単語記事: カミーユ・ビダン

編集

カミーユ・ビダンとは、アニメ「機動戦士Ζガンダム」「機動戦士ガンダムΖΖ」の登場人物である。声:飛田展男。

概要

おえかきこ

機動戦士Ζガンダムの主人公。ニュータイプ。主な搭乗機はガンダムMk-II、Ζガンダム。

フランクリン・ビダン、ヒルダ・ビダンの息子。父母とも地球連邦の技術仕官である。家庭環境にはあまり恵まれず、自分の名前が女らしいというコンプレックスもあり、空手やアマチュアモビルスーツ操縦などに打ち込んでいた。(ただし、『カミーユ』と言う名はどちらかと言えば「男性が多いものの女性にも割といる」名であり、日本でいうところの『あきらさん』、『ひかるさん』的なポジションの名前である。むしろガトーの『アナベル』の方がよっぽど・・・)

エゥーゴのガンダムMk-II奪取に協力し、そのままパイロットしてエゥーゴに参加する。

名前のことをけなしたエリート軍人に殴りかかったり、取調べをした憲兵をモビルスーツで脅して嘲ったりと、子供っぽい凶暴さというか頭に血の上りやすい人物として描かれる。その上両親を目の前で殺され、ますますいじけてしまいそうなところでウォンさん登場。カミーユは修正を受けて改心する。

エゥーゴのアーガマに拾われた後はガンダムMk-IIのパイロットとして参加。ブライト・ノア曰く「アムロ・レイの再来」とまで言わしめるずば抜けたパイロット適性を発揮するほか、Ζガンダムの基礎設計図面を引くなどメカニックとしての素養もあったようだ。
また、人間としてもクワトロ・バジーナや、アムロ・レイ、フォウ・ムラサメなどの人々と出会い成長していく。しかし激しくなる戦場での業や悲しみを一人で背負い込んでしまい、TVシリーズの最終話で精神崩壊してしまうという衝撃的なラストを迎えた。

TVシリーズの続編である機動戦士ガンダムΖΖでは、精神を病んだ姿で登場。歩くことや言葉を発することもできないほど衰弱してしまい、戦闘には参加できない状態だったが、ニュータイプとしてジュドーたちを導く。ファの介添えもあってか、最終話では立ち直り、元気に二人で駆け回る姿を見せた。

劇場版では性格がTVシリーズに比べてかなり丸くなり、シーブックバナージに近い実直な青年になっている(劇場版で彼が怒る場面のほとんどは、敵方の非道な行いに憤る正義感によるものが多い)。最も大きく変わったのはシロッコを倒した後の結末で、精神崩壊することもなく、常にそばで見守ってきたファの元へ無事に帰還した。

パイロット・NTとしての評価

宇宙世紀史上、最高のニュータイプ能力を持っているとされている。実際、いくらニュータイプだからって、Zが人の思いを形にするマシンだからって、バリアを張ってビームを弾いたり、ビーム・サーベルを巨大化させたのは宇宙世紀広しといえどこの人とジュドー・アーシタくらいである。ただし、後にサイコフレームの共振がどうたらで二つに割れた小惑星の片割れを押し返した伊達じゃない先輩はいるが。
監督の富野由悠季は気まぐれなツンデレであるため、カミーユやその他のニュータイプたちの評価が変わってしまうかもしれないので注意が必要である。
しかし富野監督は「ニュータイプとして究極的進化を遂げたカミーユに比べればアムロやシャアはオールドタイプとして死んでいくしかない」とも発言している。

MS設計などにも才能があったようで、作中で「Mk-IIのフレームにディアスの装甲をつけているんですよ」と図面を引くようなシーンがあった。また、機動戦士ガンダムMS大図鑑では「Zの設計には添えられていた1枚のフロッピーディスクが~」という設定も見える。こうした彼の意見はΖガンダムの開発に取り入れられたらしい。(ただし劇場版ではカットされている)

カミーユと女性たち

カミーユ・ビダンという人間を語る上で外せないのは、その女性遍歴である。恋愛の関係になったといえる相手はファ・ユイリィとフォウ・ムラサメの2人であるが、作中に登場したほとんどの女性たちと何らかの関係を持っている。

