単語記事: オニゴーリ

編集

オニゴーリとは、ポケットモンスターに登場するNo.362ポケモンである。初登場はルビー・サファイア

基礎データ
名前 オニゴーリ タイプ こおり
英語 Glalie 高さ 1.5m (通常)
2.1m (メガ
分類 がんめん 重さ 256.5kg (通常)
350.2kg (メガ
図鑑 #362 とくせい せいしんりょく
ジョウト # アイスボディ
ホウエン #172(RSE)
#180(ORAS)
かくれ特性 ムラっけ
シンオウ #207 メガ特性 フリーズキン
イッシュ # グループ ようせい / こうぶつ
# 孵化歩数 5120
カロス # 性別 :50.0%
アローラ #247 :50.0%
世代 第三世代 努力値 HP+2
進化 ユキワラシオニゴーリ(Lv.42)
       → ユキメノコにめざめいし)
No.362 オニゴーリ
がんめんポケモン
たかさ   1.5m
おもさ  256.5kg

こおりタイプ
 くうきちゅうの すいぶんを しゅんかんてきに こおらせる ちからを もつため オニゴーリの まわりには ダイヤモンドダストが はっせいする。
種族値 合計480






80 80 80 80 80 80
種族値メガシンカ時) 合計580






80 120 80 120 80 100

図鑑説明

ポケットモンスタールビー
いわの からだを こおりの よろいで かためた。 くうきちゅうの すいぶんを こおらせて じゆうな かたちに かえる のうりょくを もつ ポケモン
ポケットモンスターサファイア
こおりを じざいに あつかう ちからを もつ。 えものを いっしゅんで こおらせて うごけなく なった ところを おいしく いただくのだ。
ポケットモンスターエメラルド
くうきちゅうの すいぶんを しゅんかんてきに こおらせる ちからを もつため オニゴーリの まわりには ダイヤモンドダストが はっせいする。
ポケットモンスターファイアレッド・リーフグリーン
ほのおでも とけない こおりの からだ。 くうきちゅうの すいぶんを いっしゅんで こおらせてしまう。
ポケットモンスターダイヤモンド・パールポケットモンスターX
くうきちゅうの すいぶんを こおらせ こおりの そうこうで からだを つつみこみ みを まもっている。
ポケットモンスタープラチナポケットモンスターブラック・ホワイト
くうきちゅうの すいぶんを いっしゅんで こおらせることで えものが にげられないように する。
ポケットモンスターハートゴールド・ソウルシルバーポケットモンスターY
くうきちゅうの すいぶんを いっしゅんで こおらせる ちからで えものを れいとうして しまう。
ポケットモンスターサン
通常
とうちょう まぢかに ゆきやまで そうなんした とざんかの むねんが いわに とりつき うまれたという。
メガオニゴーリ
かじょうな メガシンカ エネルギーが くちから あふれ アゴが くだけた。 つねに ふぶきを はいている。
ポケットモンスタームーン
通常
おおきな くちから はく れいきで えものは いっしゅんで カチコチ。 そのまま バリバリ いただくのだ。
メガオニゴーリ
くちの なかに えものを ほうりこみ しゅんじに こおらせるが アゴが はずれているので たべられない。

概要

関連動画

関連商品

関連項目


【スポンサーリンク】

携帯版URL:
http://dic.nicomoba.jp/k/a/%E3%82%AA%E3%83%8B%E3%82%B4%E3%83%BC%E3%83%AA
ページ番号: 4177245 リビジョン番号: 2447594
読み:オニゴーリ
初版作成日: 09/10/08 19:50 ◆ 最終更新日: 17/01/11 17:42
編集内容についての説明/コメント: 基礎データ更新、図鑑にSM追加
記事編集 / 編集履歴を閲覧

この記事の掲示板に最近描かれたお絵カキコ


もしオニゴーリが進化したら

この記事の掲示板に最近投稿されたピコカキコ

ピコカキコがありません

オニゴーリについて語るスレ

222 : ななしのよっしん :2017/01/14(土) 20:25:28 ID: ytE0DGl3JT
対策してたのに回避されて負けたとかいうはそれ対策になってないって事に気づいてない馬鹿だからゴーリってあらぬヘイト集めててかわいそうだよな・・・
223 : ななしのよっしん :2017/01/15(日) 11:51:47 ID: hYQLP7YT6U
そもそも対策出来てるかどうかは一戦一戦の結果よりも勝率で判断するべきだと思う
確実な対策が難しい代わりに対策相手にも不安定なのがゴーリの戦法だし
224 : ななしのよっしん :2017/01/15(日) 12:13:59 ID: ZFfPHIGVwz
氷単という不遇タイプALL80という駄極まりない種族値配分にもかかわらず特性一つでこんなに変わるんだな
でもムラっけはBWの頃からあったしオクタンなんかも持ってるけどオニゴーリが流行りだしたのはORASからだし同じく二配分でムラっけのオクタンはあまり流行ってないんだよね
ムラっけとオニゴーリの技と環境がうまく噛み合った結果なのかな
225 : ななしのよっしん :2017/01/16(月) 10:05:09 ID: k1JPpxwhRw
>>224
持ち時間制に変わったので時間切れで手持ちの数による判定勝ち出来なくなったのが一番の強化
226 : ななしのよっしん :2017/01/16(月) 10:10:30 ID: uWSbJMpwdy
四世代のときはユキメノコの人気におされて影が薄くて話題にもならなかったけど、今になって全に立場が逆転するとは思わなかった
227 : ななしのよっしん :2017/01/16(月) 12:12:40 ID: x1T0/xIJ6J
>>224
第五世代だとバレパンマッパ持ちの強ポケのハッサムローブシンキノガッサの氾濫、上を取れるウルガモスやドリュグドラを軸としたPT、あとパルシェン
第六世代はガルーラバシャーモ、スキンハイボにTODとどっちの世代でも確実に苦手な相手は環境にいた

では何故BWオニゴーリが使われなかったのかというと、この手の所謂悪戦法はレートの数値にかない切断というある意味で一番効く対策があってな……
切断のリスクに対するオニゴーリで勝つことによるリターンが非常に少なかったのよ

ちなみにオクタンとの違いは記事にもある通りムラっけ最速、及び絶対零度
特性の上に絶対零度を重ねて最後の最後まで避けて当てて勝敗をひっくり返す試合に持ち込めるのがオニゴーリの強さであり同時に今のヘイトの原因かな……
まもみが繰り返して気持ちよく戦わせてくれないってのもあるんだろうけど、方としては接待プレイポケモンしてるわけじゃないので知ったことかって答えたい
228 : ななしのよっしん :2017/01/19(木) 00:33:20 ID: ZFfPHIGVwz
>>227
おお、丁寧に教えてくれてありがとう
六世代以降に注された理由は切断対策が施されたからなのね
229 : ななしのよっしん :2017/01/21(土) 00:24:28 ID: GbBhXpVXM0
ある意味氷タイプの耐性の悪さ故に手に入った特性ともいえなくはない。
他は耐性的にはうーん・・・ってなるのが多いし。例外には遅いポケモンにしか配られてないってのもあるが。
230 : ななしのよっしん :2017/01/24(火) 02:37:48 ID: fGuEseVMvM
こいつ全に止めるにはフリージオくらいしかいないのが…
231 : ななしのよっしん :2017/02/05(日) 17:35:18 ID: 1dMmMTpv/x
オニゴーリ対策はカミツルギがすげえ安定するんだけど
カミツルギ入れるとパーティ構築が
やっぱオニゴーリってクソだわ
  JASRAC許諾番号: 9011622001Y31015