単語記事: サイレンススズカ

編集

98年 宝塚記念
最速の機能美サイレンススズカ
速さは、自由か孤独か。
 ―2011年宝塚記念CMより

※当記事では、サイレンススズカの活躍した時代の表記に合わせて、年齢を旧表記(現表記+1歳)で表記します。

サイレンススズカの概要  

サイレンススズカ(1994年5月1日生、1998年11月1日死亡)は日本の元競走

サンデーサイレンスキア(miswaki)。
生涯成績16戦9勝。田満厩舎所属。
な勝宝塚記念G1)など重賞5勝。半天皇賞(春)2着で種ラスカルスズカがいる。
称は『スズカ』『ススズ』など。4歳時は騎手が転々としていたが、5歳以降は武豊騎手が戦騎手となっている。

出生:偶然から生まれた快速馬

当初、キアには既に産駒としてウイニングチケットらが活躍していたトニービンを配合する予定だった。しかしワキア発情期を見計らって意気揚々と社台の繋養所につれて行ったところすでにトニービンの種付け予定は満杯となっていた
既に種付シーズン終了が迫ってきており、もう今年トニービンをつけられる機会は来ないかも・・・とがっかりしていたところへ

社台「サンデーサイレンスなら今日予定がいてますが・・・」

と社台側が助け舟をだしてくれたのである。・・・いまなら到底あり得ない助け舟ではあるが、この時点でのサンデーサイレンスは産駒デビュー前で種としての才は未知数の段階で、今考える程の驚異的人気はまだなかった。とはいえサンデーサイレンスも競走成績ではトニービンに引けを取らない実績を持つのは間違いないので、牧場長もこの提案を承諾してこの年はワキアサンデーサイレンスを配合することになった。そうして生まれたのがサイレンススズカである。

幼いころはそれほどの才気を見せていなかった。立つ所と言えば、やたら人懐っこいところと、房内で左回りにやたらクルクル回る癖があったくらいであったのだが・・・

4歳 ~東京優駿:才能だけで走る日々

やや遅生まれだったこともあり、デビューはやや遅めの4歳2月。しかしこのころから調教段階での好時計の連発が評判となり、「遅れてきたサンデー産駒の大物現る」「今年のダービーはこので決まり」と話題になった。そしてその前評判通りデビュー戦では圧勝。そしてクラシック出走のため、2戦にして果敢にも皐月賞トライアル弥生賞に挑戦した。

しかし、そこで見せたのはゲート内で上の上村騎手を振り落とし、ゲートの下から潜り抜け、その後ゲートに入り直してようやく発走したと思ったら10身も出遅れ、という大失態であった。そんな状況から8着まで持ってきたはさすがと言えるが、当然皐月賞出走は不可能に。
そしてこの後の条件戦も圧勝したことにより「ダービーこそは」の思いは強くなり、軽度の故障を発症したもののダービートライアルプリンシパルステークスに強行出走。田師く「この後に来るのがダービー以外のレースなら使っていなかった」とのこと。サイレンススズカはその思いにこたえて見事ここを勝利し、日本ダービーに駒を進めることができた。

しかしそこで待っていたのは、皐月賞であり、同じ逃げを得意とするサニーブライアン営によるスズカ封じの作戦だった。スズカが逃げたら控える気満々だったのにもかかわらず、「何が来ても逃げる」「スズカが来ようが関係なし」などと吹いたため、スズ営は潰し合いを恐れて控える競馬をすることを選択してしまう。さらにレース間隔が短かった影からイレ込みまくったサイレンススズカは掛かりまくって自滅し(9着)、楽な逃げで競馬ができたサニーブライアンの二冠達成を前に辛をなめるしかなかった。

4歳 ~香港国際カップ:名手との出会い

神戸新聞杯(G2)から始動。しかしここで上の上村騎手が「勝利を確信して押さえたらマチカネフクキタルに差されてました(キリッ」という大失態を犯したため、当然田師の怒りを買い、上村騎手は上から降ろされることに。その後は距離適性を考慮し菊花賞ではなく天皇賞(秋)に向かった。
そこでサイレンススズカは、いままでにない大逃げをみせる。5歳時の片鱗を見せる走りであったが、この未完成の段階ではまだ荷が重かったか、エアグルーヴバブルガムフェロー叩きあいについていけず6着と敗れた。

