単語記事: カニ光線

編集

もしかして蟹光線 - セブンフォートレス

カニ光線とは、鋼鉄の咆哮シリーズに登場する兵器である。

概要

鋼鉄の咆哮に登場するレーザー兵器ゲーム後半に登場することが多い。その見たはどう見てもカニの置物レーザー照射機には見えない。

名前の元ネタ小林多喜二の「工船」であろう。

鋼鉄の咆哮 ウォーシップコマンダー

初代から登場。このときの名前はカニ光線ではなく「かに」であり、敵を挟み込むのではなく2本のレーザーが二手に別れ一度交差し直進するという、αレーザーに近い性であった。

鋼鉄の咆哮2以降

本作から名前が「かに」から「カニ光線」へと変わり、カニバサミのように標地点の左右にレーザーが射出され、幅が狭まっていき最後はぴったり閉じるようになった。また強化の「新カニ光線」も登場した。
PC版PS2版で性微妙に違う。

  • PC版
    多段HIT扱いで敵に命中しても消えず、射程もそこそこ長いので雑航空機の掃討に強い。
    しかし電磁防に命中すると途中で消えてしまうという欠点がある。
  • PS2
    電磁防に命中しても問答用で最後まで閉じるようになっている。そのため電磁防を搭載していてもかなりのダメージとなる。ただし射程距離はかなり短め。

装備している敵

名前はアレだが性は高いので一部の敵も搭載している、プレイヤーの物と違いカニの形はしていない。

余談

なぜこんな兵器が登場したのかというと、鋼鉄の咆哮製作監督であるマイクロキャビンの「石川慎二」氏がカニ好きだったためである。ねこビームも「ネコ好きだから」である。全に本人の趣味である。(ハンドブックより)

関連静画

関連項目


【スポンサーリンク】

携帯版URL:
http://dic.nicomoba.jp/k/a/%E3%82%AB%E3%83%8B%E5%85%89%E7%B7%9A
ページ番号: 4419111 リビジョン番号: 2332466
読み:カニコウセン
初版作成日: 10/07/20 09:40 ◆ 最終更新日: 16/03/03 21:01
編集内容についての説明/コメント: 内容が薄すぎたため追記。作ってしまった以上消せないので。
記事編集 / 編集履歴を閲覧

この記事の掲示板に最近描かれたお絵カキコ

お絵カキコがありません

この記事の掲示板に最近投稿されたピコカキコ

ピコカキコがありません

カニ光線について語るスレ

1 : ななしのよっしん :2011/04/25(月) 23:39:32 ID: WOF3nojGuK
こんな項があったのな。
カニに限らずレーザー系は優秀な対兵器だ。
航空戦艦などでGシュトラールあたりに接近戦を挑むと、搭載機がバタバタと落とされることになる、気をつけよう。
2 : ななしのよっしん :2011/05/06(金) 00:26:09 ID: k8cDe8sbBh
やっつけェ・・・
3 : ななしのよっしん :2013/02/18(月) 19:08:22 ID: zjvblDsDHO
市場検索しても立鋳銭学園高校放送部が出てこない件
4 : ななしのよっしん :2015/06/08(月) 13:54:21 ID: Buf7vvHEc/
工船は関係ないのねw
5 : ななしのよっしん :2016/02/29(月) 20:28:57 ID: CeXi4K/x7X
(「もんむす・くえすと!」のネタかと思ったなんて言えない)
  JASRAC許諾番号: 9011622001Y31015