単語記事: ガンダム

編集
ガンダム この記事では人型兵器としてのガンダムに付いて解説しています。
同人型兵器が登場するアニメ作品に付いては機動戦士ガンダム」を
アニメから続く作品系列に付いては「ガンダムシリーズ一覧をそれぞれ参照のこと。

ガンダム(RX-78-2 Gundam)とは、アニメ『機動戦士ガンダム』に登場する架空のモビルスーツ(MS:Mobile Suit)と呼ばれる人型機動兵器(人型ロボット兵器)である。

RX-78-2 ガンダム

RX-78 ガンダム

アニメ「機動戦士ガンダム」に登場する地球連邦軍の試作モビルスーツである。デザインは大河原邦男。
RX-78の2号機。型番の-2はバージョン情報である。

作中では連邦軍の起死回生作戦であるV作戦の名のもとにガンタンク・ガンキャノン・ホワイトベース(ペガサス級強襲揚陸艦)と共に建造される。開発主任は主人公であるアムロ・レイの父、テム・レイ。

敵であるジオン公国のサイド7偵察時の部下の無断襲撃に起因する出来事により、偶然アムロ・レイが乗り、以降ホワイトベースを母艦に活躍する(余談だが、この時の部下の無断行動がなければ、アムロがガンダムに乗ることもなく宇宙世紀の歴史は変わっていたかもしれない)。

また、RX-78シリーズは宇宙世紀の世界では、初めてビーム兵器(ビームライフル・ビームサーベル)を手持ち武器として与えられた革命的なモビルスーツである(シャア曰く、ビームライフルの威力は戦艦の主砲並の威力らしい)。

その他にもコクピットが戦闘機(コア・ファイター)に変形する「コア・ブロック・システム」を搭載する、大気圏突入能力を有するなど、あくまで試作機という意味合いが強い部分もある。

装甲材としては「ルナ・チタニウム」を用いて制作されたルナ・チタニウム合が使用されており、(装甲材の設定はいろいろあるらしい)MS-06ザクⅡのザクマシンガン程度の威力なら、全くのダメージを受けない。

この2号機のデータを元にRGM-79「ジム」が製造された。ただジムはあくまで戦時省略型であり、RX-78タイプからスペックを大きく落としている。が、生産性の高さからジム系列として地位を確立し、派生機種も多い。

ジム系MSとガンダムの関係はいわゆる「ハイローミックス運用」のそれで、大量生産に向かないガンダムの代わりにジムが大戦の主力量産機として活躍した。ハイとローにおいては、基本はガンダムがハイ、ジムはローを担保するのだが、一年戦争末期の一部ジム系MSは既にRX-78-2に匹敵する能力を持っていた。
もっとも「ガンダムタイプ」は当該時代の革新的な技術を持っている例が多く、時代が進むにつれてジム系では追い付けない程の差が付いてしまうのも事実。

なお『MSV』『M-MSV』ではガンダムの完全量産型「RX-81 ジーライン」が設定されている。ジーラインはFSWS計画の設計を反映しており、RX-78シリーズのスペックの維持は勿論、基本フレームに多様なオプションを装着可能な拡張性の高さが特徴。ガンダム7号機並のマルチロール性を持つ万能機となっている。
つまりRX-78の「量産型」は、大きく分けて簡易型のGM系列と正統型のジーラインの2通り存在する事になる。

母艦であるホワイトベース、そしてパイロットのアムロ・レイと共に各地を転戦し、ジオンの名だたるエースパイロット達や、最新兵器を撃破し続け、伝説的な機体として認知されるようになった。ジオン側からは連邦の白い悪魔と呼ばれた……と言うのが有名だが、これは後年のゲーム作品において「ソロモンの悪夢」の異名を持つアナベル・ガトーが、アムロの乗るガンダムを評した言葉で、原作では登場していない呼び名である。

