単語記事: キツネ

編集

キツネきつね)とは、ネコイヌ科の動物である。

概要

哺乳綱ネコイヌ科。橙色の毛をしていることが特徴。食性は食に近い雑食

昔からペットとして飼う人もそれなりに存在するが、他のイヌ科の生物べ群れて行動する習慣がないのでなつきにくい。ロシアではキツネをもっと人間になつくようにする研究もすすめられている。

エキノコックス

日本キツネは寄生であるエキノコックスの宿としても有名であるが、駆によって容易に治療・予防ができるため、施設や室内飼いであれば必ずしも感染している訳ではない。むしろエキノコックスはイヌネコなどでも野ネズミ捕食すれば感染する事があるため、野生動物に限らず放し飼いのペットにも注意が必要である。

文化

狐

キツネは洋の東西問わず人を化かす頭が良い動物というイメージがある。日本でも古くから生息し日本人の文化と関わってきた生き物である。

童話・民話にもよく登場する。人を化かしたり格化(稲荷)されたりする。欧ではイソップのせいか狡賢い動物の代名詞とされるようだ。

また、が細い人間をキツネにたとえて「キツネ」と呼んだりもする。鳴きは「コーン」「コンコン」などと例えられているがみたいに「きゅーん」と鳴く事もある。

キツネを由来としたことわざなども多く存在する(例:キツネ入り、キツネにつままれたよう)

昔話などに登場するキツネ

日本の昔話などでは、よくタヌキと同様いろいろな姿に変身・化けたりする事ができる存在として登場する。しばしばタヌキライバルとして扱われることもある。

日本古来から、油揚げが大好物という設定を何故か付けられている。油揚げを乗せたうどんを「キツネうどん」と呼ぶのはこれに由来する。

ちなみに「油揚げが好き」という設定の由来は、かつて、害獣を狩る事やその尾を稲穂に見立てて豊獣として祭ろうと考え、農作物を巣の前に置いて何を好むかを確かめた際に、かが冗談で置いた稲荷寿司だけ食べた跡があった事からなど諸説あるが明確ではない。また昔話では「ねずみてんぷら」が大好物になっているものもある。 そこから仏教の教えの中で殺生と生臭は禁止だから「油揚げ」に代用されていったとする説も有名。

キツネに関係する事柄

ニコニコ動画関連の人物

作品

キャラクター

狐耳の記事も参照。

関連動画

関連商品

関連静画

関連項目


【スポンサーリンク】

携帯版URL:
http://dic.nicomoba.jp/k/a/%E3%82%AD%E3%83%84%E3%83%8D
ページ番号: 634608 リビジョン番号: 2408416
読み:キツネ
初版作成日: 08/10/11 14:26 ◆ 最終更新日: 16/09/21 22:18
編集内容についての説明/コメント: 記事名変更([単]狐 -> [単]キツネ)
記事編集 / 編集履歴を閲覧

この記事の掲示板に最近描かれたお絵カキコ

お絵カキコがありません

この記事の掲示板に最近投稿されたピコカキコ

ピコカキコがありません

キツネについて語るスレ

101 : ななしのよっしん :2016/04/03(日) 18:52:45 ID: uVD0jE4ZRk
キツネ「ヒャッハ―!おいなりさんだー」
タヌキ「残念だったな。それは私のおいなりさんだ

の可
102 : ななしのよっしん :2016/04/26(火) 03:04:48 ID: sknzTEQgj+
キツネ動画ですぐエキノコックスがどうこう大騒ぎするやつは
なんで動画フィラリアがどうのこうの言わないの?
103 : ななしのよっしん :2016/04/27(水) 20:17:36 ID: /UDqW5ysV+
虎の威を借るってのが元はどういう状況下で生まれた諺なんだか。
キツネ狩りじていた狩人が追い詰めた所で虎がいて逃げ出した体験をあの故事に仕立てたとか?
104 : ななしのよっしん :2016/05/30(月) 02:46:22 ID: sknzTEQgj+
>>102だけどフィラリアよりむしろ狂犬病だな
動画キツネが出てくるとすぐにエキノコックスがどうこうと言い出すは今後動画では必ず狂犬病がどうこうと言え
105 : ななしのよっしん :2016/05/30(月) 13:23:55 ID: A+Efb0IuTi
知識をひけらかしたいだけの精年齢が子供な人だからでしょ
雑学とか豆知識ってここぞって場面で口にしないとただのグチグチ五月蝿い雑音なんだけどね
その辺のわきまえが出来ない人が○○警察なんて揶揄されてるわけだし
106 : ななしのよっしん :2016/06/07(火) 17:03:12 ID: pTyTvPTqqK
こゃーん
ふしぎなきつねがどんどんでてくる
107 : ななしのよっしん :2016/08/09(火) 22:30:07 ID: n2sKaDwvKY
心がざわついているときに「チベットナギツネ」及び「チベスナ」で画像検索かけると穏やかな気持ちになれる
108 : ななしのよっしん :2016/09/08(木) 03:19:49 ID: l1Dr4nsHfG
両手のを組んで作る「」(安房直子の絵本のやつではない)を通してものを見るとか、
につば付ける」とかすると、の術を見破る事ができるという昔の俗信がある。

こういう大昔の人がの類に化かされない為に実際に編み出したまじないの存在を知ると、
かつてはなどに本当に不思議ながあると人々から信じられていたんだなあ、ってしみじみ思う。
現代に生きる自分にとっては化け物も妖術も所詮フィクションなので、
地続きの世界にそういう不思議がある(と信じている)のは少し羨ましい気もする……
(まあ実際に化かされたら一大事なんだけどねw)
109 : ななしのよっしん :2016/09/22(木) 15:29:13 ID: rte01dN24R
記事名変更提案出されてたのか?
そして合意は得られたのか?
別に変更自体に異論はないけど、記事名変更は大きな編集なので、事前議論するべき。
110 : ななしのよっしん :2016/09/22(木) 16:50:25 ID: lwWu5Rz570
多くの動物記事と統一するための名でしたが、手順が性急でした。申し訳ありませんでした。
  JASRAC許諾番号: 9011622001Y31015