単語記事: グラップラー刃牙

編集

グラップラー刃牙とは、板垣恵介の格闘漫画およびそれをもとにしたアニメーションのことである。

概要ッッッ

スポーツ漫画」における現代のスタンダードの一にして25年以上連載しているロングランシリーズ

格闘技としては一つの拳法・体術に拘らず、総合格闘技、果てはノールールな“喧”というレベルまで下げることでそれぞれの人物の心技体を描き出すスタイルを取り続けていた。
また、語尾に「ッ」や「……」を多用し、キャラクターの覇気を表現したり、箇条書き式に較対を列挙する表現法も良くネットパロディにされるエッセンスの一つである。

主人公である範刃牙の成長物語を中心としたスポーツ(格闘)漫画として進行してゆくが、一貫して「人間の素らしさ」というものを“身体を使った闘い”というレンズを通して描き続けている作品であり、そのテーマの深さもあって、人を引き付ける一大作品となっている。

その影は大きく、連載している週刊少年チャンピオンが他誌と較して異常なほど、「喧不良漫画含む)」「格闘」「熱血」に傾倒しているのはまさに『だいたいこいつのせい』。
また、「そんなふうに考えていた時期が俺にもありました」など、ネットパロディにされる台詞が多いのも、本作の人気を物語っているだろう。

名人にもファンが多く、「餓狼伝」で板垣恵介氏と一緒に仕事をしている夢枕獏氏も本作のファンであり、一緒に仕事ができるとあって大層喜んだことを「餓狼伝」のあとがきにて述べている。また、タレント関根勤氏も本作のファンであり、板垣恵介氏とも交流があることから、本人役で漫画内に出演を果たしている。


漫画1991年から週刊少年チャンピオンで連載。(「範刃牙」と「刃牙道」との間で1年半ほど中断期間あり)タイトルが途中で3度変わっている。
1991年-1999年グラップラー刃牙」全42巻+外伝1巻
1999年-2005年バキ」全31巻+特別編1巻
2005年-2012年「範刃牙」全37巻+外伝1巻
2014年-「刃牙道

1994年OVA全一巻が、2001年TVアニメ48話が作られた。
2016年12月6日、「刃牙道」14巻にオリジナルアニメDVD付きの限定版が発売される。限定版は全受注生産で、予約申し込みは10月6日に終了した。

主な登場人物ッ!

範馬勇次郎 - 乃村健次
ご存知地上最強の生物の直撃を受けても全くダメージを受けないが、麻酔には負ける。
刃牙(はんま ばき) - 菊池正美[TV]、山口勝平[OVA]
主人公範馬勇次郎息子にも敵だと言わせるほど成長する。400M・800M世界記録保持者。原始人にで勝とうとするがえるを誇る原始人相手にはやはり謀であり、腕のを粉々に砕かれ敗北した。その後、ウ〇コと戦ったり、ゴキブリ師匠扱いする等凡人には理解不な領域に到達しつつある。
少年漫画浦安鉄筋家族」にて園垣(ハナゾノガキ)という名前のパロディキャラも存在する。
愚地独歩おろち どっぽ) - 麦人[TV]、[OVA]飯塚昭三
勇次郎に片眼つぶされたり、ドリアンに利き手切断されたり不幸な人。息子は原始人に片腕を食われやっぱり不幸。最近通り魔的な活動に勤しむ。
烈海王 - 安井邦彦
バキ史上最高のツンデレ。後に原始人に勝負を挑むも敗北し、片足を食われた。原始人に喰われた後にもう一度食う事を勧め、その心意気には原始人も涙するほど。後に拳法プロボクサーに挑む。
バケツ一杯のに大量の果糖を入れ、それを素手でかき混ぜた砂糖デザートといいはるお方。飲むんだッッ!
花山薫 - 中田
山組組長。13歳にしての腕を握撃、15歳にして二代組長、19歳にして中でに勝利する。外伝では主人公を務めている。原始人によると当時好敵手だったトリケラトプス並のパワーらしい。好物はナッツチョコクッキーオムライスワイルドターキー。見たはどっからどう見ても戦錬磨のヤクザだが実年齢は19歳と若い。未成年ながら堂々と飲喫煙を嗜むが見たが未成年少年には見えないので怪しまれたりはしない。バキ二の親友。
本部以蔵 - 小室正幸
本部流柔術創始者。史上最高の解説者。トーナメントではあっさり敗退しているが死刑囚編では大活躍している。
本部が強くて何が悪い。

大百科に記事のある登場人物ッ!

