単語記事: クトゥルフ神話

編集

この記事は、失踪した記事作成者を調査する中で当局によって発見された手記の写しである。
このたび、記事作成者の行方を調査するに当たり、有力な情報を得るため、当局が公開に踏み切った。
手記を見る限り、記事作成者は精神が錯乱しているものと思われるため、この記述を全て信用してはならない。

概要

H・P・ラヴクラフト(1890-1937)
H.P.ラヴクラフト
(1890-1937)

クトゥルフ神話(Cthulhu Mythos)とは、米国の怪奇・幻想小説家ハワード・フィリップス・ラヴクラフト(Howard Phillips Lovecraft)の小説群を元にした、架空の神話体系である。
・・・はずである。創作物なので、現実には存在しないはずだ。いや、何でもない。

「遥か太古に外宇宙の彼方より飛来し、この地球に君臨していた旧支配者と呼ばれるおぞましき存在が現代に蘇る」というモチーフを主体としている。大概の作品の主人公は僅かばかりの好奇心や興味から、旧支配者やその眷属たちについての信じ難い真実を目前としてしまい、想像を絶する狂気と絶望の果てに凄惨な最期を迎えることとなる。

神話に冠されたクトゥルフとは、「クトゥルフの呼び声」に描かれる、旧支配者のうちでも代表的な存在で、蛸のような頭部、蝙蝠のような翼、巨大な爪のある手足を持つ軟体動物のような存在として描かれている。

クトゥルフ

日本では「クトゥルフ神話」の他に、「クトゥルー神話」、「ク・リトル・リトル神話」などの呼称も存在する。これらについては別記事「クトゥルフの日本における表記」を参照されたい。


クトゥルフ神話の成り立ち

ラヴクラフト達による創作

米国の作家H.P.ラヴクラフトは、自身の著作に、怪奇小説に独特の雰囲気を与えるため、独自の神話・神名とそれに付帯する土地や書物、アイテムを創作するというアイデアを思いついた。そうした中には、自身の夢に登場したものも含まれる。また同時に、そういった設定と実在の土着神話との関係を(暗に)匂わせるという手法も使用する。この手法は、情報の往来が現在ほど発達していなかった、ラヴクラフトの執筆時期にはマッチしていた。

ラヴクラフトは更に、彼が寄稿していたパルプ雑誌、「ウィアード・テールズ誌」の作家仲間であるフランク・ベルナップ・ロング、クラーク・アシュトン・スミス、ロバート・E・ハワード、ロバート・ブロックら複数の作家たちの間で、共通の固有名詞を共有した。そうした中でクトゥルフ神話の源流となるものが構築されていった。

ラヴクラフト自身はこれらの作品群をまずはアーカム・サイクル(アーカムもの)などと呼んだ後、1930年頃に「Cthulhu & other myth - myth of Cosmic Thing in Nec. which created earth life as joke(クトゥルフその他の神話--戯れに地球上の生物を創造したネクロノミコン中の宇宙的存在にまつわる神話)」という文章を遺している。

ラヴクラフトは存命中に高い評価が得られず、大手出版社からの単行本刊行も企画倒れに終わっているため、出版数は少ない。しかし、時折アンソロジーに収録されたことから英米にコアなファンが存在した。

そして、オーガスト・ダーレスが登場する。

オーガスト・ダーレスについて――クトゥルフ神話の体系化

ダーレスもラヴクラフトと同じく、米国の怪奇作家であり、彼の作品にはラヴクラフトの影響を受けたものも多い。ダーレスによる「ラヴクラフト風の作品」の多くは、神々の対立構造という善悪二元論的解釈と、四元素説をもとにした神々の属性分類など、独自の設定が盛り込まれているのが特徴だった。ダーレスの付け加えた付加設定は「一般人にも理解し易いようにする」のが目的だったというのが定説である。

ラヴクラフトの死後、ダーレスは師とも呼べるラヴクラフトの作品が埋もれたままとなってしまう事を危惧し、また、師に相応の名誉を与えたいとも考えていたようだ。彼は、「アーカム・ハウス(Arkham House)」というラヴクラフトの著作を管理する出版社を設立し、生前はほとんど出版されなかったラヴクラフトの作品の単行本を出版すると共に、新しい作品を書いていった。その中でこれらの作品は「クトゥルフ神話」として体系化されていった。

こうして現在の形を成すようになったのが、世に知られる「クトゥルフ神話」である。

ダーレス後、近年に至るまで

ダーレス没後、とりわけ1970年代、リン・カーターが次々とクトゥルフ神話関連作品を刊行し、ある種のブームを巻き起こした。それ以降、影響を受けた作家が新たな設定を次々に加え、(邪神の解釈などは違うものの)共通の世界観をベースとするシェアード・ワールド的な拡大を続けることとなった。

