単語記事: グラディウスV

編集

未知なる領域へ!!

グラディウスVとは、2004年7月22日PlayStation2専用ソフトとして発売された、横スクロールシューティングゲームである。

概要

グラディウスシリーズメジャーナンバリング5作であり、庭用タイトルでありながら、従来のシリーズに即したアーケードライクなゲーム設計になっている。従来の文法を踏襲しつつも、新要素を多数盛り込んだ意欲作。

開発のトレジャー(というか当時在籍していたゲームデザイナーの井内ひろし氏)の個性がよく表れており、豊富なパズルギミック、硬質なグラフィック演出、アーケードスタイル相応の難度が特徴。崎元仁氏による、オーケストラサウンドシンセサウンドが組み合わさった、スペースSFの雰囲気を演出するBGMも非常に印的である。

2004年GAMESPYのGame of the Year PS2部門6位、PS2シューティングゲーム賞受賞作。

システム上の特徴

基本ルールは『グラディウス』項を参照。
下記オプションコントロール旧作との最大の違いである。 

オプションコントロール

グラディウスV最大の特徴。
オプション操作ボタンを押している間、オプションの挙動を特殊なものに変更できる。

4タイプある特性(後述)に応じ攻略スタイルも変わり、ステージの違った趣を楽しむことができる。本作ではこの要素を活用して切り抜けるギミックが数多く用意されている。

従来のシリーズでもIIIフォーメーションオプションや、NEO等でフォーメーションの変更は可だったが、本作ではこれをさらに強くフィーチャーしており、中でもオプションを好きな形で固定できるFREEZEは安定した性を誇る。

ノーオプションコントロールクリアという遊び方もあるが、よっぽど腕に自信がある人か、こだわりのある人向け。

その場復活

自機アウト時は、初期設定では『沙羅曼蛇』等と同様その場で復活する。
アウト前に取得していたオプションは前方に放出され、復活した自機が回収することができる。

従来通り、決められたチェックポイントからリスタートする戻り復活形式にすることも可若干チェックポイント間隔が長い・その場復活前提のバランスオプション回収不といった点から、より険しいとなる。

2P同時プレイ

沙羅曼蛇シリーズや『グラディウス外伝』等に搭載されていた2P同時プレイが、メジャーナンバリング実装

オプションの保有数に制限がかかり、2プレイヤー合わせて4個で、相手のオプションを譲り受けるにはアウト時に放出されたオプションを回収するしかない。オプションがモノをいうゲームなので、計画的に分配したい。
『外伝』と違い、オプションが計4個った時点で両者パワーアップ打ち止めとなり奪う貰う事も出来ない点に注意。相方ミスして放出したオプションうっかり触れてしまったらも当てられない。

なお2Pの機体は赤色ビックバイパーだが、2P側のみの一人で遊ぶ事も可ではある。

パワーアップカプセルの得点

パワーアップカプセルに1個800点という、シリーズ中でも高めの得点が設定されている。
安全に行くなら装備を固めたらフォーフィールド(かシールド)でカーソルを止めるのが常だが、スコアを狙うならば、ちょっとスリリングな時間が増えるかもしれない。


ステージ

全8ステージステージ8クリアで次の周回にループする。1ステージの内容はシリーズの中でも長めで、通しプレイすると1周当たり1時間程度のプレイ時間になる。グラディウスIIIと同じくらい。
作り手の意向かステージの都合上か、全般的にバクテリアン軍の技術わせるのステージが多く、火山面・モアイ面がない。
ビックバイパーグラディウス上での戦闘を描くステージがあるのも特徴。イカルディウスとかグラバーガンとかいわれるのも分からなくはない。


自機 ビックバイパーT-301(Vic Viper T-301)

今作の主人公機。当代のビックバイパー初心者がよく勘違いするがビッグではなくビッバイパーである。
イケメンボイスグラディウス人と、メカメカしいコンピューターが乗っている。2Pでプレイする場合はい色になるが、「ロードブリティッシュ」ではなくそっちもビックバイパー

