単語記事: クライマックスシリーズ

編集

クライマックスシリーズとは、2007年より日本プロ野球で行われているプレーオフ制度である。通称「CS」。

この制度の土台となった、2004年から2006年パ・リーグプレーオフについても本記事で解説する。

概要

セントラル・リーグセ・リーグ)とパシフィック・リーグパ・リーグ)それぞれにおいて、上位3チーム(Aクラス入りしたチーム)が、日本シリーズ出場権をかけて争う短期決戦である。これを制したチーム同士で、日本シリーズが開催される。

2006年までのセ・リーグ2003年までのパ・リーグは、レギュラーシーズンで優勝したチームがそのまま日本シリーズ出場となっていたが(※2004年から2006年にかけてのパ・リーグに関しては後述)、このCS導入によって、2位や3位のチームにも日本一になれる機会が与えられることになり、Aクラス入りに新たな価値が生じた。
同時に、優勝チーム条件で日本シリーズに出れるわけではなくなったため、優勝決定後も決して気を抜けない状況となった。

優勝を逃した後であっても、ファンCS出場の可性が残されている限りを向け続ける。また球団にとっても、CSが地元で開催されれば多くの入場者を獲得できるため、行効果は非常に大きなものである(NPB自体の収益となる日本シリーズと異なり、CSの収益はレギュラーシーズン同様に球団のものとなる)。
CSが導入されたことで、消化試合が大幅に減り、終盤戦からポストシーズンにかけて新たな盛り上がりを見せていると言えよう。

一方で、レギュラーシーズンで3位以内に入りさえすれば、どんなチーム条件で出場可となるため、可性だけで言えばリーグ優勝できなかったチームどころか、勝率5割未満(借持ち)のチーム日本シリーズに出場し、そのままチームが「日本一」になることもあり得る(もっとも、交流戦が導入されている以上「優勝チームが借持ち」になる可性もゼロではないが)。そのため、「日本一」という称号はもう相応しくないのでは、あるいは出場条件が緩いのではと摘するもある。
このあたりについては、まだ議論の余地があるだろう。

なお、CS導入以降レギュラーシーズン2位以下のチーム日本シリーズに出場した例は、2007年中日2位)、2010年ロッテ(3位)、2014年阪神2位)の計3回。このうち2014年阪神以外はそのまま日本シリーズも制し、日本一になっている(詳細は後述)。
また、レギュラーシーズン3位のチームファーストステージを制するケースはそれ以上に多く、特にパ・リーグでは2010年から連続して3位のチーム2位チームを破ってファイナルステージに進出している。

全体の流れ

出場チームの決定

クライマックスシリーズに参加できる球団は、開催予定日2日前までに各リーグで3位以上(Aクラス)のチームである。
もし、3位に位置するチームが複数現れた場合、
セでは

  1. レギュラーシーズンで勝利数が多いチーム
  2. 当該チーム同士の対戦で勝利数が多いチーム
  3. 前年のレギュラーシーズンで成績が上位だった方のチーム

を優先順位として3位進出チームを決める。
一方、パでは

  1. 当該チーム同士の対戦で勝利数が多いチーム
  2. 交流戦を除いた120試合での勝率
  3. 前年のレギュラーシーズンで成績が上位だった方のチーム

を優先順位として決めている。

ファーストステージ

2009年までの名称は「第1ステージ」。どちらも2位チームの本拠地球場で開催される。
3試合2勝先取制で、引き分けが発生して勝敗数が同じになった場合は2位チームが勝利(例えば、3戦終了時に1勝1敗1分または0勝0敗3分の場合は、2位チームファイナルステージ進出)。

ファイナルステージ

2009年までの名称は「第2ステージ」。どちらも優勝チームの本拠地球場で開催される。
4勝先取制だが、優勝チームには予めアドバンテージとして1勝が与えられるため、開催されるのは最大でも6試合まで。引き分けの扱いはファーストステージと同様。
なお、導入初年度となった2007年の第2ステージ2006年までのパリーグ単独のプレーオフセカンドステージと同様5試合、3勝先取制で行われ、アドバンテージは与えられなかった。