現在その全貌を知る事は困難を極める。


ラヴクラフト派とダーレス派

前述したように、ラヴクラフトとダーレスは対立していたわけではないが、後継の作家やファンの中にはダーレスの組み込んだ善悪二元論や、属性付けを嫌う者が少なくない。というのもラヴクラフトは、彼が理想とする怪奇物語として

無機質で広漠な宇宙においては人類の価値観や希望などは何の価値もなく
人はただ盲目的な運命に翻弄されるのみである

という思想--「宇宙的恐怖(コズミック・ホラー)」というものを掲げていたことが知られているからである。

これを平易に説明すれば、人間をアリに置き換え、人間社会をアリの巣の中で完結しているような社会と考えればよい。アリには「大気」や「人間の足」という認識はなく、人間が大気を掻き分けてアリを踏みつぶし殺害したという事象はアリからでは理解できず、そこにはアリでも認識できる程度の結果、つまり潰れた同胞の死体が残るのみである。

アリに比する人間、つまり人間に比しての「宇宙的存在」が成す"事象"は、アリのように矮小な人間には理解できず、ただ意志疎通も理解も拒まれる絶対的他者への「宇宙的恐怖(コズミック・ホラー)」のみがそこにある--というような思想が少なからぬラヴクラフト作品の根底にある。

そのためクトゥルフ世界が普及するにつれて、ダーレスが持ち込んだ善悪二元論などの「人間的に解釈できる」要素付けはラヴクラフトの思想とは反するものだとして、嫌悪の対象になることもあった。

(――しかしこれらの作品を作り上げた1920年代当時、ダーレスは熱心なアマチュア作家に過ぎず、ラヴクラフトの世界観の普及というテーマに取り組むのは大分後になってからのことなので、単純に自分が面白いと思って付け加えた設定に過ぎないと考えるのが自然だろう。そして、ラヴクラフトもまたダーレスの作品を高く評価し、「インスマスを覆う影」においてダーレスの旧神にまつわる設定を取り入れた可能性が指摘されている。)

故に、便宜的にではあるが、ラヴクラフトの思想と手法を受け継ぐと自認する、つまり理解できない事象を理解できない恐怖として表現する者をラヴクラフト派、ダーレスの設定を受け容れて理解できない事象を理解できる恐怖として表現する者をダーレス派と呼ぶ事がある。

クトゥルフ神話の体系化

実際の「クトゥルー神話の体系化」は、3段階で進んでいった。

第一に、フランシス・T・レイニーが1943年に手がけた『クトゥルー神話小辞典』。「旧支配者(Great Old One)」という用語を、ラヴクラフトやダーレスの用法とは異なる邪神群として位置づけたのは、この『小辞典』をもって嚆矢とする。第二に、リン・カーターが若年時に同人誌に発表した『クトゥルー神話の神々』『クトゥルー神話の魔導書』がある。これらの資料はアーカム・ハウスの本に掲載され、ここで体系化されたクトゥルー神話周辺設定が読者の共通知識として定着していった。そして第三が、1980年代にケイオシアム社から発売された『クトゥルフ神話TRPG(クトゥルフの呼び声)』における設定で、「外なる神(Outer God)」の存在をはじめ、今日的なクトゥルー神話の設定は多くの部分をこのTRPGに拠っている。

国内におけるクトゥルフ神話

国内においても影響を受けた作家は多く、マイナージャンルではあったが、作品の日本語訳を始めとして、クトゥルフ神話の流れを汲んだ小説・漫画等が出版されていた。また特撮系作品に関連を示す声もある。また、コンピューターゲーム等で、ストーリーにこそ直接クトゥルフ神話は絡まないものの、ネクロノミコンなどのアイテムや邪神の眷属など、一部の要素を切り取って用いられているものも見られる。

近年の日本でのクトゥルフ神話の知名度を上げる一因となったものにクトゥルフ神話TRPGクトゥルフの呼び声」がある。矮小な人間である「探索者」たちが、様々な「宇宙的恐怖」に晒されつつも生き残ることを目的として足掻く様を楽しむホラーTRPGとなっている。

さらに、そのシェアワールド的な自由な世界観から二次創作的な広がりを見せ、ゲームやライトノベル、漫画などにもその世界を広げることとなった。今日では幻想・怪奇ものの1つのジャンルとして定着しつつあり、パロディ作品なども親しまれている。

