単語記事: オルガ・イツカ

編集

オルガ・イツカとは、アニメ機動戦士ガンダム 鉄血のオルフェンズ」に登場するもう一人の主人公である。
担当声優細谷佳正

このままじゃ・・・こんな概要じゃ、終われねえッ!! 
だろ? ―――ミカァッ!!

火星民間警備会社「CGS(クリュセ・ガードセキュリティ)」の非正規部隊「参番組」の隊長を務める少年
大きな一房の前を携えた銀髪が特徴的。左利き
その統率と機転、大胆な発想から部隊のリーダーとしてのが高く、前リーダーであるユージン・セブンスタークに代わって参番組の構成員たる少年たちをめているのは彼である。

三日月・オーガスとは幼少期からの縁であり、彼を「ミカ」と称で呼び、全幅の信頼を寄せている。
一方、矛盾を抱えながら何の迷いも持たない彼の行動が己に対する重みとなっている側面もあり、その本心はビスケット・グリフォンくらいにしか吐露していない。
6話の時点では、三日月に対し過度なプレッシャーを感じすぎてやや考えが飛躍しすぎているが・・・。

普段の立ち振る舞いは、おそらく三日月の存在から敢えて自分自身を作っていたものであり、素は彼も年相応の臭さを持っている。
故に自らより器の大きい名瀬・タービンとの交渉で言葉に詰まってしまうなど、決して彼も璧な人間ではない。
その後ビスケットのいる前で「やらかしたー!」と頭を抱えているが、三日月の前でそんな姿は見せられないのだろう。まあ8話で酔いつぶれた姿を見られたが。

クーデリア・藍那・バーンスタインの護衛任務をCGSが受け持った際、ギャラルホルンの急襲を受けるが、その際参番組を囮にされたことでCGSの大人達に対して反逆を決意。
CGSの動炉として機していたガンダム・バルバトス三日月に預けギャラルホルンを撃退した後、CGSの大人たちを捕縛。CGSを己らのものとし、新たな組織団」として立ち上がる。
鉄華団立ち上げ前後から、覚悟を決めたクーリアを認めており、クライアントとして彼女を大切に扱っている。
ギャラルホルンとの初戦ではモビルワーカーに搭乗しつつも、操縦はユージン・セブンスタークに任せ揮に専念していた。宇宙ではCGSの強襲艦「ウィル・オー・ザ・ウィスプ」を「イサリビ」名し、同艦の頭として戦線に立つ。
指揮官としては非常に機転が利き、バルバトス起用以外にも「自分達を捨てて逃げ出した一軍の機体に信号弾を仕掛け、逆に自分たちの囮として機させる」「宇宙戦艦の追跡を振り切る為、イサリビのアンカーを資採掘用の小惑星打ち込みモビルワーカータイミングよくそれを外すことにより180度方向転換する」という大胆な作戦を次々成功させている。
基本的にオルガ作戦は、鉄華団の戦が少ないことがそもそもの原因であるが、皆が成功することを前提としたギリギリの作戦であり、どこかで綻びが生じてしまえばどんな結果になるか分からない。それ以外にも彼自身の行動には、状況的に最善な手段ではあるものの、リスクを度外視して物事を決めるというきらいがある。

危険な行軍は、最終的に自身を追走してきたテイワズの名瀬・タービンから実と時の運で交渉を勝ち取ったことで一旦の収束を見せ、彼を義兄弟とし鉄華団家族の安らぎを与えることができた。
彼の様子から察するに、鉄華団を皆の居場所、言葉を借りれば「家族」にできたことが本当に嬉しかったらしい。
ちなみに、式典は日本式のものだったため、彼の名は「御留威都」と当て字表記された。
その後彼らは、テイワズという後ろを得て地球への航宙を再開することになる。