  • ファ・ユイリィ・・・幼馴染。はじめはカミーユに対する思いを素直に表せなかったが、カミーユは最後に彼女を選ぶ。
  • エマ・シーン・・・憧れのお姉さんその1。エマはカミーユを弟のように可愛がっている。
  • レコア・ロンド・・・憧れのお姉さんその2。レコアの方はシャアに気があったためかそれほど可愛がりはしなかった。
  • ベルトーチカ・イルマ・・・やんちゃな人。アムロに惚れすぎたせいで、最初はカミーユには冷たく当たっていた。
  • フォウ・ムラサメ・・・運命。お互いに思いを寄せあうが、悲劇的な結末を迎えてしまう。
  • サラ・ザビアロフ・・・敵のパイロット。NTとしてカツよりもカミーユと通じ合う描写の方が多い。
  • ロザミィ(ロザミア・バタム)・・・ヤンデレ系年上妹。カミーユは戸惑ってはいたが、妹として慈愛を注ごうとしていた。
  • ハマーン・カーン・・・敵のパイロット。NT同士の感応を果たすが、ハマーンはズカズカ心に入ってくるカミーユを拒絶する。求めてる相手が元々違う彼女が、カミーユを拒絶するのは仕方無いが。

グリプス戦役は、カミーユとシロッコという宇宙世紀を代表する2人のプレイボーイが、どちらがより多くの女性の心を掴めるのかという頂点を決める戦いだったといえる。最終的に死んでいった女性は、ほぼ全員カミーユの優しさを選んだ。やったね!シャア?あんなのただのヘタレです。偉い人には(ry(でもテレビ版では最後にシロッコにリセット攻撃くらって痛い目にあった。このリセット攻撃は一部のスパロボ作品でも再現されている)。

ニコニコ動画では

アニメのカミーユ登場シーンを使った動画のほか、ゲームでのカミーユの動画が投稿されている。また飛田展男の代表作であることから飛田展男が演じる他のキャラクターの動画にカミーユタグが付けられることがあるほか、声を吹き替えたMADも多い。

関連動画

関連商品

関連項目

  • 機動戦士Zガンダム
  • 飛田展男
  • Zガンダム
  • フランクリン・ビダン
  • 出てこなければやられなかったのに!
  • カミーユ精神崩壊シリーズ
  • カミーユが最初から精神崩壊していたら
  • ガンダムシリーズの登場人物一覧
  • スイカバー

【スポンサーリンク】

携帯版URL:
http://dic.nicomoba.jp/k/a/%E3%82%AB%E3%83%9F%E3%83%BC%E3%83%A6%E3%83%BB%E3%83%93%E3%83%80%E3%83%B3
ページ番号: 392480 リビジョン番号: 2318315
読み:カミーユビダン
初版作成日: 08/07/25 01:24 ◆ 最終更新日: 16/01/29 10:28
編集内容についての説明/コメント: 関連項目に台詞追加
記事編集 / 編集履歴を閲覧

この記事の掲示板に最近描かれたお絵カキコ


ティターンズコート

どこ見てるの!

この記事の掲示板に最近投稿されたピコカキコ

ピコカキコがありません

カミーユ・ビダンについて語るスレ

387 : ななしのよっしん :2016/10/27(木) 20:39:00 ID: +lGaeNnoPg
優しさ繊細さが自分を苦しめるばかりなのが悲しい
388 : ななしのよっしん :2016/11/10(木) 19:28:52 ID: Wz75G6OMx2
新劇のカミーユは最後まで無事だったけど、
「本当に排除しなきゃいけないのは、地球の大きさを理解できないあなたたちだ!」というセリフは、
後のシャアも暗に批判してるんだよね(逆シャアが既にあるから後付けだけど)
だから新劇だとカミーユは、ロンド・ベルに入ってシャアと対決してる可能性も充分ありそう

あと、ファとの肉体的な繋がりがカミーユを精神崩壊させずに済んだと富野は言ってるけど、
つまり新劇だと物語開始前、もしくは本編の途中でファとそういう関係まで進んでるということなのかな。
ラストで抱き合うシーンなんか、モロそのままだし。
389 : ななしのよっしん :2016/11/21(月) 23:20:31 ID: +89z2Ba5OI
カミーユの精神崩壊って、まさにうつ病をこさえた人の末路だよな。
アニメだからバカになっただけだけど、現実なら首吊ってる場面。

