単語記事: カウボーイ

編集

 カウボーイ(Cowboy)とは、北アメリカオーストラリアに見られる職業アメリカ文化を徴する存在である。
 現在に牧場で畜産を営む牧童の事をすが、広義にはアメリカ西部劇などに登場するガンマンアウトロー達をす場合もある。
 同じ職業に従事する女性カウガール(Cowgirl)と呼ばれる。また、スペイン語ではバケーロと呼ばれる。

概要

 アメリカ大陸西部開拓時代、カウボーイは食用や労働用として「野生化していたを駆り集めて、それを何日もかけて移送する労働者」の事をす言葉として定着していた。また「牛泥棒」という意味合いもある。
 やがてカウボーイアメリカ人の郷愁をかきたてる存在として小説西部劇の題材として定着し、アメリカ文化を徴する存在となっていった。日本におけると非常に近い存在である。

 カウボーイ文化は、ヨーロッパ系の牧童文化が、インディアンネイティブアメリカン)の文化と融合して生まれたと言われる。これは初期アメリカの文化と歴史そのものであり、ファッションライフスタイルからスポーツ、食文化まであらゆる面でアメリカを形成していると言える。
 インディアンカウボーイ敵である一方で交流も盛んであり、インディアンの持つ多くの文化が形を変えながらアメリカ文化の深くまで浸透している。ただし、インディアンバッファローオオカミも今や前ののような存在となってしまっている。 

 カウボーイ徴するアイテムは多いが、全体的にヨーロッパ由来の具にインディアン由来の装飾やデザインが用いられたものが多い。
 代表的なものにカウボーイハット(テンガロンハットカウボーイシャツジーンカウボーイブーツ投げ縄(ラリアットライフル拳銃ボウイナイフなどがあるが、地方や文化によってその形態は様々である。

 社会基盤の全く存在しなかった初期のアメリカの開拓において携帯は自衛のため必然であり、狩猟の具やクマオオカミ盗と戦う状況にあってなくてはならないものであった。
 そのためかアメリカでは昔から「自衛のためにを持つ」という概念が一般的である。世界一社会としての問題を内包しながらも、今なおアメリカというを構成する重要な要素となっている。

 ジーンは元々ゴールドラッシュに沸く18世紀のアメリカ西部で丈夫な作業を必要とした労働者のために発明された。キャンパス生地をリベットで補強して作られたこのワークパンツは大好評となり、く間に浸透して行った。やがて生地はめされたデニム生地に変化し、カウボーイ達もこぞって用していった。現在は作業ズボンとしてだけでなく言わずと知れたファッションアイテムとして一般化している。
 現在ジーンズは化学染めだが、初期の染料は天然インディゴ()であった。これは殺菌作用防作用とともに、アメリカに多いガラガラヘビの嫌う臭いであり、よけとしての効果も大いにあったと言われる。 

関連動画

関連商品

関連コミュニティ

カウボーイに関するニコニコミュニティを紹介してください。

関連項目


【スポンサーリンク】

携帯版URL:
http://dic.nicomoba.jp/k/a/%E3%82%AB%E3%82%A6%E3%83%9C%E3%83%BC%E3%82%A4
ページ番号: 4713792 リビジョン番号: 2207012
読み:カウボーイ
初版作成日: 11/09/02 23:17 ◆ 最終更新日: 15/05/18 15:12
編集内容についての説明/コメント: 関連項目に職業の一覧を追加
記事編集 / 編集履歴を閲覧

この記事の掲示板に最近描かれたお絵カキコ

お絵カキコがありません

この記事の掲示板に最近投稿されたピコカキコ

ピコカキコがありません

カウボーイについて語るスレ

1 : ななしのよっしん :2012/02/03(金) 20:36:31 ID: hHsy44suaE
テンガロハットかステットンかぶってて拍のついたブーツはいてて
SAAぶら下げた若い男ガンマンってイメージあるがそれって
マカロニウェスタンのイメージが混じってそうなったのかな?
2 : ななしのよっしん :2013/02/09(土) 19:47:22 ID: f24mrOH/Oq
ブーツにゃガラガラ
3 : ななしのよっしん :2013/10/23(水) 16:45:02 ID: vAeJxI7r/s
敵かな?味方かな?
4 : ななしのよっしん :2014/04/17(木) 21:03:47 ID: Zva9w5Ahe/
テリーマンはどうした?
  JASRAC許諾番号: 9011622001Y31015