単語記事: コパノリッキー

編集  

コパノリッキーとは、2010年まれの日本競走馬である。は「Dr.コパ」こと小林

重賞勝ち
2013年兵庫チャンピオンシップ(JpnII)
2014年フェブラリーステークス(GI)かしわ記念(JpnI)JBCクラシック(JpnI)
2015年フェブラリーステークス(GI)連覇JBCクラシック(JpnI)連覇東海ステークス(GII)
2016年かしわ記念(JpnI)帝王賞(Jpn1)マイルチャンピオンシップ南部杯(Jpn1)
2017年かしわ記念(JpnI)マイルチャンピオンシップ南部杯(Jpn1)連覇東京大賞典(Jpn1)

概要

~3歳

詳しい戦績などはWikipediaを参照ください。

ゴールドアリュールコパノニキータティバーカントリーという血統。は自身、産駒ともダートで活躍する異色のSS産駒。22戦3勝。露なまでにダート血統だが、近親には芝GⅡを3勝したサンライズペガサスがいたりする。

デビュー当時はそれほど期待されていたわけではなく、新戦は8番人気の8着だった。しかし続く未勝利戦を8番人気に反発するように5身差で圧勝すると、続く条件戦も5身差で勝利。ヒヤシンスSの3着を挟み伏Sで辛勝すると、兵庫チャンピオンシップでは後続に6身差をつけ逃げ切り。重賞初勝利を挙げる。気をよくした営は前例に学ばずダービー参戦を表明するが、間もなく折が判明し休養。同年には復帰するがオープン特別を2戦していずれも惨敗し、勢いを失ったまま3歳シーズンを終える。

4歳

4歳初戦、営はフェブラリーステークス挑戦を決定。1/2の抽選を突破し、どうにか出走にこぎつける。しかし単勝オッズは272.1倍、ぶっちぎりの最低人気ホッコータルマエ、ベルシャザール、ニホンピロアワーズなど実績ったメンバーの中で、ここ2戦いいところのない4歳人気が集まるはずもなかった。しかし、このレースコパノリッキーは観衆の度肝を抜く

五分のスタートからダッシュよく先行すると、逃げは深追いせず2番手を確保。ゆったりしたペースの中を気分よく追走する。抜群の手応えで直線に入ると、尽きたエーシントップをかわして最内に入り加速。直後にはホッコータルマエが迫り、外からはベルシャザールが一気の末脚を伸ばしてきたが一向に差が詰まる気配もない。ホッコータルマエがどうにか半身差まで詰め寄った時、コパノリッキー上の田辺裕信は既に右手を握りしめていた。

まさかの優勝。東京競馬場の観衆はポカーン。それもそのはず、最低人気地GⅠを勝つのはサンドピアリスダイタクヤマトに次ぎ3頭。単勝27210円はそのサンドピアリスが勝ったエリザベス女王杯に次ぎGⅠ史上2番の高配当だったのである。騎手の田辺裕信は13年で初のGⅠ制覇。そもそも田辺は、フェブラリーステークスではコパノリッキーと同厩のGⅠテスタマッタに騎乗する予定だったのだが、テスタマッタが直前に屈腱炎で引退したために予定がき、このが回ってきたのである。GⅠであるテスタマッタが出走していれば当然コパノリッキーは出走できなかったわけで、なんとも幸運な勝利でもあった。

金星を挙げたコパノリッキーは続いてかしわ記念に出走。1番人気ワンダアキュートに譲ったが、中団から3,4コーナーでひと捲りして進出し先行集団を一掃し快勝。前走がフロックでないことを明する。帝王賞では圧倒的1番人気に推されたが、初の2000mがいたか、あるいは不良馬場いたか、今度はワンダアキュートに捉えられ2着に敗れる。

場は休養し、盛岡競馬場JBCクラシックに直行。前走と同じ2000mの重馬場だったためか3番人気にとどまるが、外から楽に先手を奪うと、直線では上がり2位タイの脚で後続を突き放し圧勝。これで新装開店のチャンピオンズカップはもらったも同然・・・かと思いきや、出負けして中団からになると、直線でさっぱり伸びずまさかの12着。初めてホッコータルマエに敗れると、続く東京大賞典ホッコータルマエの前になすすべなく4身差の敗。最優秀ダートも持っていかれてしまった。

5歳

2015年東海ステークスから始動。上に武豊を迎える。このレースは当然のごとく4身差の圧勝。意気揚々とフェブラリーステークスに出走する。ホッコータルマエの回避はあったが粒がったメンツの中にあっても、コパノリッキー明らかに1頭突き抜けた存在であり、圧倒的1番人気に支持される。1年前は最低人気だったが1番人気なのだから競馬とは何が起こるやらわからないものである。

