単語記事: カスタムロボ(ガンの一覧)

編集

カスタムロボに登場するガンの一覧記事。

概要

カスタムロボにおける右手武器。他の装備にべて最もバリエーションが多いのが特徴。
ガンはボムポッドといった攻撃手段と較して威・弾丸性にすぐれると共に最も使用に注意を払う攻撃方法である。
理由は発射後に常に排莢動作が存在し、弾丸を連射する時間を加味すれば最も硬直の長い攻撃手段であるということに由来する。
よって、キャラ5体分ぐらいの中距離璧に対処されれば反撃は免れないというリスクむ。

そのかわり、地上で発射すればその移動していた慣性のまま滑って射撃する「スライドショット」、
ガンで敵をダウンさせれば画面内にある敵のガンを消滅させることができる「オーバーロード」等のシステムが存在し、如何にガンの隙を消しつつしっかりと当てるかというカスタムロボの基本的な駆け引きが成立する。 

バリエーション

合法ガン

  • 3ウェイガン
    行に進む横3列の弾を3連続で撃ち出すガン。
    は低めなものの弾速・ホーミングは標準的で使いやすく、ベーシックガンに代わる基本的なガンといえる。
    逆に言えば際立った特徴がなく、ジャンプなどで回避しやすいという短所もある。
    距離以上でばらまく牽制的な使い方がになるだろうか。
  • ガトリングガン
    の低い弾を連続で10発ほど発射するガン。
    弾速がく、あらゆる距離に対応できる性が詰まっており、初心者御用達とされる。(V2で作中そういう台詞がある)
    が、このガンの性はいわゆる器用貧乏というやつで、速度もホーミングも中途半端なため、遠距離でかつ中にいる相手にはまず当たらなかったり、一発一発ダウン値が低いため、ダウン値の高いガンと近距離で差し合うと残念なことになったり、そもそも発射時間の割に火力がそんなに高くなかったりするなど、他のガンとべると欠点が立つ。
    他のガンが何かしら特徴的な強みがある中、個性と言っていいこのガンは相対的に厳しい。
    ただし、ストーリーモードでは序盤に手に入るほぼ一の攻撃的なガンであり、それ故に用者の思い入れの詰まったガンであると言える。
    ちなみに、見たとは裏に近距離で全弾当てるより遠距離で当てたほうがダメージ若干高い特徴がある。
     
  • バーティカルガン
    敵に向かってまっすぐ飛ぶ弾と、斜め上に一度上昇した後、敵に向かって進む弾を同時に2連続で発射するガン。
    この軌により、の後ろから狙うということも可である。
    また、ダウン値が高めに設定されているため、安定した立ち回りをしやすいのも特徴。
    弾速・ホーミングもまずまずで、様々なパーツと組み合わせやすいガンだといえるだろう。
     
  • スナイパーガン
    ガトリングガンとは対照的に、狙撃銃を模した単発でダメージの高い弾を1発だけ発射するガン。
    だが別にダウン値まで高くするつもりはなかったらしく、がまん5以上のロボ
    エアリアルビューティー・リトルレイダーリトルスプリンターファニーオールドマン以外)を一発ダウンさせることはできないため、長い硬直も相まって何も考えずに乱射していると逆にビューティフォーされる。
    その他ホーミングが低く、弾速は速いものの高さで揺さぶられると割と簡単にかわされたりする。
    また、中で撃つと何故か発射に大きな隙をすという、訳の分からない欠点がある。スコープを覗いているのだろうか……
    硬直見てからジャンプ余裕でした

  • スタンガン
    言わずと知れた距離ガンの代名詞。
    連射速度く、一度当たってしまえばひたすらガンを連射するだけで200ダメージ近く奪えてしまう。
    一応、当たった相手を少しの間動けなくするのでコンボ始動として使ってもいいが、そもそもショットガン並に射程が短いスタンガンコンボ始動にするのは至難であり、スタンガン自体もダウン値が高めで、シャイニングファイターに2回スタンガンを当てるだけでダウンしてしまうので、運よくスタンガンで相手がダウンしなかったなら素直にアタックしたほうが良い。
    シリーズ通して序盤~中盤に入手できるので、これだけでストーリークリアしたという人も多いはず。

  • ホーネットガン  
    弾速は遅いものの、ホーミングの高いのような弾を5体同時発射する。
    ダウン値も割と高いため、何発か当たるとダウンし、他の弾が追撃してダメージがさらに加速されることもしばしば。
    ゼロ距離で打つと5発が全部補正なしでヒットし、ショットガンすら上回る威を発揮するが、
    その際の射程はナックルガンをも下回るため基本的にネタ扱いされている。