この後、余裕を持って京阪杯(G3)を使う予定であったが、招待されると思っていなかった香港カップ(G2)の招待状が届いたため急きょ日程を組み直すことになった。その影調教過程はちぐはぐになってしまう。しかも、前述の房内で左回りしまくる癖を直そうと畳やタイヤるしたらものすごくストレスを溜めてしまった。そういう経緯もあり急遽出走したマイルCSは15着惨敗。その影を引きずったのか、香港カップでも5着と善戦と言える程度で終わってしまった。

しかし、ある男はこの時点でのサイレンススズカについて、こう述べた。
「このは、化け物だ・・・」「来年は、こので勝ちますよ」と。
その男とは、香港カップサイレンススズカの騎乗を任された武豊騎手である。

5歳 ~金鯱賞:伝説の金鯱賞

明けて5歳オープン特別のバレンタインSから始動。武騎手はわざわざサイレンススズカ騎乗のためだけに関東へ移動してきた。実績的に抜けている相手関係であり、まずは4身差の逃げ切りで圧勝。
次の中山記念(G2)はG1シノサンデーら強敵が集まったが、最後やや足が止まったものの1身3/4で勝利。距離的に不安な天皇賞(春)は避け、小倉大賞典(G3へ。ここも3身差の快勝。・・・こうしたレースの中で、武騎手は「一時息を入れる」ということを覚えさせていった。そうして一時落ちつかせてしまえば、このは再度気合を入れた時に逃げていた時の足をもう一度使える・・・という考えであった。

この後、賞(G2)出走の予定を変えて安田記念を使うプランも浮上した。この年の安田記念タイキシャトルの独壇場と見られていたが、連勝中のサイレンススズカが参戦するとなれば然その対決が面くなる・・・とその動向が注された。最終登録にサイレンススズカの名前があったことから、即回避した天皇賞(秋)とは違い、こちらは最後まで悩んだようだ。
・・・が、前年のマイルCSの苦い思い出があったからなのか、ここは安田記念出走を自重し、予定通り賞へ駒を進めた。この賞はサイレンススズカ自身も含め連勝中のが数多く参戦していた。重賞2勝を含む5連勝中のミッドナイトベッド。休み明けながら前年に4連勝で菊花賞を制したマチカネフクキタル。こちらも休み明けながら重賞含む4連勝中のタイキエルドラド。いずれ劣らぬ強敵たちにサイレンススズカがどういったレースをするのかが注された。

レースはいつも通りのサイレンススズカの大逃げで始まった。もちろん1000m通過が58秒1のハイペースである。ファンや後続の騎手は「どこかでスズカはペースを落とすだろう。その間にどれだけ後続が差を詰めるか、そしてスズカはどこまで持ちこたえるか」などと考えていただろう。
しかし3コーナーを回れど、4コーナーを回れど詰まるのは2番手のと後続の間だけ。サイレンススズカは未だ々の一人旅。どよめきは次第に大きくなり、笑い出す人もいたとか。サイレンススズカが直線に入るといつしか沸いていた観客の拍手が出迎えた。そして混戦の2着以下をに、拍手の中ただ1頭先頭でゴールを駆け抜けた。も言わせぬ大差勝ちである。
この強いメンバーに対し、これほどのレースをしたことでこの賞は伝説となり、サイレンススズカの名はトップクラスに躍り出るようになった。

5歳 ~毎日王冠:強豪にすら踏ませぬ影

ここまで連戦続きの上、武騎手には宝塚記念に出走するエアグルーヴに騎乗の先約があり、これまでの戦積と例の旋回癖から右回りがやや苦手なのでは、ということもあって宝塚記念は回避も検討されたが、ファン投票の急浮上、そしてサイレンススズカ調子の良さから今度はマイルCS以来のG1出走を決めた。
武騎手の代打として羽の矢が立ったのは南井己騎手である。しかし、この難しいを、テン乗りで手の内をつかめていない状況で武騎手と同じ乗り方をすることは南井騎手でも不可能と判断したのか、南井騎手は田師に「一度後続を引きつけます」と宣言していた。
その宣言通り、南井騎手は3コーナーから4コーナーあたりで後続を引きつけた。サイレンススズカは普段と違う示に戸惑ったか、はたまた苦手の右回りの影か、シルバーコレクターステイゴールドエアグルーヴに追い詰められるも、3/4身しのいでG1タイトルの栄冠を手にした。

この不利な条件が重なった中での勝利に、中距離最強の座はもはやゆるぎないものと思われた。この後の最大標はもちろん、サイレンススズカが最も得意とすると思われる左回り2000mという絶好の条件で行われる天皇賞(秋)である。

