単語記事: エスピナス

編集  

エスピナス

エスピナスとは、MHFに出てくるモンスターである。
漢字表記は棘竜いばらりゅう)。亜種棘茶竜(きょくさりゅう)、希少種は棘白竜(きょくはくりゅう)。
名前の由来はスペイン語を意味するEspinasからか。

ユーザーの間では、体色に併せてそれぞれ「ナス」(原種)、「ナス」(亜種)、「ナス」(希少種)と呼ばれている。

概要

飛竜
エスピナス
別名
原種 棘竜
亜種 棘茶竜
希少種 棘白竜
登場作品
モンスターハンターフロンティア
モンスターハンターのモンスターテンプレート

MHFが初出の飛竜モンスター

ヒプノック同様クエスト開始時は特定の場所で眠っているが、ハンターが近づいても起きない。
この際寝返りのように頭や尻尾を動かしておりこかし判定があり、ハンターがある程度攻撃をすることで起床する。

ヒプノックヴォルガノスMHP2G出張したことと、MHF公式オリジナルモンスターの定義が「MHFにしか存在しないモンスター」であることから、公式的には最古のオリジナルモンスターとなっている。(前2匹の初出がMHFであることは崩していない)

MHF-G3ではメラギナスという近縁種が登場した。

原種

MHFシーズン2.0アップデート2008/1/30)にて実装されたモンスター
漢字表記の通り、全身にをもった鋭いを持つ。
上述の通り最初は樹海洞窟内で々と寝ており、多少突っついても起きはしない。
ある程度攻撃することで起きるのだが、
それでものそのそと歩きながら時折ハンターを追い散らすようなぬるい攻撃をしかけてくるだけである。
また、この状態だと質が非常に硬い。

ところが怒り状態になると一転、
ティガレックスえる速度暴走する突進や全身を使ったカチ上げ攻撃、麻痺状態になってしまうブレスなど、
な攻撃の数々でハンターを苦しめるようになる。
怒り時は質が一気に柔らかくなるので、危険であると同時にダメージを稼ぐには絶好の機会でもある。
短期決戦に持ち込む場合は怒り状態を維持しての戦いになるため、しい戦いになること請け合いである。
特に頭の質が柔らかくなるため、
ある程度火力のある武器数人で一斉に攻撃すると怯みっぱなしになってしまう(通称頭ハメ、または顔ハメ)。
後に多少の怯み管理や安定して頭に攻撃を当てるだけの技術が必要になったが
双剣人化時も強走効果が有効だった頃は、
双剣3人が頭にり付いてひたすらレバーを下に倒すだけの簡単クッキングで狩られていた。
もしかしたらエスピナスは双31全盛期最大の被害者なのかもしれない。
現在インフレの影で一人でも余裕でハメが成立する。

破壊可部位は、HP40%以下)、尻尾HP30%以下)、背中
HP30%以下で捕獲可なので、尻尾が切れたのを安に捕獲が可である。
部位破壊のHPラインや破壊可部位は亜種と希少種も同様。

亜種、希少種にも言える事だが、どの攻撃で毒状態にされてしまうのでスキルが非常に役に立つ。

眠らせてしまうと怒り状態が解除されてしまい再度怒らせるまで質が硬化して狩猟時間が伸びがちであるため、睡眠属性の武器は極使用しない方がよい
怒り時の大暴走に付き合いたくないなら、閃光玉を忘れずに。
めまい状態でも暴れまくるが、少なくとも突進はしなくなるため追いかけっこはしなくて済む。

余談だが、武器防具ともに有用なものが多く存在することから、運営のお気に入りであると言われることもある。

MHF-G2(2013/7/10)にG級対応。難易度6。
突進時にエフェクトい判定が増大している。
流石に頭質が硬くなっている上にG級の怯み仕様の関係で頭ハメは不可能

亜種

原種に次いで、シーズン2.5リファインアップデート2008/4/23)にて実装。体色は色。
に古峡谷に生息し、古では頂上と秘で居眠りしている。
頂上には古龍種ナナ・テスカトリが、秘にはリオレイアリオレウスの希少種が生息しているはずだが、どちらもずくで追い払ったのだろうか。
もしかしたら留守中に上がりこんで寝てるだけなのかもしれないが。
余談だが、この2エリアには後に覇種(テオ・テスカトルUNKNOWNアルガノスゴルガノス)が出現している。