最終的には宇宙要塞ア・バオア・クーでの決戦時、ジオングと相打ちになる形で大破(参照:ラストシューティング)。
アムロはコア・ファイターで脱出し、脱出の際に強制排除した上半身Aパーツと下半身Cパーツはア・バオア・クー内部に放棄された。

派生機

RX-78シリーズ

作中のガンダムはRX-78の2号機であり、色はトリコロールカラーで塗装されている[白・黄色・青・赤]。他にサイド7で開発されていた機体には、1号機と3号機がある。(1号機はサイド7襲撃時に破損・放置され[色は黒・白・赤]、3号機はマグネットコーティング試作機として、G-3ガンダムと呼ばれる。[色はグレー・紫])

ちなみに型番の数字(-2)は先述した通りバージョン情報である。2号機も当初はRX-78-1仕様であった。この辺はプロトタイプガンダムやG-3ガンダムの記事を参照して貰いたい。

また上記の1~3号機以外にも、RX-78セカンドロットに分類される機体が存在する。

  • ガンダム1号機
    最初に作られた仕様策定のための機体。後にRX-78-2仕様に更新される。
  • ガンダム3号機
    小説版の3号機をMSVに組み込んだNT対応機の雛型。2号機の前にMC処理が施された。
  • ガンダム4号
    青の宇宙専用機。最終仕様の火力はRX-78シリーズでも随一と言える程だが…。
  • ガンダム5号機
    赤の宇宙専用機。4号機とセットの制圧仕様。
  • ガンダム6号機
    砲撃戦・熱核ホバー仕様。旧ザクに負けたガンダム。
  • ガンダム7号機
    当初からFSWS計画に属し、一年戦争後にロールアウトしたフルアーマーガンダム3号機。
  • ガンダム8号機
    要編集)2016年4月現在、詳細不明の機体。

準ホワイトベース級強襲揚陸艦サラブレッドに搭載された宇宙専用機として改修を受けたガンダム4号機(G04)とガンダム5号機(G05)。通称「マドロック」と呼ばれる砲撃戦仕様のガンダム6号機。FSWS計画を織り込み一年戦争後にロールアウトした重設計オプション込みのガンダム7号機。未だ詳細不明のガンダム8号機など。

元々は小説版で2号機という設定が付加されたものから始まった。その後、現在のガンダムの源流を創った『ガンダムセンチュリー』において、ガンダムの試作機設定を含めた宇宙世紀全体の設定が発展し、公式のMSVがそれを取り入れた形となる。
MSVでガンダムの1号機であるRX-78-1「プロトタイプガンダム」の設定を公式が取り入れ、旧キット1/144「プロトタイプガンダム」のインストラクションで公式にガンダムは8号機まで存在していた、という設定になった。

『MSV』として設定が存在していた4~7号機に1990年、SDクラブ誌の『M-MSV(大河原邦男コレクション)』で設定とデザインが追加された。後にカトキハジメによって大河原デザインをリニューアルした機体がゲームに登場した。

RX-78タイプが少なくとも8機製造されたという事はガンダムセンチュリーから続く設定だが、8号機に関しては別バージョンに刷新されたのかは不明で、『M-MSV』でも触れられなかった(8機設定は現在も続いている)。

