単語記事: カテジナ・ルース

編集  

カテジナ・ルースとは、アニメ機動戦士Vガンダム』の登場人物である。担当声優渡辺久美子

概要ですよ!カテジナさん!

カテジナ・ルース

機動戦士Vガンダム』の中ではヒロイン役を担う一人でもある。視聴者ファンからは「カテジナさん」とも「カテ公」とも呼ばれる(後述)。

地球ヨーロッパ連邦軍の管轄下にある特別区・ウーイッグ(プラハに相当するという設定)というの事業として生まれ育つ。17歳物語当初はウーイッグを焼き払ったザンスカール帝国ベスパに反抗するレジスタンス組織リガ・ミリティアに同行していたが、数奇な運命を経て、ベスパクロノクル・アシャーに出会い見初められるとともに帝国義に染まり、ザンスカール帝国の将校となる。その後は兵士として才を開させ、リガ・ミリティア相手に戦場で獅子奮の活躍を見せた。

元々まともな軍事訓練すら受けていない素人でもあり、当初は「クロノクルの女」とバカにされてベスパの軍内部でも孤立するなど、常に難しい立場での戦闘を強いられた存在でもあった。しかしアジス・バギやゴズ・バールなどモトラッド艦隊のパイロットが次々戦死していく中着々と戦果を挙げエースパイロットとして成長していき、最終的に(クロノクル直属というのもあるのだろうが)最新鋭機ゴトラタンを与えられ、エンジェル・ハィロウ女王近衛軍団にも命令を下しているなど、劇中では明かされていないが高い階級にのし上がっていたことが伺える。

だが、自身を一方的に慕っていた子供であるウッソ・エヴィンが、リガ・ミリティアエースとして大きな活躍を見せ、常に戦場で大きなとして立ちはだかったのに対して、自身を導きパートナーとなった男クロノクルがいつまでも優柔不断な性格から抜け出せず、自ら共々追い込まれていく状況に陥っていった結果、次第にその言動からは余裕が失われていくことになる。
その為、ウッソ初恋の人としてウーイッグので見せていた初期の頃の面影は物語が進むにつれ見られなくなっていき、義に染まってからは、むしろウッソに対して特別な敵意を見せるようになっていった。終盤においては、女だけの近衛部隊に水着姿でウッソV2ガンダムに生身の兵戦を挑ませて動揺を誘う奇抜な戦法を繰り出し、最終決戦においては投降したと見せかけて隠し持っていたナイフウッソを刺したりするなど、悪評の種となるエピソードを多数残した。

しい戦いにより、クロノクルを含めて全ての支えを失う。終戦後も存命。最終話では、半ば失明し(一説には記憶も失い)、独り故郷ウーイッグに帰る姿が描かれる。

何もかもを失くして、独りだけで既に廃墟と化している故郷へと帰るこのラストについて、富野監督は「死よりも重い罰を与えたかった」とも「何としても殺したくはなかったが、頑って狂ってくれた彼女を救うにはこれしかかった」とも発言している。実際、カテジナ物語ラストを飾る事を監督が提案した時、スタッフもが当たり前のように納得したとされるほど、製作側においても存在感を示したキャラクターだった。

ガンダムファンからの評価

カテジナさん

こういったことから一般的には『宇宙世紀(UC:Universal Century)』の中でもとりわけ論議を呼ぶ事の多い「Vガンダム」にあって、その中でもひときわ強い印を残す存在と認知されている。実際劇中でウッソから「カテジナさん、おかしいよ!おかしいですよ!」といった台詞を幾度となく投げかけられることも相まって、視聴者からは「カテジナさん」と敬称を付けて呼ばれる一方で、「カテ公(初出はことぶきつかさ漫画作品「いけ!いけ!ぼくらのVガンダム」)」「宇宙世紀3大悪女の一人」などと侮蔑的に扱われる事もあり、過な言動が立つ終盤の印が強いせいか、批判的に見られることも少なくない。

