単語記事: エスピナス

編集

エスピナス

エスピナスとは、MHFに出てくるモンスターである。漢字表記は棘竜(いばらりゅう)亜種は棘茶竜(きょくさりゅう)希少種は棘白竜(きょくはくりゅう)。名前の由来はスペイン語で棘を意味するEspinasからか。

ユーザーの間では、体色に併せてそれぞれ「茄子」(原種)、「茶茄子」(亜種)、「白茄子」(希少種)と呼ばれている。

特徴等

飛竜種
エスピナス
別名
原種 棘竜
亜種 棘茶竜
希少種 棘白竜
登場作品
・モンスターハンターフロンティア
モンスターハンターのモンスターテンプレート

MHFのシーズン2.0アップデートにて実装されたモンスター。漢字表記の通り、全身に毒をもった鋭い棘を持つ。

最初は樹海の洞窟内で悠々と寝ており、多少突っついても起きはしない。ある程度攻撃することで起きるのだが、それでものそのそと歩きながら時折ハンターを追い散らすようなぬるい攻撃をしかけてくるだけである。
ところが怒り状態になると一転、ティガレックスを超える速度で暴走する突進や全身を使ったカチ上げ攻撃、毒+麻痺状態になってしまうブレスなど、強烈な攻撃の数々でハンターを苦しめるようになる。
怒り時は肉質が一気に柔らかくなるので、危険であると同時にダメージを稼ぐには絶好の機会でもある。短期決戦に持ち込む場合は怒り状態を維持しての戦いになるため、激しい戦いになること請け合いである。

怒り状態では特に頭の斬肉質が柔らかくなるため、ある程度火力のある斬武器数人で一斉に攻撃すると怯みっぱなしになってしまう。通称頭ハメ、または顔ハメ。今でこそ多少の怯み管理や安定して頭に攻撃を当てるだけの技術が必要になったが、双剣の鬼人化時も強走効果が有効だった頃は、双剣3人が頭に張り付いてひたすらレバーを下に倒すだけの簡単クッキングで狩られていた。もしかしたらエスピナスは双3笛1全盛期最大の被害者なのかもしれない。

破壊可能部位は、角(HP40%以下)、尾(HP30%以下)、背中、腹、翼。HP30%以下で捕獲可能なので、尾が切れたのを目安に捕獲が可能である。部位破壊のHPラインや破壊可能部位は亜種と希少種も同様である。

原種、亜種、希少種全てに言える事だが、殆どの攻撃で毒状態にされてしまうので毒無効スキルが非常に役に立つ。

眠らせてしまうと怒り状態が解除されてしまい、再度怒らせるまで肉質が硬化するため狩猟時間が伸びがちである。なので、睡眠属性の武器は極力使用しない方がよい。
怒り時の大暴走に付き合いたくないなら、閃光玉を忘れずに。めまい状態でも暴れまくるが、少なくとも突進はしなくなるため、追いかけっこをしなくて済むようにはなる。

余談だが、武器防具ともに有用なものが多く存在することから、運営のお気に入りであると言われることもある。

亜種の特徴

原種に次いで、シーズン2.5リファインアップデートにて実装。体色は茶色。
主に古塔や峡谷に生息している。古塔では頂上と秘境で居眠りしている。頂上には古龍種のナナ・テスカトリが、秘境にはリオレイアとリオレウスの希少種が生息しているはずだが、どちらも力ずくで追い払ったのだろうか。もしかしたら留守中に上がりこんで寝てるだけなのかもしれないが。

原種との大きな違いは、威力の高い溜め攻撃を使ってくる事と、ブレスが毒+防御低下に変更されている事。
特に亜種の最大の特徴である溜め攻撃は

「当たれば基本的に死ぬ威力」

なので、予備動作に移ったら即座に離れること。止めることはできないので、間違っても怯ませて阻止しようとしてはいけない。また、溜攻撃を止めるためにと足元にシビレ罠を仕掛けようものなら、設置された瞬間に溜めを解いて即座に攻撃してくる。よって溜め中の設置は厳禁。故意ではなく不慮の事故でも起きうるので、罠置きは慎重に。

亜種素材から作られるカクトス系の武器は会心率が非常に高く設定されており、武器種を問わず強力。

怒った時の頭の柔らかさは相変わらず。原種同様怯みっぱなしで散っていく光景が日常である。

希少種の特徴

2009年8月19日からの勝ち組みクエストで先行配信され、2009年8月26日からのフロンティアクエストで通常配信された。体色は白と紫。樹海頂上部と言う闘技場のようにマップ移動ができないフィールドでの戦闘となる。
長い間特異個体がいなかったため人気は非常に低かったが、G5で特異個体G級進出が決定し復権に成功した。