オプションコントロール搭載・ノーマルショット連射数倍増・当たり判定小さい・減速機搭載・0速でちょっとは動ける、と基本性善が著しく、シリーズ中でも相当強な部類に入る。
しかし肝心な「向きを変えられない」「Z軸移動ができない」「パワーアップエネルギーをはじめから充填していない」「防御機構がないと一発アウト」といった部分については、ゲーム仕様全く善されていない。その辺はエアフォーデルタBWKでもやって慢しよう。

2面デモより、Vのゲーム中「ビックバイパーT-301」は1機しかいないはずなのだが、途中で何度やられても途中で1Pやめて2Pで続けて機体の色が変わっても、通して同じ機体ということになっている。

通常版に付属していた小冊子「ビックバイパー開発史」の設定に基づくと、T301は「ビックバイパー量産型(T)」の「兵装・機動強化したシリーズ(T300)」のほぼ最初のロットということになりそうだが、グラディウスV自体がこの設定にどこまで基づいているのかは不明。

パワーアップ

従来通りパワーアップカプセルを現地で調達して、内蔵装備を発動させる仕組み。メーターも6種類。
デフォルトパワーアップゲージは、オプションコントロールタイプに対応した4種。1周クリアゲージエディットが解禁される。

SPEED UP MISSILE DOUBLE LASER OPTION ?
TYPE1 スピードアップ ミサイル ダブル レーザー フリーズ フォーフィールド
TYPE2 2ウェイミサイル イルガン ディレクション
TYPE3 イーグルインド イルガン スペーシング
TYPE4 2ウェイバック ダブル ローテート

OPTION CONTROL

フリーズ(FREEZE)

オプションを埋め込んで攻撃することが最も容易。
体感的に操作しやすく、とにかく一周したいプレイヤーはまずコレを選んで間違いはい。
コアボスも地形の影も怖くない万

ディレクション(DIRECTION)

オプション形に作用しない一のオプションコントロール
よって、適切なオプション配置、スクロールを利用した捻じ込みといったテクニックを要されるのが最大のネック
操作難度は全オプションコントロール最高クラスパターン化の緻密さがめられるが、 
全方位に発射できる火力による掃除、中での殲滅は他のタイプの追随を許さない。 

スペーシング(SPACING)
  • 通常:オプションは自機の上下に状(>のフォーメーション)に固定配置される。
  • 特殊:押すごとに間隔を広げる、ないしは狭める。

一自機の軌に沿ったトレース配置にならない「フォーメーションオプション」。
オプションの上下伸長により、画面全体を埋め尽くす脅威の制圧を実現している。
間隔の最小はゼロなので一点集中配置も可であり、その切替操作も容易。
最大の欠点は方向にオプションが伸ばせないことに起因する障物への弱さ。
要塞ステージといった、障物裏のハッチの多いエリア門となる。

F・オプションサンダークロスエモン・5。天使型アーンヴァル等、第二の伝統フォーメーションといえる
煩雑なコントロール操作が不要なのでグラディウス初見プレイヤーにもおススメできるタイプ。 

ローテート(ROTATE)
  • 通常:オプションが自機の挙動をトレースする。
  • 特殊:押している間、オプションが自機の周りを回転する挙動に変わる。押すごとに回転方向も変わる。

追従の通常モードから、ワンボタン火力を集中させることの出来るタイプ
自機の周りの安全確保に長けているが、攻めるときは自機を動かす必要がある。
火力の集中には優れるが、火力の分散、死への攻撃は総じて苦手。
1周クリアならば敵の体当たりに対して強い分安定するが、高次周では最も上級者向け

応用操作として、操作ボタンを連打することで自機座標にオプションを集中することもできる

また、タイプにより(ノーマル)レーザー仕様が変わる(後述)。

SPEED UP

スピードアップ・イニシャルスピード(SPEED UP/INIT.SPEED)