ラヴクラフト最大の誤算

その中でも、これらの暗澹たる異形の者共の存在も、近年の日本のサブカルチャー文化により見出され、あろうことかかわいい、とか萌えとかそういう形容しがたいものに置き換えられて愛されることとなる。日本人に見つかった結果がこれである。どうしてこうなった

ラヴクラフト最大の誤算萌えクトゥルフ

ニコニコ動画におけるクトゥルフ神話

「ニコニコ動画」なるサイトにおいては些かマイナーな存在であり、精々謎の歌声が掲載される程度であったクトゥルフ神話体系であったが・・・

ボーカロイド『巡音ルカ』のスピンオフキャラ「たこルカ」の登場を期に、一気に関連するタグが増加、それに伴って動画や記事も増殖を始めた。これについては、「もっと崇拝されるべき」「クトゥルカ」などに詳しく陳述されている。

また、2011年頃からにわかにクトゥルフ神話TRPGがブームを巻き起こし、数々のCoCリプレイ動画が作られたことで、クトゥルフ神話自体の知名度も高まった。発端は「ゆっくり達のクトゥルフの呼び声TRPG」だと思われる。

2012年には「這いよれ!ニャル子さん」なる名状し難き冒涜的なアニメーションが配信され、何たることか、多くの邪神信仰者を生み出してしまった!ここで初めてクトゥルフ神話の一端に触れた者も多いことだろう。


関連動画

以下に、初心者向けのクトゥルフ神話関連動画を挙げるが、その前に知っておいて欲しい事がある。

“深淵を覗き込むとき、深淵もまた、こちらを覗き見ている” -ニーチェ曰く

動画を見た事で、どのような結果が待ち受けていようとも、記事作成者は一切の責任を負わない。

底知れぬ暗澹たる恐怖を湛えた関連動画

警告したはずだ・・・

それでも、まだ知りたいというのなら、少しばかりの知識を持って行くがよい。
まず、その源泉たる宇宙的恐怖そのものと遭遇しようものなら、あなたの正気は保障できない。
抗する術など、人の身に過ぎない我々の手にはない。
だが、宇宙的恐怖に仕える冒涜的な眷属や、その崇拝者に抗する術は多くはないながらも存在している。
ひとつには、宇宙的恐怖の敵対者、人間にとって比較的友好的であると言われる存在。
“旧神”と呼ばれる存在のシンボルが刻まれた、五芒星形の石を持つ事だ。
石は宇宙的恐怖そのものに対しては無力であるが、眷属や崇拝者を退けるには十分な力を持つ。

だが、覚えておき給え・・・
宇宙的恐怖に抗するには、その恐怖に関する知識が不可欠であるが、知識を深め、より強力で、
より効果的な手段を講じる毎に、貴殿はより、宇宙的恐怖に近づいていく事になる。


理解を絶する恐怖を湛えた冒涜的関連動画

やめろ・・・それ以上近づくなっ!
私には、貴殿らが納得するだけの海産物証拠を提示する準備がある。
だが、それを明示したとして、それが齎すのは、想像するだに悍ましい結果だけだ!

ラヴクラフト最大の誤算
いあいあM@STER
SAN値直葬


口にするのもはばかられる関連商品

密やかに拡がり続ける邪悪なる関連コミュニティ


我々には理解し得ない茫洋たる関連項目

代表的な作家 旧支配者 外なる神
  • H.P.ラヴクラフト
  • クラーク・アシュトン・スミス
  • ロバート・E・ハワード
  • ロバート・ブロック
  • ヘンリー・カットナー
  • オーガスト・ダーレス
  • リン・カーター
  • アザトース
  • ヨグ=ソトース
  • シュブ=ニグラス
  • ナイアルラトホテップ
代表的な作品 その他の種族・眷属 旧神
  • H.P.ラヴクラフト
    • インスマウスを覆う影
    • 闇に囁くもの
    • クトゥルフの呼び声
    • ダンウィッチの怪
    • 狂気の山脈にて
    • エーリッヒ・ツァンの音楽
    • 時間からの影
    • チャールズ・ウォードの奇怪な事件
    • 外世界からの漁師
    • 未知なるカダスを夢に求めて
  • ロバート・W・チェンバース
    • 黄衣の王
  • オーガスト・ダーレス
    • 風に乗りて歩むもの
    • 屋根裏部屋の影
    • 永劫の探求
  • イスの大いなる種族
  • ミ=ゴ
  • イタカ
  • ティンダロスの猟犬
  • シャンタク鳥
  • バイアクヘー
  • 深きものども
  • ショゴス
  • ナイトゴーント
  • クティーラ
  • ノーデンス
  • バステト
  • ヴォルヴァドス
  • ヒュプノス
作中のアイテム・書物・地名 代表的な登場人物
  • アーカム
  • インスマス
  • ミスカトニック大学
  • 夢の国
  • エルダーサイ
  • ネクロノミコン
  • ヘンリー・アーミテッジ
    (ダンウィッチの怪)
  • ランドルフ・カーター
    (未知なるカダスを夢に求めて)
  • ラバン・シュリュズベリイ
    (永劫の探求)
TRPG関連 関連タグ
  • クトゥルフ神話TRPG
  • SAN値
  • 窓に!窓に!
  • SAN値直葬
  • もっと崇拝されるべき
  • ラヴクラフト最大の誤算
  • 旧支配者のキャロル
  • たこルカ
  • クトゥルカ
  • ミクトゥルフ
  • Vocaloidインスマウス入り
  • ボカロ暗黒神話体系
  • いあいあM@STER

