単語記事: カルマ

編集
曖昧さ回避 カルマ (Karman)とは、

カルマKarman、業、造作)とは、インド宗教の用である。サンスクリットでのもともとの意味は「行為そのもの」のことである。

概要

元は古代インド哲学の用で、行為はなんらかの報いを生じるという考え方である。仏教、ヒンドゥー教、ジャイナ教などにそれぞれのカルマの思想がある。日本には仏教として輸入された。よくある誤解に「果報をもたらす秘的な」といった解釈があるが、そのような類のものでは決してない。

因果思想と組み合わさった結果「良いこと(良い業)を行えば良いことがおきる」とされたり、輪廻思想と組み合わさった結果「前世の行い(前世の業)が今の人生に影を与えている」といった論理展開に用いられることとなった。これらの思想において、業は善悪に応じた果報をもたらし、転生によって失われることもないのである。たとえば善業を積んだら来世は善人に、悪業を積んだら悪人になるというような考え方である。

仏教では、身業、口業、意業の三業に分けたり、共業、不共業の二業に分けたりいろいろな区別がある。

また、仏教においては思考も行為の一つとして考えられるため、「思考行為そのもの」をす用として思業という用が存在する。

欧米への「輸入」

19世紀にオカルトブームが欧にて起きたのに伴い、多くのオカルト研究者が「秘の秘儀」をチベット仏教系密教にめた結果、カルマの概念も欧へと輸入された。一部の欧産のゲームにパラメータ名としてカルマが出現するのはこの影だろう。ただし、原義から少し離れ、「行為の結果」や「果報をもたらす秘的な」、「ある種の徳」といったな解釈をされていることが多いようである。恐らくオカルトブームの時点で原義が正しく伝わらなかった結果なのだろう。

関連項目


【スポンサーリンク】

携帯版URL:
http://dic.nicomoba.jp/k/a/%E3%82%AB%E3%83%AB%E3%83%9E
ページ番号: 736217 リビジョン番号: 2396134
読み:カルマ
初版作成日: 08/11/23 21:32 ◆ 最終更新日: 16/08/19 17:22
編集内容についての説明/コメント: 暗殺教室のカルマを追加。
記事編集 / 編集履歴を閲覧

この記事の掲示板に最近描かれたお絵カキコ

お絵カキコがありません

この記事の掲示板に最近投稿されたピコカキコ

ピコカキコがありません

カルマについて語るスレ

64 : ななしのよっしん :2015/01/01(木) 14:27:49 ID: UvoX+lZ5Nt
>>63
…とでも思っていたのか?
65 : ななしのよっしん :2015/02/18(水) 03:02:43 ID: LC47J6jMrz
カルマ調整なんだから、変な勘違いしないでよね!
66 : 削除しました :削除しました ID: +qdsnUvyFc
削除しました
67 : 削除しました :削除しました ID: ZvnB0EZ/uM
削除しました
68 : 削除しました :削除しました ID: v5hPSeFjpz
削除しました
69 : 削除しました :削除しました ID: p/hqmITtSB
削除しました
70 : ななしのよっしん :2015/11/23(月) 14:23:04 ID: n3BXkcBjbG
カルマ救い難し
71 : ななしのよっしん :2016/02/01(月) 07:07:27 ID: sE0ulCqJ15
ああ逃れられない
72 : ななしのよっしん :2016/07/23(土) 15:54:24 ID: ryGNFHZO9J
カルマが低下しました!
73 : ななしのよっしん :2016/11/28(月) 20:21:36 ID: Cd04vlGsTN
(掲示板カルマが溜まってきたな…)
先生、智夫っても良いですか?
  JASRAC許諾番号: 9011622001Y31015