単語記事: オーク

編集  

オークとは、

  1. Oak - ブナ科コナラ属の植物の総称 → 楢(ナラ)、樫(カシ)のこと
  2. Orc - ラテン語で「悪魔」「地下に生きる生物」のこと
  3. Orc - 古い英語で「の怪物」のこと。オルカ(Orca)をとする。
  4. Orc - トールキンに作られた架の人種族 (本稿にて記述)

 

オーク(種族)

ファンタジー小説などに登場する架の種族。

指輪物語』で用いられて以来、様々なファンタジー作品に登場している。

オーク」は複数の意味やルーツを持つ言葉だが、トールキンの創始した種族としてのオークがもっとも有名と思われ、この種族のケースに関しては、叙事『ベオウルフ』に登場する種族「オークナス(Orc-néas)」より転じて生み出されたとされる。オーガogre)と同と考えられており、民話や伝承においては一種の妖精・小・邪霊の類と考えられていた。

作品によって姿形や種族としての出自は大きく異なるが、どの作品にも大体共通しておおよそ人間よりも体格に優れており、原始的かつ粗暴であることが多い。

オーク(種族)の一覧

オークの種類 説明
オークトールキン

伝承を元にトールキンが創始した人間種族(ヒューマノイド)。現代のファンタジー作品での流である「浅い(または暗緑色)の肌と血走り濁った眼を持ち、下がせり出して牙がはみ出ている武な戦闘種族」というオークイメージはほぼトールキン版が原点になっている。

トールキン作品では冥王モルゴスが「捕らえたエルフを堕落させて作った存在」あるいは「エルフや人間を模して作った存在」の二説があり、エルフベースになっているのは変わらないようである。手に取るものや生み出すものもエルフのように洗練されたデザインではなく、汚れていてな造り(という感じで映画版では表現されている)。なおトールキン世界では「ゴブリン」はオークホビットだが、後のファンタジー作品ではゴブリンオークの下位種族等に位置づけられる。

オーク(ドラゴンクエスト) オーク(ドラゴンクエスト) を参照。
オークTESシリーズ タムリエル」の種族の項を参照。
オークエロゲー

世界を舞台にしたアダルトゲームにも頻出する。こちらの場合は女性キャラ陵辱する汚れ役&やられ役として使われることがほとんどで、イノシシブタの頭部を持つ獣人のような造形で登場することが多い(これは日本ファンタジー明期に多大な影を与えた初期の『ダンジョンズ&ドラゴンズシリーズで描かれたイメージが元になっており、上記『ドラゴンクエストシリーズオークや『ウィザードリィシリーズ末弥純デザインオークも同様である)が、単純に流のトールキン版の場合もある。

性的な部分では巨根・絶倫などいった満足できる要素を持つが、それを打ち消すほど、姿は醜悪かつ不潔で盗む・奪う・犯す・殺すなど負の部分のほうが強く、ひどい時には「ぷぎー! ぶひー!」などまともな言を話せず、形勢不利と知るや尻尾を巻いて逃走するか、心や命乞いと見せかけて背後から騙し討ち(だがあっさり返り討ちに遭うぐらいの見え見えの小芝居)を仕掛ける程度の知性は持っている。

関連項目


【スポンサーリンク】

携帯版URL:
http://dic.nicomoba.jp/k/a/%E3%82%AA%E3%83%BC%E3%82%AF
ページ番号: 4790242 リビジョン番号: 2422641
読み:オーク
初版作成日: 11/12/27 17:10 ◆ 最終更新日: 16/10/30 00:18
編集内容についての説明/コメント: 「関連項目」の節を新設し、「J・R・R・トールキン / 指輪物語」「ファンタジー」「いいオークの日」を掲載。記事冒頭太字化。
記事編集 / 編集履歴を閲覧
このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事の掲示板に最近描かれたお絵カキコ

お絵カキコがありません

この記事の掲示板に最近投稿されたピコカキコ

ピコカキコがありません

オークについて語るスレ

201 : ななしのよっしん :2017/07/15(土) 23:31:22 ID: UKZ7gW791+
大体は醜顔エロ竿役が軒並みヅラだったせい(惨事も)
まぁ今はヒョロガリキモメンのが多いけどそういうの
202 : ななしのよっしん :2017/07/20(木) 01:24:59 ID: BvvcZBkWPv
イメージだと、体が弛んでないガチムチマッチョとかもザラにいるね

