単語記事: サイコミュ

編集  

サイコミュサイココミュニケーター)とは、宇宙世紀ガンダムシリーズに登場する用・装置の名前である。

準サイコミュについては該当記事を参照。

サイコミュとは

フラナガン機関の設立

宇宙世紀には「ニュータイプNT)」と呼ばれる者達が存在する。
NTは本来、ジオン・ズム・ダイクンによって提唱された「宇宙環境に適応するよう進化した人類」「コミュニケーションの発達した者」というのが一般認識であり、実際にジオンNT思想は宇宙移民の促進ともなった。だがジオンの没後にザビは意図的にNT思想を捻じ曲げ、ザビによる独裁体制の為に利用した。
ジオン公国

ギレン・ザビは曲解したNT思想を是とし思想面で利用したが、一方でキシリア・ザビNT軍事利用を考案。戦前からNTの研究を行っていたフラナガン博士を招集し、一年戦争半ばの6月頃に「フラナガン機関」を設立する。フラナガンは表向き民間向けの、実際には軍事利用の為にNT研究を行った。

フラナガン機関の設立は、NT研究に飛躍的な進歩をもたらした。特にNTの特殊波を戦闘に転用するI/F「サイココミュニケーター」は、今後100年以上に渡って活躍する事になる。

サイコミュの開発

シリアNT軍事利用しようと考えたのは、NTの持つ類まれなる「回避」にあった。

MBW(ミノフスキービーム・ウェポン)は光速に近く、発射してから動くのでは被弾してしまう。
戦後、キシリアMSの戦果を検証していくと極端に被弾率が低いパイロットが発見された。このパイロット(名前は表されていない)の戦果は、キシリアに「高い間認識や人間を第六感的な物で感じ取れる先読み・予知が現れているのだ」という考えを抱かせる。

研究が進むとNTは特殊な感応波(サイコウェーブ)を発する事が確認された。この感応波はNTが圧を受ける事で発し、ミノフスキー粒子を振動させる特異な性質を持っていた(後にサイコミュ通信と呼ばれる)。

これを受け、ミノフスキー粒子を震動させる、は干渉する性質を持つ波を増幅させ、機械語翻訳する装置サイココミュニケーター(通称:サイコミュが開発された。サイコミュミノフスキー粒子散布化のあらゆる電子的アクセスが遮断されている中で、むしろ粒子を逆に利用し、台(ビット、ファンネル)等を遠隔操作する事もできる。
ファンネル

ビットやファンネル、そして機体の思考制御を可とするため「ブレインマシンインターフェイス」に数えられる。

想定外の力

サイコミュ準サイコミュを採用した機体は時折「不可思議な現」を引き起こす事が有る。

例えば準サイコミュを搭載したMSZ-006Ζガンダム」は、グリプス戦役末期に「相手MSへの干渉」や「ビーム兵器の強化・肥大化」「ビームを弾くバリアを機体周囲に展開する」など、本来想定されてない仕様外のを見せた。

これらは搭乗者のニュータイプや意思に呼応して発現する為、ニュータイプの感応波がミノフスキー粒子に干渉し、変化を促した結果、起こったものと推測されている。後述するサイコフィールドと同様の現である。

サイコフレーム

機体自体の全な思考制御は強な感応波が必要だが、サイコミュの基礎機を持つコンピューターチップを構造材に埋め込むサイコフレーム技術の発達で、感応波の送受信・増幅装置としての面が強化された。

同時にサイコフレームは「想定外」を引き出し易くなった。
二次ネオジオン戦争時に人々の意思を集め、地球に落下するアクシズを押し返したアクシズショックはその代表例と言える(この現は後にサイコフィールドと呼ばれている)。

この後、サイコフレーム技術はフルサイコフレームMSのムーバブルフレームサイコフレームで構築するという大胆な発想を用いてブラッシュアップされたのだが、この構造を採用した「ユニコーンガンダム」もまた不可思議な現を引き起こす事になる。

 