5段階まで移動速度を上げる。最高速の段階でINIT SPEEDに変化し、選ぶと0速に戻すことができる。
速戻しが標準で実装されるだけでなく(初出はSFCIII裏技)、低段階でも十分な速度が得られる。
さらにアナログスティックで軽く傾ければゆっくり動ける…と至れり尽せり。

MISSILE

ミサイル(MISSILE)

下方に射出し、地面に着くと滑るミサイル。足は生えていない。
使ってると上が欲しくなるが、今回は攻撃範囲を広げる方法は豊富なのでそこまでは困らない。
単発タイプなのでコア埋め込んでの接射にも向いている。

2ウェイミサイル(2WAY MISSILE)

上下に滑らないミサイルを撃つ。攻撃範囲拡大のおとも。
オプションないとき、あるけど上下にあまり動きたくない時に頼もしい。

イーグルウインド(EAGLE WIND)

上と地面のうち、自機・オプションの近い方にミサイルを撃つ。かつての「ホークインド」と同じ。
一見至れり尽せりだが、上にいるときに下、下にいるときに上には撃てない。
概ね困らないけど予想外のことが起きないように注意。
フォーメーションオプションの発展であるスペーシングとの相性は抜群。

2ウェイバック(2WAY BACK)

2ウェイミサイルを後方に発射する。元はSFCIIIエディット専用装備。
使い方次第ではあるが、どちらかというと防御用の趣が強い。
なおタイプ4はDOUBLEもテイルガンではないので、後ろはガラき。

スプレッドボム(SPREAD BOMB)【エディット専用】

前方下に投下され、着弾すると爆発するミサイル
今回は放物線が小さめで狙いはつけやすい方だがそれでも要慣れ。だが爆発が威・範囲共に大変強
回転率は悪いが、雑なオプション捻じ込みでも爆ダメージになるため、地形裏への火力に貢献する。
エフェクトで着弾点が見づらいことこの上ないが、頼もしい装備。 

フォトントーピード(PHOTON TORPEDO)【エディット専用】

下に投下され、地面を滑耐久1のザコを貫通できるミサイル
投下挙動以外はほぼミサイルの上位版。

フライングトーピード(FLYING TORPEDO)【エディット専用】

IVで登場した新兵器
ミサイルボタンを押している間上下に広がり、放すかミサイルが地面にぶつかるとそこからまっすぐ飛ぶ。
便利だが使いこなすにはショットミサイルボタンを分ける(デフォルトは統一)のが前提。

DOUBLE

ダブル(DOUBLE)

前方と斜め上に撃つノーマルショット
ノーマルショットが4連射になったので、ダブルの時も各方向に2連射する事が可
2発同時は伊達ではなく、埋め込んで接射するとレーザー以上の火力になるので意外と使いどころは多い。

テイルガン(TAIL GUN)

前方と後方に撃つノーマルショットダブルと並ぶ定番装備。
オプションなしで後方を攻撃できる一の手段。
接射時の威若干下がるかもしれないが安定性は上がる。

ヴァーティカル(VERTICAL)【エディット専用】

前方と上に撃つノーマルショットIIIより登場。
従来より上を撃つ手段が増えたので若干優位性は下がったが、便利。
ダブルとどっちにするかはお好みで。

フリーウェイ(FREE WAY)【エディット専用】

前方と最後に移動した方向の2つに攻撃するダブルIIIより登場。
今回は方向定が段階になっており弾幕れるが、その分方向変更が鈍る辺りは寧ろ足かせになる事も。
ディレクションと併用すると両方の方向定が反映され駄に混乱するのでお勧めはしないが、一度使うと面い。

スプレッドガン(SPREAD GUN)【エディット専用】

斜め上と斜め下に撃つノーマルショット
2つのショット度はダブルと同程度。より端的に言えばダブルをちょっと下向きにしたものである。
なので出典のIIIべると攻撃範囲は広いが、前方ショットを足した3ウェイには出来ない。出来たら便利そうなのに
オプションコントロールカバーしないと相当つらい。

