単語記事: キャンディ♥キャンディ

編集

キャンディ♥キャンディとは、『なかよし』にて、1975年4月号から1979年3月号にかけて連載された少女漫画である。

原作水木杏子
作画:いがらしゆみこ

同作品タイトル中央の区切り文字は正確にはハート(♥)が使われているが、一般的には「キャンディ・キャンディ」と中(・)になっていることが多い。→「キャンディ・キャンディ」で動画をタグ検索

この記事内でも以降は「キャンディ・キャンディ」と記述する。

概要

元々は講談社企画した作品で、原作は当時、専属契約していた水木といがらしが担当。漫画はもとより、テレビアニメ映画大人気となった。そして、同名の題歌もヒット、今でも歌い継がれるアニメソングの代表格としてきらめいている。意外にも(?)日本で初めて初版100万部が印刷されたのはこの作品だったりする。アジアでも高い人気を誇り、後に韓流ドラマブームの火付け役となった『ソナタ』に影を与えた。イタリアでは続編が独自に作られているがこちらは現地でなければおにかかれないので、イタリアを訪れたファンは続編を書店であさってみるのもいいかもしれない。フランスでもヒットしたが当初、このアニメ日本産ではなくフランス産だと思われていたというエピソードがある。ただし、米国ではあしながおじさんによりヒットを阻まれた。

あらすじ

舞台はアメリカ中西部およびイギリス(時代背景20世紀初頭)。ミシガンに近い孤児院「ポニー」で明るく元気に暮らす少女キャンディ5歳のある日、富の養女として引き取られた親友のアニーから文通が途絶えたことを悲しんでいた。そんな時、スコットランド民族衣装をまとった見知らぬ少年(後の丘の上の王子様)に慰められる。

12歳になったキャンディは、イライザの話し相手として富ラガンに引き取られる。こちらではイライザといじめられるが、そこでも丘の上の王子様らしき人物に心を救われる。そして、キャンディは周囲の出自への偏見に負けず人々の情を受けて成長していく・・・。

登場人物

ネタバレを避けるため、あえて最低限の人物名のみにとどめ、詳細は記載しないこととする。

本作に関わる事件

なぜかこの作品は妙な事件に巻き込まれている。本稿ではいくつか、概要のみを取り上げることとする。詳細は参考資料をリンクするので、そちらを参照。

キャンディ・キャンディ ニセTシャツ事件

最初に特筆すべき点は、日本では初となる商品化権侵における刑事事件である。キャンディイラスト断使用(しかもニセのまで用意)したTシャツを売りまくっていた業者が逮捕された事件。これは当時、手続きが面倒ゆえに断使用の抜けになりやすかったこと、当時の東映関係のアパレル商品は岩井という繊維卸売業者がほぼ独占していた為という背景があるためである。

発覚したのは岩井社員がスーパーで問題のTシャツを発見したことが始まり。当初はが貼ってあったので別会社のものだろうと考えていたが、東映に確認したら偽者と発覚。偽で本物販売かもしれないと思いつつも捜したら犯人を発見。だが、当時の大阪では著作権を軽視していた傾向にあり、加えて犯人を見当付けた当初は強い拠がなかったので、訴えることができなかった。が、末端まで生産者を把握していた東映情報網と岩井の調により発見した大量のニセにより犯人告訴された。当時、東映だけの告訴だけでは法律上、犯人を追い詰められなかったが、講談社水木、いがらしの要請により告訴へ踏み切ることに。結果、犯人には懲役2年、執行猶予3年の有罪判決が下される。これは著作権の方であり、私文書偽造は罪として成立しなかった。これはローマ字で書かれた文章が私文書偽造罪として認められないためであった。

キャンディ・キャンディ著作権裁判

そして、悪い意味で有名なのがこの事件。漫画界でも稀な泥沼裁判として知られている。当初、いがらし側の契約違反によるキャラクター断使用について争う裁判であったが、いがらし側が水木著作権そのものを不在としたため、本裁判は水木著作権の確認が争点となった。

連載当初は「講談社」の管理下で「水木杏子」「いがらしゆみこ」両者が著作者となっており、講談社との契約終了後は著作権管理も両者が行うことになった。このとき、二人はキャンディ・キャンディを使うときは二人の同意が必要ということにしよう」契約した。が、水木の知らないところでキャンディ・キャンディプリクラフレーム製作されていたり、香港キャンディ・キャンディ製作されていたとの知らせがに入る。これはどういうことかといがらしを問い詰めたところ、初めていがらしによる仕業であると発覚。いがらしは水木に承認をめるが、全容をつかめてない水木は「内容がわからないからお返事できません」と回答(これは否定ではなく、あくまで今は保留して全容を掴んでから返事させてくれという意味)。で、少し放っておいたらいがらしは一方的に「(あの時に交わした、キャンディ・キャンディを使うときは私と水木さん、両者の同意が必要だという)契約を解除する」と通告。しかも、水木断で複製原画を作成し始める。

その後、何度も話し合いを持ちかけたがいがらしはスルー。埒があかなくなった水木はやむを得ずフジサンケイアドワーク企画(複製原画製作)といがらしを訴えることに。が、いがらしは驚きのをした。その内容とは・・・

