単語記事: クリスマスキャロル

編集  

クリスマスキャロルとは、イエス・キリストの誕生にまつわる逸話を歌った歌である。

または、クリスマスを題材にした有名な物語である。本項ではこちらを解説する。

概要

作者は文チャールズ・ディケンズ。

簡単に言えば、に汚く、とんでもなくドケチなクソジジイに、「そんな生き方を繰り返していると死んだ後で後悔しか残らないぞ」と諭す作品である。
日本では、ディズニーキャラクターが演じたミッキークリスマスキャロルなどでお話の概要だけは知っている人はいるのではないだろうか?

強欲な老人は、あることがきっかけで過去現在未来を体験し、最後に自分の死に様を見せられたことで心し、かのためにを惜しまない老人へと生まれ変わる…。
そんな紳士ツンデレっぷりに思わずほっこりしてしまう作品である。

幾度となく映画化され、上記のようにミッキーマウスディズニーキャラクターが演じる特別版が制作されている。また、ニコニコミュージカルとして舞台化。堀江貴文スクルージを演じた。堀江人生を、一部スクルージに重ねた解釈でコメディタッチな作品となった。

世界中で幅広くされた、クリスマスにまつわる名作である。

ストーリー

細部は異なりますが、大体こんな感じです。

初老の老人、エベネーザ・スクルージは、に汚い強欲な商人である。
エベニーザ商会という事務所を営む彼は、裕福な人だろうが貧しい人だろうがを厳しく取り立て、寄付をめられれば「死んだほうが人口が減って世のため」と追い返し、書記ボブクラチットを薄給で雇い、酷使する………そんな冷血老人である。
終いには、7年前に共同経営者のジェイコブ・マーレイが死んだ時ですら、香典を出し渋る徹底ぶりで、周囲からはとにかく嫌われていた。

クリスマスを間近に控え、甥のフレッドスクルージクリスマスの夕食会へ誘いにやってくる。しかし、クリスマスという彼にとって一銭にもならないイベントなど大嫌いなスクルージは、それを口汚く断り追い返した。
そんな、かつての共同経営者マーレイ幽霊となって現れ、生前と変わりない生き方を貫いているスクルージに、鎖でがんじがらめにされた自分の姿を見せ、お前もこうなりかねんと諭す。
マーレイは最後に、過去現在未来を見せる精霊がやってくることを予言した。

最初に過去精霊は、人としての温かみを残していた若き日のスクルージを見せた。しかしスクルージはやがて人との出会いと別れを見せられ、それを強引にかき消した。

次に現在精霊が現れ、貧しい暮らしに耐え、クラチットの家族と、伯父が来ずガッカリしている甥のフレッドの姿を見せる。クラチットのには身体が弱く病気しがちで、脚も悪いという哀れな末っ子のティムがいた。現在精霊はこのままではこの子は死んでしまうことを伝え、さすがのスクルージも動揺を隠せなかった。

最後に未来精霊が現れ、ティムの死と、も死を悼まないスクルージしげな墓場を見せつけた。あまりにも救いのない未来ショックを受けたスクルージは、そこでを覚ます。

スクルージは、今日クリスマスであることを思い出し、「今ならあの未来を変えられる」と心を入れ替える。
人のためにを惜しまず、フレッドの厚意にも暖かく答え、そして最後にはずっと酷使していたクラチットを全面的に支援することを決める。

おかげでクラチットの息子ティムも救われ、少年にとってスクルージは第二のとなるのであった。

補足

エベネーザ・スクルージ日本語訳される際、エビニーザ・スクルージやエべニーザ・スクルージとされる場合もある。

関連動画

関連商品

関連項目


【スポンサーリンク】

携帯版URL:
http://dic.nicomoba.jp/k/a/%E3%82%AF%E3%83%AA%E3%82%B9%E3%83%9E%E3%82%B9%E3%82%AD%E3%83%A3%E3%83%AD%E3%83%AB
ページ番号: 5014575 リビジョン番号: 2194590
読み:クリスマスキャロル
初版作成日: 12/12/21 06:36 ◆ 最終更新日: 15/04/20 23:34
編集内容についての説明/コメント: 「関連項目」に「スクルージ」「守銭奴」を追加しました。
記事編集 / 編集履歴を閲覧
このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事の掲示板に最近描かれたお絵カキコ

