単語記事: キョウスケ・ナンブ

編集

キョウスケ・ナンブとは、『スーパーロボット大戦シリーズに登場するキャラクター、及び主人公の一人である。
漢字では『南部介』と書く。CVキャラクターボイス)は森川智之

概要

登場する作品は、スーパーロボット大戦COMPACT2(初登場)、IMPACTOG1、OG2、OG外伝。そして『Another Century's Episode R』では、マサキ・アンドーリュウセイ・ダテと共にゲスト出演している。
COMPACT2、IMPACTOG1では主人公であり、そうではないシリーズでもプレイヤー部隊の中核の一人となっている。

公式の乗機はアルトアイゼン、及びその改造機であるアルトアイゼン・リーゼ
専用BGMは『鋼の孤』(コウテツのベーオウルフ)。

ちなみに『無限のフロンティアシリーズでは、彼をモチーフにしたヒロイン(なんぶかぐや)」が登場している。

人物

一見すると無口想、無表情訥とした人物。
常に冷静でいて沈着、決して不用意に感情を表に出さず、時に冷血とも取れる軍人らしい態度を取っているが、しかし実際は「静かに燃える熱血公式設定)」であり、内には熱い感情を秘めている。

普段から乗機に似た色のジャケットインナー、ズボンという装をしており、ゲーム中でコックピットカットインが出るようになってからは同じ赤色パイロットスーツを身につけていることがわかった。
この赤色アルトアイゼンに乗る以前のゲシュペンストでもパーソナルカラーとして使用しており、このゲシュペンストは後にカチー中尉が使用することになる。

常に冷静に状況を観察して的確な意見を出し、時には敵の卑劣な行為に熱血・暴走しがちな仲間たちを諌めながらも、ライバルボス(特に非な相手)が登場するとしく吼えるその性格は、所属チームはもちろん部隊の中核として仲間たちからも厚い信頼を置かれている。

所属チームの1人で相棒でもあるエクセレン・ブロウニングとは人同士で、性格や操縦機体など何もかもが好対照。また普段はエクセレンに素っ気ない態度をとっているが、内ではとても大切に想っている。
加えて意外と情が深く感動屋で、基本的に足りない口数はエクセレンがフォローするのであまり口には出さないが仲間想い。敵に捕われ救出したエクセレンに深い情を示したり、ラミアを助けられなかった時は自責の念で潰れそうになった事もある。

作中でもその部分は普段が冷静なだけに強く描写されることが多く、OGシリーズなどでエクセレンが敵の手に落ちた際は、普段から怒りを口に出さず表面化することも滅多にキョウスケを本気で激怒精神コマンドとしては「気合×2、熱血、必中、ひらめき、加速」が発動)させ、周囲の人間を驚かせた。
ちなみにキョウスケが作中本気で怒気を露わにしたのは、エクセレンが関わるたったの2回だけである。(もちろん怒らない訳ではないが、基本静かに燃えるタイプなので表面に出ることは非常に稀)
余談だが、その際に敵の変身中のスキを狙って電石火の単騎特攻でステークを叩き込んだ挙句、その状況を冷静に分析して「追撃は危険」と判断、さらに追い縋ろうとしたリュウセイを制止する辺りがキョウスケに恐ろしいところである。

ギャンブル好きという一面があり、決め台詞の「分の悪い賭けは嫌いじゃない!」からも分かる通り、常に分の悪い方や大穴る勝負師であるため、エクセレンにいつも止められている。
ちなみに戦場では分が悪かろうが絶望的だろうが持ち前の技量と勝負勘、そして強運で常に結果を出している猛者だが、遊びとしてのギャンブルでは逆にいつも負け越しているらしい(タスクシングウジに負けまくっているようで、一時はアルトアイゼンを担保にしたりエクセレンに借までしている)。

また並外れた強運を持ち、宇宙シャトルの墜落事故から大怪を負いながらも生存したり(人のエクセレンを含め100単位の人数が死亡している中、彼は一生身で生還している)、空中分解墜落した試作可変機(ビルドラプター)からアバラを折りつつも"泳いで"生還したり、OGsではライバル機のソウルゲイン文字通り乗機ごと叩き潰されたのにかすり傷で済む(OG2では手術室送りになったが、たった2話で復帰)等、何が起ころうとも死なない男として最ネタの領域となっている。
その桁外れの強運は、同じくOGシリーズ内で並外れた強運・ラッキーキャラであるタスクアラド・バランガから「負けた!」と言われる程。