  • フレイムガン
    火炎放射機のごとく炎の形をした弾を8発ほど連続発射する。
    単発威を少し抑え、射程限界があり、弾数を大幅に増やし、判定を広げ、ダウン時の吹き飛びが上になったベーシックガンのようなもの。 どう考えても上位互換です。本当にありがとうございました。
    射程限界があるものの、その範囲もレイダッシュ1回強くらいはあるのであまり気にならない。(というかベーシックガンを遠距離で撃つ状況がほぼいので立ち回りは変わらない)
    上に飛ばす性質上、トマホークボムやスマッシュボムジャンピングポッドなどでコンボができる。 

  • ショットガン
    3発が塊となった短射程・高威の弾丸を射出する近距離用のガン。
    一撃でシャイニングファイター系のライフ200近く奪う大威と、重量級を一撃で転倒させるダウン値が魅。横幅も広く、射程内の移動に対してはほぼ引っかかるという強さ。
    反面、誘導は緩く、読まれていればジャンプダッシュで軽く回避される他、短射程故にほとんどのガンの有効射程の更に内側に潜り込むため、戦略的な移動がめられることから、カスタマイズも格闘戦向けにブラッシュアップされることがめられる玄人向け。
    更に言えば「フレイムガン」やタイミングを合わせた「ホーネットガン」、「スプラッシュガン」といった近距離迎撃に優れたガンに対して大きく不利が突く等、ガン同士の相性が極端なのも欠点。
    CPU戦ではオーバーロードが狙いやすく、一方的な攻撃が可となるため、非常に心強い。
    V2まではより射が広く、命中しやすかった「マグナムガン」の存在で下位互換的な扱いだったが、「BR」ではマグナムガンの弱体化によって近距離一撃必殺系ガンの標準モデルとして返り咲いた。

  • ドラゴンガン
    速度は遅いが相手を強くホーミングする、先端がの形をしたレーザーを発射する。
    1度に1発しか撃てず、撃った後の隙も大きいが、その1発の威ダウン値はとても高い。
    に撃っても簡単に避けられて反撃を受けるだけなので、ボムポッドで当てられる状況を作ってから撃つこと。
    は一長一短だが、ドラゴンというきが男心をくすぐるのか男の子に人気が高い。ハヤオとか。 

  • バブルガン
    弾速は遅いが強いホーミング性を持つ泡のような弾を発射する。
    地上では持続時間が短いが正面を避けるように小さな弾を斜め前の左右に1発ずつ、中では正面に長く残る大きな弾を1発撃つ。
    中弾単発の威50強とごり押して突破するには視できない数値であり、さらに中撃ちの隙がかなり小さいため、適度に撃っておけば相手は簡単に近づけない、「スプラッシュガン」に並ぶ近距離キラーである。
    その性から中撃ちに頼りがちになるので対や高速弾に弱い。また、あまり離れすぎると弾が届かず消えてしまうので遠距離も苦手。 

  • レイフォールガン
    ジロウ用のガン。地上撃ちと中撃ちで弾の性が異なる代表例。
    地上撃ちは、一度発射地点の上に留まってから、相手に向かってホーミングし始めるという、特徴的な軌をしている。
    中撃ちは留まることなく相手に弾が向かうため、これを利用して時間差攻撃を仕掛けるのが基本。
    しかし硬直が非常に長く、近距離ガンや弾速の速いガンとの相性は最悪。ガンを撃っている間はボムポッドアタックも使えない仕様のため、から隠れて地上撃ちをするのが普通
     
  • レフト(ライト)アークガン
    左前(ライトアークは右前)に少し飛んでから相手に向かって屈折するブーメランのような弾を2回発射する。中では発射時の向きが逆になる。
    屈折する特性上、や柱の向こうから攻撃する事ができ、またホーミングもそこそこにかなりの弾速を誇るため、速度が遅いファニーオールドマンのような相手にとても当てやすい。
    しかし距離が近いとホーミングしてくれない、縦の回避に弱いなど欠点も多い。相手の動く方を予測して地上と中のどちらを使うか見極める必要がある。 

  • スプラッシュガン
    距離~中距離を間合いとするガン。
    アイスキューブを思わせる弾を同時に3発撃つ。この弾は判定が大きく、その上異常に連射が効くため、ストマグや近距離ガンに対しては敵。
    欠点は射程と火力ボムと組み合わせれば後者はどうにかなるものの、前者は如何ともしがたい。
     