原種との大きな違いは、威の高い溜め攻撃を使ってくる事と、ブレス+防御低下に変更されている事。
特に亜種の最大の特徴であるブレスタックルという2種類の溜め攻撃は

「当たれば基本的に死ぬ威

なので、予備動作に移ったら即座に離れること。
止めることはできないので、間違っても怯ませて阻止しようとしてはいけない。
また、溜め攻撃を止めるためにと足元にシビレを仕掛けようものなら、設置された間に溜めを解いて即座に攻撃してくるためこれも厳禁。
故意ではなく不慮の事故でも起きうるので、置きは慎重に。

亜種素材から作られるカクトス系の武器は会心率が非常に高く設定されており、武器種を問わず強

怒った時の頭の柔らかさは相変わらずで、原種同様怯みっぱなしで散っていく日常である。

G級には双頭襲撃戦という高難易度2頭クエストイベントで希少種と共に登場していたものの、通常個体の実装は長らくかった。
そんな中MHF-G9(2016/1/20)にG級進出。難易度7。
既存モンスターG級対応の中ではしく、攻撃モーションの追加ではなく従来の行動の強化や特性付与がメインとなっている。
従来の溜め攻撃を短い溜めで放つ、従来より長く溜めて威の強化やコンボ進化した攻撃を行う、狙ったハンターに向かって歩きながら溜める、
と溜め攻撃のと化しており、コンセプトとしてはS2.5実装時のアビ教官を再現するというものだったらしい。
短い溜めは黄色エフェクト、長い溜めはエフェクトがそれぞれ本体に出る。
長い溜めからの攻撃はブレスが範囲増大、タックルは直後に特異個体の上拡散レスを放つ。
後者タックルに当たると打ち上げられて上に放ったブレスと降り注ぐブレスに当たってしまい、元々どれも即死威のため余裕のオーバーキルコンボになる。

希少種

S5.5実装。体色は
2009/8/19からの勝ち組クエストで先行配信され、
2009/8/26/からのフロンティアクエストで通常配信された。
樹海頂部という闘技場のようにマップ移動ができないフィールドでの戦闘となる。

原種と亜種同様最初は寝ているのだが、ちょっとの攻撃でを覚まし、起きた間にいきなり怒り状態に突入する。

最大の特徴的は上から放つブレスであり、飛び上がって少しの間滞した後、広範囲の炎のブレスを発射する。
このブレスは着弾後、降りてきたエスピナスを中心に回転する火柱を発生させるのだが、この火柱に触れると+火傷状態になり物凄い速度で体を奪われるので、闊に突っ込まないようにしよう。
火柱が発生することからこのブレスはナパーム(焼夷弾のこと)と呼ばれる事が多い。 

なお、回転する火柱をエスピナス自身が吹き飛ばす前にエスピナスを怯ませることで、特殊転倒を引き起こすことが可であり、成功すれば確率で報酬にレア素材が追加される。
現在は上位の希少種はこれを行わなくても報酬に出る。

エスピナス種の弱点であった怒り時の頭の質だが、希少種は怒り時でも40とそこまで柔らかくはない。
代わりに怒り時の首の質が60になっている。

モーションにも1点大きな変更点があり、攻撃のために方向転換する際飛竜種の「足踏みをしての方向転換」ではなく、希少種は対に向かって回れ右をするように一気にぐるりと方向転換する。
強いて言えば古龍種の方向転換に似ているか。
これにより軸合わせにかかる時間が短くなるため、より正確にハンターを攻撃できるようになっている。 
ちなみにこの1回転振り向きは後の多くのモンスターにも取り入れられている。

希少種の素材から生産、強化するペルレ系の武器は同じ火の双属性であるカクトス系とべ、会心率と属性が低くい代わりに攻撃と火属性が高く、またれ味ゲージも優秀である。

長い間特異個体がいなかったため人気は非常に低かったが、G5(2014/7/23)で特異個体実装G級進出が決定し復権に成功した。難易度7。
追加技は液を吐いて一定時沼を作り出すというものであり、上位個体同様直接的な攻撃よりも炎とのスリップダメージが怖い相手。
士防具がと弱点特効の両立に適していたため広く普及した。

激個体

原種と亜種に存在しどちらも鋼武器アルゲンなどで登場。
個体の性質として常時怒り状態のため怒らせる必要がない。

原種はブレスの爆範囲がとても広く、突進の速度も上がっており、亜種は溜めブレスを放つと遠距離に子弾が落ちてくる。
ちなみに亜種個体の技は覇種UNKNOWNも使う。

特異個体

原種

シーズン10(2011/1/26)にて登場。
通常個体は事なかれ義ともいえたが、特異個体はちょっと殴れば直ぐにマジギレする短気なブチ切れ系モンスターとなっている。

