単語記事: ガブリアス

編集

ガブリアスとは、ポケットモンスターに登場するNo.445のポケモンである。
初登場はダイヤモンド・パール。

基礎データ
名前 ガブリアス タイプ ドラゴン じめん
英語名 Garchomp 高さ 1.9m
分類 マッハ 重さ 95.0kg
全国図鑑 #445 特性 すながくれ
ジョウト #―
ホウエン #― 隠れ特性 さめはだ
シンオウ #111 メガ特性 すなのちから
イッシュ #― ループ 怪獣 / ドラゴン
カロス #008(マウンテン) 孵化歩数 10240歩
アローラ #240(アローラ)
#112(ウラウラ)
性別比率 ♂:50.0%
♀:50.0%
世代 第四世代 努力値 攻撃+3
進化 フカマル → ガバイト(Lv.24)ガブリアス(Lv.48)
←ガバイト | ゴンベ→
No.445
ガブリアスBW
ガブリアス
マッハポケモン
たかさ  1.9m
おもさ  95.0kg

ドラゴンタイプ
じめんタイプ
からだを おりたたみ つばさを
のばすと まるで ジェットき。
おんそくで とぶことが できる。
種族値 合計600
H
P





108 130 95 80 85 102
種族値(メガシンカ時) 合計700
H
P





108 170 115 120 95 92

図鑑説明

ポケットモンスターダイヤモンド
からだを おりたたみ つばさを のばすと まるで ジェットき。 おんそくで とぶことが できる。
ポケットモンスターパール
ジェットせんとうきに まけない スピードで そらを とぶ。ねらった えものは にがさない。
ポケットモンスタープラチナ
ポケットモンスターブラック・ホワイト
こうそくで かけぬけると つばさは くうきの やいばを うみだし まわりのきは せつだん されている。
ポケットモンスターハートゴールド・ソウルシルバー
からだを おおう きめの こまかい ウロコが くうきていこうを へらすため こうそくで とべるのだ。
ポケットモンスターサン
通常
ジェットき なみの こうそくで とぶ。 とりポケモンの むれに つっこむと そのまま むれごと まるのみ。
メガガブリアス
かじょうな エネルギーで りょうてと はねが とけてしまい きょだいな カマじょうの かたちに へんかした。
ポケットモンスタームーン
通常
あたまに ついた 2つの とっきは センサーの やくめ。 はるか さきの えものの ようすも わかる。
メガガブリアス
じまんの はねが かまに なって いかりくるっている。 かまを ふるって だいちを みじんに きりきざむ。

