単語記事: クローン

編集  

クローンclone)とは、古代ギリシャ語の「κλών」という単となっており、アルファベット表記では「klōn」と書かれる。その内容は「複数の小枝」を意味する。

現在英語圏の学者が上記の単を学術的に引用した「1個の細胞細胞分裂して増えた細胞の集まり」「細胞の複製」「人間の複製」などの意味で使われている。(元々クローン植物細胞研究から始まったのがとの繋がり)

また、さらにその意味から発展した「そっくりな物」「そっくりな商品」などの意味にも転じている。

曖昧さ回避

概要

日本で「クローン」と言えば、学術的な内容の意味でも使われる他、「複製人間」「そっくりさん」「そっくり」の意味でも使われている。
またインターネット無料ゲームでは、正規作品にそっくりなゲームを「クローンゲーム」と呼び著作権ギリギリの範囲で多くの人に楽しまれている。(例:ドラゴンクエストにそっくりなゲームドラクエクローン

プログラミングの分野では、(特にオブジェクト指向プログラミングで)オブジェクトを内部状態ごと複製したもの・複製する操作をクローンclone)と呼ぶ。ちなみにコピペによってソースコードの一部を、同じプログラム内の別の箇所で使い回すために複製したもの・複製する行為をコードクローンcode clone)と呼ぶ。

フィクション作品におけるクローン

サイエンスフィクションを取り扱った映画アニメゲーム漫画ではこの「クローン」がよく登場し物語を面くさせている。に特殊な研究施設(多くはの液体が入っているか、何も無い透明なカプセルの中)で成長・誕生し、誕生してから僅か短時間で歩行はおろか通常通り行動できるようになるのが特徴。特に前述のカプセルから誕生する場合は、自カプセルを破壊し飛び出して来る場合もある。
他にも、物投与や洗脳といった手段を用いる事で創造(大抵はマッドサイエンティストである)の命令には絶対従するように調整されていたり(しかし何がしかの事故で反逆・暴走する事も)、身体オリジナルはおろか常人のそれをかに駕している事もザラにある。さらには、ダメージや致命傷を負ってもく間に再生(復活)したり、それらのデータを基にパワーアップするなど普通の人間とは明らかに違う機が備わっている事もあったりと、クローン常識逸脱している事も多いようだ。

クローンなのにオリジナルのみならず記憶まで一緒に引き継いでいるケースも少なからず存在するようだ。
感情表現に乏しいクローンの場合は、人間らしい感情・思考を探しめるために自らの意志でそれらを模索するため行動を起こす場合も。

やたらと長命なのも特徴である。
現実では大半のクローン生物が1年以内で死亡するにも拘わらず、1年以上普通に生きたり、挙げ句の果てには寿を全うしたりする。
また現実クローン生物の大半は誕生してすぐに老化が始まるのだが、フィクション作品のクローンでは老化とは縁なことが多く、若々しい容姿を常に保っている。ただし『ある時をに急に老化が進む』という設定が採用されている作品は意外と多く、その『老化が進むキャラクターが老化を防ぐ手段を必死になって探す』設定と同時に採用されていることが多い。

クローンが登場する娯楽作品と登場人物

ネタバレ注意 このリストは、ネタバレ成分を多く含んでいます。
ここから下は自己責任で突っ走ってください。

(その他、何かあればお気軽に追加して下さい)

実際のクローン技術について

  1. DNA細胞クローン
    特定の培地や器具により、大量に作られる。
    研究用に生産されるのがどで、DNAクローンの方法としてはPCR法が世間一般では有名か。
  2. 植物クローン
    古来から存在しており、挿し木がその代表例。
    他にもカルス(未分化の植物細胞の塊)が全性を持っていることから、クローン植物生産に使われている。
    ちなみに日本(ソメイヨシノ)は一本の木から挿し木でその数を増やしたものであり、全てがクローンである。
    故に同じ木あっても地域の気温度によりサクラ時期に差が出る。
    この特性を応用し、標として作られたのが前線である。 
  3. 動物クローン
    受精分割し、これを成長させれば理論上はクローン生物が作れる。
    しかしウニしか成功しておらず、実用性が皆無なため、この方法を使うことはない。
    流な方法は未受精細胞核を移植し、その受精を胎盤に着床させて成長させるのが一般的。
    未受精でなくとも可らしいが、更なる研究が必要とのこと。
    最近ではiPS細胞が発見され、新たなクローン技術として期待されている。

    誤解が多いが、クローン生物を作ったからといって姿形やが全く同じ生物が作られるわけではない
    遺伝子の発現は不確定であることや、 クローン作製時に使われる受精細胞核とは異なる遺伝配列をしている(大量生産されたものの一つである)ことなど理由は際限なく挙げられる。
    この誤解が多いためか漫画ドラマ映画などの創作物ではクローン人間(生物)が元の人間と同じ姿をしていることが多い(演出やテーマとの関係もあるが)。

