単語記事: ケンシロウ

編集

 
ケンシロウとは、漫画『北斗の拳』の主人公で北斗四兄弟の末弟でもある。日本漫画史にその名を残す『北斗の拳』の主人公であり、今もそう在るべきヒーローの原型として語り継がれる男である。

概要

北斗神拳の第六十四代の正当伝承者であり、北斗の拳の主人公。またの名を「胸に7つの傷を持つ男」。性格は極めて寡黙かつ冷静で、悪党には容赦無く酷薄だが、女子供には人並み以上に優しい一面を持つ。

修羅の国(現在の中国)に当たる国に羅将・ヒョウの実弟として生まれたケンシロウは、後に義兄となるラオウに抱かれて国を出奔、後に日本に流れ着いて成長する。その後、師父リュウケンの養子となって修行に励んだ彼は、北斗神拳の正統伝承者となる。また、修行時代に知り合ったユリアと愛を育んだ彼は、北斗神拳第六十四第伝承者の資格と共にユリアの婚約者となった。

師父リュウケンの死後、ケンシロウは新天地を求めてユリアと共に旅立とうとするも、ユリアへの愛とケンシロウへの嫉妬に狂った南斗孤鷲拳の使い手・シンの強襲に逢い敗北、胸に7つの傷を付けられる瀕死の重症を負う。しかし、あわや落命というところでユリアの咄嗟の行動により止めを刺される事は免れ、それ以後は荒野を流浪しながら仇敵シンとユリアを探していた。

数年後、シンへの復讐に燃えるケンシロウは再び合間見えたシンを執念によって遂に打ち倒すも、決着後ユリアが既に故人となっていることを知り愕然とする。同時に、最期までユリアの愛を得られなかったシンに同情、ケンシロウの拳によって死ぬ事をよしとせず自ら命を断ったシンを「同じ女を愛した強敵(とも)」として手厚く葬る。後にシンを狂わせた張本人であるジャギが南斗聖拳(ゲーム名:南斗邪狼撃)を使った際、「貴様の南斗聖拳などシンの足元にも及ばぬ」と酷評したり、無想転生によって想起される強敵(とも)には必ず表れるなど、このときのシンの死に様はケンシロウに深い哀しみを刻み込んでいる。

旅の途中、彼はリン、バットと出会い、南斗水鳥拳の使い手・レイとの友情を得、南斗白鷺拳の使い手・シュウから受けた大恩を胸に生きることになる。また、南斗鳳凰拳の使い手・サウザーとの戦いで学んだ愛故の悲しさ・苦しさ、誰よりも優しかった義兄・トキの死、天狼星・リュウガの壮絶な死に様によって幾重もの愛と悲しみを背負ったケンシロウは、北斗神拳の歴史上初めて北斗神拳究極奥義「無想転生」を会得するに至る。
同じく無想転生を会得し、ケンシロウとの拳の勝利のために全てを捨てた長兄ラオウを打ち倒し、生きていた最愛の人・ユリアをわずかばかりの安らかな時間を過ごした後は、「その拳で天下に安寧をもたらす」という長兄・ラオウの遺志を継ぎ、すべてを失った救世主として乱世に再臨することになるのである。

ネタ的概要

ネタとしては、彼の周囲の人物があまりにも死に過ぎるためしばしば「歩く死兆星」とも呼ばれることもある。
現にラオウ編終了時点では、名のある登場人物で生き残ったのはバットとリン、マミヤ、リハクくらいのものである。
(作品終了時でもこの4人は生きている。ただし、リハクはいつ逝ってもおかしくない年齢だし、リンは記憶を失い(最終的には記憶を取り戻す)、バットは死にかけた。)

正義を貫き悪を挫く何とも主人公な性格をしているが、悪党には本当に情け容赦ない。また、老人と子供と女には優しいが、おっさんには無慈悲な面もある。以下にその一例を挙げる。

  1. 沢山の子供を押し付けて秘孔を突き、面倒をみるように脅迫
    (ただし実際に秘孔を突いていたのかは不明)。
  2. "アミバに秘孔を突かれ自棄になって暴れる男を取り押さえようとする男"に助けを乞われても助けない
    トキ絡みの話と分かってからバトンタッチ。暴れる男はその後まもなく爆死)
  3. ギュウキとの腕相撲の場面でしゃしゃり出てきた男が電ノコで腕を切られるのを静観                  
    (声高にプロレスラー殺しを自慢をしている男なので無視)