LASER

レーザー(LASER)

ビックバイパー徴する、細く鋭く敵を貫く兵器デフォルト装備タイプは全部コレ。
今作は攻撃範囲をカバーするオプションコントロールの恩恵に加え、元の威も高く非常に頼れる存在。

ビックバイパー本体から発射されるものと、フリーズとスペーシングの場合は一定間隔で途切れるがワインダー(軸をえる機を利用した地形裏への攻撃)ができる従来、ディレクションとローテートの場合は上下移動時にワインダーせずにしなり、常に途切れないものになる。

リップルレーザー(RIPPLE LASER)【エディット専用】

範囲に優れ威控えめの小波レーザー。輪っかの中をくぐられても多分大丈夫
今までその高い安定性レーザーのだらしなさ故に定番装備として活躍してきたが、今作ではおまけ装備扱いに留まる。そのため手を抜いた自重しなかった為か、距離例して攻撃範囲もとんでもなく大きくなる。
ディレクションで上下に撃ってベクトルレーザーごっこをしても楽しい。

エナジーレーザー(ENERGY LASER)【エディット専用】

溜め撃ちショット。簡単に言うとACIIIの長いチャージ時間とSFCIIIを併せ持つ性
耐久が大幅に増したはずのボスですら、きちんと溜めたこの武器の前には殺される事となる。
チャージ自体は好きなだけ可だが、チャージ中に攻撃判定はないので体当たりは出来なくなっている。
エネルギーの気体を射出するようなエフェクトも相俟って別シリーズの波動砲を髣髴とさせるところ。
但し本作独自の欠点として連射性が落ちており、これは溜めずに撃っても例外ではない。
そのためノーマルショット代わりの運用は出来ず、敵がいっぱい出てくる面では厳しい。
その手数の少なさをミサイルで補う事が出来れば素敵なライフが待っている。特にヴァー様と心臓

ファイヤーブラスター(FIRE BLASTER)【エディット専用】

MSXシリーズの人気者である火炎放射器が本土上陸。今回はちゃんと攻撃判定はある。
射程が短いが、攻撃が高く且つ途切れずに打てるので、接射出来る場合は強い。
つまりフリーズと相性がいい。ローテートは見た通り火のになる。
射程が短いので結局のところ実践的とは言い難いが、燃え滾るで使いこなすプレイヤーもいるとか。 

?

フォースフィールド(FORCE FIELD)

IIからシールドのおを奪い、ついに標準タイプの固定装備に上り詰めたらがFF
全方向からの攻撃に3発まで耐えられる。ゆっくり触っても地形には
よほどこだわりがなければこれでOK。

シールド(SHIELD)【エディット専用】

Iから登場する由緒正しい装備なのに、今回はいよいよエディット専用装備に。
汎用性の低さから時点から相当不遇扱いされてきた結果がこれだよ!!
前方に2個耐久の高いシールドを装着し、且つそれぞれ独立した耐久を持つ。
使い慣れればそれなりに頼もしいが、り替えるには2個とも使い切る必要があるのが…。

メガクラッシュ(MEGA CRUSH)【エディット専用】

ポータブルカプセルメガクラッシュって名前はカプコンロストワールドが初出らしいよ。
7番にあるならともかく、バリア系装備と引き換えの価値があるかは…。
事実上のノーシールド縛り
まあ、バリアメガクラッシュ自体もパロディウスのウパという前例がある。カプセルと言うより簡易ベルだが


敵キャラ

ラストボス

ベノム(VENOM)

かつて「ベ」ノムと呼ばれたもの(テロップまま)。ステージ8のボス
多分ヴェノム博士と一緒だけど、別人かもしれない。
仕事と撃破後に仰ることは今までのラスボスと大体一緒。伝統芸能ですからね。
「I just すぐ怒られちゃう」 仕方ないね。 