元々マイペースで直情的に育っていて、更に両親が目の前で殺されたのを見てしまった子供の精神状態って普通じゃないよ。
だから顔見知り程度でも死んだらオーバーってくらいショックを受けちゃう。アポリーが死んだときとか、殺そうとしていたハマーンの精神を除いたら一転ためらう所とか。「自分の目の前の人が全部ララァに見えるアムロ」っていうか。

で、ロザミィを殺めて「出来ることといったら人殺しくらい」とか言い出した頃にはもう内心窒息しそうな状態。そして自分と同じように大切な人(居場所)を全て失ったジェリドの「貴様は俺の…」という、まるで自分の末路のような怨念を感じて恐怖し、絶叫する。

精神崩壊したテレビ版で、身近にいたファが終盤心配していたことにも気付かず、むしろ死者に囚われてしまうところなんか、うつ病の精神以外の何物でもないと思った。
390 : ななしのよっしん :2016/11/21(月) 23:45:21 ID: +89z2Ba5OI
ていうかカミーユってほんと優しすぎる。
ジェリドが「カミーユを殺す」ことをモチベーションに生きていたのに対して、カミーユはアポリーやフォウを殺したジェリドにさえ復讐心を持つどころか、生身で会ったことが何回かあるからか、表面上はトゲトゲしながら「消えろ!」までしか言わないし

「俺は貴様ほど人を殺しちゃいない」
「俺は人殺しじゃない!」

って、無意識のうちにジェリドすら殺したら人殺しになるような事を言っている。ファには悟ったフリして人殺し宣言をしていたのに。
ジェリドを撃墜する時も、皮肉にもそういう自らの意思に反して、ニュータイプであるがゆえに条件反射的に相手の射撃を交わして正確な射撃をしてしまい、自分が人殺しであることを認識する。

シロッコのアレよりもこのシーンがやっぱダメージでかかったと思う。
391 : ななしのよっしん :2016/11/22(火) 00:29:07 ID: YtaP9ux9f0
んなこと言うなら序盤に陰口叩かれただけで殴りかからなきゃここまで凄惨な殺し合いにならかったんじゃ
392 : ななしのよっしん :2016/11/22(火) 00:42:35 ID: lwcuwZR3k3
ただの陰口ならともかく人の気にしてる名前に触れること言うから
ジェリドに知る由もないけどさ
393 : ななしのよっしん :2016/11/22(火) 07:12:14 ID: IPqj/rhlrX
カミーユ見てるとやっぱウッソって異常だわ
394 : ななしのよっしん :2016/11/22(火) 14:26:16 ID: +89z2Ba5OI
>>393
ウッソは母親は死んだけど、マーベットが度々相談役になって母親の役割をしていたし、そもそもカサレリアに帰る、というのは既定路線だったでしょ。
1stのアムロの帰る場所が脱出ランチであり、ジュドーはリィナとルーであり、シーブックはセシリーだった。

カミーユは人に相談する前に抱え込んでいるし、レコア、フォウ、ロザミィと立て続けにすれ違ってしまったり、不憫だと思う。
395 : ななしのよっしん :2016/11/22(火) 19:59:33 ID: +lGaeNnoPg
カミーユが殊更酷い目にあってるのは事実だけどウッソが異常なのも事実だろう
396 : ななしのよっしん :2017/02/05(日) 03:07:01 ID: k4ONURalmA
>>388
あそこで地球の重力に魂を~が地球の大きさを~に変わったことがカミーユの成長だったよね
肉体的な繋がり、体感もTV版の時よりファに対して積極的というかいきなりキスを求めている等があるので充分に有り得ると思う
だけど同時に精神を崩壊させてしまうほどの負荷が減らされているのも大きかったはず
修正してくる大人が減り子ども達に優しくなっていたり、ショックな場面でフォローする大人が増えていた
カミーユが抱え込む前に支えてくれる人達、抱え込む段階まで進まない環境があったからファとの繋がりが強くなれたんじゃないかと
単純に理由が分からず殴ってくるウォンさんとかいるアーガマのままだったら、イチャイチャしようとは思わないだろうし
監督がカミーユは受け止め方を半歩ずらせるようにしたとも言ってたしね
  JASRAC許諾番号: 9011622001Y31015