単語記事: ケルト

編集  

ケルト (Celt) とは、ケルトに属する諸言の話者となる人々の文化、言ルーツとなった古代の人々およびその文化をす用である。現存するケルトとしてアイルランド語スコットランド・ゲール (スコットランドとは別)、ウェールズブルトンがある。マン島コーンウォールは一時的に消滅したが人為的に復活、保存の動きが進められている。

ニコニコ動画ではケルト音楽に関する動画タグ付けされることが多い。 →ケルト音楽

概要

紀元前600年ごろに古代ギリシア人が西方ヨーロッパに住む異文化集団 (人種による区分ではない) を「ケルトイ (よそ者)」と呼んだことに由来する。紀元前400年ごろにはケルト人が西方ヨーロッパに広く分布していたと考えられるが、共通する民族意識を抱いていたわけではなく、地域ごとにそれぞれの文化を発展させてきた。そのうえ、ケルト人の秘的、幻想的なイメージ近代以降、合理批判ロマン義、ナショナリズム等と結びつき、学術的な範囲をえて様々な脚色や曲解が加えられてきた経緯があるため、その実体はつかみにくく、何をもって「ケルト文化」と呼ぶかは曖昧なところがある。

大陸のケルト

かつてヨーロッパ各地に広く分布したケルトのうち、ブリテン諸を除く地域、即ちヨーロッパ大陸ケルト人およびその文化を大陸ケルト(Continental Celts)と呼ぶ。

ケルトインド・ヨーロッパ語族に属する言だが、その祖の発生や波及の過程についてはっきりとしたことはわかっていない。通説では器時代の後期から器時代にかけて中央ヨーロッパに広まったハルシュタット文化と呼ばれる文化様式がその発端であると考えられている。これが後にラ・テーヌ文化へ移行する頃には、ケルト人は西はイベリア半島ブリテン諸、東は小アジアまでその分布を広げていた。しかし、ブリテン諸の一部を除き、これらの地域はやがて古代ローマローマ帝国)の拡大により征され、ケルト人は次第にローマ人と同化していった。

ケルト語が残存する国家・地域

一般名 ケルト
スコットランド Alba(アルバ
アイルランド Éire(エーラ)
マン島 Ellan Vannin(エラン・ヴァニン)
ウェールズ Cymruカムリ
コーンウォール( Kernow(ケルノウ)
ブルターニュ( Breizh(ブレイス)

ケルト音楽

一般的にケルト文化圏とみなされている地域の伝統音楽や、それらを基に様々な方面に発展させた音楽の総称として「ケルト音楽」という言葉が用いられる。ケルト文化圏諸地域の現代における“ケルト的な”文化の代表として広く認知されており、特に80年代から90年代にかけてのケルトブームを牽引した。ブルターニュのロリアンでは毎年8月ケルト文化の祭典インターケルティック・フェスティバルが開催され、ケルト文化圏諸地域から毎年数多くのアーティストが参加し、数十万人の観客が訪れる一大イベントとなっている。

しかし、この「ケルト音楽」という言葉は較的最近使われるようになった商業的側面の強い言葉であり、音楽的な実体はい。既に述べたように「ケルト」という概念自体が曖昧であり、現在ケルト音楽」と呼ばれる類の音楽も、実際に古代ケルト人にまでルーツが辿れるわけではない。

また、ひとくちに「ケルト音楽」と言っても地域ごとにその特色は様々であるうえに、純な伝統音楽から、その表層をなぞっただけの (もしくはなぞってすらいない) ポピュラー音楽まで非常に幅広く用いられ、どこまでをすのかははっきりしない。ケルト音楽の代表的なものとしてアイルランド音楽スコットランド音楽が挙げられるが、上記のように濫用されがちなケルト音楽という言葉でこれらを十把一絡げにしてしまうとそれぞれのから怒られることがある。

アイルランド音楽スコットランド音楽アメリカ移民とともに渡り、後にカントリーミュージックブルーグラスの流となった。そしてこれらの音楽音楽に取り入れて生まれたのがロックンロールだといわれることから、ロック流のうちの一つとしてケルト音楽が挙げられることがある。

ケルト音楽中世ヨーロッパ世界観を基にするファンタジー映画アニメゲームBGMとしてよく使われることから、そういった世界観を想起させるものとして定着しており、ゲームアニメに親しみがあると思われるニコニコユーザーの間では、古くから作業用BGMとしてコア人気があった音楽ジャンルである。