全日程終了後、セのファイナルステージ勝利チーム VS パのファイナルステージ勝利チーム日本シリーズが開催される。

詳細は日本シリーズを参照。

各年の対戦結果

太字日本一になったチーム

開催年 日本シリーズ進出 ファイナルステージ敗退 ファーストステージ敗退
日本シリーズ進出 ファイナルステージ敗退 ファーストステージ敗退
2007年 中日2位 巨人1位 阪神(3位)
日本ハム1位 ロッテ2位 ソフトバンク(3位)
2008年 巨人1位 中日(3位) 阪神2位
西武1位 日本ハム(3位) オリックス2位
2009年 巨人1位 中日2位 ヤクルト(3位)
日本ハム1位 楽天2位 ソフトバンク(3位)
2010年 中日1位 巨人(3位) 阪神2位
ロッテ(3位) ソフトバンク1位 西武2位
2011年 中日1位 ヤクルト2位 巨人(3位)
ソフトバンク1位 西武(3位) 日本ハム2位
2012年 巨人1位 中日2位 ヤクルト(3位)
日本ハム1位 ソフトバンク(3位) 西武2位
2013年 巨人1位 広島(3位) 阪神2位
楽天1位 ロッテ(3位) 西武2位
2014年 阪神2位 巨人1位 広島(3位)
ソフトバンク1位 日本ハム(3位) オリックス2位
2015年 ヤクルト1位 巨人2位 阪神(3位)
ソフトバンク1位 ロッテ(3位) 日本ハム2位

パ・リーグのプレーオフ

2004年から2006年までの3シーズンにおいて、パ・リーグでは優勝決定後の消化試合を減らす的で、シーズン終了後にプレーオフを実施していた。これが行的に成功を収めたこと、さらにこの3年間いずれもパのチーム日本一になったことから、セ・リーグでも導入を推すが挙がり始め、2007年からはCSとしてセパ双方で開催されることになった。

現在のCSと大きく異なるのは、日本シリーズ出場権のみならず、リーグ優勝およびレギュラーシーズンの最終的な順位もこのプレーオフで決めていた、という点である。このため、2004年西武2005年ロッテは共に、レギュラーシーズン2位でありながら最終的な順位は1位(優勝)、そしてダイエーソフトバンクは、その2年ともレギュラーシーズン1位でありながら優勝できず、最終的な順位は2位となっており、順位表では2位と-4.5ゲーム差の1位として扱われている。
なお、2006年レギュラーシーズン1位日本ハムがそのままプレーオフも制し、優勝している。

セカンドステージ(現在のファイナルステージに相当、5試合、3勝先取制)には、当初は2位に5ゲーム差以上をつけてのレギュラーシーズン1位という条件がなければアドバンテージは得られなかった。最終年の2006年は、条件でアドバンテージが与えられた。

関連動画

関連項目


【スポンサーリンク】

携帯版URL:
http://dic.nicomoba.jp/k/a/%E3%82%AF%E3%83%A9%E3%82%A4%E3%83%9E%E3%83%83%E3%82%AF%E3%82%B9%E3%82%B7%E3%83%AA%E3%83%BC%E3%82%BA
ページ番号: 4475276 リビジョン番号: 2366929
読み:クライマックスシリーズ
初版作成日: 10/10/02 08:16 ◆ 最終更新日: 16/05/29 10:37
編集内容についての説明/コメント: 対戦結果のhtml更新
記事編集 / 編集履歴を閲覧

この記事の掲示板に最近描かれたお絵カキコ

お絵カキコがありません

この記事の掲示板に最近投稿されたピコカキコ

ピコカキコがありません

クライマックスシリーズについて語るスレ

115 : ななしのよっしん :2014/10/21(火) 15:08:53 ID: UR6+p1C1yL
CSに関して色んな意見出てるけども>>113のような意見もあれば>>91のような意見もあるし、そのへんは理解できる。
ただその辺を視して優勝チームが1勝もできずにストレートで負けたからCS止論を唱えるのはいかがなものかと思う。さすがにストレートで負けてしまったらそれはCSのせいにも運のせいでもないと思うんだ。
というか、見直したほうがいいって意見はまああるとしても止論を唱えてる人間がすごく限られてる件について
116 : ななしのよっしん :2014/10/22(水) 01:36:27 ID: ICPG7p1EMM
まぁそもそもシーズン優勝できなかったチームにも日シリ行くチャンスがもらえるようにCSが作られてるわけやから、シーズン優勝チームが日シリ行けない可性があるのはおかしいっていうのは本末転倒だわな。
正直1勝のアドバンテージ+全部ホーム+勝ち数同じなら上位の勝ち、こんだけハンデ貰ってたらよっぽどのことがない限りは1位チーム勝つでしょ。(少なくとも今までは1位チーム敗退はレアケース。)

