単語記事: エンジェラン

編集

エンジェランとは、SEGAアーケード及び家庭用ゲーム電脳戦機バーチャロンオラトリオ・タングラム」に
登場するVRである。

概要

V.C.a0年代前半になって突如として出現し、VRパイロット達を悩ませてきたの戦闘体「アジム」。これへの対応策として、かつて0プラントでプラジナー博士が開発したVR-017号機をもとに、第4プラント「TSCドランメン(以後TSC)」が再設計した機体がSGV-417エンジェランである。

開発経緯

O.M.G.終結後DN社が崩壊すると、第4プラントはTSCドランメンと称されて再建が進み第8プラントであるフレッシュリフォー(以後、FR-08)が推進した新たな体制づくりにも協カ的な姿勢を保ち続けていた。

だが、バーチャロイド開発・実用を契機にしたかのように現れた外からの脅威に対し苦戦するTSCは一つの忠言をする。
「現行の戦闘VRパワーかに駕するアジムに対抗しうるのは、オリジナルVR以外にないのではないか?」
彼らがFR-08に示した提案は、ある意味理にかなっていた。両営のエースパイロットでも対応できず、まともに対抗できるのが商用バーチャロイドかにぐ機体・パイロットを擁する騎士団(ホワイトフリート)だけ。TSC側はアジム討伐の度にFR-08に頭を下げるのを嫌がったのだ。
その為独自の対抗手段が欲しくてVR開発再開の承認をめてきたのである。FR-08は警の念を隠さなかった。
だがFR-08側もアジム討伐にトップシークレット騎士団を何度も投入するのを嫌ってもいたのだ。最終的にFR-08は極めて厳重な制約を課したもののTSCの提案を受け入れた。

オリジナルVRを代行という形ながら発揮することの出来る機体として、本機が製作されることとなる。
必然的に本機はTSCが確保していたオリジナルバーチャロイド、通称「アイスドール」に似せたものとなっている。

VR-017 『アイスドール』

アイスドール」とは、プラジナー博士の作品であるオリジナルバーチャロイドVR-017の別称である。
以下、一般兵用と区別するため、アイスドールと記す。

V.C.9X年代、博士は数体の至高のVRを創出した。0プラントにおいて彼の手がけたVRは、どれもまっとうな形で
日のを見ることはなかった。プラジナー博士が失踪するまで、人々は彼の残したVR革新性に気づくことはなかった
ためである。

これらの機体は、すべてオリジナルVRと同等の驚異的な潜在を有し、かつ自らの自を持ち、独自の意思で行動した。その結果、VR-014ことオリジナルフェイ・イェンファイ・ユーブ)は人々の手を離れ(各地で馬鹿騒ぎを起こし)、旧0プラント職員を事実上の死刑にあたる記憶消刑に処する事態へと発展。当時のV-プロジェクト最高責任者、アンべルは新たな損失を嫌い、VC.9c年に回収したアイスドールを強制的に凍結して第4プラント内に監禁保存していた(この処置によって、VR-017は「アイスドール」と呼称されるようになった)。

やがて、対アジプロジェクトの名生されたアイスドールの姿に、人々はをみはった。
後にSGV-417エンジェランの素となるその機体は、従来のVRが持っていた戦闘兵器としてのイメージからはほど遠い、たおやかな女性フォルムを有していたのである。
しかも機体サイズは既存のVRと違い人間の等身大程(約160cm)だったのである。

SGV-417 氷雪魔法系神聖機体『エンジェラン』

そうして、限定戦争用ではなく、対アジムというより高度な脅威に対抗すべくこのVRは開発されてゆく。

本機は他の戦闘VRとは異なり、駆動カの大半はアイスドールによって供給される。また、制御のイニシアチブも彼女が持つ。つまりパイロットは、アイスドールの見守る中、彼女が認める範囲内での戦闘行動がとれるに過ぎないのである。これは―見不便のようであるが、対アジム戦ではパイロットの精に大きな負荷がかかり、人間による制御では戦闘カの維持にも事欠く状況がしくなかったので、かえって安全であった。

アイスドールの最大の特徴は人工V-クリスタル実装にあった。再現率40%とはいえあらゆる人々が試みて果たせなかったV-クリスタルの複製化を人知れず実現していたプラジナー博士は、それをはめ込んだロッドを自らの創造物に託していた。それは、ひとたび武装として機した際には、絶大なるVR-017に供給するはずであった。
エンジェラン装備である「対偶の法」は、アイスドールだけが所持する人工V-クリスタルの作用を増幅発現させる機を持つ。これによって、C.l.S.にある様々な事時に実体化させることができる。

実体化事はすべて氷の属性を有するが、その理由は厳密な意味において解明されているわけではない。現時点で有カな説では、長らく強制監禁を強いられてきたアイスドールの、頑なに閉ざされた孤独な心が、実体化機の起動時に氷の属性として具化されているのではないか、と推諭している。

"eclosion mode"は、羽化を伴う本機の特徴的機であるが、当初から想定して組み込まれたものではない。本来アイスドールが何らかの事態に対応して発現させる機であるとされているが、実際に撃されたわけではない。

