編集  

グリズリーマン単語

グリズリーマン

グリズリーマンとは、イギリスドキュメンタリー映画である。

概要

2005年開。
鬼才ヴェルナー・ヘルツォークが手がけたドキュメンタリー映画

アラスカのグリズリー(ハイログマ。ヒグマの一種)保護に尽しながら、リズリーに喰い殺されるという末路を辿った動物保護運動ティシー・トレッドウェルアラスカで過ごした13回のを辿る。

『アギーレ/の怒り』『フィツカラルド』など、手がけた作品の多くで人間が自然に負ける・殺される様を描き出してきたヘルツォーク監督の手腕が、遺憾なく発揮されている。

ティモシー・トレッドウェル

本作でその運動と末路が描かれた、グリズリー保護運動
減少する(と彼が思い込んでいた。実際は適切に保護がなされており、彼の保護活動はバランスを崩す行為でしかなかった)アラスカのグリズリーを保護するために様々な活動を行った。

ヒグマの危険について、知ってはいても理解はできていない節がある。映画の冒頭は、危険を顧みずにカメラ片手に彼がヒグマ前にまで迫った映像から始まっている。
ほぼ全裸に入り、近寄ってくるヒグマと触れ合おうとしたこともある。
ヒグマに向かって"I love you!""I can die for you!"と呼びかける場面もある。 

一見すると、純で、謀だけの典的な環境保護運動だが、この映画では彼の保護運動への傾倒に隠された様々な事実が明るみに出ている。
すなわち彼は、転落人生の末にヒグマ保護に自分の価値を見出したということである。
元々はダイビングで奨学を得て大学に進学した、中流階級出身の青年だったが、を痛めたことでに溺れリタイア。その後、一念発起して苗字インパクトのある『トレッドウェル』に変え、役者を志すが、人気コメディの最終オーディションにまで勝ち残りながらも脱落し、いよいよ自然保護に拠り所を見出したのだ。

映画の中でも触れられているが、彼は孤高な存在としてのグリズリーに憧れていたのだと言われている。
彼には純環境保護の精など存在せず、彼が保護しようとしたのは、グリズリーではなく彼らに投影した自分自身であったのだ。

そして2003年10月。彼はカトマ国立公園人・エイミー・ヒュグナードと共にキャンプっていたところ、リズリーによって共々喰い殺された

その際にカメラマイクだけが作動しており、その中には、2人の断末魔がはっきりと録音されていた。この映画の中では直接その音が提示されることはいが、その断末魔を聞いた人々の反応が多く含まれており、その生々しさを想像できる。
ちなみにその音ニコニコ含め多数のサイトで確認されいてるが、偽物の可性が高いと摘されている。

関連動画

閲覧注意

件の最期の音記録(と、されているもの)。現在偽物の可性が高いと摘されているが、人によってはショックを受ける可性があるので閲覧は注意されたい。

それまで13回、グリズリーのいるアラスカキャンプり、さらには上述のような危険な行為に及びつつもこのような不幸に遭わなかった彼だが、この年は例外だった。
というのも、それまではに温暖期に活動を行っていた彼だが、この年はグリズリー達が冬眠準備に入る時期まで留まってしまった。これが最大の原因であった。

冬眠を前に食料をめて暴化していたグリズリーは、彼ら2人にも牙を剥いたのだ。

関連コミュニティ

グリズリーマンに関するニコニコミュニティを紹介してください。

関連項目


【スポンサーリンク】

携帯版URL:
http://dic.nicomoba.jp/k/a/%E3%82%B0%E3%83%AA%E3%82%BA%E3%83%AA%E3%83%BC%E3%83%9E%E3%83%B3
ページ番号: 4496561 リビジョン番号: 2422801
読み:グリズリーマン
初版作成日: 10/11/02 21:31 ◆ 最終更新日: 16/10/30 11:41
編集内容についての説明/コメント: 一部表現(滑稽である、頭が残念等)にあからさまな悪意があるのを添削。
記事編集 / 編集履歴を閲覧
このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事の掲示板に最近描かれたお絵カキコ

お絵カキコがありません

この記事の掲示板に最近投稿されたピコカキコ

ピコカキコがありません

グリズリーマンについて語るスレ

48 : ななしのよっしん :2017/06/22(木) 20:53:19 ID: iJJhZJdeIa
最近こういうので
「まぁ、自然界に勝手に入っていった人間が悪いからネッ」
みたいなしたり顔コメ見んのがすき
49 : ななしのよっしん :2017/06/22(木) 20:59:42 ID: iJJhZJdeIa
この人が、死ぬ前はグリズリーの件でどういう評価受けてたんだろ
をどうやってニセモノと断定したんだろ
そういうのも記事にあったら嬉しかったな
50 : ななしのよっしん :2017/07/25(火) 03:43:37 ID: s3jRSz1Rlx
自分の好きなように生きた人として肯定的に見るには、最期が悲惨すぎる
自然保護活動家としても評価し難い気がする
危険な時期に強行して自分以外を巻き込んだのが特に印悪くて

実際の保護活動って客観的でドライ視点も必要だと思うんだが、トレッドウェルはむしろ主観的で動物シンシーを感じる人にありがちなべたべたした面が気になった

レッドウェルはとしての行動は高いかもしれないけど、大方の視線は冷たくても理ないと思った

を隠し持ったりはしなかった点、純だったんだろう
唐辛子スプレーと電柵も使いたがらなかったという
まがりなりにも12回も丸腰で撮影してきたのは、それなりの信念なくしては理かもしれない
だが結局撃ち殺されたクマにとってはどうでもいいことだし
人が身を守るために具に頼る必要性を自分の身をもって示してしまった
51 : ななしのよっしん :2017/07/25(火) 03:58:56 ID: CXjxGvUyBn
信念があろうとやり方が間違ってりゃどうしようもないわな
52 : ななしのよっしん :2017/07/25(火) 04:02:34 ID: NzpyA2FIHA
本当は、いつかこうなると分かってた手の込んだ自殺だったのかもな
自らの死で「グリズリー保護に身をげた英雄」として完成し、後世に評価される人間として終わるつもりでいたんじゃないか
実際は当然の如く悪例として名を馳せたが
53 : ななしのよっしん :2017/12/27(水) 23:46:29 ID: L0e0c/PiWb
48
い、夕日い」レベルの書き込み読んでて、おもしろいの?
54 : ななしのよっしん :2018/01/04(木) 00:48:53 ID: FIovN2UWUg
最近こういうので
「「まぁ、自然界に勝手に入っていった人間が悪いからネッ」みたいなしたり顔コメ見んのがすき」
みたいな高見の見物ぶった馬鹿コメント見るのすき
55 : ななしのよっしん :2018/04/04(水) 07:29:28 ID: zWa9J7G8EZ
クソ記事
56 : ななしのよっしん :2018/04/05(木) 01:56:42 ID: Gi9w/oQbWW
人出来た時点で動物に傾倒するのやめれば良かったのになあ…
人出来ても人に頼るの嫌だったのかな
57 : ななしのよっしん :2018/07/13(金) 14:10:30 ID: n8Cmu9DvXJ
彼がただの人じゃなくグリズリーマンだから人が出来たんであって、
人が出来たからただの人に戻ります、とはいかなかったんじゃない?
急上昇ワード
ニコニコニューストピックス
  JASRAC許諾番号: 9013388001Y45123
  NexTone許諾番号: ID000001829