関連動画

作業用BGM

関連商品

関連コミュニティ

関連項目


【スポンサーリンク】

携帯版URL:
http://dic.nicomoba.jp/k/a/%E3%82%B1%E3%83%AB%E3%83%88
ページ番号: 512888 リビジョン番号: 1633340
読み:ケルト
初版作成日: 08/08/31 21:20 ◆ 最終更新日: 12/09/14 21:58
編集内容についての説明/コメント: 一覧の地域名の横に括弧で領有国を表記しました。また関連項目にローマ帝国を追加。
記事編集 / 編集履歴を閲覧
このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事の掲示板に最近描かれたお絵カキコ

お絵カキコがありません

この記事の掲示板に最近投稿されたピコカキコ

ピコカキコがありません

ケルトについて語るスレ

69 : ななしのよっしん :2017/04/06(木) 14:03:10 ID: AHataH3jMZ
スコットランドじゃなくてスコッツ
70 : ななしのよっしん :2017/05/28(日) 17:52:55 ID: kilDIDVsWb
>>65
ガリシアケルト文化圏ではあるけどケルトれているみたい

ケルティックな音楽でもアイリッシュがひと際強いのはリバーダンスあたりの影かね
71 : ななしのよっしん :2017/06/15(木) 02:59:05 ID: SjR3eVdnPh
ケルト大陸ケルトは多少違うみたいな認識でいたのに、最近は「ケルト大陸ケルトは何の関係もないよ」みたいな流れになってて草生える
じゃあケルトって何だよ(考古学)
72 : ななしのよっしん :2017/06/16(金) 01:29:06 ID: Vj4p3zhSWk
一枚岩ではない
73 : ななしのよっしん :2017/07/03(月) 11:53:33 ID: bg9VnRrbhU
ケルト大陸ケルト
https://togetter.com/li/1119846
https://togetter.com/li/1120214
この辺の話?に盛り上がってるぽいね。

アイルランド神話ってトゥアハ・デ・ダナーンとかの族がいるけど、あれらも一応に「上陸」してやって来た連中ってことになってるが
大陸側のケルト人が崇拝していたのはそれとは違う系統の(地中系?)格っぽいね、それらが渡って現地化したり土着の々と習合したとかでなく、全くの別物って事?
大陸ケルトと呼ばれてるのはゲルマン系に近いんですかね。ゲルマン系がフェニキアとかの地中系と混淆したのか?
74 : ななしのよっしん :2017/07/03(月) 12:05:02 ID: bg9VnRrbhU
文化的にはどうなんですかね、例えばトルクとかは古代には大陸側でも側でも出てるけどあれなんかも別系統?交易でモノだけ伝わって行ったとかそういう話になるのかどうか
75 : ななしのよっしん :2017/07/13(木) 23:42:28 ID: kilDIDVsWb
この話、原初のケルトの文化は散逸してるって事だよね
そもそも今現在大陸ケルト
ケルトより多少原初のケルトっぽいかもしれないけど
原初のケルトと確固たる連続性があるわけではないと
76 : ななしのよっしん :2017/07/21(金) 08:13:15 ID: bg9VnRrbhU
英国ニューアークで出土したトルクはBC200-50のものと推定されてるそうで、他にもリークフリス、スネッティシャムで紀元前のものが発見されてるですよ。アイルランドで紀元前製のトルクが出てきたという話はちょっと見つからないんだけど、一応この北部で発見されたというBC1000年頃のトルク(?)みたいのがありますね。
大陸だとハルシュタット文化の時代からトルクが確認されてるって話ですからまあこっちの方が明らかいって事になるんですかね。あの瀕死ガリア人も着けてるし
問題のアイルランド神話でもトルクに言及あるみたいですね、なんでもエラサという王がのトルクを5つ装着していたとか。まあこれは11世紀の文献みたいですけど
77 : ななしのよっしん :2017/08/19(土) 09:48:16 ID: EDxPxXfXTY
一昨年前にアイルランド人も含めヨーロッパの遺伝子的な起に関する大発見があったからまた潮が変わったような気がする
一応ちっちゃく日本ニュースでも取り上げられたけど、十年くらいしたら日本にも知れ渡るんじゃないかねえ・・・
78 : ななしのよっしん :2017/08/29(火) 15:01:18 ID: WptcUdLiyZ
>>77
考古学の範疇ではとても興味深いことだけど、疑似科学の人種優生学アーリア人学説ならぬケルト人学説に紐付けされそうな予感
杞憂だといいが…既にケルト十字がネオナチ人至上義者の連中に盗用されて鉤十字(ハーケンクロイツ)に代わる政治シンボルに利用されているらしいからすごく心配…
万が一ルーン文字などケルト文化が風評被害を受けての二の舞になるような事態は避けたいがこういう文化汚染に対する有効な手立ては何かないんだろうか…?
ニコニコニューストピックス
電ファミwiki
  JASRAC許諾番号: 9013388001Y45123
  NexTone許諾番号: ID000001829