彼の使用する北斗神拳とは、全身に708ある(アミバが更に新しいのを発見しているので、実際にはもっとあるのかも)と云われる経絡秘孔を突くことによって、人体を内部から破壊するという残虐非道の暗殺拳であるとともに、伝承者が戦いの中で技を開発していく「成長し続ける拳法」であるために、1800年もの間他の流派に敗北したことがない最強の拳法であるとされている(敵の技を写し取る「水影心」という技もある)。
この性質から、その伝承者であるケンシロウ自身も始めから極めて強いにも関わらず、作中で多くの強敵(とも)との戦いの中で大きく成長していくこととなる。

ちなみにケンシロウは北斗神拳究極奥義無想転生を自在に操れることから「北斗史上最強の男」となったが、作中だけでケンシロウはシン・サウザー・カイオウと三度敗北しており、いずれも再戦により勝利を収めているものの、北斗神拳の歴史上初の敗北者にもなってしまった。トキさえ病んでいなければ・・・。

北斗百裂拳を始め、相手を時限即死させる北斗残悔拳、闘気をビーム化して秘孔を突く天破活殺。文字通り敵を両断する岩山両斬波等々極めて多くの技が存在。また、トキが多用する痛みを伴わない有情の拳も使うことができるようで、愛故に苦しんだサウザーを北斗有情猛翔破により葬っている。究極奥義は「無想転生」である。

余談だが、時限即死という北斗神拳の性質から、ケンシロウは「出す前に技名を叫ぶ」のではなく、技を出し終わってから「××の秘孔○○を突いた、お前は…」と解説するというスタイルを取っている。
敵に出す技を悟らせないという意味では非常に合理的であり、技の解説を始めた時点で「お前はもう死んでいる」のであるから死亡フラグの立ちにくさも抜群である。これを破ったのはサウザーぐらいである。
無論、ゲームや劇場版等では自ら技名を言うこともあるにはあるのだが。

世紀末でもやはり主人公

AC北斗の拳では、主人公で故に各種技が揃っているため、無想転生を始め原作再現の技が非常に多い。
性能的にも、飛び道具の「闘気」、対空技の「北斗有情猛翔破」、突進技「北斗蛇雷咬 」、当て身技の「北斗龍撃虎 」と必要なものは大凡揃っておりどこまでも主人公な性能を持つ所謂波動昇竜キャラである。

稼動当初からコンボの研究が進み、今では全キャラ屈指のコンボキャラへと成長。特に低ダと蛇雷咬を絡めた蛇ループさらにそれを発展させたHJCが強力。2回ループさせれば大抵のキャラクターはピヨる、そして3コンボあれば終了。
また壁コンのダメージも非常に強力で、蛇>低ダD>蛇>低ダBを繰り返しているだけでも4割~5割減る。締めに天破活殺を使えば7割8割はザラとコンボ火力が高いのも特徴。
一応バスケコンボも持っているものの、ブーストを全部吐き出し失敗するリスクを冒すよりは、蛇ループ×3の方が難易度が低いために使われない。

世紀末の中では一見まともに見えるがしかし、彼には特定条件を満たせば空中でも地上技が出せるというバグ(通称有情グレ)があるため極めてフリーダムすぎる攻撃が可能である。
が、空中での食らい判定が見た目より極端に大きい(通称メタボ)ので、空中コンボを食らいやすい。そのため4強であるトキ・レイ・ユダ・ラオウには厳しい戦いが待っている。
一撃必殺技は北斗百拳で、本当に100hitする。コンボから発動しても手加減して100hitにしてくれる。実は60HIT辺りから完全に百裂脚になってるんだが気にしない。
ニコニコではイチ氏、エフデジ氏、紅拳氏、アナゴ真氏、GB(格闘ゲームプレイヤー)などが有名。

歴代担当声優

  • 青年時代
  • 少年時代
    • 神谷明(TVアニメ版)
    • 堀川亮(現・堀川りょう / TVアニメ版)
    • 花輪英司(真救世主伝説 北斗の拳 ラオウ伝 殉愛の章)
    • 儀武ゆう子(真救世主伝説 北斗の拳 ユリア伝)
    • 下野紘(真救世主伝説 北斗の拳 ラオウ伝 激闘の章)
    • 進藤尚美(真・北斗無双)

関連商品

関連静画

関連項目

  • 北斗の拳
  • ラオウ
  • トキ(北斗の拳)
  • ジャギ
  • ユリア(北斗の拳)
  • お前はもう死んでいる
  • おまえのようなババアがいるか
  • 無想転生
  • 北斗の拳関連記事一覧
  • 眉毛
  • 格闘ゲームのキャラクター一覧