  • イーグルガ
    地上ではすぐさま、中ではしばらくその場にとどまってから相手に向かって飛んでいくの形をした弾を発射する。
    中撃ちは時間にして2秒ほどとどまるため、中撃ち→ダッシュ→地上撃ちでセルフ十字火もできる。
    意外にも速度の割には地上撃ちのホーミングが高いので高の相手をスナイプできることも。
    ライトニングスカイヤーと合わせて中で弾をばらまく戦法がよく取られるが、この手のガンによく言えるオーバーロードに注意。

  • Vレーザーガン
    中では一直線、地上ではV字に飛ぶレーザーを発射する。
    またR+A同時押しの中地上撃ち(中での撃ち方を地上でやるテクニック)も悪で、慣れるまでが
    難しいが、使いこなすと手強い武器となる。
    弾速がやたら速いことも合わさり、よくリトル系がカモにされている。
     
  • マグナムガン
    大威の弾丸を1発射出する近距離一撃必殺系ガン。
    ショットガンと同じく、一撃で重量級が転倒するダウンを持つ上に、威若干落ちたが、ショットガンにはかった誘導性(正確には発射する度の広さ)を獲得し、有効射程内で見てからかわすのはほぼ不可能タイミングを読んで先読みジャンプでしか明確な回避がいという強な命中精度を得た。
    V2ではそれに加えて新系列ストライクパニッシャー系のステルスダッシュによって。迎撃をくぐり抜けて一撃を叩き込む『ストマグ』と呼ばれる構築が猛威を振るった。
    (ただし、近距離一撃必殺系の例に漏れず、ガン同士の相性が極端であるため、対策さえ練ればぎ得るレベル
    結局、BRではストライクパニッシャーと一緒に下方修正を受けた。弾速が弱体化し、しっかりと相手の硬直を取ってゆく戦法が必要となる玄人向けのガンとなった。

  • ニードルガン
    相手にまっすぐ1発、それより少し上に広がるように2発、計3発のレーザーを同時に発射する。
    ヒットすると相手は手前上方に引っられるため、中距離以近なら上の弾に続けてヒットする。
    もそこそこに地上撃ちの弾速が速く、発射後の隙も少なめと性が非常に優秀。
    しかもダウン値も高く、メタルグラップラーファティバイス以外の正規パーツなら1ショットダウンが取れる
    が、横の動きには弱いので過信は禁物。

  • スターレイヤーガン
    一度上方に飛び上がり、5発に分かれて降り注ぐ弾を発射する。
    地上では縦に広がる弾を、中では上方で少し停滞した後に横に広がる弾を発射する。
    レイフォールガンと最初の挙動が似ているため隠れながら戦うことを強いられるかと思いきや、中撃ちは発射後の隙が小さいのでわざわざの裏に隠れなくても隙があれば撒いておくことができる。
    しかし単発威はたったの20程度しかなく、連続で当たるような弾でもないのでいまいち使いづらさが立つ。

  • グライダーガン
    距離向けのガン。レイフォールガンと同じく、地上と中で性が異なる。地上ではまっすぐ飛び、途中で
    止まり残る弾が2発発射される。中では左右から1発ずつ計2発の弾が発射される。中撃ちはかなりの
    高ホーミングで、相手が離れていればいるほど縦移動や横移動にも追いついてくれる強い弾となる。基本的
    には遠距離中撃ちをメインに戦い、相手が近づいてきたときに地上撃ちで対応する。
    火力をほとんど中撃ちに依存しているので、中撃ちを回避できる相手だと辛いものがある。
     
  • マルチプルガン
    発射後、少し飛んでから地上では縦に5つ、中では横に7つに分裂して相手をホーミングするミサイルのような弾を発射する。
    数の割にそれぞれの単発ダメージが高めなので遠距離において高い火力と制圧を誇る。
    しかし飛んでくるタイミングがほぼ同じで、さらに地上撃ちは横の、中撃ちは縦のホーミングが弱いため、ジャンプダッシュ1回で全回避されるので注意。しかも撃った後の隙も大きいため、近距離ではまるで役に立たないのも難点。
    ちなみに僅かだが軌跡にも判定があるので回避する際はうっかり当たらないように。 

  • トラップガン
    地上では発射後しばらくそこに留まってから相手に向かって飛ぶ弾を7発、中ではすぐに相手に向かって飛ぶ弾を5発ばらけて発射する。(「闘!」では地上、中ともに3発)
    その時間差からセルフ十字火が可
    地上撃ちの待機中の弾が非常に見づらいため、「追いかけていたらの前から弾が飛び出してきた」なんてことにならないよう、トラップガンを相手にした時は注意すること。
    立ち回り次第で画面外から弾を飛ばすこともできる。対人戦では非常に有効。 