クトゥルフ神話世界成立に影響を与えた著名な作家
  • ロード・ダンセイニ
  • エドガー・アラン・ポー
  • アーサー・コナン・ドイル
クトゥルフ神話の影響を受けた著名な作家
  • アーサー・C・クラーク
  • ホルヘ・ルイス・ボルヘス
  • スティーブン・キング
  • コリン・ウィルソン
  • ロバート・ブロック
  • 菊地秀行
  • 荒俣宏
  • 朝松健
  • 小中千昭
クトゥルフ神話をモチーフとした代表的な作品

クトゥルフ神話的要素を持った作品は星の数ほどあるが、以下には内容の核心にクトゥルフ神話が取り入れられている思われる代表的な作品を挙げる。

  • 1974年 タイタス・クロウ・サーガ (小説) - ブライアン・ラムレイ
  • 1981年 クトゥルフの呼び声 (TRPG) - ケイオシアム
  • 1981年 魔界水滸伝 (小説) - 栗本薫
  • 1983年 Morbid Angel (バンド)
  • 1984年 The Call of Ktulu (音楽) - Metallica
  • 1985年 戦え!!イクサー1 (漫画・アニメ) - 阿乱霊
  • 1987年 ラプラスの魔 (ゲーム) - 山本弘
  • 1988年 邪神伝説シリーズ (漫画) - 矢野健太郎
  • 1990年 仙術超攻殻ORION (漫画) - 士郎正宗
  • 1992年 アローンインザダーク (ゲーム) - Infogrames
  • 1992年 狂気山脈 (音楽) - 人間椅子
  • 1994年 マウス・オブ・マッドネス (映画) - ジョン・カーペンター
  • 1994年 ネクロノミカン (映画) - ブライアン・ユズナ / クリストフ・ガンズ / 子修介
  • 1994年 アリシア・Y (漫画) - 後藤寿庵
  • 1994年 ネクロノミコン (ゲーム) - フェアリーテール
  • 1995年 黒の断章 -THE LITERARY FRAGMENT- (ゲーム) - アボガドパワーズ
  • 1996年 ウルトラマンティガ (特撮) - 円谷プロダクション
  • 1998年 ・・・いる! (ゲーム) - タカラ
  • 1998年 秘神黙示ネクロノーム (ラノベ) - 朝松健
  • 1998年 邪神ハンター (漫画) - 出海まこと・士郎正宗
  • 1999年 終ノ空 (ゲーム) - ケロQ
  • 1999年 秘神―闇の祝祭者たち― (アンソロジー小説) -朝松健・飯野文彦ほか
  • 1999年 ニライカナイ (漫画) - 岡田 芽武
  • 2000年 Angel Foyson (漫画) - 澁澤工房
  • 2000年 退魔針 (漫画・小説)  - 菊地秀行・斎藤岬
  • 2000年 PHANTOM BULLET (漫画) - 広江礼威
  • 2001年 涅槃 (フリーゲーム) - DarkworldSoft
  • 2002年 エターナルダークネス ―招かれた13人― (ゲーム) - シリコンナイツ
  • 2003年 デモンベインシリーズ (ゲーム・小説・アニメ) - ニトロプラス
  • 2003年 沙耶の唄 (ゲーム) - ニトロプラス
  • 2006年 Call of Cthulhu: Dark Corners of the Earth (ゲーム) - Headfirst Productions
  • 2006年 終末少女幻想アリスマチック (ゲーム) - キャラメルBOX
  • 2008年 朝の来ない夜に抱かれて -ETERNAL NIGHT- (ゲーム) - F&C FC03・DreamSoft
  • 2008年 鋼炎のソレイユ -ChaosRegion- (ゲーム) - SkyFish
  • 2010年 世界樹の迷宮III 星海の来訪者 (ゲーム) - アトラス
  • 2011年 Elder Sign: Omens (ボードゲーム) - Fantasy Flight Games
  • 2012年 クトゥルフの弔詞 (フリーゲーム) - 猫ノ事ム所