原種と亜種同様最初は寝ているのだが、ちょっとの攻撃で目を覚まし、起きた瞬間にいきなり怒り状態に突入する。

最大の特徴的は上空から放つブレスである。
飛び上がって少しの間滞空した後、広範囲の炎のブレスを発射する。このブレスは着弾後、降りてきたエスピナスを中心に回転する火柱を発生させる。この火柱に触れると毒+火傷状態になり物凄い速度で体力を奪われるので、迂闊に突っ込まないようにしよう。
火柱が発生することからこのブレスはナパーム(焼夷弾のこと)と呼ばれる事が多い。 

なお、回転する火柱をエスピナス自身が吹き飛ばす前にエスピナスを怯ませることで、特殊転倒を引き起こすことができる。成功すれば確率で報酬にレア素材が追加される。

エスピナス種の弱点であった怒り時の頭の肉質だが、希少種は怒り時でも斬肉質40と、そこまで柔らかくはない。代わりに怒り時の首の斬肉質が60になっている。

モーションにも1点大きな変更点があり、攻撃のために方向転換する際、飛竜種の「足踏みをしての方向転換」ではなく、希少種は対象に向かって、回れ右をするように一気にぐるりと方向転換する。強いて言えば古龍種の方向転換に似ているか。これにより軸合わせにかかる時間が短くなるため、より正確にハンターを攻撃できるようになっている。 

希少種の素材から生産、強化するペルレ系の武器は同じ火毒の双属性であるカクトス系と比べ、会心率と毒属性が低くい代わりに攻撃力と火属性が高く、また斬れ味ゲージもカクトス系に比べ優秀である。

特異個体

原種

シーズン10にて登場

通常個体は事なかれ主義ともいえたが、特異個体はちょっと殴れば直ぐにマジギレする激烈短気なブチ切れ系モンスターとなっている。

元々突進のスピードに定評のあったエスピナスだが、新たに追加されたフェイントからの突進の速度は凄まじい。
その他にもコンボ攻撃を習得していたり、3連までだったブレスが最大5連になるなど、攻撃手段は多彩になっている。
多彩になっただけでなく攻撃力も上がっており、通常個体以上に「攻撃をくらう→毒&気絶→毒死」となってしまう確率が高い。そのため毒無効や気絶無効の恩恵が通常個体よりかなり大きい。

ただ顔の柔らかさは相変わらずで、怯み値の跳ね上がった特異個体であっても頑張れば顔ハメができてしまう。というか、ハンター側が強くなりまくっているせいでHC変種相手でも1人が頭を攻撃するだけでハマってしまう。無念。

亜種

シーズン9.0にて登場

溜め攻撃が特徴的なモンスターだけあって、溜め攻撃が3つも追加されている。

1つ目は溜め時間の短い横タックル(ガノトトスとかのあれ)で、他と違い即死級ではないが、結構痛い。

2つは溜めからブレスを上に撃って撒き散らす攻撃。こちらは落ちてくるブレスの1つ1つが小さい割に即死級の威力と、なんともナス亜種らしい攻撃となっている。ただ、龍風圧無効さえつけていればモーション確認後、ナスの脚元に潜るだけで回避できてしまうので、覚えてしまえば他同様、対処の簡単な攻撃と言える。

3つ目は溜め突進。予備モーションがとてもわかりやすいため、見てから回避余裕でした。…と言いたいが、ホーミング性が高いのでぼさっしてると轢かれてしまう。回避行動はお早めに。

こちらもまた頭が柔らかいままなため、頑張れば頭ハメが可能。確率の低いHC素材獲得のためには有難いことだが、当のエスピナス亜種にはいい迷惑なのかもしれない。

希少種

原種亜種特異個体が実装され3年ほど放置されたがついにG5で登場。

インフレの関係で上位の特異個体はそれほど強くないがG級の特異個体となると話は別になる。
初登場のシーズン5.0では特に意識されていなかったが、毒と炎上という二つのスリップダメージをもっているためそれが根性と絶対防御、元気のみなもとへの対策となっている。

さらに登場ランクが最上級の★7なので防御減算が激しく、残り体力に気を使わずバーサーカー戦法で回復や回避を怠ると犬死することになる。実装当初は「たかがエスピナス」と侮った多くのバーサーカーが犠牲になった。