しかしながら、上から疎まれ事故死に見せかけて殺されかけたり、部隊指揮官に裏切られて後釜を押し付けられたりと上には恵まれず、おまけ自分に恨みがある人物(と言っても並行世界の自分にだが)に執拗に狙われたり、そして前述のシャトル事故など、決して「運がいい」という訳ではない模様。
確かに強運ではあるが、ラッキーというよりは「悪運が強い」と表現した方が正しいのかもしれない。

念動者ではないので念動が必要な機体は搭乗できないものの、パーソナルトルーパー以外の訓練は受けているため、グルンガストのような特機や一部のアーマードモジュールも問題なく操縦できる。

搭乗機体であるアルトアイゼンはその運用方法からパイロットに多大な負荷(急加速時のG等)をもたらすのだが、長いあいだ乗っていた結果体がそれに慣れてしまっているようで、戦闘シミュレーターのGの設定を最大にした状態ですら、シミュレーション後に「Gが軽すぎる」と発言している。

機体に関しても他のパイロットからは様々な斜め上の評価を受けている。詳しくはアルトアイゼンを参照。

能力

突撃・強襲からの格闘戦が得意。その技術は非常に高く、格闘戦では部隊最強と噂されるゼンガー・ゾンボルトと(倍近く小さいサイズの機体で)正面から互に戦える数少ない人物。
また本人く「射撃は苦手」とぼやいているが、恐らく自身の格闘異常なまでに射撃適性のあるエクセレン較してのことであり、あくまで均的な実は持ち合わせている。

機体テストでの格闘戦率の高さ、機体性ギリギリの運用をすること(通常の機体ではキョウスケの操作技術に追いつけず損耗してしまう)等からアルトアイゼンテストパイロットに抜され、COMPACT及びIMPACTでは獣戦機隊(ダンクーガの部隊)に配属、OGsではATXチームゼンガー・ゾンボルトチーム)に配属されゼンガー離脱後はATXチーム隊長となる。

アクセル・アルマーとの戦いで敗れた後はアルトアイゼンを設計したマリオン・ラドム博士に自らが考案した修案を提出した。その内容はなんと武器と機体をさらに大かつ強に、装甲をさらに厚く、スラスターで突進を更に向上させるというとんでもない内容であった。これを受けたマリオン・ラドム博士に半分呆れられながらも、博士本人の意向で修案をベースに更に修をアルトアイゼンに施した。その結果出来上がったのが現在の彼の乗機、アルトアイゼン・リーゼである。詳しくは該当記事を参照。

ゲーム的なを言えば、高い格闘と技量、エースボーナスでの格闘武器のダメージ補正、加えてエクセレンとの恋愛補正(ダメージに補正がかかる)+合体攻撃があり、高ダメージ叩き出す定番キャラの一人。
版権作品時代は援護技と武装の仕様の兼ね合いから「援護の」「ボスユニット斜め前が定位置」とも呼ばれた。

決め台詞・名言集

ベーオウルフ

OG2にて、シャドウミラー隊がいた「向こう側」の並行世界におけるキョウスケは、連邦軍特殊鎮圧部隊「ベーオウルブズ」の隊長で階級も中尉から大尉となっており、「ベーオウルフ」の異名で呼ばれている。「向こう側」では正式採用となったゲシュペンストMk-Ⅲに搭乗している。
GBA版では直接は登場せず、ラミアシャドウミラーの面々からその存在がられるのみであったが、上記の違いはあれど根本的な部分は「こちら側」のキョウスケ変わらないものと思われていた。

OGs版にてついに登場するのだが、その表情や性格は悪なものになり、キョウスケの名残を残しつつも破滅的で支離滅裂な言動、その中でも「静寂な世界」・「望まれぬ世界」・「な生命体」・「破壊、創造」といったの聞き覚えのあるキーワード元にある玉模様のペイント、乗機のゲシュペンストMk-Ⅲを再生・進化させるなど、「こちら側」のエクセレンの代わりにアインストに乗っ取られてしまったことは想像に難くない姿になっていた。これに伴い、ベーオウルブズにも「敵味方問わず破壊しつくす殺戮部隊」という設定が付け加えられた。無限のフロンティアの特典ドラマCDでのベーオウルフ台詞から、どうやら隊員もアインスト化している様である。
次元転移を行おうとするシャドウミラー隊を追い詰め、殿を務めたアクセル・アルマーテスラライヒ研究所で死闘を繰り広げる。最終的にアクセルの転移が成功しベーオウルフも転移装置の自爆に巻き込まれるのだが・・・。

