単語記事: ゲッコウガ

編集

ゲッコウガとは、ポケットモンスターに登場するNo.658ポケモンである。初登場はX・Y

基礎データ
名前 ゲッコウガ タイプ  
英語 Greninja 高さ 1.5m
分類 しのび 重さ 40.0kg
図鑑 #658 特性 げきりゅう
ジョウト # きずなへんげ
ホウエン # 夢特性 へんげんじざい
シンオウ # グループ 中1
イッシュ # 孵化歩数 5120
カロス #009(セントラル) 性別 :87.5%
アローラ # :12.5%
世代 第六世代 努力値 さ+3
進化 ケロマツゲコガシラ(Lv16)ゲッコウガ(Lv36)
No.658
ゲッコウガ
ゲッコウガ
しのびポケモン
タイプ みず あく
たかさ 1.5m
おもさ 40.0kg
みずを あっしゅくして しゅりけんを
つくりだす。 こうそくかいてんさせて
とばすと きんぞくも まっぷたつ。
種族値(通常) 合計530
H
P





72 95 67 103 71 122
種族値サトシゲッコウガ) 合計640
H
P





72 145 67 153 71 132

図鑑説明

ポケットモンスターX
みずを あっしゅくして しゅりけんを つくりだす。 こうそくかいてんさせて とばすと きんぞくも まっぷたつ。
ポケットモンスターY
にんじゃのように しんしゅつきぼつ。 すばやい うごきで ほんろうしつつ みずの しゅりけんで きりさく。

概要

ゲッコウガ

第六世代の水御ケロマツの最終進化形。進化悪タイプが追加された。
「しのび(び)」ポケモンの名の通り忍者モチーフにしたポケモン英語名もそのものズバリ「Greninja」である。

専用技「みずしゅりけん」「たたみがえし」を筆頭に、「かげぶんしん」「みがわり」「えんまく」「つじぎり」「じんつうりき」「まきびし」「だましうち」「くろいきり」など習得する技も忍者系のオンパレード。
特殊系の技を使う時には、術を唱えているかのようなニンニンポーズをとる。
その後「みずしゅりけん」は同じ忍者ポケモンであるアギルダーも習得している。 

名前の元ネタカエルの鳴き「ゲコ」+「甲賀」忍者駆ける徴「月光」か。

ケロマツゲコガシラ時代にあった泡マフラーの代わりに首に巻いているのはなんと
ポケパルレでよく見ると、口から出ているのが分かる。

太腿についている手裏剣マークは単なる模様ではないようで、「みずしゅりけん」を使う際には
一旦そこに手を当てて手裏剣を作り出しているような専用モーションをとる。 

戦闘中キリッとしているものの、ポケパルレではケロマツからずっとやる気のない糸目顔で棒立ちしている。
ケロマツ系はオンオフの区別がはっきりしているらしい。ここまで戦闘時とギャップがあるポケモンは稀である。
ちなみに腕や足にあるい部分を触られると嫌がるが、ベロを撫でると逆に喜ぶ。
2014年4月15日更新されたPGLでは「ポケパルレで一番かわいがられているポケモン」に認定された。

デザインもさることながら、対戦での性能面でも人気があり、後述のようにスマブラアニメでも大きく取り上げられている。これらにより着実にファンを増やしていき、2016年当時存在していた全720種類を人気投票にかける「ポケモン総選挙」では、堂々の1位いた。名実ともに第6世代の顔として定着した間といえるだろう。

戦闘能力

スマートな見たに違わぬスピードポケモン。素さが一番高く、次いで特攻・攻撃が高い。
水御は鈍足という常識を打ち破った上、歴代御三家及び水タイプ内での素種族値最高の座まで獲得してしまったポケモンである。その反面打たれ弱いため、扱いは丁寧に。

準専用技「みずしゅりけん」は水タイプ物理(第7世代からは特殊)系の先制技(優先度+1)で、威15×2~5回の連続攻撃。
もうひとつの専用技の「たたみがえし」は、自分と味方への攻撃技を効化するというダブル・トリプル向けの補助技。
ただし自身がフィールド上に出た直後しか発動不可で、変化技は効化できず、優先度が0で「まもる」等のように先制発動しないため、やや使い辛い