関連動画ッ!

トークショーッ!

一挙放送ッ!!

  

関連商品ッッ!!

クォミュニティィィィ!

関連項目ッ!

外部リンクッ!


【スポンサーリンク】

携帯版URL:
http://dic.nicomoba.jp/k/a/%E3%82%B0%E3%83%A9%E3%83%83%E3%83%97%E3%83%A9%E3%83%BC%E5%88%83%E7%89%99
ページ番号: 411933 リビジョン番号: 2458900
読み:グラップラァバキ
初版作成日: 08/07/29 23:55 ◆ 最終更新日: 17/02/13 10:41
編集内容についての説明/コメント: 関連項目に「哀Believe」追加
記事編集 / 編集履歴を閲覧

この記事の掲示板に最近描かれたお絵カキコ


サイン

ようねん

とば

この記事の掲示板に最近投稿されたピコカキコ

ピコカキコがありません

グラップラー刃牙について語るスレ

2186 : ななしのよっしん :2017/05/23(火) 01:01:26 ID: fuJKBiWbfu
普通にそうなんじゃとも思う
勇次郎がで体をられちゃってるから山がに少しでも対抗出来ちゃうと体面では山>勇次郎になっちゃうし
2187 : ななしのよっしん :2017/05/23(火) 01:07:36 ID: KmWKxh2Uui
そもそも筋肉では勇次郎かそれ以上のビクルをっちゃってるからなあ
2188 : ななしのよっしん :2017/05/23(火) 01:11:02 ID: vWTdiUSk5Z
結構前のレスにあったけど
で掴んだ勇次郎に、られながらも体って止めたピクル
もうネタいからどうしろっていうね

まあ、何時も通りに攻撃くらって擬態とかやりだす可性もあるけど
2189 : ななしのよっしん :2017/05/24(水) 14:54:46 ID: 1d7GGJKJHV
>>2182
自分のを見直すとかやってたのに、準備してはいけないとかやりだしたバキもそうだけど
強者の余裕ならともかく、自分より強いに挑まなきゃいけないのに鍛えちゃいけないって頭大丈夫なのかと思うわ
2190 : ななしのよっしん :2017/05/24(水) 18:27:26 ID: UmJgSvsdYa
B級妖怪「今のおまえに足りないものがある。危機感だ。 お前もしかしてまだ…自分が死なないとでも思ってるんじゃないか?」

本部もそうだけど必死さってのがいよね
2191 : ななしのよっしん :2017/05/24(水) 19:01:15 ID: gQO4+0y7fF
次回で対面するとしても最後のページでとかじゃねえかな……
2192 : ななしのよっしん :2017/05/24(水) 19:21:28 ID: qmoCNpm8PU
>>2189
山の理屈は格好いいといえば格好いいんだけど、明らかに相手が格上でおまけに負けたらヤバイことになるという状況でもこの理屈を通そうとしてるのはなんだかなぁって感じがするんだよな
今回の場合他人の拭い(しかもSTAT達は全然マトモに戦ってない)で、ガチ勝負で負けると死ぬ可性が高い相手だから尚更
まぁ今度もベストバウト(笑)みたいになにがなんだかよくわからない勝負になる可性は十分あり得るので、山理論が通用するかもしれないが…

バキの方は当たり前のようにデバフが掛かるから準備とかしなくても全然気なんだろう
2193 : ななしのよっしん :2017/05/24(水) 22:05:36 ID: teCSmnLwAK
山の持>命に対して、最近は達人含めキャラの間で命>持みたいなとこがあるから、儘を通す点ではそれでいいと思う。

刃牙武蔵の振る舞い見る限り、ある特定の戦いに備えて用意したり鍛える時点でいつもの自然体で挑んでこそって感じだし(それができる勇次郎みたいなのこの強者で、用意しまくった本部は逆)、ある意味普段から鍛えない山がその極致だから、そういう話の展開には繋げられる。
2194 : ななしのよっしん :2017/05/24(水) 22:36:56 ID: gQO4+0y7fF
でも正直この上山まで死んで面い展開になりうるかっつったら不安しかないよ
しゅごキャラと先に当たったジャックは悪運が強いと思う
2195 : ななしのよっしん :2017/05/25(木) 06:26:46 ID: zNG2VMFzq5
本部に負かされて結果命拾いこそしたものの、ジャックは強キャラポジとしては全に死んだな。
ピクルともども、あんな負け方じゃあ今後はもはやかませ犬にもなれないだろう。
  JASRAC許諾番号: 9011622001Y31015