結局SGV-417自体がアイスドールの不全なレプリカであるがゆえに、彼女の持つカの全てを正しく再現し得るはずもなく、その強大な戦闘カとは裏に、様々な歪みが機体各所に散見される。

ゲーム中での性能

ゲーム内の本機は防御面に重点を置いた機体。引き撃ちの女王
ドルドレイに次ぐVアーマー強度、相手の攻撃を効化する手段が多め、ジャンプ中移動性トップクラスなどが理由。だがその反面機体自体の防御は見た通り程、攻撃手段は追尾性が高めだが見極められると簡単に回避される。
近接攻撃はを振り回すかビンタ程度のものだが、短時間だがフィールドに残る氷を設置するユニークなものもある。

厄介なのが移動後に「若干だが」慣性モーションが発生すること。他の機体のように移動後の硬直を回避できるキャンセルを行っても「隙」が出来るので相手に狙われやすい。
ジャンプトップクラス、と記載したが実際は「上昇と移動速度はそこそこ速いが降下速度はやたら遅い」ので使い勝手は並、しかも着地直前を相手に狙われると防御の低さ故にダウンを奪われやすい。
その為、懐に潜り込まれると脆く、ひたすら相手と距離を離す必要があり、有利な局面だったのが一で引っ繰り返される危うさを持つため引き撃ちに徹さざるを得ない難しさがある。

動的に直撃を狙える武器が少ないということもネックだが、『“高さ”にも対応する弾幕』という要素はバルバドスのERLコンボを除けばほぼ独自要素といえ る最大のセールスポイント。これらによる事故待ち体ながら、狙いどころではレーザーや前ビ等の確定を取る攻撃的な武装による駆け引きの分厚さがプレイ ヤーにされる点といえる。

「エンジェランの略奪」 事件

アイスドールは自らの意志を有していた(プラジナー博士の手がけたVRに共通することだった。)彼女の心は、長期間にる―方的な凍結監禁によって堅く閉ざされ戦闘を強要する人々との接触を頑なに拒み続けた。

TSCドランメンはなんとか説得してSGV-417の開発に協してもらっていたのだが、終盤に差し掛かったタイミングで彼女は自らの実体を解いて電虚数間(C.I.S.)へと姿を消してしまったのである。

問題はこの後に生じた。―度姿を消したはずのアイスドールが、どうしたことか再び舞い戻ってきたのだ。ただし、TSCにではなく対立勢であるFR-08に。彼女がFR-08を選んだ理由は明らかにされていないが、FR-08は彼女の身柄を受け人れ、TSCの再三の要にもかかわらず、その返還に応じようとはしなかった。

TSCはこれを「エンジェランの略奪」であるとして、しく抗議した。先述の通り、彼らの開発したSGV-417エンジェランは、VR-17があって初めて機し得る。つまり、VR-017を確保しているものが、エンジェランの起動に際して導権を握る。ある一面から見れば、FR-08はSGV-417を横領したも同然だった。
両者の確執はこの後行われたFR-08の若き総帥リリン・プラジナーと、TSCの首アンベルの会談によって明らかとなり、『オラトリオ・タングラム』と呼ばれる大戦へと発展してゆくこととなる。

なお、アイスドール自身は非常に多忙でぶっちゃけ世界に居ることが稀な状況にあるため、TSCに帰還しなかったのは政治的な意味以上にそんな暇がなかったというのが実情であるという。
お蔭で較的暇なファイ・ユーブが一般兵用のエンジェランの輸送にパシらされることとなったりするがそれは別の話。
FR-08とTSCの対立は表向きのもので、相はアイスドール自身がアンベル含むごくわずかな首に掛け合ってアジム討伐戦の設営を願い、それをTSCは受諾。そして、FR-08は騎士団によるシャドウ討伐に、TSCアジム掃討にそれぞれ分担するという合意を得るための会談であった。つまり、アイスドールが会談を仲介したと言えるだろう。
結果、オラトリオ・タングラム戦役で得た利益で打撃艦隊フォースが結成され、これがVO4物語に繋がる。

後継機 TA-17

世代は移り変わり、戦場地球のみならず太陽系全域に広がりつつある時代。
リリン・プラジナー独自のVR開発プラント「TRANS AFG」より限定発売されたのが本機「TA-17」系列である。

バーチャロイドは撃破されるとVコンバーターの活性が落ち、リバース・コンバートで形成された機体構造が消滅してしまう。(誤解を恐れずに言えば、ブルースクリーンで作業途中のデータがぶっ飛ぶようなイメージ
それによる被を軽減するために2組のバーチャロイドが相補的に活性を維持し合う「ツインリンク・コンバーター・システム」の試験機として生産されたのが本機体の前身にあたる。つまりVO4の2on2バトルレスキューMARZのリペアディスク(正式名称:パーシャル・コンバート)といった技術の実機である。
同時に、本機シリーズのみが、体回復・状態異常消去といったを発揮できるのは、「ツインリンク・コンバーター・システム」の由来となるアイスドールの一部を再現することができているためといえるだろう。