隠れ特性「へんげんじざい」は、自分のタイプが「使おうとする技のタイプ」に変化するという特性。
(初期状態の/悪タイプ時に技or悪技を使用した場合も単or単悪タイプへ変化する)
つまりどういうことかというと、「習得できる全ての攻撃技をタイプ一致で撃てる」ということである。
変化技や「めざめるパワー」のタイプにも適用されるため、事実フェアリー以外の全てのタイプになることが出来る。(ミストフィールド状態で「ほごしょく」を使えばなれなくはないが、他ポケモンが必要であるうえ変幻自在とは関係ない)
タイプ変化に伴う耐性の変化は相手の使う技を迷わせることにもなり、使いこなせば強な特性である。多くはこちらを採用することになるだろう。

環境においては「いのちのたま」などを持たないとやや火力不足なのは否めない。その火力不足と脆さから評価が落ち込んだこともあったが、多くの相手に高い素さからタイプ一致で弱点技を撃ち込めるというのはやはり強みであり、汎用性は随一。
パーティの軸に据えるというよりは、パーティの欠点を補う形で技構成し運用するのに向いているポケモンと言えるだろう。元のタイプである・悪に固執する必要すらないため、パーティ構成によってはそれらの技を採用しないという選択肢もありである。
X・Yのレーティングバトルではダブル・トリプルにおいて高い使用率を誇り、総合的な使用率でも上位に食い込んでいる。

技のレパートリーの関係で特殊の方が人気だったが、オメガルビー・アルファサファイアでは教え技として物理を中心にいくつかの技を習得。「ダストシュート」や「けたぐり」といった技を得て、物理も実用に足る技レパートリーとなった。

スマブラ参戦

2014年4月9日スマブラダイレクトにて、大乱闘スマッシュブラザーズ for Nintendo 3DS / Wii U」へのファイター参戦が発表された。
同時に発表されたリザードン共々、ポケモントレーナーの手持ちとしてではなく単体キャラクターでの参戦である。

などの「忍者ファイター」らしい技が搭載されており、さらに通常ワザやスマッシュワザには体術のほかベロマフラー叩き付ける技や忍者を作り出しり裂く技などもある。
機動に優れ、特にジャンプの鋭さは他ファイターの追随を許さない。流石カエル…。また、手からを出すアピールには某緑の弟の蹴りアピメテオよろしく上方吹っ飛ばし判定が存在する。
ポケパルレの脱フェイスは眠り時や手前吹っ飛びの時などに見られる。

参戦はポケットモンスターX・Yが発売前の段階で決定していた。ポケモンの開発から資料を入手しこのポケモンは人気が出るだろうという判断から参戦が決定した。
当時はイラスト程度でしか参考資料がなかったこともあり、桜井政博氏創作の体術も多い。

またキャラクターセレクトゲッコウガを選んだ際に聞けるナレーションは何かとネタにされやすい。
ゲッコウガァ・・・

この参戦を記念し、オメガルビー・アルファサファイアのいずれかと3DS版を両方購入すると、オメガルビー・アルファサファイアスマブラの初期技と同じ技を覚えた「へんげんじざい」のゲッコウガを受け取ることができた。

サトシのゲッコウガ

ポケットモンスターXY&Z」7話でゲコガシラ進化進化と同時に「みずしゅりけん」を習得し、さらにサトシシンクロして姿が変わりパワーアップするというの現が発生。ピカチュウ・(進化する前の)ゲコガシラ・サンペイのゲッコウガの3体を同時に相手しながら苦戦させる実を持っていたヘイダユウキリキザンを倒した。

変化した姿の名称は、公式では「サトシゲッコウガ」となっている。しばらくの間はメディア媒体のみで使われる名称だったが、作中でも「サトシによく似ている」という理由からユリーカにより命名された。まりあまりに安直な名前なのはユリーカのせい。過去の文献によると、カロス地方でも1度しか確認されていないキズナと呼ばれるもので、トレーナーとのが極限まで高まった結果、そのトレーナーと似た姿になるという。シトロンの分析で、サトシゲッコウガの波長がシンクロした時に起こる現だという事が判明した。感覚もシンクロしているようで、ゲッコウガの見ているがそのままサトシにも見えたり、サトシゲッコウガが全く同じ動きをとったりする。ただし、ゲッコウガが受けたダメージサトシにも伝わっている描写も見られ、全にコントロールできるようになるまでは、サトシバトル中に意識を失って倒れる事もあった。

当初はっていたが、シンクロが進むと巨大化した「みずしゅりけん」としてその背中に装備される。全にコントロールできるようになってからは、この状態が基本形態となる。この状態になった時のは、チャンピオンカルネメガサーナイトを追いつめるレベルにまで上がっている。

この姿になってパワーアップするのは一時的であり、最終的には元のゲッコウガに戻る。この点ではメガシンカに通じるものがあるが、メガシンカとの関係は不明。アランは「石を使わないメガシンカ」と推測している。