ステージボス

ビッグコアMk-I Rev.2(BIG CORE Mk-I Rev.2)

1面ボス。最初はコア1個だが、2周以降は左右にコアがついて全な輪っかになる。別名視コア
その輪っかでビックバイパーを囲い込み、イオンリングプラズマ弾で全周囲攻撃を仕掛けるイオンリング台をすべて破壊すると発狂して常時プラズマ弾を撃ってくるため、高次周での台は放置される。これでも1面ボスなんです。
台ごと機体がふらふら動くうえ、イオンリングはかき消されるのを前提にバカスカ撃って来、台を全部壊すと発狂するため、漫然と撃ってるだけでは背中から飛んできた弾に撃墜される。
初心者オプションコントロールを教える教官的な立場のボス

ビッグコアMk-IV (BIG CORE Mk-IV)

2面ボス。ついに出てきたビッグコア正統後継機種。Mk-IVなので当然クアッドコア
Mk-IIのアームを遠隔操作にしたような形で、多攻撃したり、やっぱり囲い込んだりする。
まじめにやると結構危険なので、大体火力を見せつける前に殺される。

グランドスパイダー(GROUND SPIDER)

3面ボス。倒せるカニシリーズ初の上から来るから気を付けるべきボス
を下りながら、足と台と回避不ビームをコンテナのようなものでかわして戦うことになる。
グラディウスというタイトルながら、製作スタッフの出自を隠しもしないギミックが実にVらしいボス

ヒュージハート(HUGE HEART)

4面ボス。デカい心臓。巨大バクテリアン心臓部…らしい。なぜか呻く。
リアのようなものに覆われているが、上下動する細胞を潰してやると一定時むき出しになる。
上下2個ずつ計4つあるから、とかプロミネンスとか電撃ちくわ()とかバスクリン(バクテリアンつぶ)を出す。
その死に際はえらく手で、血しぶきをまき散らしながら爆発四散するため、よく「手術失敗」と揶揄される。

ブラスターキャノンコア(BLASTER CANNON CORE)

5面ボスビッグコアブラスターキャノン台を付けたと思しき機体で、かなりの強敵。
隕石を掻い潜る前半は飛んでくる隕石のため事故りやすく、コアも容赦なく爆弾をまき散らすため終始気が抜けない。
そして後半戦こそがこのコアの恐れられる部分で、どっかの蜂様も泣いて土下座する密度の弾幕を撒き散らす。
弾幕は浮遊する隕石に当てれば消えるため、さっきまで手に壊していた隕石を今度はにする必要がある。

やってること自体は体当たりとショットビームのみという正統派で強ボス
しかしじゃがいものような隕石の方が印深いため、「コア」なんて言われている。

カバードコアMk-II(COVERED CORE Mk-II)

6面ボスカバーコアの後継機。周回数と共に増える5~14個のコアのおかげでやたらタフ。
カバー耐久性は元に戻ったが、今度は全なが開いている。

まじめにやると大量に撒かれる微妙速度ミサイル弾幕が濃く、結構手強い。
だが、コアと本体に安地となるスキマがあるので、上級者にとってはただのでかい的になる。
セクシーパロディウスの最終面のコア?あれはノーカンで。 なおオトメディウスにも出演。

エレファントギア(ELEPHANT GEAR)

7面のボス。ただ前ボスキーパーズコア鬼畜の極み(後述)なのでおよそボスとは意識されない。
シリーズ伝統のカニ(多脚ボス)。ダッカー他の弾が飛び交う中で足を避け、関節部のコアを破壊することで倒せる。
お相手する足は片脚のみだが、片方破壊するとバランスを失うのか全部壊れて跡形もなくなる。

中ボス

デスMk-III(DES Mk-III)

2面ボスラッシュ1番手。外伝では寄生されて2個つなげられたりしたやつ。
中ボスなので控えめだが、手堅い攻撃を撃ってくる。外伝と違って今回はべったい。

テトラン(TETRAN)

