単語記事: カリスト

編集
Callisto(Jupiter IV
発見日 1610年1月7日
発見者 ガリレオ・ガリレイ
転半径 1,882,700km(均)
直径
との較)
4,820.6km
(1.39
質量
との較)
1.076×1023kg
(1.46)
均密度
との較)
1.851g/cm³
(0.55
自転周期 16日16 時間32.2分(16.69日)
転周期 16日16 時間32.2分(16.69日)
離心率 0.007
傾斜 0.281
表面温度 120K
表面重力
との較)
1.24m/s²
(0.76)

カリストCallisto)とは、木星の第4衛星である。

概要

1610年1月7日に「ガリレオ・ガリレイ」によってイオエウロパガニメデと共に発見された衛星である。
惑星にも同名の体が存在するが、そっちのりは『Kallisto』で、命名者はオーストリア天文学者ヨーハン・パリサ。

ギリシア神話に登場するカッリストー(Καλλιστώ Kallistṓ)。アルカディアリュカオーンで、アルテミスの従者を務めるニンフである。ゼウスとの間にアルカス(アルカディア)をもうけたが、ヘーラーを恐れたゼウスによりクマに変えられ、更に久々の再会を果たした息子に射殺されるという気の女性。→ おおぐま座こぐま座

カリストイオエウロパガニメデと共にガリレオ衛星と呼ばれる衛星の一つである。
ガリレオ衛星は約6等級の明るさがある明るい衛星であるため双眼鏡や小望遠でも見ることが出来る。

カリスト木星の内側から8番の軌を回っており、ガリレオ衛星の中ではいちばん外側を回っている。
大きさは惑星である水星に次ぐ大きさを持ち、太陽系衛星の中でもガニメデタイタンに次ぐ3番である。

表面全体はエウロパガニメデの様に氷に覆われている。
しかし内部は他のガリレオ衛星と異なり核が形成しておらず、氷と岩が混ざった未分化の状態である。
その理由は木星から遠く内部の熱を保つための潮が弱いため、イオエウロパの様に分化することができず内部が固まってしまったたからである。
同じく木星から遠いガニメデが分化できたのは、小体の衝突が頻発する『後期重爆撃期』という時期にガニメデに衝突した小体の数がカリストの2倍ほどもありで、衝突する速度カリストに衝突した小体よりもかったためにガニメデ内部の熱が長く残ったからだと思われる。

関連動画

関連コミュニティ

関連項目


【スポンサーリンク】

携帯版URL:
http://dic.nicomoba.jp/k/a/%E3%82%AB%E3%83%AA%E3%82%B9%E3%83%88
ページ番号: 5280502 リビジョン番号: 2228869
読み:カリスト
初版作成日: 14/10/26 21:12 ◆ 最終更新日: 15/07/07 00:41
編集内容についての説明/コメント: ギリシア神話増補
記事編集 / 編集履歴を閲覧
このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事の掲示板に最近描かれたお絵カキコ

お絵カキコがありません

この記事の掲示板に最近投稿されたピコカキコ

ピコカキコがありません

カリストについて語るスレ

1 : ななしのよっしん :2015/11/08(日) 01:12:01 ID: Gpc4a8RTni
ルチャ!ルチャ!ルチャ!ルチャ!
2 : ななしのよっしん :2016/12/03(土) 17:00:14 ID: LDazaARP9b
惑星連合軍を率いる本拠地
3 : ななしのよっしん :2017/03/25(土) 17:48:10 ID: LDazaARP9b
>>2
第2次外惑星動乱だとタイタン軍に占領されてるんですけど、大丈夫なんですかね…
4 : ななしのよっしん :2017/05/13(土) 20:06:25 ID: ujqA9UbwVQ
火山があるイオ、生命存在説が濃厚なエウロパ、とにかくでかいガニメデのせいでいまいちインパクトが小さい衛星な気がする
写真見ると一番きれいだと思うんだけど
ニコニコニューストピックス
  JASRAC許諾番号: 9013388001Y45123
  NexTone許諾番号: ID000001829