単語記事: オオスズメバチ

編集

のある日、大百科に思わぬ出来事が起こりました。

 

世界最大のスズメバチ

オオスズメバチがやってきたんです

 

 

オオスズメバチ(Vespa mandarinia japonica)とは、ハチスズメバチ科の中で最も大きいスズメバチである。

概要に、オオスズメバチがやってきたんです!

世界最大の殺人とも呼ばれており、攻撃性が非常に高い獰猛な
の中で最大級のでかさを誇り、人さえ噛み千切る巨大で強な大蜜蜂とはべ物にならない頑丈な体。
日本の中でもっとも強い(色々なの混合物、別名「カクテル」)をもち、液中には仲間を呼ぶフェロモンも含まれている。
単騎ですら恐ろしいのに怒り狂った時は仲間を呼び集団で敵を殲滅しようとしたり。
おまけとばかりに一日に100㎞以上飛行しても全然気という驚異のスタミナまで誇る。
なぜこんな化け物日本に産まれてしまったのだろうか・・・。

ちなみに「オオスズメバチがやってきたんです!」とは、下のMADでよく使われる名セリフである。オオスズメバチの生態を良く捕らえており、完成度は(駄に)高い。

 
日本北海道から九州屋久島種子島近辺にまで分布しており、土中や洞に巣を作る。

口には雄や新女王蜂の養育と、幼に与える餌の大昆虫が姿を消すため非常に攻撃性が高まる。
このため、他のの巣を集団で襲い、働き全滅あるいは逃走させた巣から幼さなぎ団子にして巣に持ち帰る。

狙われた?

近くを飛び回っており、刺してきそうなときは、絶対に刺せずにゆっくり去らなくてはならない。

  • 自分の周りをジリジリと飛んでいるとき
    スズメバチは、人間を獲物にしようとすることはい。よっぽど奮して攻撃的になっていれば、発見するや否や刺しにかかってくる。自分の周りをつかず離れずで微妙に飛んでいる場合は、巣に近づいてしまっていることへの言の警告である。
    このときはまだスズメバチも様子見であるが、既に、大を上げたりいきなり大きく動いたりしたら即刻攻撃に移る状態にある。まわりに巣がありそうな場所があればそこから離れるか、の中などで遭遇して巣の方向がわからない場合は、自分が来たのりを戻ろう。 
  • 何か「カチカチ」と言う音が聞こえてくるとき
    人間で言えば、舌打ちを聞こえよがしにしているところ。上述の警告で、人間が特に刺するような動作もくさらに巣に近づいた場合、つまり巣の方向がわからずに移動してきたなどのケースでは、スズメバチは次の警告に移る。
    音の正体は、スズメバチ。まさに舌打ち。この音が聞こえてきたら、本当にキレかけている拠である。即刻、しかしゆっくりとその場を離れなくてはならない。 

関連動画にも、オオスズメバチがやってきたんです!

最強?

の中でも最強といわれるが、案外苦手なものも多い。(それでもの中では最強昆虫の中でも上位の強さだが)

カマキリと戦う動画などはたびたびネットで確認され、スズメバチがその強カマキリをしとめることがどだが、実はカマキリの前に敗北して食べられることも多く、勝率はそんなに高くない。

また、液を吸う際にも、カブトムシクワガタムシなど大の甲には場所を譲らなくてはならない。稀にノコギリクワガタ液に近づいてきたオオスズメバチをハサミ殺すこともあり、しかも彼らの体を覆う甲殻にはスズメバチも針も通用しない。液を吸っているカブトムシスズメバチが猛攻を仕掛けても、カブトムシの方はたいてい々と液を吸って去っていく。 何匹かでとりつき、カブトムシの足に噛み付いてやっと撃退することもあるが、どの餌には出来ないので非効率的な上、他の甲も寄ってきてキリがいのであまりここまでの行動には及ばない。それ以外でもオオムラサキにビンタされて撤退することもある。他には中戦でオニヤンマ捕食されたりすることがあり、スズメバチ側が勝つことはほぼ不可能である。

そしてニホンミツバチ・セイヨウミツバチは基本的にただの獲物だが、ニホンミツバチの巣に単独で侵入した場合、仲間を呼ぶ前に集団で群がられ、ミツバチより低い致死温度まで上昇させられ、蒸し殺されてしまう。数十匹の集団で襲撃した場合は、損は防げなくとも問題なく制圧できる。