  • ドリルガン
    ドリルの形をした弾を10発ほど連続発射する男のロマン
    名前から近距離ガンと勘違いされやすいが、フレイムガンより気持ち短い程度の射程を持つれっきとした中距離ガン。
    全発ヒットメタルグラップラーファティバイスを除く全てのロボダウンさせる高いダウン値も持つ。
    ダウンした相手をドリルなのに手前やや上方に引っるので、アタックによる追撃がしやすい。
    火力ドリルなのに控えめなので、アタックや他パーツでの追撃方法をしっかり練る必要がある。 

  • ファングガン
    地上では斜め上に飛んでからほぼ同じ度で降り注ぐ弾を、中では相手に向かってまっすぐ飛ぶクワガタのような弾を8発ほど連続発射する。
    地上撃ちの弾速はとても速く、上に回することを踏まえても見てから避けるのは困難。そして単発威が高く、さらにヒット時の硬直時間が長めなのでリターンが大きいが、近すぎても遠すぎても当たらないので絶妙な距離加減で撃たなくてはならないリスクも付きまとう。
    中弾も弾速こそ速いものの、ホーミングが皆無で威も低くダウン値も低い、さらにヒット時の硬直もほぼいので滅多なことがない限り使う意味がい。
    地上撃ちがカスりでもすればコンボに繋げられるため、スライドショット距離が長いリトルロボとの相性が抜群。

  • ジャイアントガン
    攻撃、弾速、ホーミングが低く、連射もできないというネタガン。
    射程と弾の大きさはそれなりにあるが、どのロボダッシュするだけでかわせる。
    多分全てのガンのなかでも一番実用性がない。

  • ナックルガン
    至近距離に拳の形をした弾を1発発射する。
    射程がロボ2体分しかないので必然的に相手に密接しなくてはならない、近距離よりも近い「至」近距離ガンと言えよう。
    単発が約160ダメージバカにならない火力なので土壇場で大逆転することも。
    地上撃ちは当たると上にゆっくり浮き上がり、中撃ちは判定がさらに1回り小さく、当たるとに大きく飛ばす。
    ロードいので外した時のリスクは少ないが近づくまでがハイリスクなため、フリーズ系のボムポッドなど、ナックルガンを当てるためのカスタマイズが重要になる。

  • キャッチガン
    地上では撃った直後に小さな山を作るような軌を取った後に、中では撃った直後から相手をホーミングするレーザーを発射する、見たは違えど感覚はドラゴンガンに非常に近いガン。
    地上撃ちはホーミング開始が遅い分中撃ちよりも強にホーミングする特徴を持つ。
    しかし火力ドラゴンガンとは対を成し、威ダウン値が大幅に抑えられた代わりにヒットした相手をガンの手前側に引き寄せる。
    この時ののけぞり時間が長く、キャッチガンを当ててからメタルベアーのアタックが間に合うほど。
    もちろんガンだけでは全くダメージが入らないので、アタックボムポッドとの連携が必須となる。
    ドラゴンガンにべ撃った後の隙が少ないので、ドラゴンガンよりは反撃を受けにくい。
    そして恐るべきはそのホーミング持続時間で、「かわされたと思ったらホロセウムを1週してきてヒットした」という報告も。
    シナリオ中でも解説される「ポッドで足を止め、ボム追い込み、ガンでトドメ」というテクニックっ向から否定したガン。 

  • アクセルガン
    撃つと少し低速で動いた後、急に加速するレーザーを4発発射する。
    地上では相手をに飛ばし、中では相手を引き寄せる弾になる。
    加速した弾はで追いきれないほどに速く、離れた射線上でガンでも撃っていようものなら反撃確定なので注意。(例:ドラゴン見てからアクセルオーバーロード余裕でした)
    「離れるほどにホーミングが上がる」と説明されているが、実際は速さにホーミングがついて来れてないので上下左右に動き回れば遠距離でも回避は容易に可
    加速前のホーミングが弱く、ガンを撃った後の隙が大きいため、近づかれると苦戦必至。 

  • ブレードガン
    の形をした弾を1発だけ発射する。
    それだけだと弱そうだが、スプラッシュガン並みにリロードいので連射ができて隙も皆無
    スプラッシュガンと較すると、
    長所
    ・射程限界
    ・単発の威が高い
    ・地上撃ちの弾速が速い
    短所
    ・1回の発射数が少ない
    ・判定が狭い
    ・ホーミングしない
    と、同じ連射タイプとはいえスプラッシュガンとは全く役割が違うので注意。
    ブレードガンはに行動の合間に撃って牽制したり、相手のガンの隙に差し込むことで体を削っていく戦法が基本となる。
    ちなみにこのガンは遠距離なるほどが高くなり、プレーステージの端から端まででブレードガンを連射すると相手がダウンから起き上がるまでに300オーバーという火力になるのだが、そもそもホーミングしないガンなのでこの恩恵に与ることはほとんどい。 