概要

  • シンオウのチャンピオン、シロナの切り札。フカマルの最終進化形態である。
  • 分類はマッハポケモンだがマッハという割にはあまり速くない。種族値だけ見てみるとストライク、ブニャット、ゲンガー達よりも遅かったりする。ちなみにマッハ2で飛べるといわれているピジョットも遅かったりする(素早さ種族値101)。
  • 氷技が4倍なのが痛すぎるが長所がそれを補うほど強く、タイプ不一致の氷の攻撃なら耐えることも。ほぼ無策でもホイホイポケモンを狩れるのでバトルタワー(対CPU)用にオススメの一匹である。オメガルビーでは「ガブリアスを使ったらバトルハウスで勝てるようになった」と話すNPCまでいる。
  • レーティングバトルのシングルバトルでは使用率1位を長らくキープしている。ガブリアスがとても強くて使いやすいポケモンということがわかる。いうまでもなく対策は必須であり、無対策だとガブリアス1匹にやられてしまうことも。
  • 初登場の第4世代からトップメタだったが、第5世代であるBWでもその勢いは止まることを知らなかった。むしろタスキ貫通技「ダブルチョップ」や夢特性「さめはだ」のせいで更に戦術の幅が広がってしまっている。
  • 第6世代では、ドラゴン技無効のフェアリータイプが登場。流石に止まるかと思われた。が、実際は……
    • フェアリータイプは素早さの高いポケモンが少なく、ガブリアス相手に先手が取れず、また耐久もそこまででもないため安易に受け出しができない。
    • ドラゴン技を無効にされようともタイプ一致の「じしん」、対策技の「アイアンヘッド」「どくづき」「ほのおのキバ」「ストーンエッジ」など、ガブの方がいくらでも対応できる状態。
    …と、相変わらずのレーティング高使用率大爆進である。もう何なんだこいつ。
  • 第7世代(サン・ムーン)ではカプ系やアローラキュウコンなど強いフェアリータイプが増加。またテッカグヤやマッシブーンなどガブを受け止められるポケモンも増加した。さらに「さめはだ」も瀕死時の接触は敗北判定など弱体化を食らう。その上メガシンカが1ターン目から素早さ適用で、ボーマンダなど上から殴られるケースも増え、流石に止まるかと思われた。が、実際は……
    • Z技の追加で、ロックされる恐怖に怯えることなく初手から強力なドラゴン技をぶっ放せる恩恵をうける。豊富なサブウエポンとそのZ技により、結局上から、あるいは攻撃を耐えてフェアリーや鋼も吹っ飛ばせる。さらにカプ系やテッカグヤたちも組むことで弱点を補完しあえる相方である。などにより、相変わらず使用率は最上級クラスである
    • それによりカプ系にあやかり、「レー島の守護神、ガブ・リアス」などと言われる始末。第6世代の筆頭、“ガルガブゲン”のうち、ガルーラとゲンガーは露骨な弱体化を食らったが、ガブリアスの時代はまだまだ終わりそうにはない。
  • 対戦における強さ、バトルツリーなどの施設を勝ち抜くために誰もが1度はお世話になること、そして人気キャラクターのシロナの切り札といったことなどから人気も高く、ポケモン総選挙720では42位に入った。

ガブリアスはなぜ強い?