レーススタートで逃げるとみられていたコーリンベリーが出遅れる波乱の幕開け。コパノリッキー若干出負けはしたが、武豊が押して先行。1頭を前に行かせ2番手につける。速くなったり遅くなったりの変則的なペースの中でも折り合いをつけ、逃げの外で4コーナーを回ると、あとは前年と同じ競馬。残り400mで逃げを競り落とすと息の長い末脚を伸ばす。最後はまたも半身差まで詰め寄られるが振り切ってゴールインフェブラリーステークス史上初の連覇を成し遂げた。その後はかしわ記念出走を予定していたがまたも折が判明し休養。

休養明け、GⅡ日本テレビ盃で復帰するがサウンドトゥルーに10身ちぎり捨てられ3着。しかしJBCクラシック@大井競馬場では逃げて上がり2位という強いコパノリッキーが復活。サウンドトゥルー以下を置き去りにして逃げ切りJBCクラシック連覇を果たす。前年敗れたチャンピオンズCに1番人気で乗り込むが、先行がほぼ壊滅するハイペースではどうにもならず、直線でホッコータルマエもろとも差しに飲み込まれ7着。東京大賞典では9歳ワンダアキュートにすらかわされ4着。フェブラリーSを勝ったことで最優秀ダートは受賞したが、なんとも後味の悪い終わり方になってしまった。

6歳

2016年は前戦をパスし、3連覇をしてフェブラリーステークスに直行。しかしノンコノユメなどの新に押されて4番人気まで評価を落とす。レースはテンの速いに追いつけず中団からになり、直線でも一切バテず伸びずの7着。3連覇の夢はく散った。新が次々と誕生し、コパノとホッコーの二強時代は終わったか…と思いきや、かしわ記念では2番手から直線で伸びに伸び、ノンコノユメやモーニンを封。前残りとはいえ、非常に強い競馬でGⅠ6勝を手にした。さらに帝王賞ホッコータルマエ、ノンコノユメ、サウンドトゥルーと現在ダート戦線の役が集結したが苦もぶっちぎり3身差で圧勝。なんか前より強くなっている気がする…。米国遠征も予定されていたが体調が整わず断念。

の初戦は初めての出走となったマイルチャンピオンシップ南部杯上は4歳時の田辺騎手に戻り、いつもより面子った中を危なげなく1身3/4差で快勝。1分33秒5という衝撃的コースレコードおまけつきでGI8勝を挙げた。ホッコータルマエを追いかけてJBCクラシック@川崎競馬場に出走するが、までの相棒武豊騎乗のアウォーディーに潰され5着。チャンピオンズカップにはクリストフ・ルメール上に迎えるが、ハイペースに巻き込まれてスタミナが尽き13着。このチャンピオンズカップに呪われているのか?東京大賞典はリーディング騎手戸崎太を上に逃げの手を打つがあっさりと後退し5着。またも勢いを失ってしまう。

7歳

2017年もフェブラリーSから始動。武豊上に復帰しいつもの先行策を取るが、直線で何の手応えもなく失速し、自己最悪の14着。この時ばかりはもが「もうダメなのか?」と感じた。
一休みして迎えたかしわ記念。2勝を挙げている得意な舞台だったが、安定勢ベストウォーリアに1番人気を奪われてしまう。しかも1番からまさかの出遅れ。久々に中団からのレースとなってしまう。しかし、群がバラけて揉まれなかったことが幸いしたか、リズムよく追走。3で大外からマクリを仕掛けて前に取り付くと、1頭次元の違う脚で突き抜け快勝。かしわ記念連覇となる3勝を挙げた。

帝王賞は関節炎で回避し、を休養にあててマイルCS南部杯に直行。1年ぶりに田辺の手綱に戻ると、3番手から進出して直線で後続をあっさり抜き去り4身差の圧勝。一足先に引退した宿敵ホッコータルマエに並ぶGⅠ10勝を挙げる。
次のレースには連覇の経験があるJBCクラシックではなく初の1200mとなるJBCスプリント@大井競馬場を選択。上には2年連続地方リーディングの泰斗を迎える。本番はゲートで立ち遅れたが強引に前に押し出し、直線で先行をねじ伏せ一度は先頭に立つ。しかしインで巧く立ち回ったニシケンノノフに最後の最後で差され2着に敗れてしまう。

続くチャンピオンズカップでは、出走全が重賞メンバーがそろった上に過去3年このレースで惨敗していることがいたか、オッズの差こそないが9番人気とかなり人気を落とす。しかし4回の今回は抜群のスタートを決めて先手を奪い、スローに落とす理想的な競馬。直線もギリギリまでりを見せるが、自身を徹底マークしていたテイエムジンソクに最後にかわされた上、外からゴールドドリームにまとめてなでりにされ3着。4度にして自己最高の結果を残したが、GⅠ11勝はまたもお預けとなった。