元々突進のスピードに定評のあったエスピナスだが、新たに追加されたフェイントからの突進の速度は凄まじい。
その他にもコンボ攻撃を習得していたり、3連までだったブレスが最大5連になるなど、攻撃手段は多になっている。
になっただけでなく攻撃も上がっており、通常個体以上に「攻撃をくらう→&気絶→死」となってしまう確率が高い。
そのため効や気絶効の恩恵が通常個体よりかなり大きい。

ただ顔の柔らかさは相変わらずで、怯み値の跳ね上がった特異個体であっても頑れば顔ハメができてしまう。
というか、ハンター側が強くなりまくっているせいでHC変種相手でも1人が頭を攻撃するだけでハマってしまう。念。

亜種

シーズン9.0(2010/9/29)にて登場。

溜め攻撃が特徴的なモンスターだけあって、溜め攻撃が3つも追加されている。

1つは溜め時間の短い横タックル。他と違い即死級ではないが、結構痛い。

2つは溜めからブレスを上に撃って撒き散らす攻撃。
こちらは落ちてくるブレスの1つ1つが小さい割に即死級の威と、なんともナス亜種らしい攻撃となっている。
ただ、効さえつけていればモーション確認後にナスの脚元に潜るだけで回避できてしまうので、
覚えてしまえば他同様、対処の簡単な攻撃と言える。
ガンナーは武器をしまってダイブするか発射時の風圧を回避して足元に潜り込む必要がある。

3つは溜め突進。
予備モーションがとてもわかりやすいため、見てから回避余裕でした
…と言いたいが、ホーミング性が高くぼさっしてると轢かれてしまうので回避行動はおめに。

こちらもまた頭が柔らかいままなため、頑れば頭ハメが可
確率の低いHC素材獲得のためには有難いことだが、当のエスピナス亜種にはいい迷惑なのかもしれない。

希少種

原種亜種特異個体実装され3年ほど放置されたがついにG5(2014/7/23)で登場。

インフレの関係で上位の特異個体はそれほど強くないがG級特異個体となると話は別になる。
初登場のシーズン5.5では当然意識されていなかったが、炎上という二つのスリップダメージをもっているため、それが後に実装された根性と絶対防御、元気のみなもとへの対策となっている。

さらに登場ランク最上級の7なので防御減算がしく、残り体に気を使わずバーサーカー戦法で回復や回避を怠ると死することになる。
実装当初は「たかがエスピナス」と侮った多くのバーサーカーが犠牲になった。

と炎を同時に吐き出し渦としてにはき上げるファイアーウォールという技や、後退しつつ炎を吐いて上に飛んで巨大な火柱を作り出す技を使う。

辿異種

辿異種最初の4体にしてMHF-Z自体のメインビジュアルも飾り、アプデ当日の2016/11/9から登場。
大きく発達した々しい紫色に染まっており、体にはイバラのようなものが巻き付いている。
りである樹海のほか、元々たまに出現していた花畑クエストもある。

特異個体の技は使わず基本的にG級原種通常個体がベースのようだが、新技も多く突進の頻度が下がりターンくなっている。哮は全て哮となっており一部攻撃は圧を伴うほかに、エスピナスの特徴の一つであった悪な進化している(これらの詳細は辿異種の項を参照)。
開幕は樹海の巣のヒプノック繁殖期が寝ている辺りや花畑エリア2の端で寝ており、少し殴ると起床と同時に後述の旋回急上昇を行い即怒り状態となる。
既存技は攻撃などに当たると、正面への単発と起き上がっての3連があるブレスももちろんに従来通り麻痺も付いており爆の範囲も増大している。特に突進や突き上げに当たると打ち上げられて起き上がるまでの間にが回って大幅に体を削られてしまう。ブレス麻痺っても同様。
新モーションは構えから圧を放ちつつ旋回上昇し数秒沼を作る液を撒く急旋回上昇、後方へタックルから振り向きつつ突き上げで元の位置に戻り正面へのブレスに繋げる連携技、回転してで地面を抉り巻き上げながら突撃しつつ反転し石礫を降らせるドリル突撃、下にブレスを撃ち込み大爆発を起こす極大ブレスといったものがある。急旋回上昇はにも軸合わせせず足踏みする独特の予備動作があり圧を躱しつつ潜りこめば降りてくるところが攻撃チャンスタックル→突き上げ→ブレスの連携は攻撃のくる位置を把握して対処できればブレスの間が隙となり、ドリル突撃で数か所に振ってくる石礫は小ダメージの連続ヒットとなるが本体が通った後=反転したナスの正面には落ちてこないのでを攻撃しやすい。極大ブレスはブレス爆発後本体の周囲にが発生しその外にも数か所に液が降ってくるが、大きく足を踏みしめるわかりやすい予備動作があり、ブレスを撃った後は威嚇と羽ばたきで大きく隙をす。また、急旋回上昇は起床時に確定で行うため起こすときに攻撃を欲ると圧でふっ飛ばされることになり、極大ブレスは体が一定以下から行うようだ。
2からは軸合わせしつつを引いて構えてから前方に突き上げるような動きと共にブレスを投げつけるブレスシュートが追加され、代わりに正面への単発ブレスは連携技の時のみ行う。シュートされたブレスは通常より大きく、ハンターに当たるか一定距離爆発沼を生み出す液が飛び散る。
4になると小ジャンプからのプレスで地面を起させてハンターを打ち上げ、1回転するようにで突き追撃するコンボ技を使うようになる。当然低防御であれば根性を貫通するが、この技及び4辿異種エスピナス自体の火力がそこまで高くないので"技の威としては"防御で十分耐えられる。