CGSに反逆した際見せしめの二人しか殺さず、追放された者には退職を支払う、自分を売り渡してほしいと願ったクーリアの言葉を「筋が通らない」と却下する、鉄華団を裏切っていたトド・ミルコネンの行動を見破っていてもそれが明るみに出た段階で配達追放処分するに済ませるなど、信頼や過程・筋に拘る一面がある。
また、三日月への感情からか自分が前に立とうとすることも多いが、ユージン・セブンスタークを始めとした味方の補佐もあり大事には至っていなかった。

しかし、ある人物の死により彼の心は大きく揺るがされることとなる。
それを許さない三日月の手により理矢理奮起させられ、「ここではないどこか」に辿りつくために手段を選ばなくなってきているが、弔い合戦と意気込む子供たちの生存確率を少しでも上げるためにモビルワーカー20機を調達したり、カルタ・イシュー決闘の申し出に割り入るように独断で奇襲をかけた三日月を苦々しい表情で見上げたりと、まだ狂気に染まりきっていない理性的な面が見え隠れする。

2期の概要を書けば、俺達は晴れてテイワズの直系団体だ

第2期では、エドモントンでの決戦で大戦果を上げて急成長した鉄華団社長として、慣れないデスクワークに悪戦苦闘しながら組織をまとめ上げている。テイワズ直系になったのはいいが、宇宙海賊との競り合いをきっかけに政争に巻き込まれることになるが、「持ちう火星の権限を移譲=火星になる」というマクギリスの案を受け入れ、彼の側について政争を戦い抜くこととなる。

自分たちに敵対する者への容赦のさに磨きがかかっており、大海賊団「明けの地平線団」を自分たちにけしかけた犯、アリウム・ギョウジャンを「犠牲者の賠償が払えねえなら、あっち(あの世)で詫びやがれ」とヤクザ同然の物で脅し、最後には三日月に射殺させている。その様は「スペースヤクザ」「暴力団団長」などと言われている。

しかし、モビルアーマーハシュマルがどこぞのイオク様のせいで覚めてから状況は一転。
周囲の思惑に流され続けた結果、不可抗で多くのものを喪い続け、彼自身にそれを変えることのできない展開が続く。鉄華団がいつ壊滅してもおかしくない中でも辛うじて、皆が生きる未来を繋ぐ明を繋ぐことができたのだが―――。

アドモス商会から移動する際、防備にアドモス商会から出てしまった際にノブリス・ゴルドンの間者(翌週判明)から襲撃を受け、ライド・マッスをかばう形で撃を浴び死亡するという、あまりにも呆気ない最期を迎えてしまう。ガンダムTVシリーズ主人公が殺されるという結末を迎えたのはこれが初の事例である。

余談

ファンの間では、その前が前アニメシリーズ機動戦士ガンダムAGE」のフェザール・イゼルカントを連想させるとして話題になったが、火星を舞台に起こったある事態から急速に「血」と他のガンダムとの繋がりが推測されることになった際、下手をすれば彼との遠い血縁まで疑われる説が浮上するという事に発展した。論、偽は不明。

また、彼の発言したすげえよミカはという発言があらゆる方向に独り歩きし、発言者の彼もまたネタとして扱われるようになってしまった。詳細は単語記事を参照。

時間通り―――いい関連画だぜ昭弘ッ!

やっと・・・やっと、連商品が作ってやれる。お前らも、胸を張って買える、商品を

決して散らない、の関連項目―――


【スポンサーリンク】

携帯版URL:
http://dic.nicomoba.jp/k/a/%E3%82%AA%E3%83%AB%E3%82%AC%E3%83%BB%E3%82%A4%E3%83%84%E3%82%AB
ページ番号: 5378295 リビジョン番号: 2475409
読み:オルガイツカ
初版作成日: 15/11/04 07:47 ◆ 最終更新日: 17/04/02 18:30
編集内容についての説明/コメント: 一部訂正
記事編集 / 編集履歴を閲覧