  • スターダストガン
    相手に向かって放射状に大量の弾を発射する。射程ギリギリになると弾は減速する。
    射程限界に近づくほど威が上がるが、離れると弾のばらつきがしく、狙ったダメージが出せない。
    運が良ければ1回で200オーバーの大ダメージにもなるが、運が悪いと立ち止まってる相手に弾が1発も当たらないなんてことも。 

  • ラビティガ
    地上では相手に向かってしばらくまっすぐ飛んだ後に停滞する低威の弾を、中では同じくらいの距離を一で飛び相手の上方に停滞する高威の弾を1発発射する。
    地上弾は当たると上に飛ばし、中弾は当たると下に落とすので、中→地上でコンボが成立する。
    停滞時間がかなり長いので中戦を軸にするロボに強く、あらかじめ中弾を撒いておくとジャンプ行動を制限する事ができる。
    逆に地上を走り回るロボに効果は薄いので、GやP系のボムポッドでフォローできるようにしておくのが難。 
    闘!ではバーニングビーストのような背の低いロボと組み合わせると、トリックフライヤーのような背の高いロボには相手が飛んでいなくとも地上撃ちがガンガン当たる

  • フェニックスガン
    地上では相手の斜め上を山なりに通るレーザーを左右1発ずつ、中では相手をホーミングする弾を1発発射する、対Vレーザーガンとも言える代物。
    地上撃ちに当たると下に落とし、中撃ちに当たると相手を大きく吹き飛ばす。
    ガンの性質上、エアリアルビューティーなどの中戦がメインロボには強いが地上戦では役に立たないので、その時は相手がジャンプしたくなるようボムポッドで誘導するか、GやPの爆などで理やり当たりに行ってもらうか、どちらにせよこれ単体では活躍できないので他パーツアシストが必要な玄人向けのガン。

  • エンジェルリングガン
    「BR」より登場した、名前の通り弾の形が天使の輪を彷彿とさせるガン。
    地上では相手に向かって発射位置からかなり離れた位置の上方に大きな弾が3発重なって出現し、ゆっくりと相手をホーミングする。中では中距離程度を飛ぶ弾を3発連続発射する。
    地上撃ちの弾はほぼ間的に出現するため対として優秀で、ヒット時の硬直がやや長く威も高い。
    ラビティガンの中撃ちのような感覚に近いが、あちらと違いゆっくりとだが追いかけるためジャンプしなくても当たり、ヒット時の硬直に続けて地上撃ちで追撃ができるが、地上から撃つのでの前の障物などに遮られやすい。
    また上から追いかける弾なのでの後ろにいる相手を追い出すのにも有効である。
    中撃ちの弾は当たると相手を大きくに飛ばすので近づかれた時の牽制になるが、威は控えめで判定が少し狭いのであまりこれに頼らないで距離を離す方法を考えておいたほうがいい。

  • フレアキャノンガン
    「BR」より登場した、発射後に一定距離を飛んでから炸裂する弾を2回発射するガン。中では炸裂までの距離が少し遠くなる。
    炸裂した弾は6つに分裂し、周囲にごく僅かな距離を飛ぶ。この時の威がかなり高い。
    炸裂前はベーシックガン1発にも劣る火力、炸裂位置より遠い相手には全く当たらない、まさに「中距離」専用ガンである。
    しかし炸裂弾の判定が見た以上に広く、うまく炸裂位置と相手を重ねることができれば一撃で200オーバーの大ダメージ叩き出すこともある。
    また炸裂前の弾はまとめて当たるためダウン値が高く、あえて近距離ショットダウンさせてからコンボに繋げても良い。
    つかず離れずの距離をうまく取り続ければ想像以上のパフォーマンスができるだろう。

  • レフト(ライト)ループガン
    「BR」にのみ登場したガン。
    発射後に左に(ライトループは右に)膨らむように弧を描き、自分と相手の直線上に達すると再び直線上に沿うように進む弾を8発ほど連続発射する。中では膨らむ方向が逆になる。
    使用感は「ガトリングガン」に近いが、あちらにべて総火力が高い代わりに、膨らむ関係で近距離で当たらない、射程限界があるので遠距離も当たらない欠点がある。
    器用貧乏ガトリングガンに対して、こちらは個性が強すぎて使い手を選ぶガンになっている。
    しかし裏を返せばの向こうから攻撃できるため、一方的に攻めることも可

