり着ける同種のモンスターじゃないのかな
Ⅴのエスタークデスピサロ第一形態と同じなのは未完成の秘法使ってフライングしてたのがやっと正規のスタート地点にたどり着いただけな気がする
185 : ななしのよっしん :2016/06/26(日) 02:55:16 ID: 1P10NxbKEH
>>184
その可性はあると思うが、その上で摘しておきたいことがある。

・その3者の中で、エビルプリーストだけが第一形態の姿になっていない。同種で進行度が違うだけなら、同じ姿の時がなければならないのでは?
デスピサロの第二形態は、損傷した部位の治癒・補てんも兼ねている。もし勇者との戦闘がなければどうなっていただろうか。
モンスターシリーズの話になるが、デスピサロ第二形態より、エスターク(恐らくⅤ時の姿)の方が巨大。更に位階(強さの基準)もエスタークの方が上。つまりエスターク(Ⅴ)=デスピサロ第一形態は成り立たない。

186 : ななしのよっしん :2016/08/01(月) 08:33:49 ID: nK65+TbCXy
その他の項が箇条書きだけだともはや見づらいから亜種一覧の項を追加しようと思うんだが

デスピサロエビエスタークグランエスタークエスターク、厄災の王
他に何かいたっけ?
187 : ななしのよっしん :2016/08/26(金) 22:54:04 ID: 62HcHx9ul9
ドラゴンクエストXに出たのは厄災ではなく、災厄の王です。こちらで大百科にも登録されています。
  JASRAC許諾番号: 9011622001Y31015