毒と炎を同時に吐き出し渦として空にはき上げるファイアーウォールという技や後退しつつ炎を吐いて上空に飛んで巨大な火柱を作り出す技を使う。

生態

エスピナス種は非常におとなしい飛竜で、リオレウスのような積極的な狩りはせず、丸まって擬態し、気づかずに近づいてきたアプトノスやモス、カンタロスを捕食する。擬態中に他の飛竜から攻撃されても殆ど気にせず、飛竜が諦めてその場から去るまでやり過ごす。
だが生命の危険を感じると途端に攻撃的になり、外敵を積極的に排除しようとする。
甲殻には血管が通っており、怒ると赤く点滅する。このとき甲殻も柔らかくなることから、ティガレックスのように硬い甲殻を血流でほぐし、運動しやすくしているものと思われる。

「ファミ通.com」というサイトで紹介されていたときには、太古の樹海に存在した古龍種と縄張り争いをしていた生物であると記されている。
この太古に存在した古龍種は、現在の樹海で古龍がいないことを考えると恐らくエスピナスに負けたのではないか?とユーザーの間で話題になっている。
気になる種類についてだが、樹海で鋼龍石(クシャルダオラの鱗の化石)が採掘できることからクシャルダオラだと推測できる。

毒に弱いクシャルダオラならエスピナスに負けるのも仕方ないのかもしれない。
もし氷が弱点のエスピナスのもとに氷攻撃したい放題の特異個体クシャルダオラがやってきたらどうなるだろうか。

関連動画

関連項目

  • モンスターハンターのモンスター一覧
  • MHF
  • メラギナス

【スポンサーリンク】

携帯版URL:
http://dic.nicomoba.jp/k/a/%E3%82%A8%E3%82%B9%E3%83%94%E3%83%8A%E3%82%B9
ページ番号: 4130052 リビジョン番号: 2240258
読み:エスピナス
初版作成日: 09/07/22 23:17 ◆ 最終更新日: 15/08/01 15:12
編集内容についての説明/コメント: 特異個体
記事編集 / 編集履歴を閲覧

この記事の掲示板に最近描かれたお絵カキコ

お絵カキコがありません

この記事の掲示板に最近投稿されたピコカキコ

ピコカキコがありません

エスピナスについて語るスレ

34 : ななしのよっしん :2012/07/16(月) 21:07:01 ID: L/4eKpGk8e
エスピナスさん、PSO2出演おめでとうございます
35 : ななしのよっしん :2012/08/15(水) 19:21:19 ID: 7jGWqtmDyb
>「当たれば基本的に死ぬ威力」
防御700くらいあれば余裕で耐えるよ
かなり昔に弱体化されてるらしいけど
36 : ななしのよっしん :2013/01/23(水) 23:01:58 ID: 0SRm6bUAhx
とりあえずナパームふつくしい
37 : ななしのよっしん :2014/02/26(水) 10:08:49 ID: +dWkjA3gKb
2Gにヒプノックやヴォル兄貴が出たんだし4Gにこいつ出ないかね
まああの時は販促の面もあったから今とは状況が違うか…
38 : ななしのよっしん :2014/03/08(土) 19:12:14 ID: XjbSFKuN48
ノーモーション突進、メチャクチャな当たり判定、置き攻めや毒によるハメ殺し…。
古参だから根強い人気があるんだろうけど、正直糞モンスと言われても納得してしまうんだよねこの子…。
39 : ななしのよっしん :2014/05/22(木) 18:13:41 ID: 9xIz8Er2gt
よくも悪くもMHFのインフレ気質を決定付けたモンスターだよね
40 : ななしのよっしん :2014/07/24(木) 08:04:42 ID: KAXUdWPQyC
>>38
それだったらテオとかナナとかもそうなるじゃん
41 : ななしのよっしん :2014/08/05(火) 12:17:48 ID: It/pAJr+pL
こいつ今の公式狩猟試験HR30担当なんだよなあ(HR40はノノ・オルガロン)。
この担当変更は運営が元々考えていた事なんだろうけど、PS3ユーザーがクレーム付けたせいでシェンからエスピ(ヤマツからノノ)に変わったとも聞く。
42 : ななしのよっしん :2014/10/07(火) 22:46:34 ID: vMHLFX1wGW
>>37
それただの2G2じゃん
43 : ななしのよっしん :2015/08/06(木) 10:14:01 ID: tqHyXNmgxb
何故か本家民から人気のあるモンスター
まだFが注目されてた時代に実装されたモンスだからなのかね
  JASRAC許諾番号: 9011622001Y31015