編集  

サイカトグ単語

サイカトグ

サイカトグとは、マジック:ザ・ギャザリング(以下、MTG)のカードである。初出は2001年発売の『オデッセイ』。

概要

Psychatog / サイカトグ (1)()()

クリーチャーエイトグ(Atog)

カードを1枚捨てる:サイカトグターン終了時まで+1/+1の修整を受ける。

あなたの墓地にあるカード2枚を追放する:サイカトグターン終了時まで+1/+1の修整を受ける。

1/2

引用元

オデッセイ』に収録された“エイトグ”のうちの1匹。MTGでのエイトグというクリーチャーは、何かしらを“食べる”ことで大きくなるをもつ。『オデッセイ』にはの5種類のエイトグが収録されており、

:エンチャント
:手札
墓地
アーティファクト
:土地

をそれぞれ食べる。の《サイカトグ》は手札と墓地を食べる。

アンコモンの5枚あるサイクルの中の1枚ということもあり、登場当時は立たなかったが、次第にその悪さが知れ渡り、スタンダードどころかエクステンデッドレガシー、そしてヴィンテージでも活躍した、当時を代表するクリーチャーである。2009年には全ての色(多色)カードの中で1位という評価を受け[1]2013年の『ニコニコ超会議2』では2001年を代表するカードに選ばれた。

タルモゴイフ》や《僧院の導師》などの《サイカトグ》よりもフィニッシャー適正のあるカード、《突然ショック》や《突然の衰微》といった《サイカトグ》を簡単に除去できるカードが増えた最近のMTGでは、デッキのフィニッシャーとして使われることも少なくなった。

サイカトグはなぜ強い?

かるくてでかい2つのが非常に噛み合っており、1番で手札を捨てると墓地に行くため、2番コストに使える。また、エイトグと違い、食べるカードに条件がないため、手札さえあればどんどん大きくできる。手札を捨てるということは食べるためのカード戦場に出す必要がないため、余計なマナもかからない。結果、3マナカードなのにパワーが軽く20えてしまう。火力呪文で撃ち落とすのはほぼ不可能だし、3マナと軽いので打ち消し呪文を構えながらプレイするのも簡単である。

そして、同じく『オデッセイ』には《サイカトグ》と相性抜群のカードが収録されていた。

Upheaval / 動 (4)()()

ソーサリー

すべてのパーマネントを、オーナーの手札に戻す。

引用元

マナを余らせて《動》をプレイ→余ったマナで《サイカトグ》をプレイ→次のターンに膨れ上がった手札と墓地を食べさせて一気に巨大化させて勝利。当時の環境を席巻した最強コンボ完成である。

エピソード

関連動画

関連項目

脚注

  1. *Top 50 Gold Cards of All Time

【スポンサーリンク】

携帯版URL:
http://dic.nicomoba.jp/k/a/%E3%82%B5%E3%82%A4%E3%82%AB%E3%83%88%E3%82%B0
ページ番号: 5500259 リビジョン番号: 2606856
読み:サイカトグ
初版作成日: 17/09/05 22:47 ◆ 最終更新日: 18/07/12 23:12
編集内容についての説明/コメント: サイカレス
記事編集 / 編集履歴を閲覧
このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事の掲示板に最近描かれたお絵カキコ

お絵カキコがありません

この記事の掲示板に最近投稿されたピコカキコ

ピコカキコがありません

サイカトグについて語るスレ

1 : ななしのよっしん :2017/10/27(金) 18:14:50 ID: UDL7lVEb7c
か使ったらその効果だけで最低+6+6修正を得れることも追記してくれよ、頼むよー
2 : ななしのよっしん :2018/03/04(日) 19:58:25 ID: TCmV0iE3bp
スカーブの殲滅者がサイカトグよりも適正だと…うんそうですね間違いないですね。
3 : ななしのよっしん :2018/03/14(水) 21:53:41 ID: 9wOHiVIyq1
墓地なんて普通に戦っていれば駄使いしない限り勝手に溜まってくっつうのに、それを打点に変換できるなんてむっちゃサイコエイトグよね…w
4 : ななしのよっしん :2018/07/13(金) 14:13:49 ID: Trdd2b7Ozf
食べたうんこをまた食べる。
急上昇ワード
ニコニコニューストピックス
  JASRAC許諾番号: 9013388001Y45123
  NexTone許諾番号: ID000001829