クローン生物の寿命

クローン生物は①染色体のテロメア(DNAを伸長させる部分)が短い、②染色体の各所がメチル化されている(要は機停止させられている)という特徴を持っていることが多い。なぜこのような特徴を持つことが多いかは解明されていないが、「細胞分裂が進んだ細胞(テロメアが短縮し、染色体の機が失われている細胞)を使ってクローン生物を作っているから前述の①と②の問題を持つ生物が生まれる」という説があり、この説をする科学者は多い。

DNAが短い上に、DNAの上の遺伝子コードが発現できない…となればクローン生物の多くが短命になってしまうのは言うまでもない。
ただし希に非常に長命なクローン生物が生まれることがあるが、なぜ長命になったのかは諸説あり、はっきりしない。 

このテロメアの短縮と染色体のメチル化のの解明がクローン研究を行う科学者にとっては最重要課題となっており、特にテロメアの短縮は老化(不老)という人間の永遠のテーマとも深く関わっているため、世界で研究が盛んに行われている。

関連動画

関連商品

関連項目


【スポンサーリンク】

携帯版URL:
http://dic.nicomoba.jp/k/a/%E3%82%AF%E3%83%AD%E3%83%BC%E3%83%B3
ページ番号: 4609159 リビジョン番号: 2317065
読み:クローン
初版作成日: 11/04/12 21:21 ◆ 最終更新日: 16/01/26 00:25
編集内容についての説明/コメント: プレア・レヴェリー追記
記事編集 / 編集履歴を閲覧
このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事の掲示板に最近描かれたお絵カキコ

お絵カキコがありません

この記事の掲示板に最近投稿されたピコカキコ

ピコカキコがありません

クローンについて語るスレ

66 : ななしのよっしん :2016/06/08(水) 19:59:26 ID: Gx2WKL72ty
カプセルに入ってるし培養技術もあるんじゃね
シュワちゃん演の映画シックスデイだと
人間の素体に上書きする感じだったが
67 : ななしのよっしん :2016/06/14(火) 16:49:29 ID: NDOpv+fpkN
「同じ遺伝情報を持った個体の生成」
「元の個体と全く同一の性質を持つ個体の生成」
どちらをしてクローン誕生とするかの違いじゃないの
後者なら培養期間も含めて「クローン生成過程」と言えるだろうし

同じ遺伝情報でも同じ個体にはならないという摘も
「元の個体と同一になるように調整・培養した」「失敗した個体は破棄された」で一応説明が付くし
68 : ななしのよっしん :2016/07/02(土) 21:48:49 ID: Glb+7E2cNl
とあるの妹達ニンスレクローンヤクザ、およびその遺伝子元の反応とか見てると
ある人間のクローンを量産するっていうのが
どんだけえげつないことかわかる

もし万一、未来で同じようなことをしでかしたがいたら
はそいつを心底軽蔑すると思う
69 : ななしのよっしん :2016/08/02(火) 03:20:58 ID: gh2ailfyhs
言うほど?
姿形やが全く同じ生物が作られるわけではないってことは新井貴浩クローンを作ったら新井良太の顔で囲碁が得意な人間ができたりするんですかね?
70 : ななしのよっしん :2016/08/02(火) 03:40:58 ID: Gx2WKL72ty
双生児でも発現する遺伝子の差で似ないこともあるからね
単純にクローン作っただけではそっくりな人間ができるとは限らない
71 : ななしのよっしん :2016/08/13(土) 18:05:43 ID: 6l2QMFV6SK
>>65
サクラの挿し木がサクラが増えるように、人間のクローンで増えるのは人間だろう

>>68
クローンで増やしたソメイヨシノが日本中に植えられ、同じ環境なら一斉に咲く風景はえげつないのだろうか?
72 : ななしのよっしん :2016/08/13(土) 18:34:43 ID: Gx2WKL72ty
メイヨシノは販売中止になったから減ってく運命
クローン種は病気に弱いから何か不具合があると全滅の危険性がある
73 : ななしのよっしん :2016/09/19(月) 22:34:13 ID: xDCD66KkTg
「この世界線では人工胎盤や人工、人工子宮の問題は解決済みなんだな」
と、漫画アニメクローン人間が出て来る度に思う。
これが解決すれば女性子供を作る際に妊娠・出産をするかしないかを選ぶ事が出来るようになる。
信頼性を高め、着床率出生率が限りなく100%に近くなれば、
下手をすれば生理による重い倦怠感や情緒不安定を「症状」として取り除ける世の中になるかも知れない。

もめるのは選択出来る事に依って「からの授かりものに否定」になる宗教や、
「自分の胎をいためて産んでいない子を自分の子と言って良いのか?」といった倫理の問題になるだろう。
子が欲しくても授かれない身からすれば正直「余計なお世話だ」って話だが。
74 : ななしのよっしん :2017/06/11(日) 14:15:00 ID: EE4BHmG5uq
クローンよりもフィクションに影されてクローン技術を差別する人間の方が怖い
75 : ななしのよっしん :2017/07/29(土) 02:34:04 ID: qoMYEed8VE
※74
そういう手合はクローンと違って単細胞だから会話も成り立たないのが難点だな
ニコニコニューストピックス
電ファミwiki
  JASRAC許諾番号: 9013388001Y45123
  NexTone許諾番号: ID000001829