しかし、その前戦として出走を予定していた毎日王冠(G2)にはサイレンススズカに挑戦状を叩きつける2頭のがいた。その達とは当時天皇賞やクラシックに出走を許されていなかった外グラスワンダーエルコンドルパサーの2頭である。どちらも敗で頂点に立ったこの2頭は、クラシックに出走不可という憂さをらす方法として、中距離最強サイレンススズカの玉座を狙いに来たのであった。サイレンススズカ調子が今一つではあったが、玉座に座るものとして、これだけ明確な挑戦状から逃げるわけにはいかなかった。ここに最初で最後の名勝負が幕を開ける運びとなった。

王者サイレンススズカとそれに挑む2頭の若き怪物、それを一見ようとG2競走にもかかわらず13万人の大観衆が詰めかけた。
レースはもちろんサイレンススズカがいつも通りハイペースで引っる形。しかしいつもとべそれほど大差というわけではない・・・そして第3コーナー、この先のためにわずかに息を入れるサイレンススズカ
と、そのわずかな隙をついて先頭に並びかけんとするがいた。グラスワンダーである。この「息を入れる」という一の隙をついてサイレンススズカに並びかけ、叩きあいに持ち込む。それがグラスワンダー営の作戦だった。しかし、その並びかける前にサイレンススズカは再加速を始めてしまった。グラスワンダー営の作戦は振りに終わった。再加速したサイレンススズカに並びかけるグラスワンダーには残されておらず、一擲の策を潰され後退していくグラスワンダー
それと入れ替わりで上がっていったのはエルコンドルパサーである。策を弄したグラスワンダーとは異なり、こちらは「自身の一番強い競馬をすればサイレンススズカ相手でも勝てるはずだ」というっ向勝負で挑んだ。しかし、現実上の蛯名騎手が群を抜けた先で見たのは、あまりに遠いサイレンススズカの姿。しかも坂を上っても全然差がつまらない。最後ようやく差を少し詰めたものの、2身半という余裕の差をもって、この3強対決はサイレンススズカに凱歌が上がった。

2頭の不敗神話をまとめてって捨てたサイレンススズカ毎日王冠で負かした2頭は天皇賞(秋)には出られず、上の関係で懸念となっていたエアグルーヴも武騎手に配慮してかここを回避した。彼を脅かすはもはやいなかった。

5歳 天皇賞(秋)、そして・・・

そして迎えた天皇賞(秋)は日程の都合上、久々11月、それも11月1日開催となった。そしてサイレンススズカは11番に決まった。もちろん券の売り上げも圧倒的にサイレンススズカが1番人気(単勝1.2倍)である。11月1日11番1番人気。もがレース後、ここに加わるもう一つの「1」を想像したに違いない。

しかしその一方で、この天皇賞(秋)は「1番人気が勝てない」という不気味ジンクスがあった。しかもその内容も尋常ではなく、11年前にニッポーテイオーが1番人気で勝った後の1番人気の

他にもライスシャワーナリタブライアンバブルガムフェローとそうそうたるメンバーが敗れ去っているのである。く、「府中には、魔物が住んでいる。」
だが、スズカなら・・・スズカならきっとこんな糞みたいなジンクスなど打ち破ってくれる・・・そういう空気ファンの間に漂っていた。

大きな期待と、わずかな不安の中スタートした天皇賞(秋)。もちろんサイレンススズカはいつも通りのハイペースの大逃げ。しかも今回は2番手サイレントハンターの位置ですら大逃げといえる状況である。もはやカメラの引き具合が限界えるのではないかと心配になるレベルである。そしてサイレンススズカの姿が大欅の向こうに消えた。
そして再び姿を現したサイレンススズカ。ややペースを落としておりいつも通りここは息を入れる時間か・・・大観衆はそう思った。しかしテレビで見ていた者やテレビカメラを見ていた実況は気が付いていた。彼の足に異変が起こったことを。そして失速し、サイレントハンターに、後続にかわされていくサイレンススズカ。ようやく彼の異変に気付いた大観衆から悲鳴が上がった。
レース自体は続いていたが、そのレースを、その決着を見ていた観衆は果たしてどれだけいただろうか・・・