しかしその一方で、ウーイッグでは両親が不仲でかつ連邦特別区である故郷に対して批判的で、そもそも生活に不満を抱いていたこと、かといって戦災孤児の子どもたちを戦として利用するリガ・ミリティアにも反対するという、独自の倫理的な信念を持っていたため、自分の故郷を焼いた相手とはいえそもそも故郷に着など持ち合わせていないカテジナザンスカール義に染まるのも当然、という見方もある。
またザンスカール転向後も、行方不明となったシャクティらが軍内部で保護されている事を戦場ウッソに伝えようとしたり、人質として戦場で扱っていたウッソが死んだ後、ウッソの心を察するような発言と共に後悔するような素振りを見せていたり、最終話においてもウッソに対しての射撃を意識に外してしまうなど、劇中では一貫してウッソの事を「憎むべき最大の敵」という面と「戦場に駆り出された子供」という面両方を捨てきれずいたことなど、年齢相応の人間臭さも持ち合わせている。

故に、「敵になりリガ・ミリティアレギュラーメンバーを次々に撃破した悪女」という評価がある一方、「(のような子供である)ウッソさえいなければ狂うこともなかったのでは」という、むしろウッソの存在に苦しんでいる面から同情的な評価も見られるなどガンダムファンからは賛否両論で、良くも悪くも「Vガンダム」を徴する登場人物であるといえる。

また劇中では終盤、ニュータイプらしき波描写が数回描写されるほか、クロノクルへ精的な会話を飛ばしている描写がある。小説版ではスーパーサイコ研究所で強化手術を施されているが、テレビシリーズでどうなのかは不明である。

外部出演ですよ!カテジナさん!

搭乗機ですよ!カテジナさん!

主な台詞ですよ!カテジナさん!

カテジナ・ルース

  • ウーイッグのはこういうふうに爆撃されて良かったんです。特別区の特権に縋っていた人々は、みな堕落してしまいましたから
  • 命のやりとりをした気分はどう?
  • この子はこの戦争には関係がないんです。殺し合いは大人たちだけですればいいんですよ
  • でもそう感じられるウッソくん、良い感覚してますよ。そういう子供戦争に巻き込むあなたたち、私嫌いです
  • しかししかししかししかし!世の中はそれだけでは動かない!いろいろな事情があってそうはいかないって言うんでしょう!
  • 恐い人だけにはならないでね、ウッソ
  • カミオンおじいさん達のやり方では地球絶望的よ。だからあたしはこの方からザンスカールのやり方を学ぶつもりなの
  • 思い出というものは、遠くなってしまうものだから、宝にもなるというのに。あなたという人は、ピーシャカと動き回って!
  • ウッソくんさえ追いかけてこなかったら!あたしだってこうはならなかった・・・
  • ギロチンは、あなた達のような人を黙らせるための、必要悪だということもわからずに!
  • 貴様ッ!その態度覚えておけ!
  • あなたは子供のくせに重っ苦しいの。今度戦場で会う事があれば確実に仕留めてあげるわ
  • 戦場で歌が聞こえるだと?ふざけたことを!
  • トチ狂ってお友だちにでもなりにきたのかい? アハッ!
  • とうにおかしくなっている!
  • お前たちのせいだよ!お前たちのような子供が、あたしの前でチョロチョロしなければ・・・!
  • 血が繋がっている事など、なんの保障にもならないのですよ?令・・・
  • 戦場に静止している部隊がいる?何がいるんだ。分かるんだよ。私には
  • ネネカたちのその美しい姿は、いやつのパイロットを幻惑させる効果があるんだよ。ことに、あの坊やにはね
  • 少しは迷ったか。信念を貫く子供など、薄気味が悪い!
  • あたしを殺そうとした!?幻を振りきって、あたしのことまで振りきったか。ふっ、あっはははは!
  • あたしはねえ、クロノクルという巣を見つけたんだ。なのにお前とシャクティは!それを笑った!チビのくせに!
  • クロノクル、来い!!
  • この戦いはねぇ・・・2人の男があたしを賭けて闘ってるんだ。だから邪魔はさせないんだよ!
  • 戦え、クロノクル、ウッソあたしの手の中で戦いなさい?勝った者を、あたしが全身全霊を賭けて愛してあげるよ?
  • どうしようもないでしょう・・・?こうまで君と戦ってきたあたしは、クロノクルのところに行くしかないのよ・・・。だったらいさぎよく君の手で、このあたしを・・・
  • 甘いよねぇ坊や!!
  • バ、バカにしてっ・・・!?坊主がやること・・・!坊主が・・・!
  • まやかすなあ!
  • が来ると、わけもなく悲しくなりません?