と言うかホントにライトファンタジーやテキトーなエロ同人はともかく、
較的な作品やるとにはまったキャラデザはむしろ使いにくいから
見たも中身も多様性を持たせざるを得ないんだよな。トールキンみたいに
量産型雑魚悪役にするならまた話は違うけど、最近はそういうの少ないし
203 : ななしのよっしん :2017/07/22(土) 19:01:57 ID: eyZgMdI+PL
見たとか中身といえばLotR映画オークバリエーション
見たも多分に中身もスプラッタ映画監督の創作したクリーチャー群なんだけど
あれを「トールキンオーク」だと信じて触れ回ってる人が多いので注意な
204 : ななしのよっしん :2017/07/28(金) 02:26:05 ID: cDjbIFJKz3
>>203
そういえばほとんど忘れられやすいが、トールキン作品だとホビットの冒険で「ゴブリンオーク)のはうまい」って書いてある。

・・・申告者がゴクリなので々の味覚でどうなのか微妙だが。

205 : ななしのよっしん :2017/08/01(火) 02:38:18 ID: eyZgMdI+PL
>>204
スマウグによると(エルフ女を食った経験もあるのにあえて言うところ)ドワーフが絶品らしいし
一見不味そうな種族が旨くてもおかしくはない

なおD&Dドラゴンランス)ではナイフの上にゴブリンが一度転んだだけで
そのナイフから臭いが取れずに二度と使えなくなる
206 : ななしのよっしん :2017/08/21(月) 19:49:13 ID: v6HArpMt5H
>>204
ゴクリ指輪物語で新鮮なや野が美味いと
ってるのでそこまで常人と味覚が剥離しているわけではない
※ただし生に限る
207 : ななしのよっしん :2017/10/22(日) 07:55:11 ID: 5LcNGkfbDM
どんどんこういう商業漫画が来たな。いや、自分もシリアスファンタジーオーク好きだけど、これは割りと笑えるぞ。w
>>sm31087519

>>az483428462X
208 : ななしのよっしん :2017/11/17(金) 02:43:06 ID: ZsjHArY5Ea
>>202
多分見たバランス的な理由もあると思う
よくオークと同盟組んでたりするトロールとオウガのデブ率が高いから
わざわざオークまでデブにする必要はない、イメージが被るというか

あとトールキンオークゴブリンの異称だけど、後世ファンタジー作品の多くは
両者を別の種族として扱って、ゴブリンが割と小な体格に描写されることが多いから
オークをヒョロガリチビに描くとまたしてもイメージが被る

また昔と違って、単なる悪の勢の先兵ではない、独自の要勢の一として扱われることが増えて
お上品すぎるエルフや人間離れしすぎてる魔族などのアンチテーゼとして、適当に人間的な亜人でありながら
均的人間よりワイルドマッチョな異種族としてのオークめられるようになってるんだと思う
209 : ななしのよっしん :2017/12/04(月) 21:27:04 ID: 3uqpu918D1
個人的な近縁種族のイメージ

オーガ … 強い!デカイ!固い!戦闘狂! 亜人というより怪物であり、繁殖機はないか、限定的
ゴブリン … 弱い!小さい!数多い!物欲強い! 頭の回るバカ、子沢山だが性欲はあまり感じない
トロール … 強い!カイ!頭悪い!怠け者! 同族社会を作ってるので人間とは生きる世界が違う

本当に個人的な事を言うと、トロールはもっと知性どころか性さえあっていいと思ってるんだけど
それはともかくこれらを踏まえて本題のイメージも出すと

オーク … ちょっと強い!ちょっとデカい!ちょっと頭悪い!好戦的!欲に忠実! でも同族意識は強い

……ふと思ったけど、オークイメージって中世の軍隊・傭兵に近いのかもしれない
210 : ななしのよっしん :2017/12/12(火) 23:05:41 ID: eyZgMdI+PL
トロールはもっと知性どころか性さえあっていいと思ってるんだけど
ゴブリンドワーフと同じでトールキンポールアンダースン経由のD&D全に確立させてしまったからね
ルーンクエストとか別の動きはないでもないが、エルフとかと同様「本家解釈あってこその亜流解釈」扱いと化してる

オーガ … 強い!デカイ!固い!戦闘狂! 亜人というより怪物であり、
逆にオーガはこっちが考えてるよりもかに「妖怪」「魔神」的な扱いがされることが多い
ルーンクエスト論そうだし確立本家D&Dですらそういう亜種族が多々いる
トールキンとかが直接描写しなかったことが強く関係していると思われる
急上昇ワード
ニコニコニューストピックス
電ファミwiki
  JASRAC許諾番号: 9013388001Y45123
  NexTone許諾番号: ID000001829