単語記事: オタカル・オストルチル

編集  

オタカル・オストルチル1879~1935)とは、19世紀末から20世紀前半にかけて活躍した作曲揮者である。

概要

ヴィーチェスラフ・ノヴァークヨゼフ・スークと並ぶボヘミア2世代の人物だが、彼のみ第1世代のズデニェク・フィビヒ子であった。もともとはプラハ大学哲学を修めており、1903年から1919年までプラハチェコ・スラヴ商業専門学校チェコ語ドイツ語教授を務めていた。しかし大学進学前からピアノ作曲の個人教授を受けており、16歳から晩年のフィビヒに師事したのである。

商業専門学校在職中から揮をはじめ、レオシュ・ヤナーチェクグスタフ・マーラー、恩師ズデニェク・フィビヒといった人々の普及を務めている。1907年にはヴィノフラディ劇場のオペラの首席揮者として迎え入れられ、さらには民劇場の揮者に加わり、1920年にはカレル・コヴァジョヴィツの跡を受けてオペラの首席に就任した。

一方作曲としてのオストルチルは寡作で、25作が残るのみである。当初は師であるフィビヒの音楽性からスタートしたが、グスタフ・マーラーリヒャルト・シュトラウスの影も受けつつ、アルノルト・シェーンベルクアルバン・ベルクに接近し、全な調になる一歩手前で踏みとどまるような作品を作っていった。

関連動画

関連項目


【スポンサーリンク】

携帯版URL:
http://dic.nicomoba.jp/k/a/%E3%82%AA%E3%82%BF%E3%82%AB%E3%83%AB%E3%83%BB%E3%82%AA%E3%82%B9%E3%83%88%E3%83%AB%E3%83%81%E3%83%AB
ページ番号: 5514800 リビジョン番号: 2553855
読み:オタカルオストルチル
初版作成日: 18/01/13 10:35 ◆ 最終更新日: 18/01/13 10:35
編集内容についての説明/コメント: 新規作成
記事編集 / 編集履歴を閲覧
このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事の掲示板に最近描かれたお絵カキコ

お絵カキコがありません

この記事の掲示板に最近投稿されたピコカキコ

ピコカキコがありません

オタカル・オストルチルについて語るスレ


まだ掲示板に書き込みがありません… 以下のようなことを書き込んでもらえると嬉しいでーす!

  • 記事を編集した人の応援(応援されると喜びます)
  • 記事に追加して欲しい動画・商品・記述についての情報提供(具体的だと嬉しいです)
  • オタカル・オストルチルについての雑談(ダラダラとゆるい感じで)

書き込みを行うには、niconicoのアカウントが必要です!


急上昇ワード
ニコニコニューストピックス
  JASRAC許諾番号: 9013388001Y45123
  NexTone許諾番号: ID000001829