関連動画ですよ!カテジナさん!

 

関連静画ですよ!カテジナさん!

関連商品ですよ!カテジナさん!

関連項目ですよ!カテジナさん!


【スポンサーリンク】

携帯版URL:
http://dic.nicomoba.jp/k/a/%E3%82%AB%E3%83%86%E3%82%B8%E3%83%8A%E3%83%BB%E3%83%AB%E3%83%BC%E3%82%B9
ページ番号: 180645 リビジョン番号: 2500404
読み:カテジナルース
初版作成日: 08/05/31 08:07 ◆ 最終更新日: 17/06/18 01:47
編集内容についての説明/コメント: 関連項目追加
記事編集 / 編集履歴を閲覧
このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事の掲示板に最近描かれたお絵カキコ


カテジナ・ルース

カテジナさん

この記事の掲示板に最近投稿されたピコカキコ

ピコカキコがありません

カテジナ・ルースについて語るスレ

321 : ななしのよっしん :2018/03/29(木) 19:08:54 ID: EJ3JFbvA6f
>>307
親に、大人に、世間に不満の大きいカテジナさん
かを保護するより、かに保護されるのが優先されるべき事だったんだろう。

あれは子供の為に…ではなく、自分を含めた子供の為の怒り。

でもこの人も結局、自分の都合以上のバイリティ持てない人なんだよね。智のないはエゴで暴走するだけ。
322 : ななしのよっしん :2018/04/04(水) 14:24:13 ID: Pz62PRCCkH
>>315
記憶失ってるというより精喪失状態で思考が鈍ってるというほうがしっくりくる
反射でボーと会話してたらカルルマンという名前を聞いて「あれ?どこかで聞いたような…」で思考が回りだして相手がシャクティだと気づき、自分が邪魔者として追い返されていることに気付く。
未練たらしく気付いてないだけのかもしれないと「がくるとわけもなく」と話を続けようとするがそれも「そうですね」と下にされて本当に消えろと言われていることに察して立ち去り、自分が全てを失ったことを悟り涙を流すと
323 : ななしのよっしん :2018/04/04(水) 20:05:22 ID: q7i6RebPZS
なんかそれだとシャクティがゲスみたいな言い回しに見えるから弁護しとくけど

マーさんのおが大きくなってる辺り戦争終結からあのシーンまでの間にそれなりの時間が経ってるだろうし、その間にシャクティウッソカテジナさんのことについて色々話したと思う。最後まで分かり合えなかったもどかしさとかを。

そうやって戦争に区切りをつけた頃、パッとカテジナさんが出てきたって、受け入れられんだろ。
邪魔者とか下にするとかじゃなくて、もうそんな関係じゃないんだよ。シャクティ自身、クロノクルとのすれ違いを見たカテジナに面と向かって憎まれ口をかれて暴力も受けているし、しかもカサレリアにはオデロの墓やエリシャさんだっている訳だから。「カテジナさんが生きてました!」なんて連れて帰ったらその場に居合わせた全員不幸になる。

クロノクルに全てを賭けて敗れた故にその状況が出来上がっている訳だから、あの場でのシャクティの言動は私情でもなんでもない
むしろカテジナさんが去った後の涙こそがシャクティの個人の私情で、クロノクル同様分かりあい
(省略しています。全て読むにはこのリンクをクリック!)
324 : ななしのよっしん :2018/04/04(水) 20:20:36 ID: q7i6RebPZS
まぁ、大体例のマンガが悪いんだけどね。
あのマンガが中々辛辣だったもんだから、ネットが普及した頃に「これ、母さんです」とか、カテ公とか、シャクティ腹黒キャラカテジナさん爆弾をしかけた、みたいな本編にはないことが、さもVガン論としてられたってのは正直あると思うw