  • レフト(ライト)5ウェイガン
    「BR」より登場した「3ウェイガン」の亜種
    相手を軸に左に(ライト5ウェイは右に)広がるように5発の弾を2回連続で発射する。また、中では広がる方向が逆になる。
    横方向への捕捉範囲がとても広いため相手の動く方向に撃てば多段ジャンプロボ以外では回避はほぼ不可能
    単発火力は近距離では20程度、中距離以遠では40強くらいに上がる。またコンベアのような移動床を利用すると隣の弾にも当たって1回で150オーバーになるなど、広範囲ガンにはしい高火力が出せる。
    また軸になる弾は相手に向けてまっすぐ飛ぶため、他のレフト(ライト)シリーズべて近距離に対応できるのも魅
    しかし広がるほうの反対側は弾が全く飛ばないので、如何に相手の動きを予測して撃つかが鍵となる。 

  • サークルソードガン
    「BR」にのみ登場した弾がの形をしたガン。
    発射後に相手の上方に留まり、少ししてから相手に向かってまっすぐ飛ぶ弾を同時に8発撃つ。地上と中では弾の止まる位置が変わる。また、待機中の弾を上から見ると名前の通り円形になっている。
    感覚としては「レイフォールガン」に近いが、出現位置がレイフォールガンよりなのでの後ろの相手にも当てることができる。
    弾が大きく同時に8発も放たれ、さらに上に出現するので遠近補正もあり見たインパクトが非常に大きい。
    しかしそのインパクトとは裏に、威が低い、隙が大きい、突進時のホーミングが低い、とマイナス要素が三拍子っているので取り扱いには注意。 

  • スライドガン
    闘!」に登場したガン。
    地上では低速レーザーを間隔を置いて3発、中では相手を軸に横に広がるレーザーを4発同時に発射する。
    地上撃ちは3発全て撃ち切るまでスライドショットが続く。その時間が非常に長く、それこそ違法パーツ含む全ガンの中でもぶっちぎりのスライド時間の長さ
    あまりに長すぎる故に「相手の攻撃を避わしつつ攻撃する」「発射時の隙を軽減する」という的のはずのスライドショットで隅に引っかかりつつも撃ち続け、逆に相手からいい的にされることがしばしば。
    中撃ちは所謂「Vレーザーガン」に近く、ジャンプ直後に撃てばやや威が低いことを除けば普通のVレーザーガンとほぼ何ら変わりはい。
    むしろ中で撃てるVレーザーと考えるとその有用性は非常に高く、こっちが的でこのガンを選ぶ人がほとんどだとか。スライドとはなんだったのか・・・・・・
     
  • スコーピオンガン
    闘!」に登場した、サソリの尾のような形の弾を飛ばすガン。
    地上ではまっすぐ相手に飛ぶ弾を2発重ねて2回撃ち、中では一度後ろに飛んでから広がって相手をホーミングする弾をこれまた2×2発撃つ。
    地上弾の速度と判定はほとんどベーシックガンと同じだが、威ダウン値が大幅に上回っている。ベーシックガンェ・・・
    ただホーミングはしないので少し動けば簡単に回避される。に近~中距離で猛威を振るうタイプ
    中弾は威は並かつ一度後ろに飛ぶので速効性はいが、バブルガン級のホーミングを維持しつつそれより速い速度で飛んでくるので動き回ることでの回避が非常に困難。
    しかもダウン値も地上弾と変わらず高いので初弾を回避できなかったらダウン確定だと思っていい。こちらは中~遠距離で活躍することが多い。
    地上、中ともに欠点はあるものの、それを互いにカバーできるので総合的に高性なガン。
     

違法ガン

  • ゴウセツガン
    無印V2で登場。
    3ウェイガンをベースにした違法ガン。弾が巨大になり、威とホーミングも増加。ただし連射数は2回に減っている。
    見た手だが、性自体は無印違法の中ではまだまともな方。
  • ミナモガン
    無印V2で登場。
    レイフォールガンをベースにした違法ガン。1度の発射数を6発に増やし、滞時間が短縮されている。
    ちなみに弾もくなっている。
  • シノメガ
    無印V2で登場。
    Vレーザーガンをベースにした違法ガン。威が上がり弾が異様に太くなり、地上撃ちの弾の感覚が狭くなっていて「V」より「U」に近い。
    その代わり連射が落ちており、元のVレーザーと異なる使い方となる。
  • ロウガガ
    V2で登場。
    ナックルガンをベースにした違法ガン。威が少し下がったものの、射程が2倍程度に長くなりかなり当てやすくなった。
    もさることながら、の顔の弾に「ガオーン!!」と雄叫びのような発射音で非常にインパクトがある。
  • オロチガン
    BR、闘!で登場。
    ドラゴンガンをベースにした違法ガン。威とホーミング性と共に、地上撃ちは弾が4発に、中撃ちはスナイパーガンのような高速な弾を1発発射するように強化されている。
    ベースも元から強だったが、それをさらに手にしたようなガンで、見たも栄える。

