単語記事: グラップラー刃牙

編集

グラップラー刃牙とは、板垣恵介の格闘漫画およびそれをもとにしたアニメーションのことである。

概要ッッッ

スポーツ漫画」における現代のスタンダードの一にして25年以上連載しているロングランシリーズ

格闘技としては一つの拳法・体術に拘らず、総合格闘技、果てはノールールな“喧”というレベルまで下げることでそれぞれの人物の心技体を描き出すスタイルを取り続けていた。
また、尾に「ッ」や「……」を多用し、キャラクターの覇気を表現したり、箇条書き式に較対を列挙する表現法も良くネットパロディにされるエッセンスの一つである。

主人公である範刃牙の成長物語を中心としたスポーツ(格闘)漫画として進行してゆくが、一貫して「人間の素らしさ」というものを“身体を使った闘い”というレンズを通して描き続けている作品であり、そのテーマの深さもあって、人を引き付ける一大作品となっている。

その影は大きく、連載している週刊少年チャンピオンが他誌と較して異常なほど、「喧不良漫画含む)」「格闘」「熱血」に傾倒しているのはまさに『だいたいこいつのせい』。
また、「そんなふうに考えていた時期が俺にもありました」など、ネットパロディにされる台詞が多いのも、本作の人気を物語っているだろう。

名人にもファンが多く、「餓狼伝」で板垣恵介氏と一緒に仕事をしている夢枕獏氏も本作のファンであり、一緒に仕事ができるとあって大層喜んだことを「餓狼伝」のあとがきにて述べている。また、タレント関根勤氏も本作のファンであり、板垣恵介氏とも交流があることから、本人役で漫画内に出演を果たしている。


漫画1991年から週刊少年チャンピオンで連載。(「範刃牙」と「刃牙道」との間で1年半ほど中断期間あり)タイトルが途中で3度変わっている。
1991年-1999年グラップラー刃牙」全42巻+外伝1巻
1999年-2005年バキ」全31巻+特別編1巻
2005年-2012年「範刃牙」全37巻+外伝1巻
2014年-「刃牙道

1994年OVA全一巻が、2001年TVアニメ48話が作られた。
2016年12月6日、「刃牙道」14巻にオリジナルアニメDVD付きの限定版が発売される。限定版は全受注生産で、予約申し込みは10月6日まで。

主な登場人物ッ!

範馬勇次郎 - 乃村健次
ご存知地上最強の生物の直撃を受けても全くダメージを受けないが、麻酔には負ける。
刃牙(はんま ばき) - 菊池正美[TV]、山口勝平[OVA]
主人公範馬勇次郎息子にも敵だと言わせるほど成長する。400M・800M世界記録保持者。原始人にで勝とうとするがえるを誇る原始人相手にはやはり謀であり、腕のを粉々に砕かれ敗北した。その後、ウ〇コと戦ったり、ゴキブリ師匠扱いする等凡人には理解不な領域に到達しつつある。
少年漫画浦安鉄筋家族」にて園垣(ハナゾノガキ)という名前のパロディキャラも存在する。
愚地独歩おろち どっぽ) - 麦人[TV]、[OVA]飯塚昭三
勇次郎に片眼つぶされたり、ドリアンに利き手切断されたり不幸な人。息子は原始人に片腕を食われやっぱり不幸。最近通り魔的な活動に勤しむ。
烈海王 - 安井邦彦
バキ史上最高のツンデレ。後に原始人に勝負を挑むも敗北し、片足を食われた。原始人に喰われた後にもう一度食う事を勧め、その心意気には原始人も涙するほど。後に拳法プロボクサーに挑む。
バケツ一杯のに大量の果糖を入れ、それを素手でかき混ぜた砂糖デザートといいはるお方。飲むんだッッ!
花山薫 - 中田
山組組長。13歳にしての腕を握撃、15歳にして二代組長、19歳にして中でに勝利する。外伝では主人公を務めている。原始人によると当時好敵手だったトリケラトプス並のパワーらしい。好物はナッツチョコクッキーオムライスワイルドターキー。見たはどっからどう見ても戦錬磨のヤクザだが実年齢は19歳と若い。未成年ながら堂々と飲喫煙を嗜むが見たが未成年少年には見えないので怪しまれたりはしない。バキ二の親友。
本部以蔵 - 小室正幸
本部流柔術創始者。史上最高の解説者。トーナメントではあっさり敗退しているが死刑囚編では大活躍している。
本部が強くて何が悪い。

大百科に記事のある登場人物ッ!