見たら分かるけどあのマンガページ間に作者ガンダムシリーズの作品評が書かれてるんだけど、1stはやたら持ち上げてそれ以降の作品は低評価って感じで(特にZZボロクソに書いていた)、Vガンに関しては「マーベットさんにはじまりマーベットさんに終わる」とか書いてるしなw
ああいうアンチコミカライズみたいな作品は中々しいものがある。内容は割と面いんだけど
325 : ななしのよっしん :2018/04/09(月) 02:50:28 ID: EWYHFurLId
え?べつにゲスな言い回しだとは思わなかったが…ラスト>>322の解釈であってるだろうし
だいたいカテジナも連れて行かれてもどのつらさげてってのもあるしシャクティってべつに女でもなんでもない結構人間らしいキャラだしあの態度は普通でしょ
ただやはり過程はこっちで補しなきゃいけない具合の極端な悪役っぷりだったんでもうちょっとカテジナ側からの物語も見たかった感があるな
326 : ななしのよっしん :2018/04/10(火) 16:02:44 ID: ZIi6KuCKg3
にしても、元一般人で短期間の訓練とは思えないほどの機体の乗りこなしと成長速度だよな。
機体が最新のもので扱いやすいのかもしれんが。
327 : ななしのよっしん :2018/04/10(火) 19:57:24 ID: q7i6RebPZS
>>325
だからもそう言ってんだろ?
>>322の「下にされて」って言い方がハナについたので
いやそれはシャクティが状況的に当たり前のことをしただけだろと言っているのだが、伝わらんのか??
ついでにシャクティ女なんて一言も言ってないし。
言いも悪いもない、それまでの過程を踏まえたら、そうするのが普通の事だって何度も言ってるんだが。

>「そうですね」と下にされて本当に消えろと言われている
そうですねとあえて返した意図についてはまぁ理解できるんだけど、"下"という言葉が余計だったねという話だよ。
その単があるだけで、さもシャクティが手を差し伸べなかった、みたいにも捉えられる訳であって、だからシャクティがゲスっぽい言い回しだけど…という話だよ。
あんたと感じ方が違うならそれはそれでいいよ。もう
328 : ななしのよっしん :2018/04/10(火) 20:09:12 ID: q7i6RebPZS
カテジナさんあれ以上掘り下げるってピンと来ないなぁ

前も言ったけど、カテジナは自意識はあるけどまだ17歳という、思っ盛りな年齢なわけで(カミーユもそうだけど)大人のように自分の信念について割り切って通し切れるほどの自立性は持ち合わせていないから、自己矛盾したり「大人子供を使い分けてる」段階の人物なんだよな。
だからカミオン爺さんにキレてみせる反面、ファラのように自分でどうこうはせず、あくまでクロノクルに全てを委ねてる人だから。
そういう意味ではカテジナをもっと魅せるならクロノクルありきな訳で、彼の掘り下げをもっとして欲しかったな。ただ優しいから弱い、というだけじゃなく器量がいみたいな場面が見たかった。なぜかマリアに嫌われてるのもあまり描写されてなかったような気もするし
329 : ななしのよっしん :2018/04/10(火) 20:26:45 ID: q7i6RebPZS
正直、カテジナさんって設定年齢より一回りくらい年上に見えるんだよな。

理由として、北氏とべて逢坂氏の描くキャラが年齢差から来る顔の描き分けが少ないというのもあるだろうけど、
渡辺久美子は「カテジナさんとしてはハマリ役だけど、17歳の子としてはミスキャストだったのかな?」と今にしてみれば思う
カテジナさんといえば論あのだと思うんだけど、
50話の「全身全霊をかけて…」の台詞はとてもじゃないが成人前の女性とは思えないw成長過程の女子の演技として、あえてそうしたのかもしれないけどね。
あと富野節のせいで駄に大人びて聞こえるというのもある

ただ、もし水谷優子とかが演じてたら、終盤の迫は薄くなるけどカテジナさん少女らしさはもう少し印に残ったかも、と個人的には思う
330 : ななしのよっしん :2018/05/23(水) 07:58:47 ID: tIEQ6pwcHf
カテ公監督自身が何も考えてないつまんない女って断言してるしな
急上昇ワード
ニコニコニューストピックス
  JASRAC許諾番号: 9013388001Y45123
  NexTone許諾番号: ID000001829