スズメバチの恐ろしさは単体でも強いのに群れをなして襲う事だろう。

もっと詳しい事はウィキペディアスズメバチを参照。

凶暴さゆえの功罪

スズメバチによる年間刺傷件数や死亡者数は多く(日本における野生生物による死亡者数はダントツ)、一般的にはとして認識される。その一方でスズメバチはその暴さによる功績も多い昆虫である。

スズメバチ類のな獲物はイモムシ・ケムシの仲間であり、植物を食するこれらをせっせと駆逐し、木が丸裸になることを防いでいる。スズメバチの巣一つに運び込まれる獲物の総数は数万に上るという。

また、養蜂的で持ち込まれたセイヨウミツバチが野生化しない要因も、スズメバチの存在によるところが大きいと考えられている。人間が持ち込んだ外来種がそれまでいた在来種を駆逐したり遺伝子汚染を起こし(外来種と在来種の雑種ばかりになる)たりすることが問題視される中で、セイヨウミツバチニホンミツバチの関係を上手く調整している功績もあるといえる。

オオスズメバチを初めとしたスズメバチ類は暴さばかりがクローズアップされがちであるがこのように生態系の維持に大きく寄与しており、益カテゴリーについて考えさせてくれる昆虫である。

 世界最大の関連商品にも、オオスズメバチがやってきたんです!

関連コミュニティにも、オオスズメバチがやってきたんです!

参加したオオスズメバチを蒸し殺すニコニコミュニティを紹介してください。

関連項目


【スポンサーリンク】

携帯版URL:
http://dic.nicomoba.jp/k/a/%E3%82%AA%E3%82%AA%E3%82%B9%E3%82%BA%E3%83%A1%E3%83%90%E3%83%81
ページ番号: 4313945 リビジョン番号: 2261204
読み:オオスズメバチ
初版作成日: 10/03/21 21:33 ◆ 最終更新日: 15/09/14 23:30
編集内容についての説明/コメント: 凶暴さゆえの功罪の項目を追加
記事編集 / 編集履歴を閲覧

この記事の掲示板に最近描かれたお絵カキコ


オオスズメバチ

この記事の掲示板に最近投稿されたピコカキコ

ピコカキコがありません

オオスズメバチについて語るスレ

253 : ななしのよっしん :2016/03/17(木) 16:40:19 ID: V22rsYj5SG
シオヤアブ・・・いやいいけどさ
254 : ななしのよっしん :2016/04/13(水) 17:19:21 ID: FiNIkJ2aZN
ハチに関しては修羅の国状態だな日本
255 : ななしのよっしん :2016/04/26(火) 07:27:43 ID: P08FKHsBQB
ハチミツがいっぱい取れるから人間に守ってもらえるセイヨウミツバチ
スズメバチ相手でもなんとかやれるから野生で生きられるニホンミツバチ
すごく怖いけど自然の調和を保っているオオスズメバチ
256 : ななしのよっしん :2016/04/26(火) 07:49:09 ID: gkSb5B561Y
調和を保つのはいいですけど
人のに巣作るのは勘弁してください
257 : ななしのよっしん :2016/04/28(木) 08:36:47 ID: 29Sut9rtq9
オオスズメバチは人のには滅多に巣作らないんじゃなかったっけ(基本土の中)
258 : ななしのよっしん :2016/05/05(木) 15:17:12 ID: HikT2YT5sN
ツマアカスズメバチとかいうのが日本に来てるらしいけどどうなる?
259 : ななしのよっしん :2016/05/14(土) 14:55:12 ID: s5a8x8H4JX
ツマアカスズメバチはキイロスズメバチとほぼ同じサイズで習性も似通っている
オオスズメバチにとってはエサになりこそすれ生存を脅かされるような相手ではないだろう
260 : ななしのよっしん :2016/05/16(月) 00:49:36 ID: IBww2o1qW7
オオムラサキすげえな
261 : ななしのよっしん :2016/05/16(月) 01:20:36 ID: 6MlTqugcx1
っていうかほんらいの小鳥要素が皆無だな‥ ‥
危険そのもの=すずめばち(キラービー)
262 : ななしのよっしん :2016/05/20(金) 12:52:45 ID: qPYs87DZp+
>>258
オオスズメバチが強すぎてセイヨウミツバチは野生化しなかったが
ツマアカスズメバチオオスズメバチほどはないものの、オオスズメバチより動きが素くて体もあるから一度住み着いたら全滅は厳しいと思われる
実際にオオスズメバチの少ない対馬ではすでに定着してしまったようだし(ミツバチやキイロスズメバチはツマアカの前に敗北)、オオスズメバチのいる九州本土でも定着は時間の問題だろうな
  JASRAC許諾番号: 9011622001Y31015