主なサイコミュ採用機

一年戦争(U.C.0079-0080.1)

この時期のサイコミュは技術不足によって大化せざるを得ず、当初はMAくらいの大機にしか積めなかった。
サイコミュを小化させる試みが「ビショップ計画」で取り組まれ、通常サイズMS搭載にも成功したが、MSへの搭載が実現したのはジオン軍が劣勢に陥った時期となってしまった。

この時期のサイコミュに「兵装を操るシステム」として扱われた。

一年戦争後-グリプス戦役終戦(U.C.0081~U.C.0088)

終戦後、連邦アナハイムエレクトロニクスはジオンサイコミュ関連機(技術)を接収し、サイコミュ搭載機の開発に本を入れる。

一般兵対応の「準サイコミュ」については該当記事を参照。

第一次ネオ・ジオン戦争~第二次ネオ・ジオン戦争

第4世代MSは大化・大出化(いわゆる恐竜化)が立ち、サイコミュ機もそれに伴い路線変更している。

該当作品:ΖΖ、逆襲のシャアCCA-MSV

ラプラス紛争~マフティー動乱

サイコミュのピークと言える時代がラプラス紛争期である。
ミノフスキー物理学だけで説明できないほど「サイコミュオカルト化」が加速した。その結果、ラプラス紛争後にサイコフレームの開発は封印もしくは規模が縮小したと言われている。

該当作品:ガンダムUC閃光のハサウェイ

コスモ・バビロニア紛争~ザンスカール戦争

この時代になると準サイコミュ技術の発展で「サイコミュ」の概念が曖昧化し、NT専用機も減少するが、サイコミュの研究自体は続けられたようだ。通常のMSに採用する例が極端に減っており、ただのMSよりは決戦兵器に使われるイメージが強くなっている。
バイオコンピューターネオサイコミュリングサイコミュは新世代サイコミュ技術の代表例に数えられる。

該当作品:ガンダムF91シルエットフォーミュラVガンダムクロスボーンガンダム

U.C.200年代

ガンダム正史サンライズ公式)的に取り扱いが難しい作品達。

ガイア・ギア』に登場するMSの次世代兵器マン・マシーン」には高性サイコミュが採用され、一般兵でもNT並のを得られるようになった。副作用もあるため、サイコミュにリミッターが設けられている。原作者の富野がスラング的な意味で黒歴史にしたい作品のため(要約)、バンダイサンライズはこの作品の扱いに頭を悩ませている。

時系列的には後のU.C.223年を描いた「G-SAVIOUR」には全くサイコミュは登場しない。

関連動画

サイコミュに関するニコニコ動画動画を紹介してください。

関連商品

サイコミュに関するニコニコ市場の商品を紹介してください。

関連項目


【スポンサーリンク】

携帯版URL:
http://dic.nicomoba.jp/k/a/%E3%82%B5%E3%82%A4%E3%82%B3%E3%83%9F%E3%83%A5
ページ番号: 5451490 リビジョン番号: 2484271
読み:サイコミュ
初版作成日: 16/10/26 00:17 ◆ 最終更新日: 17/04/29 11:47
編集内容についての説明/コメント: 誤字とかを修正、一部削減
記事編集 / 編集履歴を閲覧
このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事の掲示板に最近描かれたお絵カキコ

お絵カキコがありません

この記事の掲示板に最近投稿されたピコカキコ

ピコカキコがありません

サイコミュについて語るスレ


まだ掲示板に書き込みがありません… 以下のようなことを書き込んでもらえると嬉しいでーす!

  • 記事を編集した人の応援(応援されると喜びます)
  • 記事に追加して欲しい動画・商品・記述についての情報提供(具体的だと嬉しいです)
  • サイコミュについての雑談(ダラダラとゆるい感じで)

書き込みを行うには、niconicoのアカウントが必要です!


急上昇ワード
ニコニコニューストピックス
電ファミwiki
  JASRAC許諾番号: 9013388001Y45123
  NexTone許諾番号: ID000001829