編集  

クラタス単語

クラタス

クラタスとは、重工が制作したロボットである。

概要

制作チーム重工』が2年半の期間を費やして作り上げた巨大ロボットである。

クラタスは全高4m、重量4t、油圧駆動の関節が約30ヶ所、人が搭乗可、自走可で物も掴める。
左手ガトリングガンからはBB弾を発射できるトイロボットであり、量産機プロトタイプである。

コクピットは成人1人が搭乗可

コクピット内の大モニターには前方・後方カメラ映像以外にドローン(4軸ヘリコプター)による俯瞰映像も映される。

自走可となっているが現在の性タイヤ走行により整地のみ自走可となっている。
ゆくゆくは4脚歩行を可にして不整地での走破性も上げたいとの事である。

アクチュエーターはほぼ全てが油圧駆動で、電気的に制御している。 
材料パワーショベル等の重機を分解して取り出したパーツ

ロボットのサーボモーターの様に使える油圧アクチュエーターもあるが高価な為、ON/OFF操作しか出来ない様なパワーショベルパーツを使用している。(センサーを付けると言った制御側の工夫をする事により安物のパーツでも高度な制御を行っている)

メイン素材自重や強度的な面で苦心されて作られている。

ちなみにパーツを取り出すパワーショベル等の重機はヤフオクで入手している。

 

デザインvectorworks2009を使って設計したデータをDXFで出フリーソフトのJMM-toolGコードに変換した物を使用したCNCでプラを加工している。

クラタスは動きの伴う事から精度を出すために格はCNCによるプラ、外装はパテとプラで作成している。

1/1スコープドッグを制作した経験から1/20スコープドッグのプラモデル較検討している。(1/1スコープドッグもアトリエにある為、イメージがし易い)

デザインヤフオクによる調も行いながら作業しており、フォークリフトタイヤや油圧シリンダーの選定等も同時に実施している。

ちなみに倉田光吾郎妄想によるとクラタスプロトタイプの開発名で、ノーマルタイプライト級とされている。
今後はミドル級ヘビー級が出てくるんだぜ・・・と、ボトムズっぽく妄想を膨らませている。

両手にブルーティッシュドッグのガトリングに近い装備をしたタイプクラタスアサルト・・・と言った妄想も膨らんでいるとか。(倉田光吾郎によるプラモデルは存在する)

重工のクラタス発注フォームにパイルバンカーがあったりするのはこの影も強いと考えられる。

 

クラタスの名前は製作者の倉田光吾郎が『名前はどうすっかなぁ・・・』と考えていたところに友人が色々と送ってきた中から決められている。

その中でも一番ダサい名前がクラタスであり、『オレが田中だったらタナカスかと。とりあえず、これでいいか・・・』として落で名付けてしまったところすっかり浸透してしまい現在に至っている。(少し恥ずかしいらしい)

本機はアート作品であると同時にトイロボットプロトタイプであり、量産機を開発したにはサバイバルゲーム等で遊ばれる事をしている。

価格は1機1,353,500USD(1億数万円)で水道橋重工公式HPにて発売中!?

 

クラタスプロジェクトに込められた思いを簡単に言うならば下記の通りとなる。

巨大ロボ日本が作らなきゃ!
そして巨大ロボ時代を到来させるんだ!

現実に買えて乗れる巨大ロボットを個人で作れるのならば、技術のある日本ならば後に続く技術者が出てくれる。

そうすれば、ASIMOが人ロボットの先駆けとして大きな影を与えているように、クラタスは買って乗れるロボットの先駆けとなり、いずれは一般化・・・災害救助ロボットや重機ロボットも作られるようになるかも知れない。

 

クラタスプロジェクトに込められた思いの詳細は関連記事の『人が乗って操縦できる巨大ロボットクラタス」、完成前の勇姿を開!』を参照。

水道橋重工

メインメンバー(実機の制作を担当)は2名。
実機を作る上での話として、作るからには量産化したいよね~って事で立ち上げられたのが重工である。

メインメンバー以外にも法律解釈、イベント実務、PR等を行うために続々と集まってくれた有志により構成されている。

簡単に言えば“面そうだから!!”で集まった面人材集団。

重工の名前は倉田光吾郎制作した原寸大スコープドッグの個展会場となった『』の地名が由来となっている。

倉田光吾郎

日本鍛冶師・造形作家
原寸大スコープドッグやカストロール1号制作した実績の持ちで、クラタスを作り始めた発案者。
制御系の知識がかったため吉崎航にを掛ける。

吉崎航

独立行政法人産業技術総合研究所スタッフにして奈良先端大の博士課程学生
ヒューマノイドロボットの演技ソフト V-Sidoの開発者。
倉田に『オレの巨大ロボ制御しない?』と口説かれてクラタスの制御系を担当する事になる。

