単語記事: カチューシャ(ガールズ&パンツァー)

編集
このキャラクター特定機関に監視されている可性があります。

カチューシャКатюша)とは、アニメガールズ&パンツァー」の登場人物である。CV.金元寿子

概要

北海道網走市出身。前大会優勝校であるプラウダ高校戦車道チームを率いる隊長で、T-34/85戦車長。常に副隊長ノンナを付き従えて(というか乗っかって)いる。身長127cmこれでも正正銘の高校3年生。同じ低身長高校3年生キャラである角谷杏142cm)より更に低く、8歳女子の身長128cm)よりも低い。ノンナ172cm又は176cm)と並ぶと、年が離れた姉妹またはの絵面となる。その低身長コンプレックスとしており、大洗女子学園戦車道チームとのを屈めて握手をめたときは、傍らのノンナに肩をさせてよりも高身長になろうとしている。もちろん桃ちゃんからツッコミが入った。
ロシアティーを飲しており、スプーンですくったジャムめながら紅茶を飲むロシア本式の飲み方を好む。好きな料理はボルシチで、試合中でもノンナに作ってもらうほどの好物である。
高校生とは思えない小柄な体格に似合わず横暴な性格で、勝気で自信上から目線。苛な物言いや戦いっぷりから「吹雪カチューシャ」「小さな暴君」と呼ばれている。精面は実年齢より幼く、見た通りの子どもっぽい面が立つが、上に立つ者としての将器は持ち合わせている。
保母役同然なノンナクラーラに身の回りの世話を受けており、試合中にも関わらず食事休憩とお寝時間を設けたり、食事は上手く食べられずに口の周りを汚してしまうし、就寝時はノンナの子守歌が必要。そんな性格ゆえに、チームメンバーからは密かに「ちびっ子隊長」と言われている。ただし、隊長としてのは確かであり、同期後輩の面倒見は良いため、チームメンバーから多大な信頼を集めている。
別れ際に何故か「ピロシキ~」と言う。実はロシア語はあまり得意ではなく、部下がロシア語で会話をしていると日本語で話せと怒る。ただし、Да・Нетなどの簡単な単ロシア民謡程度は分かるようだ。
KV-2戦車がお気に入りで、同のことを「頼れる同志」「かーべーたん」と呼んで重用している。ちなみに、好きな理由は高が高くて上に乗ると眺めがいいから。

戦車道チームカチューシャを頂点としたピラミッド揮系統を構築。試合では内最大級の戦・それを支える整備・徹底された揮系統・揮を忠実にこなすチームメンバーを活かした容赦ない誘い出し・包囲殲滅を得意とする。全大会準決勝の大洗女子との試合では「あいつらにやられた車輌は、全員シベリア送り25ルーブル[1]よ!」とのたまったにも関わらず麾下の戦車を囮として大洗チームに撃破させるなど、結構えげつないことをしている。

単純な勝利ではなく相手のプライドを搾取した上で勝つことを好み、何かと土下座にこだわる。優位に立つと傲慢になり、TV版第8話では追い詰められ廃墟に立て篭もった大洗女子学園いたから3時間の猶予を与えた上で「全員土下座しろ[2]」と降伏勧告を突き付けてきた。この猶予の間に大洗女子は車両の修理を終え、偵察を行ってプラウダ高の車両の配置と種を把握することに成功[3]。態勢を立て直し起死回生の策を用意した大洗側の逆襲を受け、ギリギリの競り合いの末に逆転敗北を許してしまった。
負けが確定したとき「泣いてないわよ!」といいながらも思いっきり泣いている。やっぱり子供じゃないか

62戦車道高校生大会[4]の決勝戦で黒森峰女学院と戦い、人命救助のために身動きが取れなくなっていた西住みほフラッグを撃破して優勝を獲得、その功績により隊長となった。そのため、西住まほのことは警しているが、みほのことはさほど気にしていない。しかし試合後はみほの実を認め「ミホーシャ」と称で呼ぶようになった。
 聖グロリアーナ女学院戦車道チーム隊長ダージリンとも交流があり、プラウダ学園艦お茶会を開いている。