辿異種の中では4コンボを食らっても生き残れるぐらい火力が低めだが、それを補って余りある脅威となるのがの存在である。はスリップが通常のより速いのはもちろん、難易度が上がるごとにさらに加速し通常の解毒薬スキルなどでの解除・効化は不可能4ともなるとかなり速くなり、をもらって打ち上げられると動けるようになるころには体MAXからでも瀕死になってしまうため、威自体は控えめの突進、突き上げ、プレスコンボが悪さを露わにする。辿異種エスピナスは開幕の起床時と部位へのダメージで怯んだ時に落し物として抗液というアイテムを出すのだが、これを飲むことによってを解除することができる。抗液を飲むと毒状態が解除され30秒間/毒状態にならなくなり被ダメージも少し減る。このため辿異種エスピナス戦では怯ませて抗液をいくつかストックしておく必要があるが、閃光玉の怯みでも抗液を落とさせることができるので緊急用に忘れずに持ち込みたい。ちなみに、抗液の落し物アイコン紫色になっており拾う速度が最高かつ使用時も怪の丸のようなガッツポーズなしだが、精算アイテムのため持ち込みは不可。最終手段としてBCで眠った場合も解除できるほか、は時間経過でも治るが高難度では回復を飲み続けてようやく尽きるのを免れるレベルなので現実的ではない。スキルと辿異スキルの耐強化を発動させればスリップを軽減することができるが、解毒薬などで解除できないのは変わらないので抗液を回収する必要はある。
また、耐久面は辿異種でも高い方なので時間がかかりやすいので、やはり抗液などアイテムを切らさないよう毒状態にならないことを心掛けるのが大切と言える。

部位破壊は発達部位の(頭)のほかに背中尻尾(切断)と従来通りになっている。は体条件がなくなっているが耐久値が体の半分ほどにもなっているので辿異武器で集中攻撃でもしない限り破壊タイミングは従来と同じになる。背中は同じ系統の素材となっており、は片方破壊で報酬、尻尾は相変わらず体条件が付いている。破壊に成功すると哮を発せなくなり、突進や突き上げのくなり極大ブレス後もがすぐに晴れるようになる。特に極大ブレスは威嚇の間残り続けていたものがなくなるため、その後の羽ばたきまで含めた大チャンスとなる。

弱点属性は氷>というところで、弱点部位は打が頭、弾がなのだが、頭の質は従来のように柔らかくなく打と同様にギリギリ弱点特効が発動するぐらいである。

生態

エスピナス種は非常におとなし飛竜リオレウスのような積極的な狩りはせず、
丸まって擬態し気づかずに近づいてきたアプトノスモスカンタロス捕食する。
擬態中に他の飛竜から攻撃されてもど気にせず、飛竜が諦めてその場から去るまでやり過ごす。
だが生命の危険を感じると途端に攻撃的になり、外敵を積極的に排除しようとする。
甲殻には血管が通っており、怒るとく点滅する。
このとき甲殻も柔らかくなることから、ティガレックスのように硬い甲殻を血流でほぐし、
運動しやすくしているものと思われる。
後年実装されたガスラバズラも似たような二面性を持つ。

ファミ通.com」というサイトで紹介されていたときには、太古の樹海に存在した古龍種と縄り争いをしていた生物であると記されている。
この太古に存在した古龍種現在樹海で古がいないことを考えると、恐らくエスピナスに負けたのではないか?とユーザーの間で話題になっていた。
気になる正体についてだが、樹海鋼龍石(クシャルダオラの鱗の化石)が採掘できることからクシャルダオラだと推測できる。