他多数(追加む)

関連動画

カスタムロボ(ガンの一覧)に関するニコニコ動画動画を紹介してください。

関連商品

カスタムロボ(ガンの一覧)に関するニコニコ市場の商品を紹介してください。

関連コミュニティ

カスタムロボ(ガンの一覧)に関するニコニコミュニティを紹介してください。

関連項目


【スポンサーリンク】

携帯版URL:
http://dic.nicomoba.jp/k/a/%E3%82%AB%E3%82%B9%E3%82%BF%E3%83%A0%E3%83%AD%E3%83%9C%28%E3%82%AC%E3%83%B3%E3%81%AE%E4%B8%80%E8%A6%A7%29
ページ番号: 4651134 リビジョン番号: 2390300
読み:カスタムロボガンノイチラン
初版作成日: 11/06/10 10:22 ◆ 最終更新日: 16/08/03 09:54
編集内容についての説明/コメント: 無印~V2の違法を追加。(不完全)
記事編集 / 編集履歴を閲覧

この記事の掲示板に最近描かれたお絵カキコ

お絵カキコがありません

この記事の掲示板に最近投稿されたピコカキコ

ピコカキコがありません

カスタムロボ(ガンの一覧)について語るスレ

17 : ななしのよっしん :2014/07/12(土) 23:43:24 ID: iiE89HlEOc
まとめてくださる人が居ればと思って初代の違法ガンを
記憶便りなので説明が間違ってるかもですけど

ゴウセツガン
ベースは3ウェイガン。威、弾の大きさ、ホーミングが強化。
一方で弾の総数は3列×3回の9発から3列×2回の6発に減少した。
距離から遠距離用のガンではあるが密着状態で撃つことで
200オーバーダメージをたたき出すこともできる。
ミナモガン
ベースレイフォールガン。弾数が4発から6発に増加し威
ホーミングが強化、地上撃ちの停滞時間がくなっている。
一方で弾数が増えたため硬直時間は長くなってしまった。
(省略しています。全て読むにはこのリンクをクリック!)
18 : ななしのよっしん :2014/07/12(土) 23:57:38 ID: iiE89HlEOc
続いてV2のガン

コテングガン
ベースフェニックスガン。弾が大きくなり、地上撃ちのレーザーが2本から3本に増えた。このため、本来は相手が動かなければ当たらなかった地上撃ちが当たるようになった。連射は低下。

ボロンジガン
ベースニードルガン。威が上がり本数も3本から4本に増加
弾数が増えたことで高いダウンがさらに高くなった。

ロウガガ
ベースナックルガン。射程が大幅に伸びた代わりに威は多少下がった。射程はスタンガンほどにまで伸び、かつ一撃ダウン、ガンだけで400近く持っていくことも可とかなりの強パーツ
対人戦でベイオネットと組み合わせるのは止めよう。
(省略しています。全て読むにはこのリンクをクリック!)
19 : ななしのよっしん :2014/07/18(金) 15:10:00 ID: 0ZbTKAm5S4
ARS-G04ガンは使い方分からなくて挫折した。
あれでどうやって勝てと。

ところで、リトルレイダーで急接近してドラゴンガン当ててた異常ですかね?
20 : ななしのよっしん :2014/09/21(日) 18:56:31 ID: iTLIl+/KQJ
闘!の3ウェイガンは、0距離で接射すると全段ヒットして大ダメージ狙えた。
以前からけっこう好きなガンだったけど、ガンそのものがクセも少なくて使いやすく、場合によっちゃ大ダメージっていうことで闘!での最序盤から相棒になった。