【スポンサーリンク】

携帯版URL:
http://dic.nicomoba.jp/k/a/%E3%82%B1%E3%83%B3%E3%82%B7%E3%83%AD%E3%82%A6
ページ番号: 1026023 リビジョン番号: 2312697
読み:ケンシロウ
初版作成日: 09/01/19 17:55 ◆ 最終更新日: 16/01/14 12:34
編集内容についての説明/コメント: 脱字修正のついでにいくつか言い回し変更
記事編集 / 編集履歴を閲覧

この記事の掲示板に最近描かれたお絵カキコ

お絵カキコがありません

この記事の掲示板に最近投稿されたピコカキコ

ピコカキコがありません

ケンシロウについて語るスレ

293 : ななしのよっしん :2016/06/11(土) 13:43:56 ID: Yqqodx8Ln0
>>288
ベジータage悟空sageされてたとき実際に叩かれてましたが何か

>>292
最初からまともに対処してたのカイオウくらいしかいないよね。
ラオウですら二回戦時は舐めてた節があったけどカイオウは初戦のときから割と警戒してたように感じる。
294 : ななしのよっしん :2016/07/27(水) 22:59:17 ID: d2FJowtrtL
ケンシロウってこの作者の描く主人公の中ではむしろ珍しいタイプだったんだな。
他は前田慶次、中坊林太郎、霞拳四郎みたいに破天荒系、まぁケンシロウも破天荒ではあるけど。
295 : ななしのよっしん :2016/08/12(金) 15:12:27 ID: bxpBLUqzhd
全く関係ない作品のキャラと比べられている時はageられてて、同じ原先生の描くキャラとの比較ではsageられてる印象
特に霞拳志郎との比較では根暗だのコミュ障だのぼろ糞に叩かれてるのをよく目にする
霞とケンシロウじゃ生まれた時代も背景も全く異なるのにな
296 : ななしのよっしん :2016/08/14(日) 09:04:27 ID: ANDJQFUZ7L
>>283
だったら変な理屈捏ねて外伝の描写を無理矢理批判するんじゃなくて最初から
「外伝を本編と同一視するのはどうののよ」とだけ言っておけよ面倒くさいな
こっちも完全に外伝が本編の正史となんて言ってないけど
ラオウとサウザーが原作で直接対決をしなかったのか否かを判断するのに丸っ切り参考にしないのも不自然だろ逆に
結論ありきのファンの勝手な推論とかいう同人誌にも劣る解説文よりは原作者の公認作品の描写の方が十二分に信憑性があるわ
297 : ななしのよっしん :2016/08/23(火) 13:49:37 ID: U/9w49i3L/
言われてみればなるほどで面白かった>相手にカウントダウン即死叩き込んだ後で技名や解説始めるから死亡フラグ回避
298 : ななしのよっしん :2016/11/23(水) 14:23:10 ID: E3B9fnwC0+
我が背に乗るものを最近知ったけどユリアの死後無気力になるのは仕方ないよな。
悪落ちし恋人をさらった友達を殺し、悪党に情けをかけたら暴走して犠牲が出まくり、新しく出来た友人は兄に殺され、恩人親子は自分のために犠牲になり、兄と殺し合い、そしてようやく再会できた恋人は結局病死。
後追い自殺してもおかしくないくらいひどい人生だよ…。改めてよく再起してリンとバットの元に駆けつけてくれたと思うよ。
299 : ななしのよっしん :2016/11/23(水) 23:39:13 ID: J3OrOwUPUF
ケンシロウは話の都合上無敵のように描かれてたけどその殆どが俺TUEEラノベ並みの過剰な主人公補正によるラッキーで生き延びたり偶然勝ってるだけなんだよね。
多分補正抜いたらレイ辺りと変わらないんじゃないか?
ラオウやカイオウ、トキ他に並べるレベルではないと思う。
300 : ななしのよっしん :2016/12/15(木) 00:55:51 ID: TiKuFPoe9q
>>299
まあ、実際レイとは示し合わせたとはいえ互角だったしね。その頃はまだ北斗と南斗は表裏一体。戦えばお互いに無事ではすまないとか言われてたし。
ラオウはその強すぎる野望さえ無ければ、トキは病さえなければ伝承者になってたって描写もあるからラオウ・トキと並べるレベルじゃなかったのは間違ってないと思いますよ。
ただ、なんだかんだでラオウやカイオウを倒せるほどに成長したのがケンシロウなのです。
301 : ななしのよっしん :2017/02/13(月) 06:22:12 ID: rpaoQbqTla
まさに「なんだかんだで」だよな
302 : ななしのよっしん :2017/02/17(金) 19:47:13 ID: X9aQq8YX27
もしかしたら「死んでなければ敗北じゃない」のかもな、歴代北斗神拳伝承者は
だったらケンシロウのあれらの描写も納得がいく…のか?
  JASRAC許諾番号: 9011622001Y31015