経緯

2004年2月後半~3月頃、鍛冶師にして造形作家金属製のバイオリンアンティークタイプライターに基を組み込んだPC等を制作)として活動していた倉田光吾郎が、根性試しとして非稼働ながらも実物大スコープドッグを作り始める。※ブログ開し始めたのが2004年7月で、正確な開始時期は忘れてしまっている。

2005年4月に実物大ブルーティッシュドッグモドキ(武器腕が逆になっている)が完成する。

 

2009年、自宅建設をしていた倉田光吾郎は知人からの紹介で2010年ワールドカップ用にサッカーボール300km/hで蹴れる機械を作れないか?と言うオファーを受ける。

クライアントオイルカストロール社。

エンジンを使用してくれ』との条件からバイクエンジンを利用した模型デザインを提示したが、『エンジンが良い』、『最新式っぽいのが良い』、『ロボットっぽいのが良い』との要望が入る。

再度デザインを練り直した倉田光吾郎エンジン駆動でサッカーボールを蹴り、バッテリー駆動で自走するハイブリッドマシーンデザインを作る。(カストロールジャパンイギリス社長から絶賛を受けたとか何とか。)

2010年ヤフオクゲットしたトヨタバッテリーフォークリフト適当なモーター、ジムニーパーツを組み合わせて作られたカストロール1号は、紆余曲折を経ながらも完成する。

このカストロール1号ワールドカップPRイベントに登場、時速225㎞のシュートによりギネス認定される。

本番での紆余曲折、試作品故の細かなトラブルに関してもられている。

 

1人で実物大ブルーティッシュモドキを完成させ、自走式キックマシーンカストロール1号』で手応えを得た倉田光吾郎

外装が作れるのだからかが動を組み込んで動くようになったりして、これくらいの動くロボガンガン作られる事になる・・・と考えていたが現実としてはアシモ等の小さなロボしか作られなかった事からある決心をする。

『もう待てないので、オレ作る。』

こうして2010年頃・・・クラタスプロジェクトが動き出す。

そして紆余曲折の2年半を経て完成したのがクラタスである。

 

倉田光吾郎

デザインコンセプト量産型カスタム、夢のマイ巨大ロボ。4mの二足歩行は命が危ないので、四足で。やっぱり、ボトムズロボがガツガツ殴り合う感じとか、自分の好きにカスタマイズとか、そんな感じがいい。 』

ワンダーフェスティバル2012にて

ワンダーフェスティバル2012にて展示され、当事者の不安をよそに大観衆に恵まれる。

会はラジオパーソナリティタレントSaschaサッシャ)。

クラタスパイロットGunn'sモデルであるアンナ永江杏奈)。
プロモーションビデオ、乗り方ビデオナレーション日本語版と英語版の両方)も行っている。

クラタス公式ソングタイトルは『STAND BACK
歌・作詞:Justin DiCenzo / 作曲編曲 pomodorosa

重工ツナギパイロットスーツデザインは、スタイリスト賀大介が担当。
クラタスの追加兵装はCRAFT APPLE WORKS提供

 

実際のデモにおいてはクラタスのハッチが開かない、ラジコンヘリが飛ばなければ映像も送れない等のトラブルが続くことになり、倉田光吾郎吉崎航を中心としたスタッフパニックに陥る。

原因として、イベント開始と同時に始まった“観衆によるツイッターフェイスブックへのアクセス”により電波状況が悪化(近くのブースのwi-fi接続も劣悪になっていた)、ラジコンに対する線系による操作が出来なくなったとのことである。

また、クラタス本体に関しては線は使っていないがPCから駆動回路にノイズが乗りまくった可性が高く、人が少なくなった2回デモでは、これらのトラブルは発生せず順調に進んだ。

後日談として、ワンダーフェスティバル2012の当日から250件をえるオーダーが入り、これに対して受注メールを返信すると焦った外人さんからキャンセルメールが殺到したとの事である。

外人としてはハイセンスギャグかと思った日本人は本気だったでござる!・・・と言ったところであろう。

ワンダーフェスティバル2012出展後の反響

3000件をえる受注メールが来ており、更に受注メールは増え続けている。
同時に焦った外国人によるキャンセルメールも受注メールと同じ勢いで来ているとの事である。

連絡としてはアメリカブラジルスウェーデン等、意外に思えるからも殺到、下記の様な連絡もある。
アメリカエアガンメーカーが、自社のフィールド警備の為に買いたいと言った話や通販雑誌に載せたい。
バイとか良い感じのところから運搬費用の問い合わせ。
びで観光に来る石油の出る王子の見学オファー。(残念ながら解体整備中タイミングだった。)