この記事の掲示板に最近描かれたお絵カキコ


オルガ・イツカ

この記事の掲示板に最近投稿されたピコカキコ

ピコカキコがありません

オルガ・イツカについて語るスレ

1341 : ななしのよっしん :2017/06/27(火) 11:28:09 ID: u25F9K5NVv
1から10まで願望でよくそこまで書けるな
1342 : ななしのよっしん :2017/06/27(火) 12:03:54 ID: aGITQr3kjb
いや、あんだけ禁止兵器使いまくって
セブンスターズの一人のイオクのやらかし行動を漏らさず
別にこれと言って鉄華団も根絶やしにせず
アイン暴走も何もなかったことにできるのをライブ感のあとの整合性とれてないいいわけでなく情報規制の結果のラスタルの手腕であると言い切るのであれば
そんなチート情報規制があるならもうなんでもいいやん
逆によくマッキーは自分の素性を仮面してただけで隠せたなと感心するわ
1343 : ななしのよっしん :2017/06/27(火) 20:16:54 ID: B3QdMa63ge
さっそくボーちゃんおもちゃにされててエル
1344 : ななしのよっしん :2017/06/28(水) 01:37:29 ID: 7ZDqcnRgW2
ラスタルも「ギャラホルンのやってることは非だろうが正しく、鉄華団は悪なので滅ぶ」って皮やる為に用意されたようなキャラには見えるし、そこに「有能・権者・大組織だったらどんなことができてもおかしくない」という、よくある理由なきお約束付けたらそりゃチート舞台装置になる。

そしてオルガは大組織に当然勝てず追い詰められ、あっけない死というリアル()な展開に向けて、ただでさえ微妙なのに逆補正をかけられていく。

しかもそれらにすら突っ込みどこありすぎるからああいう評価に…。
1345 : ななしのよっしん :2017/06/28(水) 04:17:13 ID: RwIckEhopE
実際インタでもラスタル世界をあの終わり方に処理するための舞台装置扱いだったな
そのチート舞台装置に、マクギリス情報教え済みのガエリオチートつきで強引に生存で追加は馬鹿げてた
ヘイトイオク大暴れ・マクギリスエルダイスレイヴ無双鉄華団クーリア全員思考停止も同じく
あっけない死どころかただの雑死な上にしつこいほどの死亡フラグ台詞リアルゼロ死亡演出あたりも

新しいに進むENDどころか最初から全滅込みの死亡案、なのに雑で突っ込みどころありすぎなんだよな…
1346 : ななしのよっしん :2017/06/28(水) 22:18:42 ID: HTNgQqvlPG
結局描写されないあの日さんほんと可哀想
ガリガリ君とかに尺割くくらいならそのへん掘り下げろや
1347 : ななしのよっしん :2017/06/28(水) 23:16:08 ID: BZWSi3Vso4
序盤こそ身体ってたが話が進むに連れて安全圏から「ミカァ!」って叫ぶマシーンだったからなぁ
相手が手出せないような状況作ってから恫したり悪い意味でのチンピラ臭が酷かった
1348 : ななしのよっしん :2017/06/29(木) 00:30:34 ID: Wh/YTj3bLK
結果、BB素材おもちゃにされるオルガさん哀れ
1349 : ななしのよっしん :2017/06/29(木) 00:41:27 ID: RwIckEhopE
団長期よりいてた5話のユージンからしてそれも間違いでもないが二期はとにかく戦闘がつまらなかった
イサリビ&ホタルビや地球火星で別個な同時戦闘やらまた兵戦やらも期待されたのに一期の焼き直しか劣化ばかり、進化した戦術やその上でのピンチを描ける脚本家なら全滅まででも各々見せ場はあったろうが外回り営業で一人苦労するとかばかりで
なんせ一期より脚本はマリー中心で放任だし、そのマリーガリガリ君に夢中だしな…
1350 : ななしのよっしん :2017/06/29(木) 01:45:26 ID: zXZMGzUcs6
ネタにもならないミカカス団長を見習え
  JASRAC許諾番号: 9011622001Y31015