単語記事: ケンシロウ

編集

 
ケンシロウとは、漫画北斗の拳』の主人公北斗兄弟の末でもある。日本漫画史にその名を残す『北斗の拳』の主人公であり、今もそう在るべきヒーローの原としてり継がれる男である。

概要

北斗神拳の第六十四代の正当伝承者であり、北斗の拳主人公。またの名を「胸に7つの傷を持つ男」。性格は極めて寡黙かつ冷静で、悪党には容赦く酷薄だが、女子供には人並み以上に優しい一面を持つ。

修羅の国(現在の中国)に当たるに羅将・ヒョウの実として生まれたケンシロウは、後に義となるラオウに抱かれてを出奔、後に日本に流れ着いて成長する。その後、師リュウケンの養子となって修行に励んだ彼は、北斗神拳の正統伝承者となる。また、修行時代に知り合ったユリアを育んだ彼は、北斗神拳第六十四第伝承者の資格と共にユリアの婚約者となった。

リュウケンの死後、ケンシロウは新地をめてユリアと共に立とうとするも、ユリアへのケンシロウへの嫉妬に狂った南斗孤鷲拳の使い手・シンの強襲に敗北、胸に7つの傷を付けられる瀕死の重症を負う。しかし、あわや落命というところでユリアの咄嗟の行動により止めを刺される事は免れ、それ以後は荒野を流浪しながらシンユリアを探していた。

数年後、シンへの復讐に燃えるケンシロウは再び合間見えたシンを執念によって遂に打ち倒すも、決着後ユリアが既に故人となっていることを知り愕然とする。同時に、最期までユリアを得られなかったシンに同情、ケンシロウの拳によって死ぬ事をよしとせず自ら命を断ったシンを「同じ女を愛した強敵(とも)」として手厚く葬る。後にシンを狂わせた本人であるジャギが南斗拳(ゲーム名:南斗邪撃)を使った際、「貴様の南斗拳などシンの足元にも及ばぬ」と酷評したり、無想転生によって想起される強敵(とも)には必ず表れるなど、このときのシンの死に様はケンシロウに深い哀しみを刻み込んでいる。

旅の途中、彼はリンバットと出会い、南斗拳の使い手・レイとの友情を得、南斗拳の使い手・シュウから受けた大恩を胸に生きることになる。また、南斗鳳凰拳の使い手・サウザーとの戦いで学んだ故の悲しさ・苦しさ、よりも優しかったトキの死、リュウガの壮絶な死に様によって幾重ものと悲しみを背負ったケンシロウは、北斗神拳歴史上初めて北斗神拳究極義「無想転生」を会得するに至る。
同じく無想転生を会得し、ケンシロウとの拳の勝利のために全てを捨てた長ラオウを打ち倒し、生きていた最の人・ユリアをわずかばかりの安らかな時間を過ごした後は、「その拳で下に安寧をもたらす」という長ラオウの遺志を継ぎ、すべてを失った救世主として乱世に再臨することになるのである。

ネタ的概要

ネタとしては、彼の周囲の人物があまりにも死に過ぎるためしばしば「歩く死兆星」とも呼ばれることもある。
現にラオウ編終了時点では、名のある登場人物で生き残ったのはバットリンマミヤ、リハクくらいのものである。
(作品終了時でもこの4人は生きている。ただし、リハクはいつ逝ってもおかしくない年齢だし、リンは記憶を失い(最終的には記憶を取り戻す)、バットは死にかけた。)

正義を貫き悪を挫く何とも主人公な性格をしているが、悪党には本当に情け容赦ない。また、老人と子供と女には優しいが、おっさんには無慈悲な面もある。以下にその一例を挙げる。

  1. 沢山の子供を押し付けて秘孔を突き、面倒をみるように脅迫
    (ただし実際に秘孔を突いていたのかは不明)。
  2. "アミバに秘孔を突かれ自棄になって暴れる男を取り押さえようとする男"に助けを乞われても助けない
    トキ絡みの話と分かってからバトンタッチ。暴れる男はその後まもなく爆死
  3. ギュウキとの腕相撲の場面でしゃしゃり出てきた男が電ノコで腕を切られるのを静観                  
    高にプロレスラー殺しを自慢をしている男なので視)