  • 一言で言うなら「攻撃面のスキの無さ」。
  • まずメインウエポン(タイプ一致主力技)の一つ、「げきりん」はタイプがドラゴンのため半減以下にできるのははがねタイプとフェアリータイプのみ。この技は威力120ながら使用後は数ターン技の変更が出来ないため通常ならはがねやフェアリーを出して凌ぐという受け方がある。しかしガブリアスの場合迂闊にはがねやフェアリータイプを出そうものなら二つ目のメインウエポンの「じしん」(はがねタイプの弱点)や、「ほのおのキバ」が飛んできたり、じしんを半減以下に抑えるフェアリータイプに対しても、「どくづき」や「ストーンエッジ」、「アイアンヘッド」で弱点を突くことができる。では数値受けしたらどうかというと、「つるぎのまい」があるため、耐久があっても火力のないポケモンでは、受けだしても単なる起点になりかねない。
  • このようにげきりんが効かない敵にはじしん、じしんが効かない敵にはげきりん、げきりんもじしんも効かない敵にはサブウェポン。そして隙あらばつるぎのまい。この痒い所に手が届いている技構成がガブリアスの最大の強み・特徴といえる。第7世代ではZ技により、サブウエポンの火力も上昇。一瞬で役割破壊してくことも。
  • しかも素の攻撃種族値も130あり、そのまま殴られてもかなり痛く素早さも激戦区の100を抜ける102。攻撃面がよくクローズアップされているが耐久力も高く、非伝説ドラゴンの中で最も耐久力が高い(いかくなどを含めない場合)。HP108・防御95・特防85と種族値だけ見れば耐久型も問題なくできるレベルである。ガブリアスの耐久面の凄さについては201ガブ、もしくは205ガブでググればわかってもらえるだろう。仮に耐久無振りでも、トゲキッスの一致マジカルシャインを乱数で耐えるほどの素の耐久力。万が一上を取られても、生半可な攻撃では返り討ちに切って取れる耐久と火力を併せ持つ。一番低い特攻も80あり、役割破壊のだいもんじを使うぶんには十分。600という恵まれた合計種族値を最も無駄なく配分したのがガブリアスと言っても過言ではない。
  • またタイプも優秀で『強い地面タイプ』というのが、ガブにとって変わるものがほぼいない。電気の一貫を切る地面タイプはPT構成に常に需要があり、多少逆風があっても使われ続ける理由がここにもある。
  • 5世代では特性「すながくれ」も地味に凶悪で永続砂のガブリアスはひかりのこなを持ち出すと命中100の技でも命中72(ふぶきよりちょっと高い程度)にまで落ちるので、身代わり連打から剣の舞へつないで全抜きする恐怖のガブがとても多かった。その後の天候弱体化で、この型は減った
  • 対策としてはやはり4倍弱点の氷技で攻めること。ただし後出しの場合は出た瞬間潰されるケースが多く、ガブがタスキやヤチェ、スカーフなどだと後出しでも潰される場合もあるので、読み合いが絡む。
  • またガブに強いフェアリー、鋼は攻撃の幅が狭いポケモンが多く、ガブには強くでれても結局他のポケモンに弱く潰される、というケースが多いため完全な対策になりえないのも1つの理由。
  • とにかく型が多く、奇襲のスカーフ型に物理受けも吹き飛ばす鉢巻型、後続支援のステロ型に、ストッパーのタスキ型、ラムやヤチェをもたせての剣舞型、はたまた毒々型や特殊型などあらゆる型が存在し、日々新しい型が開発されている。持ち物なしでも十分強いことがここに生きている。初見のガブリアスがどの型かを見ただけで判断するのはほぼ不可能で、その読みにくさもガブリアスの強さの一つであろう。
  • さらに上記の点に加え、電磁波も効かず、特性さめはだにより物理に最低限のダメージを与えるなど「機能停止に追い込むことの困難さ」や「出せば必ず何かしらの仕事をしていく」事もガブリアスが強い理由である。
  • なお、メインウェポンとして採用率の高いげきりんやじしんは自力で覚えられない。600族としては珍しく、自力習得技は少なく、技だけ見れば同タイプのフライゴンのほうが優秀に見えてしまうほどである。逆に言えばガブリアスはわざマシンやおしえ技への適応度が高く、タマゴ技も使い勝手の良いものが揃っているために無類の強さを発揮出来るのである。
  • このようにシングルでは鬼のような強さを発揮しているガブリアスであるが、ダブルなどだとげきりんは攻撃対象を選ぶことが不可能でじしんは味方にも当たり威力も低下している…とメインウエポンが両方弱体化しているのでそこまで脅威ではない。カブリアスDP単体で見れば【シングルに比べて】というレベルと言えなくもないが、同ルールでは同じ地面で「いかく」をもつ霊獣ランドロスの影に埋もれている感は否めず、ドラゴンとしてもメガボーマンダに押されぎみ。また強力なフェアリー技を放つニンフィアの採用率の高さも向かい風。
  • ただし、第7世代ではZ技によりじしんやげきりんを一発限りだが単体撃ち分けできるようになったため、再びあなどれない存在となっている。

メガシンカ

  • そんなガブリアスだが、XYでは何とメガシンカを獲得。 何考えてるんだゲーフリ。メガシンカなので合計種族値+100…つまり合計種族値は700である。怖えぇ…。
  • 攻撃種族値は脅威の170、他の能力も全体的に向上を見せているものの、唯一素早さだけは下がってしまう
     マッハポケモン(笑)
     と言ってもそれでも素早さの種族値は92と、格段に落ちたわけではない。
    • だが激戦区である100を下回ってしまうのは相当痛く、おまけに特性抜きならいのちのたま等を持った通常ガブのほうがメガ枠を使わない上に火力が高いこともあり使用率は高くない。さらに特性も何とも使いづらいものになっているため、メガガブリアスの使用率は低い。
  • そのうえ、第6世代までと異なり、サン・ムーンからはメガシンカした1ターン目から素早さ92での行動となってしまい、メガガブはさらなる逆風に晒されることになった。とはいえ元々空気がさらに空気になっただけで、ガブ自体の使用率に影響はほとんどない。

