単語記事: カストロプ動乱

編集

カストロプ動乱とは、「銀河英雄伝説」の事件・戦役の一つ、およびOVA銀河英雄伝説」第5話の題名である。

銀河英雄伝説の戦闘
カストロプ動乱
基本情報
時期帝国487年 初頭 - 5月
地点銀河帝国 カストロ領、マリーンドルフ伯領
結果銀河帝国軍(第三次討伐軍)の勝利
詳細情報
交戦勢
ゴールデンバウム朝銀河帝国 カストロ公爵
指揮官
シュムーデ提督(第一次)
ジークフリード・キルヒアイス少将(第三次
マクシミリアン・フォン・カストロプ
動員兵
第一次討伐軍
二次討伐軍
三次討伐軍
マリーンドルフ伯領警備隊
カストロ領警備隊
カストロの私兵
前の戦闘 次の戦闘
アスターテ会戦 第七次イゼルローン要塞攻防戦

概要

帝国487年に発生した、カストロ公爵の叛乱独立運動と、対するゴールデンバウム朝銀河帝国軍による討伐戦の総称。カストロプの動乱カストロ系における動乱などとも称される。

カストロ公爵は二度にわたって討伐軍を撃破し、さらに支配領域をひろげる姿勢を示したが、第三次討伐軍の勝利により首謀者であるマクシミリアン・フォン・カストロプが殺されたことで半年にわたる動乱は鎮定された。

経緯

カストロ公爵の先代の当であったオイゲン・フォン・カストロ公爵は、かつて15年間にわたって財務尚書として閣議に列した朝廷の重臣であった。しかし、オイゲンは財務尚書としての職権をしばしば濫用し、疑事件に関与することも少なくなかった。当時の銀河帝国では貴族の犯罪は追求されにくいものではあったが、重臣による大々的な不正が体制への民衆の不満を拡大しかねないという問題もあって、オイゲンの不正は法尚書をはじめとする他の門閥貴族からしても度をこえたものとみなされていた。しかしオイゲンは権と財背景として利用しており、政府・も手をつけかねる状況にあった。

その事態が急転したのは、帝国487年、自宇宙船の事故でオイゲン死亡したためである。同様の不正を企図する他の貴族に対する牽制として、また法の権威を保ち民衆からの信頼を回復するために、財務省カストロ公爵を調し、不正な蓄財を庫へと回収することとなった。これには、膨大な額に上るであろう不正蓄財の回収により、庫に一時的にでも余裕を持たせることができるというねらいも存在していた。

調さきだって、務尚書クラウス・フォン・リヒテンラー侯爵によって子マクシミリアンの相続手続きは一時停止され、資産の相続は財務省による調了と不正蓄財分の庫への回収を待つこととされた。しかし、これに反発したマクシミリアンは、財務省の調官を二度にわたって追い払い、調に協しない姿勢を見せる。財務尚書であるゲルラッハ子爵務尚書リヒテンラーデ侯に要請してマクシミリアンをオーディンへと召喚させたが、呼出状を受けたマクシミリアンは疑心による恐怖からこれも拒否し、カストロ領を動かなかった。

この事態を受けカストロ公爵の親族・姻戚たちが帝国政府との仲立ちをかってでたものの、マクシミリアンはを貸さず、領地を隣接する親族フランツ・フォン・マリーンドルフ伯爵が説得に訪れたところを監禁する暴挙におよぶ。事ここに及んで帝国政府へのカストロ公爵の対立姿勢は明確なものとなり、領の警備隊をはじめとして見なく私兵を集めだしたカストロに対して帝国政府側は討伐軍の派遣を決定した。

動乱の経過

二度の討伐失敗と動乱の拡大

編成された第一次討伐軍は、アスターテ会戦と同時期にシュムーデ提督揮のもとオーディンを出撃した。しかしこの討伐軍はマクシミリアン軍をあなどっており、明確な作戦もないままに強引に着陸したところに奇襲を受けて敗北、シュムーデ提督が戦死するなど、討伐行は失敗に終わった。続いて第二次の討伐軍が派遣されたが、軍事的にはある程度の才を有していたマクシミリアンの前に、こちらも敗退を余儀なくされる。

二度にわたって帝国の討伐軍を退けたことに増長したマクシミリアンは、自身の支配領域を広げ帝国政府から半ば独立した地方王を成立させようと考え、私兵をマリーンドルフ伯領の併合に向かわせた。これを迎え撃つ立場となったマリーンドルフ伯領警備隊は、当を監禁されて欠く状況にもかかわらず防衛線を維持することに成功し、オーディンへと救援を要請した。

