単語記事: コンピュータTVゲーム

編集

コンピュータTVゲームとは、任天堂が発売した第一世代据置機である。

概要

1980年に発売され、価格は48,000円、番はCTG-HC10。
任天堂が発売した最後の第一世代据置機で、本機の失敗によって任天堂は一時テレビゲーム市場から撤退を余儀なくされた。

アーケード任天堂が発売した「コンピューターオセロゲーム」を庭用に移植したゲームで、版権の関係上本機では「リバーシ」の名称で統一されている。元々の筐体がブラウン管テレビに表示していたため、コンピューターオセロゲームの基を再利用しており、アーケードより強化されたCPU戦2種類と対人戦2種類を遊ぶことができる。入ボタン16個とスイッチ2個で行う。

しかし、48,000円という高価格にもかかわらず「リバーシ」1種類しか遊ぶことができず、さらに画面がモノクロを□と+で表示しているといった価格に見合わない内容だったため、任天堂ハード史上最悪の売り上げを記録した。

ACアダプタにはカラーテレビゲームシリーズのものではなく専用のものが使われたが、その重量は2kgである。

任天堂の第一世代据置機ではカラーテレビゲームと付けられていないが、番はCTGを採用している。これは、「カラーテレビゲームColor Tv Game)」という意味ではなく、「Computer Tv Game」の頭文字を取っている。

関連動画

関連項目


【スポンサーリンク】

携帯版URL:
http://dic.nicomoba.jp/k/a/%E3%82%B3%E3%83%B3%E3%83%94%E3%83%A5%E3%83%BC%E3%82%BFtv%E3%82%B2%E3%83%BC%E3%83%A0
ページ番号: 5309381 リビジョン番号: 2362872
読み:コンピュータテレビゲーム
初版作成日: 15/02/09 16:37 ◆ 最終更新日: 16/05/17 16:13
編集内容についての説明/コメント: 誤字修正
記事編集 / 編集履歴を閲覧
このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事の掲示板に最近描かれたお絵カキコ

お絵カキコがありません

この記事の掲示板に最近投稿されたピコカキコ

ピコカキコがありません

コンピュータTVゲームについて語るスレ

1 : ななしのよっしん :2015/02/09(月) 16:58:03 ID: Fe7jUZZ75B
作成乙です。

>入ボタン16個とスイッチ2個で行う。
ただのリバーシなのに…そんなにボタン増やして何に使うんだろう…。

調べてみたら当時の4万8000円は、現在9万~10万円に相当するのか。
普通リバーシ買った方が良いなw
2 : ななしのよっしん :2017/01/07(土) 19:11:04 ID: uJ9dGAJciS
リバーシだけって…カートリッジも何も挿せないって事かい?
ニコニコニューストピックス
  JASRAC許諾番号: 9013388001Y45123
  NexTone許諾番号: ID000001829