取材オファーとしては(対応は出来ていない)
BBCCNNドイツノルウェー等々からアルジャジーラまで。

マジで売れるな・・・と思う反面、あまりにも広範囲からの打診に対応できていないのが実態であり、海外への武器輸出に当たらないか?との確認も含めると現実的に厳しくなっている。

重工が英語に非常に弱いのも影している。

ワンダーフェステイバル2012を経ての今後

倉田光吾郎ブログより

そしてなにより、ワンフェスでお披露をして、)もっともっと、クラタスを作りこみたいという気持ちが大きくなり。
販売という形態を一時中止してでも、もっと作りたい!と。
そして、WFの反の副産物として、内製造業の方からのご連絡も非常に多く、、。

クラタスは個人で作りここまで来たけれど、費用も制作環境としてもやはりが見えてきて。
日本人の作ったロボスゲーと、海外に言わせたい!という思いも大きかったのだけれども。

こんなやる気満々の製造業の人達の技術を借りて、同じ物を作っただけでも確実に性アップする。
個人制作ロボが、日本の技術を借りてブラッシュアップされる。
考えただけで相当ワクワクする。

WFからは、そんなことを考えてクラタスの大修&ブラッシュ量産機の検討を進めておりました。

個人的にはその機体で、アメリカカボチャ飛ばし大会に参戦したい。
元々、”面いから作った”というモノでお金を、、というのは嫌だ!という考えなんだけれども、海外遠征の野望はどーしてもやりたい。
もし、クラタスというか、日本クラタス海外参戦を応援してくださる、個人、企業がありましたら、今回ばかりはおを借りたい!

CRAFT APPLE WORKS

クラタスの追加兵装を考えていた倉田光吾郎ロボに付けてみたいとの事で問い合わせメールを送った企業

社長転送したのでお待ち下さい”との返信がきて連絡なし・・・と思いきや30万円越えのガトリングガンM134 MINIGUN)をポンと送りつけてきた。

後日、正式にアポを取って社長と面会した倉田光吾郎が言うには、電話の感じから“社長としての立場もあり、エアガンの理事とかしつつ、面い事に貪欲な紳士・・・”と言う想像通りの人物である。

ただし髪型モヒカンらしい。

千葉県香取北に直営店 Gun Shop APPLEを経営しているほか、猟銃空気の販売、サバイバルゲーム運営通信販売も行っている。

関連記事

クラタス制作記 乗りたくて作ってる。
なんでも作るよ。

人が乗って操縦できる巨大ロボット「クラタス」、完成目前の勇姿を公開!

関連動画(カストロール1号)

Castrol1号プロジェクト コンセプトムービー - エンジン駆動フリーキックマシン
カストロール1号 走行テスト - フレームバッテリーを搭載した体の走行テスト
testshot - スピードガン計測で200km/hを記録したテストショット
testshot motor - モーターによる試射
testshot engine - エンジンによる試射
時速200km越えキック - 複数アングルによる試射の様子
サッカーボールがぐんにゃり巻きついた! - ハイスピードカメラによる撮影。 
testshot - 試作品には危険がつきもの・・・5:00頃の事故で9mm鉄板カバーが曲がったとの事。
カストロール一号立ち上がりテスト - 走行モードからキックモードチェンジ
Japan's soccer "kick" machine - 世界報道される。
カストロール1号プロジェクト最後のご挨拶 Castrol Ichi-GO Project: Final Message

YouTubeで『Castrol1 GO』、もしくは『kogoro1973』で検索

関連動画(クラタス)

ARMtest! - 試作腕の稼働テスト

関連商品

amazonでも一応売ってる商品重量4,000kg、発送重量5,000kgという常軌を逸した数値を見られるのはさすがにこのページだけではないだろうか。もちろん購入者の都合で返品しても全額は難しい。ちなみに、腕部分はオプション扱いらしい。

ガレージキットが発売予定?
ワンダーフェスティバル2012で1/24と1/35レジンキットを販売予定だったが量産に向けた時間の問題で断念されている。

1.24クラタスインスト
yataのブログより クラタス その1
WJ誌のオラザク選手権で常に上位キープの猛者、ぷらもぱぱのブログより クラタスカスタムモデル
師、柳生太のブログより クラタスWFに現る!!