他のバリエーション

  • RX-78-02 ガンダム2号機(ORIGIN版)
    漫画『機動戦士ガンダム THE ORIGIN』に登場するif機。ガンキャノンやガンタンクのif設定の影響を諸に受けているため、開発経緯から色々と違う。従来のガンダムの兵装に加え左肩部ショルダーマグナム、右肩部ガトリングを装備している。これとは別にショルダーキャノン付きのバックパックも用意されていた。
    オリジン版のコア・ブロック・システムはコア・ポッドという脱出用小型飛行機に置き換えられている(オリジンにもコア・ファイターは存在するがコアの役割を持たないただの戦闘機となっている)。
  • RX-78T ガンダム(ティターンズ仕様)
    制圧型SLG『ギレンの野望』に登場するティターンズ仕様のRX-78で、G-TITANSやT-ガンダムとも呼称される。一年戦争時にティターンズが発足したという「if設定」が基となっており、RX-78をティターンズのフラッグシップ機にする為に開発された。ある意味、ガンダムMk-ⅡやガンダムTR-6[ウーンドウォート]泣かせのMS。
    初代ギレンの野望はシステム上高性能機の生産が限定されているため、本機に限れば何機でも生産が可能という唯一無二の利点があったのだが、ゲームが世代を重ねると微妙な性能になってしまった。
  • RX-78/C.A キャスバル専用ガンダム
    『ギレンの野望』に登場。シャア・アズナブルがキャスバル・レム・ダイクンとしてネオ・ジオンを率い、ニュータイプの理想を掲げて決起するというifで生まれたガンダム。シャア専用機として赤く塗られている。装備は変わらないが推力が大きく向上している。

「ガンダム」の名前の由来

企画段階では「フリーダムファイターガンボーイ」というタイトルだった。

後に短縮され「フリーダムガンボーイ」となったが、

この「ガンボーイ」の部分が当時人気を博したアメリカ映画『コンボイ』に影響し「ガンボイ」に、

さらにチャールズ・ブロンソンがTV-CMで流行語にした「う~ん、マムダム」から「フリーダム」のダムとかけて「ガンダム」という名前が生み出された。

出典:2002年発行講談社刊『ガンダム者―ガンダムを創った男たち』

他作品でのガンダム

アニメ「機動戦士ガンダム」は大ヒットし続編がたくさん作られた。
その続編に登場する主役機である巨大ロボットも「ガンダム」または「ガンダムタイプ」と呼ばれている。

その多くの「ガンダム」「ガンダムタイプ」は本稿のRX-78を元にデザインされているため頭部にアンテナ・口に二つの切れ目・赤いアゴの部品など共通点が多く見られるものが多い。

以降の宇宙世紀シリーズでは一年戦争の英雄にあやかり、多くのガンダムタイプが建造された。その多くが連邦軍の象徴という意味も兼ねていた。

以下、アナザーガンダム(宇宙世紀を舞台としないガンダム作品)における「ガンダム」の解説

機動武闘伝Gガンダム
主なガンダム:シャイニングガンダム、ゴッドガンダム、デビルガンダム
世界各国が建造したモビルファイター「ガンダム」同士によるロボット格闘大会「ガンダムファイト」が開催されている。参加者は皆ガンダムに乗り込み「ガンダム・ザ・ガンダム」の称号をめざし激闘を繰り広げる。

新機動戦記ガンダムW
主なガンダム:ウイングガンダムゼロ、ウイングガンダム、ウイングガンダムゼロ(EW)
この世界のガンダムは「ガンダニュウム合」を使用していることから「ガンダム」と呼ばれている。コロニー技術者が中心となって作り上げた5機のガンダムは「オペレーション・メテオ」に投入される。

機動新世紀ガンダムX
主なガンダム:ガンダムX、ガンダムヴァサーゴ、ガンダムダブルエックス
15年前の第七次宇宙戦争、地球連邦軍が切り札として開発した決戦兵器を「ガンダム」と呼ぶ。ガンダムには同型の無人機を遠隔操作するニュータイプ用端末「フラッシュシステム」が搭載されており、ニュータイプによる管制で多数のMSが敵を撃破する様はまさに決戦兵器と言える。戦後も新地球連邦軍が数機のガンダムを建造している。

∀ガンダム
主なガンダム:∀ガンダム
この世界のムーンレィスにとっては「迫害者」という位置づけとなっている。∀を「ガンダム」とはじめて呼んだのはガンダムに関する記憶と執着心を持つコレン・ナンダー。