2面ボスラッシュ2番手。みんなのアイドル
足の使い方が随分器用になり、ワイショットや回転弾幕りといった芸も見せる。
アスキーアート化され、お茶を高速で配って回る姿を見ることができる。

ビッグコアMk-II(BIG CORE Mk-II)

2面ボスラッシュ3番手。ビッグコア後継機種。
今回はちょっと度をつけての攻撃もできるようになった。技術進化の恩恵。

ローリングコア(ROLLING CORE)

6面ボスラッシュ1番手。グラディウスIV代表だが、BGM出張できなかった。
IVではなかなかの強敵だったが、本作1周では諸々のモーションがゆっくり殺されやすい。
正統派弾壁というべきレーザーを撃ってくるので、切り返しや弾誘導といったSTG基礎を試される部分もある。 

サークルコア(CIRCLE CORE)

6面ボスラッシュ2番手、Vオリジナルトレジャーらしい篭状態に囲い込むギミックを持ったボス
台と地形とごろごろ転がってるコアとその外装にぶつからないようにしないといけなくて面倒。
ただ、転がっているところにオプションを捻じ込まれて遮蔽版を壊されぬまま撃墜というのもお約束といえる。 
転がるコアが接した地形に台を設置していく様はまるで田植えのよう。

ビッグコアMk-III(BIG CORE Mk-III)

6面ボスラッシュ3番手、IIIで数多くのギナ叩き潰した有名ボス
悪名高き反射レーザーは弾速と自機判定の縮小から良く見て避ければ問題ない。
が、しさはIII程ではないが背面攻撃などの新攻撃も備えており、殺できないとなかなか手古摺る。

ビーコン(BEACON)

7面高速エリアボスSFCIIIオリジナルの高速面でボスを務めたコア5つのビッグコア
今回はボールが反射レーザーに変わり、更にナパーム(爆に触れるとミス)を搭載して大幅パワーアップ
敵機と地形スレスレの位置に反射レーザー化する安地が発見されたため評価は落としたが、
安全地帯に入らずに相手にすると、やたらと地形が変化することもあり本作最難と名高いボスになる。

キーパーズコア(KEEPER'S CORE)

7面要塞エリアさんの前にいるコア事実上7面のクライマックス
な装備でクリアを阻むまさしく門番。「コア消化試合」というシリーズの汚名を見事返上した。

第一形態では自機に天井・地面へ突させようとする磁場を発生させるため放っておくとにぶつかって死ぬ。
さらにその中に一杯の弾幕を投入するためうかつに動くと誘導できなくて死ぬ。
3箇所の門を破壊すればよいが、磁場のせいで自由に動けないため自爆待ちするプレイヤーも多い。

第二形態ではコアが露出し、後退するコアを追撃することになるが、背後から「」と呼ばれる障物が飛んでくる。
は破壊できず、当然ながら触れるとミスになるが、コアが配置するレーザー台や弾幕にもなるため、
5面の隕石のように活用して撃破せざるを得ない。
このレーザー台のために正面・直上下方向から攻撃され、初見ではまずミスる。ひどい。

その後、一定時間経つと体当たりを敢行する。この体当たり、コア部を当てるように密着してくるため、
体当たり前にコアを1つ以上つぶしていないと確実に落ちる。ひどい。

以上、複数の要素が絡み合った攻撃をしてくる上に即死攻撃もあるため、極めてパターン化が難しいボスである。 

ザコ


関連用語


関連動画

通常の1周プレイ動画応え十分。

BGR-44氏(エロさん)による高次周プレイ

高次周でのプレイ動画。なお、難度上昇は最大10周まで。

スゴい装備でのプレイ

二人で遊んでも楽しいヨ。

じゃねーよ


関連商品


関連リンク


関連項目


【スポンサーリンク】

携帯版URL:
http://dic.nicomoba.jp/k/a/%E3%82%B0%E3%83%A9%E3%83%87%E3%82%A3%E3%82%A6%E3%82%B9v
ページ番号: 4576532 リビジョン番号: 2432062
読み:グラディウスファイブ
初版作成日: 11/02/28 13:34 ◆ 最終更新日: 16/11/27 09:26
編集内容についての説明/コメント: 誤字修正
記事編集 / 編集履歴を閲覧