なお、決してイk###このコメントはしょくせー(触清)されました###

関連動画

民謡カチューシャ」は8話にてノンナ上坂すみれ)とともにロシア語で歌唱。フルバージョン関連商品の項にもあるオリジナルサウンドトラックに収録されている。

関連静画

関連商品

関連項目

脚注

  1. *陽の当たらない教室25日間の補習の意。凍土で労働の尊さをその身に刻み込まれるようなことは多分ない。
  2. *桃ちゃんから「全員自分より身長低くしたいんだな…」とツッコまれた。
  3. *この辺りの末はBD/DVD第5巻の特典OVA「スノー・ウォー!」にて詳しく描かれている。ニーナKV-2の乗員)のカチューシャに対する印などもえる盛り沢山な内容。
  4. *大洗女子が校を掛けて参加したのは第63回なので、その前年度の大会。

【スポンサーリンク】

携帯版URL:
http://dic.nicomoba.jp/k/a/%E3%82%AB%E3%83%81%E3%83%A5%E3%83%BC%E3%82%B7%E3%83%A3%28%E3%82%AC%E3%83%BC%E3%83%AB%E3%82%BA%26%E3%83%91%E3%83%B3%E3%83%84%E3%82%A1%E3%83%BC%29
ページ番号: 5008074 リビジョン番号: 2422455
読み:カチューシャ
初版作成日: 12/12/07 17:08 ◆ 最終更新日: 16/10/29 16:05
編集内容についての説明/コメント: 微修正
記事編集 / 編集履歴を閲覧

この記事の掲示板に最近描かれたお絵カキコ

お絵カキコがありません

この記事の掲示板に最近投稿されたピコカキコ

ピコカキコがありません

カチューシャ(ガールズ&パンツァー)について語るスレ

260 : ななしのよっしん :2017/02/10(金) 20:45:58 ID: xk+Ad2L1HV
ナオミですら一矢報いる事が出来なかった以上、められたのはノンナよりカチューシャな状況だったしな。

エリカに対しても、3年生かつ隊長であるモノの差を見せた格好にもなったし。
まほに対して若干コンプレックスみたいなモノを抱いて居るみたいだけど、指揮官としては同格なんじゃいかとも思う。
261 : ななしのよっしん :2017/02/10(金) 21:03:28 ID: FYBJVjkaFC
>>260
なるほど、そこでナオミがノンナ同様のスナイパータイプであることの共通点が活きてくるね。
そう考えるとノンナ捨て石になってでもカチューシャを残した事に意味があったとなるし、ナオミの敗北にも価値が生まれてくる。
262 : ななしのよっしん :2017/02/11(土) 22:23:57 ID: 2LAy40bCGe
ナオミとノンナはほぼ互の強さだからね。
地戦では強いノンナ戦になると強さが半減したかも・・・
でもノンナエキシビションでも戦で恐ろしい強さ見せてたが・・・。

カチューシャ指揮官としてのスペックだけなら西住姉妹と互トップレベルなんだろうけど、性格的な弱点がちょっとある感じかな。
仲間を取る為に単騎でも戦うといってたけど、その後冷静を取り戻した後の指揮官ぶりは西住姉妹にも劣ってなかったと思う。
ルクリリ撃破前からレオポンさん改造モーター使って四機突撃してたら1輌どころか2輌、もしくは全員連れにもできたのでは
263 : ななしのよっしん :2017/03/05(日) 23:38:01 ID: xk+Ad2L1HV
みほまほアリスの三巨頭に次ぐ実者では有るけど、この3人に後れを取る点は攻撃かな?
性格は攻撃的でも采配は守勢に思えるし。ノンナという最強の矛が傍らに居るからに徹しても問題かったからだと思うけど。
みほまほとカチュノンの正面対決は最終章で是非とも見てみたいカードかな。