機動戦士ガンダムSEEDシリーズ
主なガンダム:ストライクガンダム、フリーダムガンダム、デスティニーガンダム
該当するのは地球連合軍が劣勢を挽回するべき開発した「フェイズシフト装甲」を持つXナンバー(G兵器)、ザフトが奪取したXナンバーを参考に核エンジンを搭載したファーストシリーズ、ファーストシリーズに続くセカンドシリーズ等である。この世界では「ガンダム」という呼称を使うのは一部の人間のみで、キラ・ヤマトはストライクのOSの頭文字(General Unilateral Neuro-Link Dispersive Autonomic Maneuver Synthesis System)を取り「ガンダム」と呼んでいた。また、いわゆるガンダムタイプはXナンバー以外もOSの頭文字が「GUNDAM」となっている。

機動戦士ガンダム00シリーズ
主なガンダム:0ガンダム、ガンダムエクシア、ダブルオークアンタ
私設武装組織ソレスタルビーイングが開発した太陽炉「GNドライヴ」搭載MSを「ガンダム」と呼ぶ。ガンダムは高性能で、単機での紛争行為への武力介入を可能にしていた。後にアレハンドロ・コーナーによってGNドライヴの技術が体制側にも伝わり、疑似太陽炉「GNドライヴT」を搭載した量産型MS、GN-Xシリーズが登場する。これらもガンダムタイプに分類される。
また、主人公刹那・F・セイエイはかつて「ガンダム」に命を救われており、ガンダムを神聖視している。いわゆる「俺がガンダムだ」だが、ガンダムを超えるため、ダブルオーライザーからは「ガンダム」の名を外している。

機動戦士ガンダムAGE
主なガンダム:ガンダムAGE-1、ガンダムレギルス、ガンダムAGE-FX
この世界における「ガンダム」は過去の大戦を終結に導いた伝説の救世主の呼び名である。ガンダムを建造したモビルスーツ鍛冶アスノ家の末裔フリット・アスノは執事から救世主の話を聞かされ、憧れを抱いていた。そしてフリットは謎の敵から世界を守るため、地球連邦軍と共に高性能MSを建造する。このMSは「救世主ガンダム」にあやかり、ガンダムAGE-1と命名された。

機動戦士ガンダム 鉄血のオルフェンズ
主なガンダム:ガンダム・バルバトス、ガンダム・グシオン、ガンダム・キマリス
「エイハブ・リアクター」と呼ばれる動力炉を2基搭載させた「ガンダム・フレーム」と呼ばれる骨格を採用したMSがこの世界では該当する。そのため、ガンダム・フレームさえ搭載していればこれまでのイメージとかけ離れていてもこの世界ではガンダムである。72機が300年前の「厄祭戦」時に建造され、戦いが終わって300年以上経ってもなお現存し、26機が確認されているという。
グレイズなどの最新鋭の機体から見て「骨董品」扱いされるが、空間認識力を増大させる「阿頼耶識システム」の存在もあり、一個師団と対等またはそれ以上に渡り合える性能を未だ持っている。しかし、当の阿頼耶識システムが人道的に問題のある技術であるため、実際に阿頼耶識システムを公に使用しづらい環境である。また、整備スタッフが昔の機体のノウハウを持っていない、そもそも昔の機体のため、装甲が劣化していることもあり、機体性能がガタ落ちすることがある。

 

またインターネットにおいては海外青年が半裸でGUNDAMと書かれたダンボールを着ている謎の画像が出まわっており一部ではこれを「ダンボールガンダム」「箱ガンダム」などと呼んでいる。

その他

放送当時の玩具

放送当時、かつてサンライズのメインスポンサーであったクローバー社(1983年に倒産)から合玩具として、「ガンダム合体セット」という商品が発売されていた。しかし、その姿は現在から見ればまさに「異形」とされるモノだった。