>>19
ARS-G04ガンなぁ。あれは「ほんとに軍事用かよ」っていうくらい射程も弾道ゴミ、威だけ並っていうすぎる武器だった

ARS-G04ガン
闘!でのみ登場したガン。設定上は軍事用に開発されたガンで、ピカの色合いと、そのネーミングからおそらく軍事カスタムロボA.I.R.S」のために開発されたと思われる。しかしその実態はライトニングスカイヤー以外ではほぼ使いこなせるプレイヤーは居ないであろうのガンである。
地上では、正面と斜め上方に大きめの弾を3連射する。発射後にロボ数体分の距離で弾はほぼ停止して、しばらく滞している。
一方の中では、斜め下にのみ、地上撃ちと同タイプの弾を6連射する。しかし弾の判定が大きいので、ライトニングスカイヤーや多段ジャンプロボ以外では地形に弾丸が干渉して消えてしまう。
しかし多段ジャンプではあまり上に上がると距離が開き過ぎてほぼ当たらない。ライトニングスカイヤーには他にいくらでも有用なガンがあるので補にはど上がらないだろう。
そもそもこのガンは軍事用に開発されたということで、レギュレーション違反パーツとして扱われているので、ゲーム的にはほぼ違法パーツと同列として扱われる。
(省略しています。全て読むにはこのリンクをクリック!)
21 : ななしのよっしん :2014/09/21(日) 20:04:02 ID: dPoCyF+BHr
やっぱ人によって使用感変わるもんだなぁ。
は3ウェイガンは遠距離で使う玄人向けのガンって認識だったわ
ホーミングの関係上遠くから撃つと全弾当たってすごいになるけど、
速度もホーミングも単独で狙撃に使うには厳しいから、ボムポッドで足止めをして、
場合によってはセクシースタンナーのハイジャンプ距離稼いだりもして、
相手が鈍足で対も弱かったりすると中でバブルガン見たいに乱射しても結構いけたな。
特にレイフォールガン相手取る時によく使ってた気がする。
逆に中距離で3発だけ当てるのは対リトルを除いて他に手段がい時の緊急回避だと思ってた。
あと接射での全弾ヒット無印V2どっちかにもあった気がする
22 : ななしのよっしん :2014/10/07(火) 21:30:40 ID: 2y+a2X2/5R
>>17
スバルガンを忘れてるぞ ついでに闘!の違法ガンの説明も

スバルガン
ベースホーネットガン。同時発射数が5発から6発に増加し、ホーミングや威などの基礎性も向上している。違法ガンの中でも癖が少なく、扱いやすい。
ラミュガン(以下は闘!のパーツ)
ベースエンジェルリングガン。地上撃ちは弾の出現位置が変化し、近くの相手に当たりやすくなったが、遠くの相手には当たりにくい(障物がければ元のガンの射程まで伸びる)。中撃ちは射程が伸びている。
イグニアガン
ベーススコーピオンガン。高いダウン値はそのままに連射数が4発(中は3発)になっている。中撃ちのホーミングが強化されており、違法パーツの中でも高い性を誇る。
バルガン
ベースはスライドガン。スライド時間が通常のガン相当になり、弾速と弾の太さが上がっている。中撃ちのゼロ距離射撃の威は強ダウン追撃にどうぞ。
モルグガン。
ベースメガバーストガン。射程が伸びており、元のガンが持
(省略しています。全て読むにはこのリンクをクリック!)
23 : ななしのよっしん :2014/10/07(火) 23:01:24 ID: DJlfuVKRBb
>>18
何故ツインズガンはライトレフトアークガンの改造にしなかったのやら。
24 : ななしのよっしん :2014/10/07(火) 23:22:28 ID: 2y+a2X2/5R
闘!の続き

ハドロンガン
特殊な自立起動ロボ「ハドロン」とセットになるガンで、ベースナックルガン。吹き飛ばしが強い弾を3連射する。射程はマグナムガンよりちょっと長い程度。地上撃ちで横に飛ばし、中撃ちで上に飛ばす。
正直、ナックルガンの面影があんまりないような気もする。
ナナセガン(V2にも登場)
ベーススターダストガン。弾のバラつきが減り、当てやすくなった。ただし、元のガンと同じく安定して当たらないのも相変わらず。闘!では元のガンの命中も善されているので多少は使いやすくなったか。
クドウガン(V2にも登場、ただし敵専用で闘!と性が違う)
自立起動違法ロボジェイムスン」とセットになるガン。地上撃ちが弾速の遅いVレーザーガン、中撃ちが低威の5ウェイガンとなっている。地上撃ちは弾が太く敵を大きく吹き飛ばせるので、動き回る相手には有効。
規格外の大きさで、他のロボに装備させるとかなり浮いて見える。
デュアルアークガン
ベースレフトアークガン。曲がる地点で弾が2つに分裂する(合計4ヒット)。オーバーロード効という希少な特性を持つ。とあるミッションバトルで使われて、嫌な思いをした人もいるだろう。
(省略しています。全て読むにはこのリンクをクリック!)
25 : ななしのよっしん :2015/03/07(土) 05:50:26 ID: ZaHB2qTVH0
>>24
V2の方のロクドウガンは地上が5Way2連射で中がホーミングVレーザーやな
26 : ななしのよっしん :2015/08/01(土) 12:40:14 ID: 8ABnoSQX/9
一応AIRS用のガンはGXにもあるがあれでもそんなに性よくなかったからな・・・
闘ほど使いにくくはないけど
  JASRAC許諾番号: 9011622001Y31015