関連動画ッ!

トークショーッ!

一挙放送ッ!!

  

関連商品ッッ!!

クォミュニティィィィ!

関連項目ッ!

外部リンクッ!


【スポンサーリンク】

携帯版URL:
http://dic.nicomoba.jp/k/a/%E3%82%B0%E3%83%A9%E3%83%83%E3%83%97%E3%83%A9%E3%83%BC%E5%88%83%E7%89%99
ページ番号: 411933 リビジョン番号: 2382895
読み:グラップラァバキ
初版作成日: 08/07/29 23:55 ◆ 最終更新日: 16/07/13 13:37
編集内容についての説明/コメント: 概要にアニメ化について加筆など、関連項目微修正、関連リンク1つ追加
記事編集 / 編集履歴を閲覧

この記事の掲示板に最近描かれたお絵カキコ


サイン

ようねん

とば

この記事の掲示板に最近投稿されたピコカキコ

ピコカキコがありません

グラップラー刃牙について語るスレ

1281 : ななしのよっしん :2016/06/28(火) 08:49:19 ID: giSXs8Ksl0
>>1279
アライJr.の時もそうだったけど「いやどう見ても◯◯が圧勝しなきゃおかしいでしょ…」みたいな対戦カード
作中のキャラにあれこれ言わせて「勝敗が全く読めない好カード」見たく扱うのはどうにかならんのかね
吉岡一門を一人で制圧した」と「素手で体長13m体重6tの恐竜を屠った」を同列に扱ってるのも凄く変だし
1282 : ななしのよっしん :2016/06/28(火) 13:08:08 ID: KrmlTFgsGL
正直いくら「こいつは強い」って前振りしても「いや過去キャラのがもっとすごい事やってるやん」ってなるな
板垣は本当に演出が下手くそになったと思う
既存キャラすことでしか新キャラの強さを表現できないみたいだし
1283 : ななしのよっしん :2016/07/03(日) 09:12:52 ID: e2qBEnv1py
演出と言うかハードル上げすぎて何か凄いことをしてもそれあいつらでも出来るんじゃね?って思ってしまう
1284 : ななしのよっしん :2016/07/05(火) 14:29:03 ID: OAu/FnjlFy
>>1282
>いや過去キャラのがもっとすごい事やってるやん
>>1283
>それあいつらでも出来るんじゃね?

ほんとこれ。まあ武蔵に関しては本当に勇次郎と同等以上の実があるんだろうが、そのへんが上手く描けてないな。
1285 : ななしのよっしん :2016/07/06(水) 23:21:21 ID: qsqu40Md7u
>>1281
アレだ。きっと吉岡一門は全員がT-レックスを上回るSAMURAIだったんだw
ひとりひとりが武蔵級or準武蔵級で、刃牙に勝てるレベルの猛者だったと。
1286 : ななしのよっしん :2016/07/08(金) 12:00:42 ID: MP9DJrKE3+
最近バキグラビアすぎて笑うw
1287 : ななしのよっしん :2016/07/10(日) 01:07:12 ID: e2qBEnv1py
12巻買ってきたけど五分で読み終わってしまった…やっぱり板垣作品は2、3巻貯まった後でまとめて読む方が正解なんだなと思った。
1288 : ななしのよっしん :2016/07/16(土) 01:08:45 ID: gWl/CUZoxG
静画で試しに1巻読んだけどすげえな、格闘技の見所としてベスト間を止め画でばっちり捉えてるって感じがして。でもって止め画なのに躍動感がすごくて本当に動いてるように錯覚するシーンもあるくらいだ。そしてこれをリスペクトする浦安作者の気持ちも分かる
1289 : ななしのよっしん :2016/07/21(木) 23:42:36 ID: D5806E5j3i
今週の物の話は餓狼伝文七vs一でやったみたいな話かな?
1290 : ななしのよっしん :2016/07/22(金) 02:10:42 ID: pbyQoRlj5s
>>1288
マジでこれに尽きる
どの間のポーズが最高なのかを決めるチョイスが最高だよな
読んでると体が熱くなる

チャンピオンの方向性を決めたと言われる程の影も納得する出来
  JASRAC許諾番号: 9011622001Y31015