雑誌の表を飾る。

実物大スコープドッグの話

実物大スコープドッグ時も取材を行ったライターにより、26クラタス特集記事が組まれる。

クラタスレイバーとして出演している

関連コミュニティ

クラタスに関するニコニコミュニティはありません。 

関連項目

 


【スポンサーリンク】

携帯版URL:
http://dic.nicomoba.jp/k/a/%E3%82%AF%E3%83%A9%E3%82%BF%E3%82%B9
ページ番号: 4936199 リビジョン番号: 2019352
読み:クラタス
初版作成日: 12/07/31 13:51 ◆ 最終更新日: 14/05/09 12:36
編集内容についての説明/コメント: THE NEXT GENERATION -パトレイバー- のリンク張り直し
記事編集 / 編集履歴を閲覧
このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事の掲示板に最近描かれたお絵カキコ


クラタス最終決戦仕様

メガボットMk.Ⅲ(完成予定図)

メガボットMk.Ⅱ

大聖號(モンキーキング)

クラタス、戦闘開始!

この記事の掲示板に最近投稿されたピコカキコ

ピコカキコがありません

クラタスについて語るスレ

288 : ななしのよっしん :2018/03/12(月) 18:46:30 ID: J49mIADlGM
amazonレビュー相変わらず荒ぶってるな
果たして実際に買ったレビューはあるのか...
289 : ななしのよっしん :2018/03/13(火) 15:07:46 ID: dQwkj4zMyS
>>281
これ下半身はランドォーカーの流用だなだな
290 : ななしのよっしん :2018/03/21(水) 12:12:50 ID: jTLaJxBoYA
>>286
まあ有人機同士であれ以上のガチバトル理でしょ
クラタスの外装は身でどつかれるだけで外れそうになったりむし殴られたら中の人がやばい
Mk.Ⅲとの試験の時点で、射撃は意味で近付かれたら終わりとわかっておきながら
Mk.Ⅱを思い切りどつかれるやられ役として用意したりと配慮はしていたと思うぞ
腕を掴んだり柱を振り回したりと意外な器用さは面かったし
291 : ななしのよっしん :2018/04/12(木) 05:01:05 ID: orq8N9mdfq
クラタスもとい、倉田さんは最近動きないのだが次の企画はなにかあるのだろうか?
292 : ななしのよっしん :2018/04/16(月) 21:06:19 ID: Ir0r8H0uC0
最近の二輪兼二足のロボットヤバいな、二輪で立ってるくせにバランス感覚が人間えてやがる、スピードも出るしジャンプもする、物も持てるし走破性も高い。
293 : ななしのよっしん :2018/04/19(木) 00:57:44 ID: ntUq4pKWa+
メガボッツ潰れそう
あ~あ、一大ロボットエンタメに成りそうだったのに…
294 : ななしのよっしん :2018/04/19(木) 01:02:33 ID: ntUq4pKWa+
>>290
メガボ側が当初想定してたような、スポーツライクなペイント弾の撃ち合いなら例えブック試合でもガチッぽさ演出できたと思う
法律面とか色々柵の多い日本企業に挑戦状送ったばかりに…
まぁ側も気利かせて開催地をアメリカとか日本以外を選んでればなぁって思うよ
295 : ななしのよっしん :2018/05/01(火) 22:19:01 ID: i8QbfxUfh2
>>294
もともとドバイでやるつもりだったんだけど交渉に時間がかかりすぎて諦めたんだよ。

しかしロボットボロボロだが企業は健在な日本企業ボロボロだがロボットは健在なアメリカ
どっちが勝ったんだか分かんねぇなこれ。中国もあんなにロボット作ったのに戦う相手がいないよ・・・。

クラタスと同じV-sido積んだ巨大ロボットジェイダイト、ついに完成したみたいだね。記事もできてる。
j-deite ride
296 : ななしのよっしん :2018/05/02(水) 20:11:14 ID: sXEbZrPDQo
フェイスブックブログ更新していないし、次の企画があるのかも分からない。
気長に待つしかないけど。
297 : ななしのよっしん :2018/06/02(土) 10:51:15 ID: jTLaJxBoYA
>>296
クラタス改造は秘密義で進めていたのを抜きにしても、新造にしろ改造にしろ時間はかかる上に
クラタスVSメガボッツの時にマスコミの非常識な取材やコメント欄の荒れ方に
苦言を呈していたので反いちいち対応するのも疲れたのかもな
急上昇ワード
ニコニコニューストピックス
  JASRAC許諾番号: 9013388001Y45123
  NexTone許諾番号: ID000001829