第三次討伐軍

以上のような状況で第三次となる討伐軍の揮を委ねられたのは、宇宙艦隊副令長官ラインハルト・フォン・ローエングラム元帥麾下のジークフリード・キルヒアイス少将であった。これには、心であるキルヒアイス少将元帥府のナンバー2とするために相応の功績を挙げさせる必要があったローエンラム元帥の画策によるもので、ローエンラム元帥の推挙を受けたリヒテンラーデ侯ははじめ難色を示したものの、結局はローエンラム元帥に恩を売るために受け入れ、キルヒアイス少将に討伐軍指揮官の勅命が下ることとなった。

この第三次討伐軍は、二重の陽動によってマクシミリアン軍を撃破することに成功した。キルヒアイス少将は、はじめマリーンドルフ伯領への救援を示唆しておきながら艦隊をカストロ領へと向かわせることでマクシミリアン軍を本拠地へと急ぎ撤退させ、さらに実際にはカストロ領を攻撃することなくマリーンドルフ伯領からの帰路でマクシミリアン軍を襲ったのである。マクシミリアン軍は焦りから後背を防備にしていたため、小惑星帯に隠れていた討伐軍に後背への急襲をたやすく許し、一挙に潰滅した。

マクシミリアンは戦場を脱出することに成功したが、けっきょく帝国政府による問罪の危険を感じた部下の手で殺され、カストロプ動乱は終結した。

結果

三次討伐が事後処理まであわせてわずか10日間で了したことは、ローエンラム元帥の副官であったキルヒアイス少将が単独での艦隊揮にも高いを有していることを示すこととなった。カストロプ討伐の功績によってキルヒアイス少将中将に昇進し、帝国宰相代理でもあるリヒテンラーデ侯より双頭鷲武勲章(ツアイウイング・イーグルを授与されている。

カストロ公爵の領地財産は財務省により処理されたが、その総計は銭換算で5000億帝国マルクに上った。

OVAでの変更点

OVAでは敗北した討伐行はシュムーデ提督率いる3000隻の一回のみとなったほか、マクシミリアンによるマリーンドルフ伯領への侵攻も行われなかった。その一方で、カストロ領のとして設定されたラパート衛星上には戦闘衛星群「アルテミスの首飾り」が設置され、討伐軍を迎え撃つ強大な戦となっている。これは同盟が首都ハイネセンの防衛システムとして開発した兵器であるが、同様のものをカストロ公爵がその財によってフェザーン経由で購入したものとされる。

キルヒアイスの率いる討伐軍2000隻は、向性ゼッフル粒子の使用によってこの”首飾り”をまとめて破壊。迎撃を失い狽しながらも逃亡を企てるマクシミリアンが、身代わりとして死ぬよう命じられた臣の手で殺されたことで動乱は終結した。なお、この討伐軍にはハンス・エドアルド・ベルゲングリューン大佐フォルカー・アクセル・フォン・ビューロー大佐キルヒアイスの部下として参加している。


OVA第5話「カストロプ動乱」

ラインハルトからカストロ域での地方叛乱討伐をまかされたキルヒアイスは、
わずかな兵で敵地におもむく。

次回、『銀河英雄伝説』第5話、「カストロプ動乱」。
銀河歴史が、また1ページ

原作では本伝第一巻明篇第六章「それぞれの」において、第七次イゼルローン要塞攻防戦の直後にそれ以前の出来事として簡潔に言及されるのみのカストロプ動乱だが、アニメでは第5話まるまるを占めている。

ストーリー

「なにが帝国か。上には文句のひとつも言えなんだくせに。
他の貴族へのみせしめにするつもりなのだろうがそうはいかぬ。予のをおもいしらせてやる!」

職権を濫用して不正に資産を得ていたカストロオイゲンの死を受け、帝国は不正蓄財の返還をめた。しかしオイゲンの嫡子マクシミリアンはこれを拒否して帝国に対する叛乱の挙に及ぶ。しかし帝国から送られた討伐軍は、事態を憂慮して説得に訪れたマリーンドルフ伯の前で「アルテミスの首飾り」によって撃退された。いっぽう、元帥府を開いて新進気鋭の提督たちを集めたラインハルトは、キルヒアイスカストロプ討伐の勅命を告げ、前回の討伐軍より少数の艦艇とともにオーディンを出立させた。