三世代VRの例に漏れず、武装の異なる3(+1)機が登場している。2~3種類のターボ攻撃による攻撃バリエーションはいくつか削除されており、削除されたそれらの攻撃が生機に割り当てられている。
弾速が遅い攻撃で上手く2機へ攻撃を配分すれば擬似的な一人二役を演出することが出来る点を活かすことに終始した玄人好みの立ち位置。
の勲カラー俺の嫁

TA-17L 慈愛

バーチャロンフォースに登場。 揮機体は祭帽を被る。
テムジンのCWなど、一般的な防御兵器ぐ防御性を誇るLW(通称ミラー)を装備したモデル。機動VO4登場のエンジェランでは最も遅いという欠点があるが、バランスが良く、近距離戦を挑む相手への迎撃が優秀。

TA-17S 治癒

バーチャロンフォースに登場。 揮機体はナースキャップを被る。
LWはオラトリオタングラム攻撃であった氷柱となっており、ジャンプに対する抑止が高い。
反面、攻撃の燃費が悪くなっており、ゲージ管理が難しく、戦略的な動きが要されるものの、単発威に優れ、爆発ダメージレースに強い。

TA-17H 慰撫

バーチャロンフォースに登場。 揮機体は天使の輪が頭上でる。
LWは新武装「ウイングボール」(同社のSTGファンタジーゾーン」の自機に似ているため、通称「オパオパ」)
LWがを越える攻撃となったため、系列中最も遠距離への援護射撃に優れ、RWの回転率にも優れるが、逆に言えば近距離火力に劣ることとなったため、近接タイプ粘着に苦労させられることも。

TA-17B 化鳥

バーチャロンMARZに登場。
ベースは前述の「慈」だが、苦手だった近接攻撃の性が向上している。ただ、立ちCWが設置でなくなっているほか、治療魔法のTCWが単なる高追尾攻撃となっている実質死に技だったので問題だったが。

その他エピソード

関連動画

関連コミュニティ

関連項目


【スポンサーリンク】

携帯版URL:
http://dic.nicomoba.jp/k/a/%E3%82%A8%E3%83%B3%E3%82%B8%E3%82%A7%E3%83%A9%E3%83%B3
ページ番号: 4282230 リビジョン番号: 2367249
読み:エンジェラン
初版作成日: 10/02/12 22:08 ◆ 最終更新日: 16/05/29 23:26
編集内容についての説明/コメント: 冒頭を太字化。関連動画1つ追加。関連項目「フェイ・イェン」「ガラヤカ」追加。未使用節や空白行を除去。htmlタグを調整。
記事編集 / 編集履歴を閲覧

この記事の掲示板に最近描かれたお絵カキコ

お絵カキコがありません

この記事の掲示板に最近投稿されたピコカキコ

ピコカキコがありません

エンジェランについて語るスレ

10 : ななしのよっしん :2012/01/11(水) 21:31:46 ID: XzQ+A3fM3f
やっていいのなら、自分が全部書き換えるけど?(ネタも入れつつ)
ただ、フォースでの特徴や使用感は別の人がお願い。
11 : ななしのよっしん :2012/01/15(日) 07:04:30 ID: HTyOUJoOzo
とか、どういうことなの・・・
こりゃガラヤカリンもありそうだ
12 : ななしのよっしん :2012/04/30(月) 22:55:55 ID: Xose6iyUBq
>>10
ネタ大歓迎、是非面おかしく大体あってる方向で書き換えてみてくださいな♪
実態に即してないということになっても最悪差し戻すこともできますし(コラ
13 : ななしのよっしん :2012/05/10(木) 22:31:39 ID: XzQ+A3fM3f
>>12
一応、ドルドレイの記事を見て判断してくれ。
14 : ななしのよっしん :2012/05/23(水) 12:00:32 ID: Xose6iyUBq
>>13
設定や実機の機体特徴、操作感と萌えポイントめられてて良い記事だと思いました!
まずは記事を書き直して、それから皆さんの意見を参考に適時修正していければ良いのではないでしょうか?
15 : ななしのよっしん :2012/05/29(火) 02:16:51 ID: pQcepNPDGI
椎進とか騎士団とか誤字多いな
16 : ななしのよっしん :2012/12/16(日) 16:50:56 ID: YdCCDpuGQv
彼女も氷の妖精だよね?
17 : ななしのよっしん :2014/08/05(火) 02:31:08 ID: 8hJKAyvdlS
この子プラモがいつまでたっても出なくて悲しいんですが…
まぁ確かに立たせるにもバランス悪そうだし設計に苦労するとは思うけど、
あまりにも制作側からさけられてるような感じがして寂しいよ…
18 : ななしのよっしん :2015/07/08(水) 18:30:58 ID: zo+pNjfq5y
PSO2コスチューム来たから存分にprprできるな
ちょっと低身長気味のエンジェランくっそ可愛いのでエス余裕でした
19 : ななしのよっしん :2016/01/01(金) 13:59:17 ID: VT9T9WMn5D
フォースに居ないのが悔やまれるくらい使いやすい機体
他のぶっ壊れテムジンライデン理だけどこいつだけでも欲しかった
  JASRAC許諾番号: 9011622001Y31015