  1. 顔が違う
    特徴的なスリット部分はなく、白い部分がWの形になっている。メインカメラ(トサカのところ)は存在せず、インテークのようなモールドになっている。そしてツノは黄色い。
  2. 武器が違う
    ビームライフルは「ラッシュ・ライフル」という名前で、しかもデザインはガンキャノンのものである。また、「ソードジャベリン」という武器には槍とオノを装着できた。ビームサーベルは左側一本のみで右側にはハイパーバズーカ固定用のジョイントがあった。
    そしてこの頃お約束の武装である「G(ガンダム)・パンチ」(ロケットパンチ)を装備していた。
  3. 白くない
    子供向け玩具としては仕方ないのだが、白いモビルスーツというより銀のモビルスーツといったほうがふさわしいんじゃないかというくらいメッキでギンギラギンである。

などなど、さまざまな点で劇中イメージと大きく異なる玩具であった。
とはいえ、当時の玩具事情的に仕方ない面も多々ある。この時代のロボット玩具はメーカー側がデザインやギミックを変更することが多く(戦闘車両に変形するゴーショーグン基地に変形するブライガーなんてのもあったのだ)、またアニメ放送開始に合わせる必要があるため、玩具デザインなどは準備稿や専用の画稿が用いられることも多かった。
しかし、前年のダイターン3やその前のザンボット3が比較的劇中に似ていたのに対しこちらはぶっちゃけ似てない。
他にもさまざまなサイズで商品展開がされたがそのほとんどが作中とはかけ離れた姿であった。
こういった事もあって玩具が売れず、結果アニメが打ち切り決定したのはよく知られている話である。
ただし、終盤に発売されたGファイターとのセット商品「DX合体セット」が良く売れたため、メーカーが延長を打診したのもまた有名な話。

なお後年、漫画家トニーたけざきがこの仕様のガンダムを漫画に登場させている。

お絵カキコ

ガンダム

関連商品

関連項目

  • 機動戦士ガンダム
  • モビルスーツ
  • アムロ・レイ
  • RGM-79
  • RX-81 ジーライン
  • コア・ファイター
  • ラストシューティング
  • 白い悪魔
  • ガンダムシリーズのMS・MAの一覧
  • ガンダムゲーム
  • ガンダム良MAD
  • 俺がガンダムだ
  • 機動兵器 / 人型機動兵器 / 人型ロボット兵器
  • ガンダムシリーズ一覧
  • お台場ガンダム
  • 田植えガンダム

RX-78 ガンダム(ファーストロット・セカンドロット機)


【スポンサーリンク】

携帯版URL:
http://dic.nicomoba.jp/k/a/%E3%82%AC%E3%83%B3%E3%83%80%E3%83%A0
ページ番号: 259065 リビジョン番号: 2424208
読み:ガンダム
初版作成日: 08/06/19 22:44 ◆ 最終更新日: 16/11/02 22:29
編集内容についての説明/コメント: 「RX-78シリーズ」を「派生機」に変更、派生機枠に小見出しを設置
記事編集 / 編集履歴を閲覧

この記事の掲示板に最近描かれたお絵カキコ


ガンダム

ザクⅡ

うろおぼえ

この記事の掲示板に最近投稿されたピコカキコ

ピコカキコがありません

ガンダムについて語るスレ

972 : ななしのよっしん :2016/12/20(火) 12:40:05 ID: Y0GG11li7s
正確な数のデータは見つからなかったけど陸ガンもある程度の数が揃ってるはず
973 : ななしのよっしん :2017/01/12(木) 23:11:38 ID: 4E0E1n5cwM
種類が多いのと数が多いのの差
と言うか数だけでいいならVガンダムが結構な数いるはず
974 : ななしのよっしん :2017/01/19(木) 10:09:03 ID: n+IEy7+0XM
陸戦型ガンダムの戦線に投入された数は確か合計24機
3機1小隊編成だと考えるとシローたち08MS小隊の他に
陸戦型ガンダムを3機1編成で運用してた小隊があと7小隊はいるはず
(最大で8小隊×3機=24機)