水木著作権はない」
「あれはすべて私一人で作ったもの」

共同でクレジットされているにもかかわらず、この発言である。なお、第一審の間もいがらしサイドはせっせとグッズを作っていた。裁判の結果は以下のとおりである。

裁判所 判決 備考
東京地裁 容認 いがらしサイド、控訴
東京高裁 控訴棄却 いがらしサイド、上告
最高裁 上告棄却 裁判上では決着。が、いがらしサイドは従わず

この事件の影で文庫本版は1999年1月を最後に絶版。アニメ東映二次使用権が失効となり、再放送とビデオDVD化などが不可能である。一応、アニメについては両者と新たに個別の契約を結び直せば、再放送・ソフト化は可である。が、いがらしが東映の商標権を侵してグッズを量産したことについての情報開示、および謝罪をしていない上に、いまだに判決を認めていないので実質的に不可能に近い。

しかも、いがらしは『甜甜Lady Lady』なる「オリジナル新作」のイベントを、日本アニメーション合同で開催。あまりに本作そっくりのキャラクターを使用した作品でまたもキャラクター事業を展開。本当に関係正常化が不可能に近い状態となる。他にもさまざまな事件が発生しているので、調べてみるのもいいだろう。

参考資料

主題歌について

作品と同じタイトルであるこの曲は幅広い年代が知るアニソンの一曲であり、堀江美都子の代表曲のひとつである。意外にも(?)中国でも人気のあるアニソンのひとつがこの曲である。また、本曲も基本的にはCMで使えないが、韓国では生命保険会社のコマーシャルソングとして使用されたというしい事例もある(これは作詞を担当した名木田恵子こと水木杏子らが経緯を説明している)。あの裁判のせいで実はライブなどで歌えないのではと思ってる方、それは大丈夫。実はこの曲が数少ない、キャンディ・キャンディに触れることができる曲であり、今でも演奏な曲である(もちろん、ちゃんと水木著作権所有者に承認を得ていれば、だが)。堀江美都子ファンでなくとも、この曲を知ってる人は多数いるのではないだろうか。

そんな楽曲にまつわるエピソードレコードディング当日、なぜか作曲者である渡辺岳夫がルンルンスキップでスタジオ入り。そして、入るなり渡辺

ミッチー今日はこれ100万枚売るよ」

と、いきなりこんな発言をしたのである。これが予言になるなんて、当時のスタッフは予想できなかったようである。
※そして、本当に100万枚突破するほどの大ヒット作になりました

関連動画

関連商品

関連コミュニティ

キャンディ・キャンディに関するニコニコミュニティを紹介してください。

関連項目


【スポンサーリンク】

携帯版URL:
http://dic.nicomoba.jp/k/a/%E3%82%AD%E3%83%A3%E3%83%B3%E3%83%87%E3%82%A3%E2%99%A5%E3%82%AD%E3%83%A3%E3%83%B3%E3%83%87%E3%82%A3
ページ番号: 4758636 リビジョン番号: 1484196
読み:キャンディキャンディ
初版作成日: 11/11/06 13:51 ◆ 最終更新日: 12/03/29 04:57
編集内容についての説明/コメント: 記事名変更にあわせて冒頭に解説追加、Wikipediaへのリンク挿入
記事編集 / 編集履歴を閲覧

この記事の掲示板に最近描かれたお絵カキコ

お絵カキコがありません

この記事の掲示板に最近投稿されたピコカキコ

ピコカキコがありません

キャンディ♥キャンディについて語るスレ

6 : ななしのよっしん :2013/08/10(土) 14:19:43 ID: 3f+d565+pD
もしかして:CANDY CANDY
7 : ななしのよっしん :2013/09/02(月) 12:08:54 ID: oGd2x1Md8s
普通に貸し漫画屋にあったんで(コミックス版)今年に入ってから読みはじめた。面い。(28男性)
8 : ななしのよっしん :2014/05/08(木) 12:31:29 ID: uFpEQi10+j
水木杏子は複数ペンネームを使用している
木田恵子名義の小説しか読んだことないけど、なかなかえげつなかったぜ…
きっとキャンディキャンディのいじシーンもえげつないんだろうな
昔の少女漫画だし
9 : ななしのよっしん :2014/06/05(木) 03:33:15 ID: 4wHn0zNJNK
旦那(パイカット)が物凄い浮気性で離婚したり元ジャニの息子女装ホモAVに出てるいがらしは
果たして幸せなんだろうか
10 : ななしのよっしん :2014/08/04(月) 01:28:47 ID: pgib9y2/Q1
知的財産法の講義でキャンディキャンディ著作権事件の判例の概要だけ見たときは
漫画の内容とか事件のいきさつをよく知らなかったから
原著作物にないキャラクターの図案にまで原著作者の権利を及ぼした点で
裁判所の判断がおかしいと思ってたけど(担当の教授批判寄りの学説だった)
この件に限っては漫画家側に問題があったのね
11 : 削除しました :削除しました ID: uMmAHdtjTu
削除しました
12 : ななしのよっしん :2015/08/20(木) 07:29:34 ID: YDDUHXBxDj
らしい背景と記事の中身のギャップよ
13 : ななしのよっしん :2016/01/13(水) 04:41:47 ID: pjhkLXJHDm
この作品が埋もれていくのは悲しいなあ・・・
いつか現代の女の子たちが読める世界にならんかな
14 : 削除しました :削除しました ID: IR8l35Yh/C
削除しました
15 : ななしのよっしん :2016/10/06(木) 22:18:20 ID: dufF2lT2SE
…あと30年は経たないと復刻は見込めないんだろうな…
ただその頃には最も需要があったであろうリアルタイム世代のファンも…
  JASRAC許諾番号: 9011622001Y31015