引退レースに臨んだ東京大賞典。ここにもケイティブレイブサウンドトゥルー、アポロケンタッキーインカンテーションなど実績や勢いのあるい、コパノリッキー割れたオッズの中で3番人気に支持される。
本番、外ながら上手くゲートを出て先手を奪い、マイペースの逃げに持ち込む。前半1000mは61秒3。後ろにもそれほどプレッシャーをかけられていない…もうコパノの勝ちパターンであった。
4で後続を引き付け、直線で一気にギアを入れると、ついてきた1番人気ケイティブレイブはあっという間に置き去り。外からサウンドトゥルーが上がり最速の末脚で追ってきたが、その3身前で々とゴールイン。見事な逃げ切りで有終の美を飾り、ホッコータルマエを抜いて史上最多のGⅠ級競走11勝を挙げた。東京大賞典は4度の挑戦にして初制覇であった。

関連動画

の片鱗

これがダート王者

ゲートが上手くいかないと、こうなる

関連商品

関連コミュニティ

関連項目


【スポンサーリンク】

携帯版URL:
http://dic.nicomoba.jp/k/a/%E3%82%B3%E3%83%91%E3%83%8E%E3%83%AA%E3%83%83%E3%82%AD%E3%83%BC
ページ番号: 5326407 リビジョン番号: 2550608
読み:コパノリッキー
初版作成日: 15/04/08 21:46 ◆ 最終更新日: 17/12/30 15:49
編集内容についての説明/コメント: 好敵手の部分を削除
記事編集 / 編集履歴を閲覧
このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事の掲示板に最近描かれたお絵カキコ

お絵カキコがありません

この記事の掲示板に最近投稿されたピコカキコ

ピコカキコがありません

コパノリッキーについて語るスレ

14 : ななしのよっしん :2017/12/30(土) 17:00:47 ID: oR39n6oJ74
タルマエの方にもサウンドトゥル沸いてるけど
リッキー相手には人様に潰して貰わないと勝てない時点で論外だぞあの
タルマエ相手にもタイマン勝負だと普通に負けてるし、所詮GI3程度よ
15 : ななしのよっしん :2017/12/30(土) 18:27:07 ID: yj+V3aVIfW
だからサウンドトゥルー本格化してから
幸はリッキー潰辞めてんだっての
16 : ななしのよっしん :2017/12/30(土) 18:29:31 ID: Vb4Ux3RFu6
G111とかいうけど
所詮9つは地方交流だろ
17 : ななしのよっしん :2017/12/30(土) 18:42:39 ID: yj+V3aVIfW
>>11
そいつら二つ合わせて本当に価値ある
中央G1三勝だろ
ヴァーミリアンカネヒキリコンビで合計中央G14勝のほうがすごい
ヴァーミリアンはドバイで4着
トランセンド一頭では中央G13勝
こいつらのほうが強いだろう
18 : ななしのよっしん :2017/12/30(土) 20:49:42 ID: EsrFBdCnhd
重賞勝ちのところ、東京大賞典JpnIではなくGIな。

>>17
確かに混みに入ったら即アウトコパノリッキーがどういうレースでもできるカネヒキリより強いということはないと思う。
ただ、カネヒキリ昨日のケイティブレイブのような競馬をしたらやっぱり捕まえられないだろうな。
だけの話ならコパノリッキーの方が上。勝負根性とかそういった面を加えた総合で差が出るという話。

この手のの場合、出走の差が大きい地方のGIの方が勝ちが増えるのは当然のこと。
ただ、過去10年(2007~2016年)のそれぞれの年で日本ダート戦で最もレースレーティングが高かったレースを挙げると、地方のGIばかりになるのも事実なんだよな。
中央は2009年のフェブラリーSと2011年岩手競馬の代わりに施行した南部杯の2回だけ。

あとカネヒキリは中央のGIを3勝しているから、ヴァーミリアンとの中央GI勝利数は5勝な。
19 : ななしのよっしん :2017/12/31(日) 00:53:35 ID: 6AE18HtMx+
なんか中央G1を絶対視してるやつどこにでもいるけど
少なくとも東京大賞典現在IFHAランキングでは
チャンピオンズ、フェブラリーより上だから
際的には一番レベル高いのは東京大賞典だよ
20 : 削除しました :削除しました ID: 6UVqN6j4LB
削除しました
21 : 削除しました :削除しました ID: is+XjQ6OMx
削除しました
22 : ななしのよっしん :2018/03/14(水) 05:07:34 ID: atWSCoPf8t
JRAの本物のG1(笑)
G1なら東京大賞典勝ってるからG13勝なんだよなぁ
23 : ななしのよっしん :2018/04/10(火) 23:33:57 ID: aoyCRyHBCT
こののことを悪く言う人もという立場から見ると変わると思う。三歳で折するも古になってからは一度の故障もなくダートトップクラスで活躍。交流G1を勝ちまくって賞を稼いでくる。特に引退するまで衰えを見せなかったリッキー主観点からみると間違いなく理想の名なんだよなー。
急上昇ワード
ニコニコニューストピックス
  JASRAC許諾番号: 9013388001Y45123
  NexTone許諾番号: ID000001829