でもコジマ大隊所属の07MS小隊は陸戦型ジムを3機運用していた
(08小隊が貰えたガンダムを貰えなかったせいで僻んでる)

なので0×MS小隊のコジマ大隊ナンバー小隊だけがガンダムを回されたわけじゃなくて、
他の方面軍や基地配属の特殊部隊とかにも優先的に回されたんだろう
975 : ななしのよっしん :2017/01/24(火) 16:43:06 ID: jOGiSl0Ghx
そもそもガンダムと言う名前のMSの出ない作品でただの連邦とジオンの戦いのものでもガンダムと言うひらきなおりがたまにあるのが
976 : ななしのよっしん :2017/01/26(木) 01:37:39 ID: 97+N8S6vFi
Gガンはあれで各国の粋を集めた超高級機で、ザクやGMみたいな量産機じゃないから…
と思ったけど1国1機(しかも4年ごとや候補機もある)だと同時代に数百機は常に稼働してるんだよな
Vはもちろん種あたりよりも多そうだ

>>975
ひらきなおりでもなんでもないわ
世界(宇宙世紀なんて最たるもの)にもこだわっているというのがガンダムの売り
世界設定上その時代とかには出ない方が自然なら、「出さない」ことで「ガンダム」を名乗れるのが本来

むしろ売るためには宇宙世紀の設定を片っ端からねじ曲げて無理矢理ガンダムを出していい、というある時期からの態度こそがひらきなおり
977 : ななしのよっしん :2017/01/27(金) 03:51:40 ID: 5JP/5An3A2
ガンダムって奇跡的にパイロットが優秀だったから大活躍だったけど
あの規模の強襲揚陸艦一隻で3機しか運用できないって運用コスト悪すぎだよな
978 : ななしのよっしん :2017/01/27(金) 04:05:50 ID: n/NlT1zVc2
>>976
ネーデルガンダムやマーメイドガンダムは量産されてるぞ
多分むっちゃ多い

>>977
いやMS自体3機しか無かった(+Gファイターだのガンペリーだの)だけで積もうと思えばもっと積めたはず
979 : ななしのよっしん :2017/02/04(土) 11:42:49 ID: f2XawgOOVB
>>976
だってガンダムじゃないにしろ、アムロ達がトンデモなく活躍したからって
関係ない地球の占領地が解放されるわけじゃないから…

結局、それっぽいMSがある程度頑張りましたよくらいのラインにまで退く方が
戦力的不合を解消できるかなーと
(逆にそこでガンダムタイプもどきが活躍しないとガンダム要らない子になっちゃうしね?)
980 : ななしのよっしん :2017/02/05(日) 00:02:26 ID: 97+N8S6vFi
>>979
08小隊当初、陸ジムにまして陸ガンの設定が出た時は
批判はそれはもう物凄いものだった
例えばオデッサの時点ではMSはV作戦機しかなく作戦は通常兵器で進行したとかは
本編はもちろん、それまでのMSVだとかの無理矢理な展開含めても守られていたから
それすらもぶっ壊されるとは誰も予想していなかった

しかも「ガンダムタイプのガンプラが売れるから量産型ガンダムを出すことにした」
と制作側が明言したことも火に油を注ぐことになった
近い時期、監督らが夜道を歩けなかったGガンのフルボッコの方が生易しかったくらいといえば批判の激しさがわかるだろうか

時代が流れて、>>975の「ガンダムが登場しない宇宙世紀ものはおかしい」とかいう感想は、
(省略しています。全て読むにはこのリンクをクリック!)
981 : ななしのよっしん :2017/02/22(水) 20:12:07 ID: diTGdBb4qG
実際あそこでアムロが乗らなかったらどうなってたんだろう?
  JASRAC許諾番号: 9011622001Y31015