お絵カキコがありません

この記事の掲示板に最近投稿されたピコカキコ

ピコカキコがありません

クリスマスキャロルについて語るスレ

5 : ななしのよっしん :2015/08/05(水) 19:46:58 ID: WFsiHsNecv
>クリスマスという彼にとって一銭にもならないイベント

クリスマス商戦があるのに…
商会なのに物売り商売じゃないのか?
6 : ななしのよっしん :2015/08/10(月) 17:21:45 ID: uYewpGZGNV
ほとんどの場合で貸業者として描かれてる気が。
守銭奴とかいうイメージに一番合う職業でしょ。ユダヤ人の代名詞にもされたし。

向こうでは日本でいう祝日だから用な日に思えたんだろう。
どんだけブラックだったんだと思うが。
7 : ななしのよっしん :2015/08/10(月) 21:03:27 ID: aY7C4R2eHz
小池滋の落語調翻訳で有名なクリスマスブックス版、電子書籍化されてたのか! すげえ!
8 : ななしのよっしん :2015/09/02(水) 12:20:36 ID: eVKPtWyyaV
クリスマス商戦なんて大体はカップル向けだろ。
いはガキンチョのためのホビー競争とか。爺さんのは雑貨屋っぽいから違うと思うぞ
9 : ななしのよっしん :2015/10/09(金) 21:51:47 ID: exFyBcOroL
>>5
向こうのクリスマスというのはこっちで言うお盆正月に近いイベントらしいからね。
日本も今でこそ正月でも開いている店は多いけど、本来ならどの人が仕事休む日なわけだし。
10 : ななしのよっしん :2015/12/15(火) 10:58:11 ID: hXq3/O7r1c
原著と村岡花子訳を何度も読んでるんだけど、新訳(井原慶一郎)出たから買ってしまった...。
11 : ななしのよっしん :2016/01/27(水) 11:58:56 ID: SnJoK7lSpJ
>>5
スクルージユダヤ人という裏設定(厳密に言うと定説)があるんでクリスマスの敵にしてたという解釈もできる
12 : ななしのよっしん :2016/02/20(土) 22:34:19 ID: 72kj1b3Rc1
ディズニー版(ミッキーのではない方)を見たけど危うくガチ泣きしかけたのもいい思い出。
スクルージの死期そのものは見せられた未来と一緒なんだろうけど、全く違う結末になるのは確定的で人間の可性を感じさせてくれるよね。
13 : ななしのよっしん :2016/12/11(日) 12:54:51 ID: Zv2dbCZsaS
イギリスクリスマスは今の日本正月どころじゃないよ
特大イベント
日本カップル向けだの子供向けだのなんて規模の小さい話じゃない
社会全体が商業的にかき入れ時だよ

スクルージはそんなクリスマスにすら縁遠いほど周囲から孤立してたって表現
実際には仕事々とか言う話は
14 : ななしのよっしん :2016/12/16(金) 18:46:43 ID: aBDxg8rbPz
原作の結びの一つ、スクルージの変貌ぶりを笑う者達もいたが気にせず笑わせておいた、なぜなら善い事がはじまるとそれを笑う人間も必ずいて、自分達がろくな者が見えてないのを隠す為にそうしてると分かっていたからだってところも良いと思う
急上昇ワード
ニコニコニューストピックス
電ファミwiki
  JASRAC許諾番号: 9013388001Y45123
  NexTone許諾番号: ID000001829