「たしかにローエンラム伯は名将だ。戦争天才といってもいい。
しかし、その副官が名将である保があるか。付録はしょせん、付録さ!」

しかし討伐軍旗艦の艦内では、幕僚であるベルゲングリューンが作戦の前途を悲観に溺れていた。僚友ビューローがたしなめるのも聞かずキルヒアイスに詰め寄るベルゲングリューン。だが、キルヒアイスは意外な作戦案を示し、勝つための作戦であると答える。かくして、”向性ゼッフル粒子”による「首飾り」の破壊が実行された。

「お若いな、だが……」まことの名将か……」

「首飾り」の破壊と降伏勧告に動揺したマクシミリアンは、焦慮の末にフェザーンへの亡命を決意し、側近に身代わりとなるよう命じる。しかし直後、「もっとよい方法がある」と近寄ったこの側近が、君の身体にナイフを突き刺した。まわりの臣や女たちもそれに続き、マクシミリアンは刺殺され、カストロプ動乱は終結した。そして、上陸部隊に奪暴行の厳禁徹底を命じるキルヒアイスに、ベルゲングリューンはめて敬礼するのだった。

補足

OVAでの展開についての詳細は「マクシミリアン・フォン・カストロプ」も参照。
前述したように原作では簡潔な経過の説明ていどだったのに対し、OVAでは大きく脚色されて一話を構成している。

キルヒアイスの部下として初登場しているベルゲングリューンとビューローの両者は、原作ではもっと後に「かつてキルヒアイスの部下として肩を並べた」という経歴とともに登場したキャラクターである。OVAのこの回では、では未知数のキルヒアイスをはじめ疑い、そしてその人格とを知り認める役割を担った。ほかにも、マリーンドルフ伯のヒルガルド・フォン・マリーンドルフが原作に先行して登場している。同様に新兵器向性ゼッフル粒子」も原作よりい時期の登場となったが、この回に登場した帝国工作艦三隻によって牽引される巨大なゼッフル粒子発生装置の姿は、こののちアムリッツァ会戦と回廊の戦いでしか姿を見せないレア物である。ガレージキットも全受注・最大20個限定生産のレア物。

また、カストロ関連のデザインはすべて、西欧ドイツ帝国内では明らかに異質な古代ギリシャ調のものとなっており、邸宅に至っては切り立った崖の上のアクロポリスがごとき様相である。また、マクシミリアンによるお前見てまいれ。行って見てまいれというのだ(討伐軍が動かないのを見かねて臣に)」「よし、おまえ身代わりになれ(「首飾り」を破壊され逃亡のため臣に)」「焼身自殺しろ。顔を焼いてしまえばしばらくごまかせるであろう。それはよいとして……(よくない)などの迷言が妙な人気を博しているなど、序盤に妙な印を残す回である。

最強兵戦部隊といわれる同盟軍”薔薇騎士”連隊は、
いつうらぎるかわからぬ危険な集団といわれている。
ヤンは、みずからの第13艦隊にこの連隊をくわえ、イゼルローン攻略にむかう。

次回、『銀河英雄伝説』第6話、「薔薇騎士」。
銀河歴史が、また1ページ


関連動画

関連商品

関連項目


【スポンサーリンク】

携帯版URL:
http://dic.nicomoba.jp/k/a/%E3%82%AB%E3%82%B9%E3%83%88%E3%83%AD%E3%83%97%E5%8B%95%E4%B9%B1
ページ番号: 5503546 リビジョン番号: 2528457
読み:カストロプドウラン
初版作成日: 17/09/30 18:46 ◆ 最終更新日: 17/09/30 18:59
編集内容についての説明/コメント: 商品追加、誤字・html微修正
記事編集 / 編集履歴を閲覧
このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事の掲示板に最近描かれたお絵カキコ

お絵カキコがありません

この記事の掲示板に最近投稿されたピコカキコ

ピコカキコがありません

カストロプ動乱について語るスレ

1 : ななしのよっしん :2017/09/30(土) 20:06:59 ID: DHO4P9qCmq
原版もまた別の展開だけどフジリュー版はほぼ原作準拠だったね
2 : ななしのよっしん :2017/09/30(土) 20:37:40 ID: wfn+p8f0GZ
OVA版のカストロプ動乱は、何気にアルテミスの首飾りの威が実戦使用された、全媒体一の事例なんだよね。その意味では結構重。
確かにあれをまともに相手したら危険極まりないけど、向性ゼッフル粒子が実用化された後は子の虎でしかないんだよなあ。
3 : ななしのよっしん :2017/10/10(火) 20:31:04 ID: pg5csZVxdJ
・・・最初の二文字、これを逆にして読んでしまった事のある人の率に興味がある・・・
ニコニコニューストピックス
電ファミwiki
  JASRAC許諾番号: 9013388001Y45123
  NexTone許諾番号: ID000001829