”ラヴクラフト最大の誤算”と呼ばれる名状し難い作品たち

  • 1984年 妖神グルメ (漫画) - 菊地秀行
  • 2009年 這いよれ!ニャル子さん (ラノベ・アニメ) - 逢空万太
  • 2009年 魔法少女プリティ☆ベル (漫画) - KAKERU
  • 2010年 うちのメイドは不定形 (ラノベ) - 静川龍宗
  • 2010年 魔海少女ルルイエ・ルル (ラノベ) - 羽沢向一
  • 2013年 未完少女ラヴクラフト (ラノベ) - 黒史郎

以上に挙げた以外にも、神話中の固有名詞やアイテム、眷族などの要素を切り取って作品に組み込むケースも見られる。(例:女神転生シリーズなど)

関連リンク


このような手記を残した事で、私にどのような結果が待ち受けているのか、今は知る術とてないが・・・

こうして書いている間にも、誰かが見ているような気がしてならない・・・
いや、待て、そんな・・・ああ、窓に!窓に!

(手記はここで途切れていた。)


【スポンサーリンク】

携帯版URL:
http://dic.nicomoba.jp/k/a/%E3%82%AF%E3%83%88%E3%82%A5%E3%83%AB%E3%83%95%E7%A5%9E%E8%A9%B1
ページ番号: 4143503 リビジョン番号: 2457573
読み:クトゥルフシンワ
初版作成日: 09/08/19 12:43 ◆ 最終更新日: 17/02/09 21:44
編集内容についての説明/コメント: カテゴリ・項目の加筆
記事編集 / 編集履歴を閲覧

この記事の掲示板に最近描かれたお絵カキコ


ハスター想像

この記事の掲示板に最近投稿されたピコカキコ

ピコカキコがありません

クトゥルフ神話について語るスレ

483 : ななしのよっしん :2016/08/28(日) 01:12:07 ID: xlNlhOlJFy
クトゥルフ神話に当てはまらない正真正銘謎の生命体がやってきていい生贄とされるがほんろうした挙句特に危害を加えられず逃げられてて旧支配者も教団も???のまま終わる話とかありそう
484 : ななしのよっしん :2016/09/08(木) 15:24:00 ID: /6SFaFIiQo
スミス作品のフォロワーはいないものだろうか
あのひょうきんな神様たちと皮肉たっぷりで時々優しい物語が魅力的だと思うのだけど
485 : ななしのよっしん :2016/09/23(金) 10:21:17 ID: 0V9HrZPz3S
コンシュマー、パソゲー、エロゲー、ネトゲ、ソーシャルゲーム
あらゆるゲームに潜むクトゥルフ神話を網羅している探求者はいないものか
486 : ななしのよっしん :2016/09/28(水) 00:38:49 ID: jWyTUHtbZP
ときどきゲームとか漫画叩く時に「これはクトゥルフのパクリ」とか言ってる人いるけどラヴクラフト含めたクトゥルフ全体を侮辱しているようで凄い腹立つ
487 : ななしのよっしん :2016/09/30(金) 07:57:50 ID: OHCYTZft1M
>>485
大百科の記事がかなり抑えてるようだけどそれでも漏れがあるみたいだね。91年にウルフチームから出たエル・ヴィエントってのが一覧に無いけどクトゥルフを直接題材にした国内ゲーム作品はこれが最古?ラプ魔は直接ではないみたいだし
488 : ななしのよっしん :2016/11/01(火) 15:51:32 ID: 0V9HrZPz3S
邪聖剣ネクロマンサーが88年
ファミコン作品片っ端から当たっていけば、クトゥルフ神話ものもありそうではあるけれど
489 : ななしのよっしん :2016/11/01(火) 18:50:22 ID: 28NGNDw144
スタッフがこっそりネタ仕込んでるのが多そうだからなぁ
確認大変
490 : ななしのよっしん :2016/11/10(木) 14:26:07 ID: 0V9HrZPz3S
神仙伝のあざとーふ、よぐそとーふとかね
491 : ななしのよっしん :2016/12/09(金) 02:03:28 ID: Hwmdoo85mD
ものすごく、神話的です
>>sm30191200
492 : ななしのよっしん :2017/02/09(木) 13:57:18 ID: OHCYTZft1M
コナン・ザ・グレートもクトゥルフ神話の系統に属する作品だったのか、これは意外だった。
  JASRAC許諾番号: 9011622001Y31015