>>262
ルクリリだけど、有能役だから可性は有りそうだね。
エリカルミを撃破した時に、アズミとの間に割り込めればワンチャンいけるかな?
264 : ななしのよっしん :2017/03/06(月) 18:15:44 ID: 2LAy40bCGe
>>263
ミュー三姉妹は3人ってる時こそ脅威だけど
一人でも欠けてしまえば脅威は半減するのでエリカルクリリが撃破された後2:2で仕切りなおした場合勝負はほぼ拮抗すると思う。

カチューシャトップ3人に遅れを取る点は油断と慢心だと思う。
エキシビション時もこの時では既にみほの実を認めた上だったけど
やはり有利になると油断しているところがあったし癖になってるんだろうね。

コミカライズ版でノンナカチューシャ
カチューシャ揮に秀でた人物を他に知らない、絶対に負けられない戦いにこの先遭遇した時、そういう時にこそカチューシャが必要不可欠」
と評していたけど、油断慢心一切ゼロ真剣モード状態の時はみほまほと互なんじゃないかな。
アクシデントがあったとはいえ戦車道にまぐれし、みほまほがいた時代の黒森峰に勝っているし
265 : ななしのよっしん :2017/03/10(金) 21:39:44 ID: xk+Ad2L1HV
エリカは守れても、カチューシャルミに体当たりして不利な体勢でメグミを迎え撃たなきゃだからキツいよ。
カチューシャ手はエキシビションでアリクイを行進間射撃で仕留めている(撃ったのは先行している車両カチューシャ)けど、体当たりからの立て直しは圧倒的に不利。

実際、メグミバイキングに跳ねられた後は為す術かったわけだし(相手が規格外とはいえ)。
266 : ななしのよっしん :2017/04/10(月) 22:55:35 ID: MSSqvdQbIG
カチューシャ大相撲横綱すって言うけど身長52cmもある時点で
         私にべれば十分恵まれてるわよね
         私なんて今後まともな恋愛そのものが出来るか疑わしいのに」
267 : ななしのよっしん :2017/04/15(土) 14:44:13 ID: n2fjXQqKaU
なんと言うか、味方が劣性の時こそ価を発揮するタイプの印が強い。
なまじ周りが優秀だから余裕が油断になってしまう感じ。
268 : ななしのよっしん :2017/04/29(土) 02:58:40 ID: 9bnhqaB56Y
攻める時は先頭で撤退時は殿と、カチューシャの性格は猛将タイプなんだよな
けど、プラウダのドクトリンから考えると隊長は後方で揮して数で攻め立てるのが基礎としてあるから、カチューシャ以前は隊長が先に立つ事はかったと思う
でもカチューシャは大まかなドクトリンに従いつつもよりも前で味方を鼓舞しつつ必要なら身切りもわない
ノンナを副官にしてるのも自分の次にがあって安心して後を任せられるからだと思う
だからこそ味方はカチューシャを尊敬するし、後でカチューシャの不を買うのを承知で自己犠牲も進んでする
まさに小さな巨人だよ
269 : ななしのよっしん :2017/05/04(木) 17:03:25 ID: 2LAy40bCGe
みほに3戦2勝というのもだけどそのうちの1勝は
まほセット黒森峰に戦略的勝利を上げているのはすさまじい。
みほとまほの二人ってる時の強さは劇場版でみんなご存知だと思うが
兵戦で勝ったわけではないと思うが、アレに勝ったのか・・・と思うとカチューシャも十分化け物クラスだなあ。
ノンナが心酔するのもわかる気がする、カチューシャ車輌の練度は
さすがにみほ、まほありすには劣っているだろうけど、劣っていてもそれを覆す手段を考えつくこととカチューシャの強さなのだろう。
  JASRAC許諾番号: 9011622001Y31015