なお、ファンからは「アインストのキョウスケ」ということでアインスケとよく呼ばれている。

ニコニコ動画でのキョウスケ

ニコニコ動画では「ガッカリウルフ」というあだ名で親しまれて(?)いる。由来はそのガッカリ具合と上記のベーオウルフの呼び名とを組み合わせた物である。詳しくは本人の記事より先に作成された当該記事へ。

なお、アニメジ・インスペクター」ではある事情(公式HPネタバレ参照)でアルトアイゼンに似た姿に改造されているゲシュペンストMk-タイプSで熱い哮と共に「究極!ゲシュペンストキック」を決め視聴者を喜ばせた。

やったぜウルフ

関連動画

関連商品

関連コミュニティ

関連項目


【スポンサーリンク】

携帯版URL:
http://dic.nicomoba.jp/k/a/%E3%82%AD%E3%83%A7%E3%82%A6%E3%82%B9%E3%82%B1%E3%83%BB%E3%83%8A%E3%83%B3%E3%83%96
ページ番号: 4516658 リビジョン番号: 2347868
読み:キョウスケナンブ
初版作成日: 10/12/03 00:34 ◆ 最終更新日: 16/04/09 16:41
編集内容についての説明/コメント: アルトについて追記
記事編集 / 編集履歴を閲覧

この記事の掲示板に最近描かれたお絵カキコ

お絵カキコがありません

この記事の掲示板に最近投稿されたピコカキコ

ピコカキコがありません

キョウスケ・ナンブについて語るスレ

97 : ななしのよっしん :2015/07/30(木) 12:27:36 ID: +cKYsqddHa
>>96
当時のスパロボオリキャラネーミングの傾向からして、
日本の警官用の拳銃ニューナンブでしょ
98 : ななしのよっしん :2015/10/30(金) 13:06:17 ID: DORXZl8gut
漫画版でグルンガストに乗るとは思わなんだな。
99 : ななしのよっしん :2016/05/19(木) 20:37:07 ID: p9XNbPZ3mX
キョウスケエクセレン(ブロウニング)、イングラム第2次OGガリルナガンは「ガリル」はイスラエル兵器メーカー、「ナガン」はベルギー兵器メーカーだっけ?(モシン・ナガン狙撃銃))が有名
100 : ななしのよっしん :2016/07/25(月) 00:12:04 ID: 0cPhCV2DZB
今作で時流エンジン再製造したことで、次回作で向こう側からアインスケを呼び込んでしまうとかないかな。
101 : ななしのよっしん :2016/07/25(月) 17:04:21 ID: 1uGyodtxML
>>99
ガリル銃器メーカー名じゃなくて、そのイスラエルのIWI社が製造してるアサルトライフルの名前
ついでに、「アストラ」もスペイン銃器メーカー
アーマラ銃器メーカーアーマライト」
クォヴレー・ゴードン銃器メーカー「コブレイ社」と、この会社が設計を買い取ったイングラムM10の設計者「ゴードンイングラム
102 : ななしのよっしん :2016/07/28(木) 22:03:11 ID: YZ+gtclasz
>>100
時流に限らずどいつもこいつも間とか弄りまくりなんで
ちょっとした拍子に出て来たりしそうでこわい
103 : ななしのよっしん :2016/07/29(金) 00:48:26 ID: riG5Dn2m+B
多分、α3におけるの宇宙怪獣ポジアインスケとその属になるんだろうなぁ。アレ宇宙怪獣並みにヤバイ連中だし。
104 : ななしのよっしん :2016/08/08(月) 18:57:36 ID: qRVC8BSeU9
ファントムさん(大)登場でナハトやアーベントも欲しいって意見は多いけど
個人的にはアインスケがMk-3、Mk-4軍団を連れてくるってのを見たいかなぁ
今のところMk-3一機しか確認されてないけど向こうの世界じゃ量産予定になってそうだし
105 : ななしのよっしん :2017/01/24(火) 15:25:33 ID: mr1as+WesG
>>101
その内ウエッソンとかデリンジャーとかいう名前のが出て来ないもんかな(こう言うと出て来ない)
106 : ななしのよっしん :2017/02/10(金) 22:33:23 ID: VaBh6/6WEQ
そろそろリーゼも設定的に息切れしてくると思うのでここは一つ新機体でもどうだろうか
貫艦と撃艦爆殻のみで戦うダイスケとか
  JASRAC許諾番号: 9011622001Y31015