彼の使用する北斗神拳とは、全身に708ある(アミバが更に新しいのを発見しているので、実際にはもっとあるのかも)とわれる経絡秘孔を突くことによって、人体を内部から破壊するという残虐非の暗殺拳であるとともに、伝承者が戦いの中で技を開発していく「成長し続ける拳法」であるために、1800年もの間他の流敗北したことがない最強拳法であるとされている(敵の技を写し取る「影心」という技もある)。
この性質から、その伝承者であるケンシロウ自身も始めから極めて強いにも関わらず、作中で多くの強敵(とも)との戦いの中で大きく成長していくこととなる。

ちなみにケンシロウ北斗神拳究極無想転生を自在に操れることから「北斗史上最強の男」となったが、作中だけでケンシロウシンサウザーカイオウと三度敗北しており、いずれも再戦により勝利を収めているものの、北斗神拳歴史上初の敗北者にもなってしまった。トキさえ病んでいなければ・・・。

北斗百裂拳を始め、相手を時限即死させる北斗残悔拳、闘気をビーム化して秘孔を突く破活殺。文字通り敵を両断する岩山両波等々極めて多くの技が存在。また、トキが多用する痛みを伴わない有情の拳も使うことができるようで、故に苦しんだサウザー北斗有情猛破により葬っている。究極義は「無想転生」である。

余談だが、時限即死という北斗神拳の性質から、ケンシロウは「出す前に技名を叫ぶ」のではなく、技を出し終わってから「××の秘孔○○を突いた、お前は…」と解説するというスタイルを取っている。
敵に出す技を悟らせないという意味では非常に合理的であり、技の解説を始めた時点で「お前はもう死んでいる」のであるから死亡フラグの立ちにくさも抜群である。これを破ったのはサウザーぐらいである。
論、ゲーム劇場版等では自ら技名を言うこともあるにはあるのだが。

世紀末でもやはり主人公

AC北斗の拳では、主人公で故に各種技がっているため、無想転生を始め原作再現の技が非常に多い。
的にも、飛び道具の「闘気」、対技の「北斗有情猛破」、突進技「北斗咬 」、当て身技の「北斗撃虎 」と必要なものは大っておりどこまでも主人公な性を持つ所謂波動昇キャラである。

稼動当初からコンボの研究が進み、今では全キャラコンボキャラへと成長。特に低ダと咬を絡めたループさらにそれを発展させたHJCが強。2回ループさせれば大抵のキャラクターピヨる、そして3コンボあれば終了。
またコンのダメージも非常に強で、>低ダD>>低ダBを繰り返しているだけでも4割~5割減る。締めに破活殺を使えば7割8割はザラとコンボ火力が高いのも特徴。
一応バスケコンボも持っているものの、ブーストを全部吐き出し失敗するリスクを冒すよりは、ループ×3の方が難易度が低いために使われない。

世紀末の中では一見まともに見えるがしかし、彼には特定条件を満たせば中でも地上技が出せるというバグ(通称有情グレ)があるため極めてフリーダムすぎる攻撃が可である。
が、中での食らい判定が見たより極端に大きい(通称メタボ)ので、コンボを食らいやすい。そのため4強であるトキレイユダラオウには厳しい戦いが待っている。
一撃必殺技北斗拳で、本当に100hitする。コンボから発動しても手加減して100hitにしてくれる。実は60HIT辺りから全に裂脚になってるんだが気にしない。
ニコニコではイチ氏、エフデジ氏、拳氏、アナゴ真氏、GB(格闘ゲームプレイヤー)などが有名。

歴代担当声優

関連商品

関連静画

関連項目


【スポンサーリンク】

携帯版URL:
http://dic.nicomoba.jp/k/a/%E3%82%B1%E3%83%B3%E3%82%B7%E3%83%AD%E3%82%A6
ページ番号: 1026023 リビジョン番号: 2312697
読み:ケンシロウ
初版作成日: 09/01/19 17:55 ◆ 最終更新日: 16/01/14 12:34
編集内容についての説明/コメント: 脱字修正のついでにいくつか言い回し変更
記事編集 / 編集履歴を閲覧