そして彼はこの日、まだ行ってはならない別のゴールを駆け抜けてしまった。

エピソードなど

サイレンススズカの関連動画

20世紀の名 4位                        2011年作成のCM
 

体柔らかいなぁ                           未だ伝説に残る賞、大差の逃げ切り
 

G2としては異例の12万人の観衆を集めた三強決戦    (´;ω;`)ウッ・・・
 

競走戦績

日次 レース 騎手 着順 動画
1997年2月1日 4歳新 上村洋行 1着 sm3623079
1997年3月2日 弥生 GII 上村洋行 8着 sm3522848
1997年4月5日 4歳500万下 上村洋行 1着 sm3784670
1997年5月10日 プリンシパルS OP 上村洋行 1着
1997年6月1日 東京優駿 GI 上村洋行 9着 sm2751461
1997年9月14日 神戸新聞 GII 上村洋行 2着 sm8827191
1997年10月26日 天皇賞(秋) GI 河内 6着 sm10634258
1997年11月16日 マイルチャンピオンシップ GI 河内 15着 sm4415483
1997年12月14日 香港カップ GII 武豊 5着 sm3780621
1998年2月14日 バレンタインステークス OP 武豊 1着 sm6137009
1998年3月15日 中山記念 GII 武豊 1着 sm9492088
1998年4月18日 小倉大賞典 GIII 武豊 1着 sm3290897
1998年5月30日 GII 武豊 1着 sm2067908
1998年7月12日 宝塚記念 GI 南井 1着 sm3784710
1998年10月11日 毎日王冠 GII 武豊 1着 sm4584692
1998年11月1日 天皇賞(秋) GI 武豊 中止 sm71565

関連商品

関連項目

外部リンク


【スポンサーリンク】

携帯版URL:
http://dic.nicomoba.jp/k/a/%E3%82%B5%E3%82%A4%E3%83%AC%E3%83%B3%E3%82%B9%E3%82%B9%E3%82%BA%E3%82%AB
ページ番号: 115110 リビジョン番号: 2029282
読み:サイレンススズカ
初版作成日: 08/05/20 23:52 ◆ 最終更新日: 14/05/27 16:05
編集内容についての説明/コメント: 5歳:天皇賞(春)→(秋)に修正
記事編集 / 編集履歴を閲覧

この記事の掲示板に最近描かれたお絵カキコ

お絵カキコがありません

この記事の掲示板に最近投稿されたピコカキコ

ピコカキコがありません

サイレンススズカについて語るスレ

69 : ななしのよっしん :2013/08/22(木) 11:11:34 ID: kpRFbz/tAo
毎日王冠のレース回顧でアナウンサー
「これが古と4歳の違いですか?」
と聞かれた大川慶次郎さんが
「いや、サイレンススズカエルコンドルパサーの違いでしょう」
と答えたのが今でも印に残ってる
70 : ななしのよっしん :2013/11/01(金) 00:24:19 ID: 3Cf4mhyTsd
あれから14年、いまだにサイレンススズカえるに会えていない。
71 : ななしのよっしん :2013/12/21(土) 23:04:55 ID: ReuCTgpfRQ
Gallopだったと思うんだけど、98ゴールを撮った写真が忘れられない
競馬場の内側からだから後ろにスタンドが写ってるんだけど、観客がゴールを見てないんだ
みんな画面右側、彼らから見て左側をずっと見てるんさ…
72 : ななしのよっしん :2014/01/08(水) 20:46:28 ID: wPHo//jWm8
泣いた・・
73 : ななしのよっしん :2014/02/17(月) 23:22:30 ID: sWAwbh6ud8
>>sm22820609

見とけよ見とけよ~
74 : チェックメイト :2014/03/31(月) 10:00:01 ID: ggi1iRpW94
今年の宝塚記念ススズが帰ってくるのか・・・
75 : :2014/05/27(火) 21:55:23 ID: OG2m0TbFzl
このタイプで、競走で、スズカをえるが二度とでてくる気がしない
それこそ高度な知を持った人類が地球に現れたようなくらいの奇跡だったんじゃないかなって思う
本格化してからのスズカは負ける気がしなかったし、最期は競走中止にはなってしまったけれど負けてない
がガキの時だったし生では見れなかったけど一番好きな
76 :   :2014/08/12(火) 07:03:06 ID: 69WG066Gxq
すごい今更だけど記事の文章が個人ブログっぽいというか小説っぽいというか・・・
こういう場では淡々と事実だけ書いた方がいいのでは
77 : ななしのよっしん :2014/09/12(金) 18:12:46 ID: EUS/6DjHaL
>>76
他の記事でもよく言われるけど
そういうのはwikipediaに任せておけばいいんじゃない?
78 : ななしのよっしん :2014/10/31(金) 08:08:52 ID: 3Cf4mhyTsd
>>sm24725524


エイシンヒカリ
グニャラくんの本が出ました!
  JASRAC許諾番号: 9011622001Y31015