ちなみに、サトシケロマツAGタケシミズゴロウヌマクロー以来のレギュラーキャラ進化した水タイプであり、中でも水御が最終進化を果たしたのはこれが初めてとなる。

そして2016年10月4日、なんとサン・ムーンソフト逆輸入が決定。ゲーム内では「きずなへんげ」と呼ばれる新たな特性を持ったゲッコウガを、10月18日配信予定の特別体験版にてゲットすることができ、それをサン・ムーン本編に連れていくことで変化が可に。このゲッコウガで相手のポケモンを倒すことで「きずなへんげ」が発動してサトシゲッコウガの姿になり、攻撃と特攻と素さの種族値が上がり、みずしゅりけんが強化される。戦闘終了後に元の姿に戻る。

関連動画


関連静画

関連商品


関連項目

その他のカエル系ポケモン

御三家みずタイプ
第1世代 第2世代 第3世代 第4世代 第5世代
第6世代 第7世代

【スポンサーリンク】

携帯版URL:
http://dic.nicomoba.jp/k/a/%E3%82%B2%E3%83%83%E3%82%B3%E3%82%A6%E3%82%AC
ページ番号: 5153446 リビジョン番号: 2429028
読み:ゲッコウガ
初版作成日: 13/10/14 11:40 ◆ 最終更新日: 16/11/18 10:20
編集内容についての説明/コメント: 表微修正
記事編集 / 編集履歴を閲覧

この記事の掲示板に最近描かれたお絵カキコ


サトシゲッコウガ

サト進化

KENZENポケモン

ゲッコウガ

ゲッコウガ

この記事の掲示板に最近投稿されたピコカキコ

ピコカキコがありません

ゲッコウガについて語るスレ

1961 : ななしのよっしん :2016/11/27(日) 11:18:06 ID: PjgEmakmWX
ツリーで怯みゲッコウガとかいうゴミみたいなに出会った
そして封された
1962 : ななしのよっしん :2016/12/02(金) 00:35:18 ID: GezwDJDaS2
サトシゲッコウガに変化したら内でXY&Z流してるのはだけじゃないはず
1963 : ななしのよっしん :2016/12/03(土) 23:55:34 ID: rfeVbnUONf
甲賀がなかったらゲッイガイガエルとかいう名前になってそう
1964 : ななしのよっしん :2016/12/04(日) 03:59:29 ID: b0yDVOEXkK
>>1958
専用Zなら
スマブラで使える最後のきりふだ「しのびのひおうぎ」も捨てがたい
1965 : ななしのよっしん :2016/12/05(月) 13:59:57 ID: oWFza+SGaC
ツリーで使ってみたが、変化前のすっぴんでの運用も余儀なくされることや受け性を考えるとどうしても変幻自在に見劣りしてしまうな。実質変化によるステ強化よりも、変幻自在の全技タイプ一致の方が総合的な特殊火力は高いみたいだし。
元々両な性だったわけだけども、手裏剣を特殊化するんだったらもっとステを特殊アタッカー寄りにして良かったと思うんだが(アニメでのサトシの運用には反するけど)。
まぁあくまでファンサービスの範疇だろうし、戦不足の段階では重なツリー要員になってくれるからありがたいんだけどさ。
1966 : ななしのよっしん :2016/12/06(火) 00:00:00 ID: CZUfotj1bh
やっぱり専用Zわざ欲しいよな・・・。映画の特典や配信で来たらヤバい。
1967 : ななしのよっしん :2016/12/06(火) 06:19:16 ID: JaO+AfHdTc
専用Zワザ欲しかったけど
よくよく考えれば専用の変身形態に加えてさらに専用のZワザってのは贅沢な話だったかも
1968 : ななしのよっしん :2016/12/07(水) 04:25:06 ID: ysPhZZRfZh
ツリー初50連勝した時、サトゲコが先鋒として大いに活躍してくれた
1969 : ななしのよっしん :2016/12/07(水) 21:45:41 ID: FSisZUEbG/
サトシゲッコウガって、本当にアニメオリジナル要素だったのかな?
まさか本当はサンムーンにメガシンカとして出すつもりだったけど、特別感出すために後付けでサトシゲッコウガと言う固有名称に変更し、体験版限定にしたんじゃないよな?
1970 : ななしのよっしん :2016/12/07(水) 23:56:52 ID: CZUfotj1bh
意外とみんなやっててびっくりした・・・サトシゲッコウガごっこ。で「俺達はもっともっと強くっ!!」は最常識
  JASRAC許諾番号: 9011622001Y31015