関連動画

関連商品

関連項目


【スポンサーリンク】

携帯版URL:
http://dic.nicomoba.jp/k/a/%E3%82%AC%E3%83%96%E3%83%AA%E3%82%A2%E3%82%B9
ページ番号: 1851928 リビジョン番号: 2454917
読み:ガブリアス
初版作成日: 09/03/09 19:59 ◆ 最終更新日: 17/02/01 19:54
編集内容についての説明/コメント: 総選挙などを加筆
記事編集 / 編集履歴を閲覧

この記事の掲示板に最近描かれたお絵カキコ


ガブリアス

げきりん

この記事の掲示板に最近投稿されたピコカキコ

ピコカキコがありません

ガブリアスについて語るスレ

3860 : ななしのよっしん :2017/02/11(土) 16:19:18 ID: D0NsQIBBAz
流石に初代ケンタロスはキチガイだったから…
硬いし強いし気軽に吹雪振り回すし凍ったらクソ性能の分身で起点にしてくる自演コンボまであるという
3861 : ななしのよっしん :2017/02/11(土) 17:41:36 ID: oTuBWvvhN2
メガガブ主軸構築で1900まで行ったが2000は無理そうですな…
バトン先としてこれほど優秀なポケモンはそういないんだが
3862 : ななしのよっしん :2017/02/13(月) 03:16:17 ID: WC+C2tV6P1
関連項目に永沢君をどうぞ
3863 : ななしのよっしん :2017/02/15(水) 08:53:10 ID: AXVRypMJ1m
最近、某潜水艦の被り物になりましたね
3864 : ななしのよっしん :2017/02/15(水) 23:11:58 ID: 7hVSnCUviY
ちょっと思ったのだが、ガブの強化については「必要性」と「可能性」に分けて考えるべきではないのだろうか。この二つを混同するべきではないと思う。

必要性で言えば、もちろん強化など必要ない。現時点でトップメタなのだから、言うまでもない話。

ただ、可能性は大いにあるだろう。上でも言われている通り、ダイパリメイクが来るだろうから。キャラ人気もあるシロナの切り札ガブリアスにスポットが当たるであろうことは想像に難くない。
バランス的には大問題だが、ゲーフリはその辺テキトーだしな。

まあ、俺としては強化はいらんけど弱体化も別に…って感じ。感覚がマヒしてるのかもしれんが、ぶっ壊ればっか見てきたせいでガブ程度なら有情にしか思えない。強いけど、対策は容易な部類じゃないか。理不尽さが無いんだよね。
5世代の粉ガブはそりゃあ理不尽で最悪だったけど、6世代で消えたしね。

無理にガブを弱体化させて、他のポケモンが巻き添えを食う方が嫌だわ
3865 : ななしのよっしん :2017/02/19(日) 13:50:54 ID: wFZhxNzpP4
今だと全てのルールで採用率高いな
一番低いスペシャルでさえ6位って凄い
3866 : ななしのよっしん :2017/02/21(火) 05:52:54 ID: S/1a2MyT9A
圧倒的な強さと汎用性
まさにガブ善治
3867 : ななしのよっしん :2017/02/21(火) 10:42:59 ID: X6iWb41gP5
ガブリアスのすごいところは特性に依存しない完成されたタイプと種族値でしょ
弱体食らった連中は特性で相性をカバーしたり火力を上げていたからこそ弱体で見る影もなくなったわけだが、ガブリアスはさめはだじゃなくても普通に一線張れる
なにより驚異的なのは相性最悪の相手に対して反撃の手段が豊富ってことよ
タイプで負けても種族値で押し返し種族値で劣ってもタイプでカバーする
3868 : ななしのよっしん :2017/02/22(水) 09:22:05 ID: MiwDwcCKdw
物理アタッカーとして完成されているがゆえに物理受けの前からは引くしかない
その辺りが好感持てる
3869 : ななしのよっしん :2017/02/23(木) 22:48:20 ID: /gyQh9EWHn
第六世代でフェアリータイプ登場して第七世代で一気にフェアリー増えてさめはだ弱体化したのにいまだに一級線で活躍してるのが凄い
  JASRAC許諾番号: 9011622001Y31015