この記事の掲示板に最近描かれたお絵カキコ

お絵カキコがありません

この記事の掲示板に最近投稿されたピコカキコ

ピコカキコがありません

グラディウスVについて語るスレ

55 : ななしのよっしん :2015/11/07(土) 15:40:12 ID: jwTpCHztCR
斑鳩よりきついと思うのは自分だけかな
斑鳩ノーマルクリア出来たけどグラⅤはいまだにクリアできてない(イージーではクリアできた)
前二つにべてランダム性が高いのがそう感じる要因なのかな
56 : ななしのよっしん :2015/11/07(土) 21:38:11 ID: o4ntrsrr8i
>>54
でも外伝は(最初はナンバリング欲しかったけど)「外伝」だから開き直れた部分もあったって、当の開発者がポータブルでのインタビューで答えてたし、結果的にはグラディウス外伝で正解だったと思うナー。
VがVなのにも特に異論はないけど
57 : ななしのよっしん :2015/11/19(木) 00:54:23 ID: sbWZsvFnb6
>>55
クリアした順序がグラV→2st4st斑鳩だから
感じ方は人によってやっぱ全然違うだろうな。

最低限の経験値とソードの使いどころさえちゃんとすればクリアできた。
斑鳩システムさえちゃんと理解すれば後は楽しく覚えられるんだけど
それまでがとにかく苦痛だった。
そういう意味ではグラVって地が試される部分がRSシリーズよりも多いのかなぁ
とか感じなくもない。とビーコンとが特に。

でも自分なりのパターンを組んでけば割と一周が近い難易度だと思うよVって。
58 : ななしのよっしん :2015/12/02(水) 16:48:34 ID: vEKRQy7UpT
アーカイブス版操作遅延どうこうより移植失敗しててワロタww
遊べる範囲だから別にいいけどPS2手放せないw
59 : ななしのよっしん :2016/01/05(火) 15:36:04 ID: vEKRQy7UpT
とか言ってたら修正ktkr
60 : ななしのよっしん :2016/05/13(金) 10:42:27 ID: 4O6cCv576o
リップルレーザーのとこ
>ディレクションで上下に撃ってベクトルレーザーごっこをしてもたのしい。

これ「2」アップレーザーダウンレーザーじゃないか?
ベクトルレーザーはリップルと同じく前方に発射されて広がるやつ(ただし貫通性あり)だぞ
61 : ななしのよっしん :2016/06/18(土) 12:46:44 ID: HXqXjrqXmH
Vがグラディウスシリーズで2番に好きだわ
1番は外伝
62 : ななしのよっしん :2016/07/29(金) 13:17:40 ID: YITqXkgbJu
KEPPER'Sだと「ケッパーズ」じゃないか?
63 : ななしのよっしん :2016/11/27(日) 00:34:05 ID: vWfeKeALhk
狭すぎ、敵硬すぎ、弾幕すぎ
敵が柔らかいと面みが出ないのは分かるけど、他二つは爽快感に直結する部分でもう少し何とか出来た気がする
ゲームの方向性としてはこれで間違ってなかったと思う
何故VIを出さなかったのか
64 : ななしのよっしん :2016/11/27(日) 09:08:01 ID: sbWZsvFnb6
その辺の苦難をテクニックで何とかできるかどうかが
評価の別れどころなのかもしれんねVって。

絶理不尽なACIIIにも熱狂的なファンがいるようなシリーズだし
難易度の落としどころは大変だったろうなとは思う。
  JASRAC許諾番号: 9011622001Y31015