に弱いクシャルダオラならエスピナスに負けるのも仕方ないのかもしれない。
もし氷が弱点のエスピナスのもとに山でなくても氷属性を扱える特異個体クシャルダオラがやってきたらどうなるだろうか。

関連動画

関連項目


【スポンサーリンク】

携帯版URL:
http://dic.nicomoba.jp/k/a/%E3%82%A8%E3%82%B9%E3%83%94%E3%83%8A%E3%82%B9
ページ番号: 4130052 リビジョン番号: 2562447
読み:エスピナス
初版作成日: 09/07/22 23:17 ◆ 最終更新日: 18/02/14 23:34
編集内容についての説明/コメント: 辿異種追記
記事編集 / 編集履歴を閲覧
このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事の掲示板に最近描かれたお絵カキコ

お絵カキコがありません

この記事の掲示板に最近投稿されたピコカキコ

ピコカキコがありません

エスピナスについて語るスレ

42 : ななしのよっしん :2014/10/07(火) 22:46:34 ID: vMHLFX1wGW
>>37
それただの2G2じゃん
43 : ななしのよっしん :2015/08/06(木) 10:14:01 ID: tqHyXNmgxb
何故か本家民から人気のあるモンスター
まだFが注されてた時代に実装されたモンスだからなのかね
44 : ななしのよっしん :2015/10/19(月) 08:25:15 ID: GfwxcAFUmw
最初に戦った時は「こんなの理!」って思ったモンスターだったなぁw 懐かしい思い出だ。
にしても…生態を見る限りじゃわざわざ討伐する必要のモンスターにも思えるんだけどなぁ…
怒らせればとんでもない事になるが、こちらから手を出さなきゃ樹海をまったり生きてるだけの
特別モンスターに思えて、倒すのが何か心苦しかった。
レスによる環境破壊(周囲一帯が素に包まれて生態系が狂う)とかがあるなら
討伐理由になるだろうが…そんな現引き起こさないし…亜種と希少種の必殺ブレスは確かに
脅威で有り恐ろしいけど、居るのは樹海地と人間にを与えるような場所でもないし…
ぶっちゃけハンターが近くで居眠りしてても気にも留めない感じがして、逆にハンターの近くまで行って
一緒に居眠りとか想像したらかなり平和に感じた。
45 : ななしのよっしん :2015/10/20(火) 23:19:32 ID: qO3TJzrzKm
>>44想像してちょっと和んだ
46 : ななしのよっしん :2015/11/13(金) 17:47:54 ID: 6yIIHLG0/T
G9のナス実装ランスと片手に双属性武器がきたらいいなぁ
47 : ななしのよっしん :2016/06/13(月) 18:25:06 ID: BMbca36dzy
>>44
生存競争で勝つくらいだし増えすぎて同種で争うようになるとヤバいから適度に数を減らしておくとかかな?
48 : ななしのよっしん :2017/09/12(火) 18:11:49 ID: gENYUwCtJs
>>44一緒に寝る画は和むが がね……
49 : ななしのよっしん :2017/09/23(土) 14:58:05 ID: t9O2u6Oe4a
モーションは好きなのに判定意味不明すぎて戦ってて楽しくないから悲しい
いい加減修正して?
50 : ななしのよっしん :2017/10/22(日) 23:27:33 ID: XjbSFKuN48
>>40
そりゃあテオナナも良モンスには程遠いからね

本家に来てほしいとか言われてた時期あったけど、しっかりテコ入れしないとモンス扱い確定なんだよなぁ…
特異個体とかはまだマシだけど、非HCは個人的にはMHFオリジナルの中ではワーストクラ
51 : ななしのよっしん :2017/10/29(日) 15:18:10 ID: hleN75U8vu
ヒプ原種繁殖ヴォル原種亜種ナス原種辺りまでは2の色がかなり残ってるが
当時の基準ではその2のテオナナと同じでもそこまで言われず古をも退ける強として人気が出るのはおかしくないし
調整に慣れてきてからの新モンスや特異個体での旧モンスへのてこ入れで良モンスが増えた今のF基準で見るとそう感じるのも仕方ない
あと本家である2が終わった後のCSモンハンで多い振り向き攻撃とか絶対当ててくる攻撃もないし弱点もはっきりしてるからそっち基準なら大してクソ扱いされないだろう
急上昇ワード
ニコニコニューストピックス
  JASRAC許諾番号: 9013388001Y45123
  NexTone許諾番号: ID000001829