単語記事: グリーザ

編集

グリーザとは、『ウルトラマンX』に登場する怪獣のようなナニである。

別名「虚怪獣

概要

怪獣グリーザ
登場作品 ウルトラマンX
サブタイトル 第1話「星空
21話「美しき終焉」
22話「の大地」
体長/全長 測定不
体重 測定不
出身地 宇宙

意志も知性もなくただ本の赴くままの生命エネルギーめて宇宙を彷徨う正体不明の存在。
物質からエネルギーまでこの宇宙に存在するあらゆるものを取り込んでに帰すという恐るべき性質を持っており、自身もまた質量ゼロ、熱量ゼロという物理法則上“存在し得ない存在”でありながらまるで何かの生命体のように振る舞っているという不条理の塊としか言い様がない化物である。
人間のには棘の生えたウニのような発体のように見えるが、これもグルマン博士く「自分の理やり可視化させているだけ」との事。

かつて3つのを滅ぼした後、次に太陽系に侵入した所をXに見つかって彼と突。この時はXの手で太陽叩き込まれるが、その際にウルトラフレアと呼ばれる衝撃波が発生し、Xの身体はデータとなって失われ、地球では眠っていたスパークドールズSD)の怪獣達が次々と覚醒する事態が発生する事となる。

それから十数年の間休眠状態になっていたが、やがて活動を再開。“ダークサンダーエナジーDTE)”なるエネルギー波を放ってそれを浴びた怪獣暴化させたり、さらにそのDTEの影異次元からグア軍団が現れるなど様々な事件を誘発していた。

実はDTEとはそのに糧となる生命体が居るかを探るためのシーカーであり、それによって見つけた地球を新たな餌場と定め、本格的な活動を開始する。

第二形態

グリーザ地球での形態で、明滅するマスクのような頭部と胸に一つの発体を持ったヒューマノイド(と言うか宇宙人)に近い姿が特徴。人の笑いともの鳴きとも付かない独特なを発する。
時折身体全体が発したり輪しくブレるような様子を見せ、その挙動もまるで酔拳を彷彿とさせる不自然かつ不規則なものであり、さらに常に周りの間をませていて敵からの攻撃を湾曲させて躱したり、テレポートを繰り返しているかのような動きで相手の虚を突くなど対峙した者を悉く翻弄する。

頭部の発器からはグリーザビームグリーザボルテックスなどの稲妻状の破壊光線を乱射し、胸部と背部の発部からもグリーザダークライトニングと呼ばれる高出エネルギー波を放つ。

大規模なSD保管庫があるXioネバダ基地を襲撃してそこのSD群を取り込むと同時にこの形態となり、次は同じく多数のSDが収められている日本基地に向けて移動を開始。Xioの洋上艦隊を一蹴して日本に飛来し、迎撃に出たエクシードX、サイバーゴモラもその定まらない動きと凄まじい戦闘で苦しめた。

そして追い詰められたXをグリーザアブゾープションで吸収したが、彼が体内でエクシードエクスラッシュを発動させた事で一度はXもろとも消滅する。しかし間もなく再生を果たし、守る者の居なくなったXio日本基地を破壊して全てのSD怪獣達を開放するとその直後に数の手のような触手を伸ばして怪獣達を次々と取り込み、第三形態へと進化した。

第三形態

グリーザゴモラをはじめとするXioが保管していた全てのSDを取り込んで進化した姿。
リムだった第二形態とべて全体的に巨大化しており、さらに全身に数の発体と背中に幾つもの枝のような部位を備えたド手かつシュールオブジェの如き禍々しい形態となっている。

この形態では動きこそだいぶ落ち着いたものになっているが、火力面は大幅に強化されており、取り込んだSDの技を己のものとして使用する他、全身から数の電撃や弾を放つを有するようになる。また、生半可なエネルギー攻撃はそのまま吸収して効化する。

基地を失ってなお対抗するXioメンバーの猛攻撃を物ともせず進撃を続け、アスナの努で復活したXもその取り込んだSDで圧倒するが、エクスラッガーによるコアへの直接攻撃と大地の呼びかけでゴモラSDが反応、さらにそれに呼応して他のSD達もグリーザから分離してしまう。