あと短期決戦に勝ったのは運とか言ってるアホ
その理屈でいくと高校野球の勝利チームもただの運になるんですがそれは・・・

117 : ななしのよっしん :2014/10/24(金) 15:07:22 ID: lyAEW6HF3N
都合が悪ければ何でも巨人のせいだからな
118 : ななしのよっしん :2014/10/24(金) 15:10:48 ID: dgIu24S5tc
クライマックスシリーズの存在のおかげで行面では消化試合ないわCSではまるまる収益になるわでやめるメリットないし、シーズンの強さと日本シリーズの短期決戦の強さが別なの露わになってたから
間にCS入れることでシーズンでは長期戦う戦戦略を、CSで短期決戦に強い手駒戦略それぞれ篩いにかける格好になっていいと思うんだけど
119 : ななしのよっしん :2015/03/21(土) 23:55:22 ID: A0KfegFVtq
これはシリーズに進出するための条件が緩すぎてMLBというよりNBAやNHLに近い形になってるんだよね

ちなみにNHL100年ぐらい前にいたカリスマコミッショナーによる「シーズンを前半と後半に分ける」という発想の下で初期から緩かったとか
120 : ななしのよっしん :2015/03/22(日) 00:16:05 ID: SJpxZ581pG
>>116
トーナメントで最後まで勝ち残るなんてまさに運次第やん
もちろん最低限の実があってのことやけどね
プロ野球のようなどんなに弱いチームでも3割勝てるくらいに戦が均衡しているリーグなら短期決戦(1位2位同士のものならなおさ)はちょっとの違いで結果は全然変わる

まさか>>112を書いた直後の日シリで7年ぶりの4勝1敗になるとは思わんかったけどね
これもある意味運というか勢いが大きいことの一つの左なのでは
121 : ななしのよっしん :2015/09/07(月) 20:32:22 ID: rwVc089tTp
>>105
読売CS導入したってさせたって書き込みネットで何度も見るけど
ソースは?って聞かれたら意地でも答えないよね
100回言えば々ってやつか
122 : ななしのよっしん :2015/09/20(日) 10:37:19 ID: p/CsidgRJ2
CSを変えるとしたらMLBに倣って地区制を導入するのが1番良いと思う

例えば

セ・リーグなら東西地区制にして東地区は巨人ヤクルト横浜で西地区は阪神中日広島
パ・リーグなら南北地区制にして南地区はソフトバンクオリックスロッテで北地区は西武楽天日本ハム

という感じにしてそれぞれの地区優勝チーム同士がリーグ優勝を賭けて戦うリーグ優勝決定シリーズ(7戦4勝制)の名称をクライマックスシリーズにすれば問題はいと思う。

少なくとも2位や3位のチーム日本シリーズに進めるお笑い沙汰は避けられるからな
123 : ななしのよっしん :2015/09/22(火) 12:41:31 ID: nawIR0YKNO
シーズンゲーム差に応じてCSでのアドバンテージを増やしたり減らしたりするルールを入れたら面いと思うんだがどうだろうか 

具体的には
ゲーム差2未満はアドバンテージなし
ゲーム差2~8でアドバンテージ1勝
ゲーム差8~16でアドバンテージ2勝
ゲーム差16以上でアドバンテージ3勝

これだとアドバンテージを争うために消化試合が減りそうな気がする さすがに今年のパリーグくらい差が付きすぎると正直面くないよ
124 : ななしのよっしん :2016/05/06(金) 23:23:36 ID: 8dy52kHPsE
前々から思ってたんだが、
日本シリーズと進出チームの結果の中の文章は必要か?
日本シリーズに転記するか、どのチームが進出したかの表だけで十分だと思うんだが
  JASRAC許諾番号: 9011622001Y31015