この記事の掲示板に最近描かれたお絵カキコ

お絵カキコがありません

この記事の掲示板に最近投稿されたピコカキコ

ピコカキコがありません

ケンシロウについて語るスレ

280 : ななしのよっしん :2016/03/24(木) 23:42:14 ID: ANDJQFUZ7L
>>277
他の人も言ってるけどそのくらいのささくれなら原作不自然な描写や矛盾べれば全然マシだと思うわ
そもそもそのラオウサウザー自体
「なんでラオウサウザーは互いに覇権を狙ってるのに二人とも事なの?身体のが解けないとダメっていうならサウザーラオウ倒しちゃえばいいのに」
っていう矛盾に対する補なわけで
281 : ななしのよっしん :2016/03/25(金) 00:02:45 ID: QQJT055Co8
NWKKaHT659はどうしても「十字使わないと不自然!」をしたいみたいだけど
あれ「剛拳まともに食らったやべえつええ」なんてレベルじゃないからね?
いだはずのたったの一撃がこれほどに重いのか!?」ってその場で吐血するレベルダメージ食らってる
ケンシロウの「拳ではお前のほうが上かもしれんが…」なんてレベルじゃなくて「向こうにもこちらな知らぬの手がある以上義使っても確実に勝てるかどうか…」と思ってもしょうがないレベル
ちなみにアニメではラオウサウザー
「ここで戦えばどちらかが死に全てを失ってしまう…戦うのは得策ではない…だがやはり引けぬ!」
となってガチでやりあったところをサクヤ(外伝オリキャラ)が間に入って犠牲になり
彼女の強い意志を組む形でサウザーが停戦を命じたことになってる

・・・って感じで一応ちゃんと作品にを通してればそんなに不自然でもないんだけどねぇ
あえて聞くけどちゃんとを通したうえで論じてるんだよね?
282 : ななしのよっしん :2016/03/25(金) 17:25:18 ID: NWKKaHT659
>>281
普通は通してあるよ。それでもなんかアレだと思ってるよ

あのアッパー剛拳受け切れないなら普通に使えよと、アニメだと尚更思えてしょうがない
まぁこの場合、十字が具体的にどこまで効くのかって話にもなってくるが。回避系義である以外に一切掘り下げられてないし
しかし対等の敵が現れた時に出すって言うなら、殊更あの時以外にないでしょ。

まぁ、不自然ていうのはあくまでの見解だから、考察材料としては別にいいんだけどね。使ったら話が成り立たんから、お互い慎重だったってことでも
それにここサウザーラオウスレでもないし
原作より前の話だから、原作の時期までに強さの変動があったと考えることも十分できるからね

>>280
(省略しています。全て読むにはこのリンクをクリック!)
283 : ななしのよっしん :2016/03/25(金) 19:23:46 ID: NWKKaHT659
ただ一つ弁解しておきたいのは、外伝が個人的に気に入らんってわけじゃないよ
原作同一視することが不自然と感じてるだけ

たとえ各外伝に原作者の監修がある程度入ってたとして、ラオウ外伝とリュウケン外伝でリュウケンとのやり取りに全な違いが出てたり、これはもう矛盾が生まれてるというより、外伝がそもそも物語同士を意図的に噛み合わせようとしてないんだよね

他には同じく監修の入って原作重視を謳う北斗無双では、ジャギ外伝へのリスペクトこそあったものの、やりとり、ジャギむ経緯共に全く違うものにされている

だから、原作とは各外伝同士は異なる解釈、パラレルワールドとして別に捉えた方がすんなり通る話なんだわ
それではあくまでも原作ベース考察すべきではないか、と思ってるから、外伝の解釈をそのまま繋げてもうーんとしかならんのよ
もちろんありだとは思うけど
284 : ななしのよっしん :2016/03/25(金) 22:50:32 ID: JvOceHjZGx
原作ベース考察・・・矛盾・・・
トキわたしはここで生まれ育った。」
285 : ななしのよっしん :2016/05/04(水) 18:40:15 ID: lQUxery8j6
やたら考察とかしてる北斗ヲタがケンシロウSageラオウAgeする傾向が多いのはなんでなんだろうな。
286 : ななしのよっしん :2016/05/05(木) 13:27:59 ID: JvOceHjZGx
ラオウAgeは知らんけどケンシロウSageは実際結構ケンシロウが酷いだからだと思う
もしケンシロウがいなかったら、を想定すると結構大部分の問題が片付いてしまうあたりね・・・
287 : ななしのよっしん :2016/05/14(土) 23:30:00 ID: 7yeYSWLF8m
それでもは全漫画の中で
ケンシロウが1番好きだ
が何と言おうと
288 : ななしのよっしん :2016/05/15(日) 00:01:22 ID: bWJVtYFpyi
>>286
その理屈だとDB悟空とかデスノリュークとかもかれてなきゃおかしい
289 : ななしのよっしん :2016/05/15(日) 13:30:53 ID: JvOceHjZGx
>>288
・・・・・・は?
  JASRAC許諾番号: 9011622001Y31015