そしてXは全てのサイバーカードユナイトした“ハイブリッドアーマー体”へとパワーアップグリーザの反撃もそのXには通用せず、最後にはウルティメイトザナディウム線とエクスラッガーの一撃を受けて全に滅び去った。

余談

モチーフは“ゼットン”で、さらにそのデザインにはスペインにあるサグラダ・ファミリア天井部分の造形がイメージとして組み込まれている。

監督が子供の頃に刻み込まれたゼットンの恐怖感をそのまま再現したとの事で、それゆえ“感情が読み取れないマスクのような顔”、“不気味な挙動と仕”、そして“圧倒的な戦闘”と見てる人を畏怖させる要素がてんこ盛りであり、くもシリーズトラウマ要員の一つに数える人も居る模様。

名前の由来は「GREED欲望)」と「GLEE(歓喜)」

関連動画

関連商品

関連項目


【スポンサーリンク】

携帯版URL:
http://dic.nicomoba.jp/k/a/%E3%82%B0%E3%83%AA%E3%83%BC%E3%82%B6
ページ番号: 5389168 リビジョン番号: 2304915
読み:グリーザ
初版作成日: 15/12/23 07:15 ◆ 最終更新日: 15/12/26 03:09
編集内容についての説明/コメント: 記述を一部修正、余談および関連項目に追記
記事編集 / 編集履歴を閲覧

この記事の掲示板に最近描かれたお絵カキコ

お絵カキコがありません

この記事の掲示板に最近投稿されたピコカキコ

ピコカキコがありません

グリーザについて語るスレ

72 : ななしのよっしん :2016/10/10(月) 10:13:18 ID: Da0SXr992z
>>71
ギャラクトロン線の着弾地点やスペリオン線を防いでる時発生させた魔方陣のSEがまんまグリーザなんだよな。
あの歌の女声コーラスのようなSEが美しく不気味
73 : ななしのよっしん :2016/11/11(金) 14:48:18 ID: rpSsZ76nEh
気付けば2010年代も色々な怪獣が出たけどグリーザのやばさはその中でも桁違いだと思う

そもそも「」の存在に対してどう挑めというのかと言う無茶ぶりの塊だし、エクスラッガーのような願望機がければ攻撃を当てる事すら出来ないと言う
74 : ななしのよっしん :2016/11/20(日) 10:32:25 ID: B5CAMtLT29
そもそも太陽に落とされて倒されてる
=攻撃が当たってるんだからそんなに脅威でもないよ
エクスラッガーなしでも対処可
75 : ななしのよっしん :2016/11/26(土) 00:34:08 ID: JTJUl6/8qC
大地とXがエクシードエクスラッシュで特攻してなかったら、ゴモラ達は吸収された時点で消滅してたんだよな・・・
76 : ななしのよっしん :2016/12/26(月) 14:49:52 ID: OlFJAEcsUJ
攻撃を当てること自体は可?だけど、対処するには実体化させないといけないから脅威に変わりないと思う
77 : ななしのよっしん :2017/01/18(水) 16:02:35 ID: HgmYiR9ij5
まぁ本編でもエックスが第二形態を掴んでたし一切の物理効ってわけではいのか?それとも自分にダメージが入らない場合わざとそうしているのか、物理法則視してはいるが何かしらの存在ではあるんだろう、それこそ幽霊とか、ただ通常兵器や単に強いだけの存在は間違いなく餌になるだろうな
78 : ななしのよっしん :2017/01/18(水) 16:28:59 ID: WQCGjwPuCG
名前からして、宇宙の地上げの屋の、戦闘力53万ある方を連想した。
79 : ななしのよっしん :2017/03/05(日) 17:05:29 ID: rPy7lXgqjR
グリーザに触れたのって飛んでる時と復活したばかりの時だけだったと思う。後第三形態。
飛んでても遠距離攻撃は当たってない。
80 : ななしのよっしん :2017/03/05(日) 23:22:14 ID: 7qL8RCmLLc
ニコ生グリーザ(第一~第二形態)登場したけどエックスが特攻するまでどの攻撃も当たってなかったな
81 : ななしのよっしん :2017/03/06(月) 21:43:52 ID: 8V4zI7LaWd
カーレンジャー暴走皇帝エグゾスまんまだな
無敵不死身最強だったのに余計なモノを食べて弱体化
  JASRAC許諾番号: 9011622001Y31015