単語記事: サイレントヒル

編集

サイレントヒルSILENT HILL)とは、1999年コナミからプレイステーションソフトとして発売されたホラーゲームである。また、同名のゲームシリーズの総称としても用いられる。

舞台

アメリカの北東部にある田舎町サイレントヒルが舞台である。

閑静な美しい観光地であったが、今では人気のないゴーストタウンと化している。

に閉ざされた町は不可思議なを持っており、

そこかしこを得体の知れない異形の生物する異世界へと人を引き込む事がある。

サイレントヒルは、時に血や錆にまみれた「裏世界」へと変貌することがあり、

主人公たちは「表世界」と「裏世界」を行き来しながら的を達成することになる。

 

サイレントヒル Wikipedia

概要

異世界と化した架の町「サイレントヒル」を舞台に、襲い掛かる異形のクリーチャーを排除(もしくは回避)しつつ、様々なを解いてゲームを進行させる探索アドベンチャーゲーム

陰惨で陰、退的でありながら、寂寞感や物悲しさも感じさせる世界観・ストーリープレイヤーの恐怖を呼び起こすグラフィック・演出、山岡晃氏による印的なBGMなどが高く評価され、後に何作ものシリーズ作が制作される程の人気ホラーゲームシリーズとなった。
また、このゲーム独特の精的に追い詰められるかのような凄まじい恐怖感は、他のホラーゲームでは味わえない程鮮なものであり、評判となった。
特に「裏世界」では、その余りの怖ろしさ・おぞましさにプレイを断念するプレイヤーが出るほど。
当初のコンセプトは「スティーブン・キング小説のようなゲームを作ろう」というものだったと言われており、実際に『』などとの共通点が見られる。 

日本より海外での人気の方が高く、シリーズ全体の売り上げも海外での売り上げが全体の8割を占めるほどである。 海外の有名ゲームサイトGamesTrailers.comの「最も怖いゲームランキング」でも一位を獲得している。

2006年には映画化もされた。 → 参照:映画版の記事
原作の雰囲気を上手く掴んだ演出などから原作ファンにも概ね好評で、行的にもスマッシュヒットとなった。
ただ、原作よりグロテスクで残酷な表現も多々あり、そういったものが苦手な方には鑑賞にご注意を。

2009年9月、『SILENT HILL:HOMECOMING』の日本版が「諸般の事情」で発売中止となった

2013年7月12日には映画の続編『Silent Hill: Revelation 3D』が日本でも開。3Dに対応し、ゲームの『SILENT HILL3』を元にストーリーがつくられた。監督は前作から変更されたが、キャストは前作からの続投も多く、さらに音楽山岡晃シリーズに復帰して担当している。また前作同様に原作では登場しなかった三頭も登場し、ファンの期待にもこたえた。 

2014年8月13日ケルンで開催された「gamescom 2014」内で、PS4向けホラーゲームP.T.』が発表。開発を担当したのは「7780s STUDIO」という名のスタジオで、事前情報が全くないまま全世界に配信された。しかし実際は小島秀夫映画監督ギレルモ・デル・トロ俳優ノーマン・リーダス(彼はCGモデリングされ、エンディング映像にも出演している)による新作『SILENT HILLS』の「Playable Teaser(体験特報)」であった。詳細はP.T.へ。

2015年3月コナミ制作体制が変更となり、社内プロダクション制度をやめ、本部制へと変したため 現在は小島プロダクションは存在しない。そして4月SILENT HILLS開発中止が発表された。コナミは「サイレントヒルシリーズについては引き続き開発していきます」と4月29日づけでコメントしている。

シリーズの今後としては2015年10月パチスロサイレントヒルが稼働開始予定。このプロジェクトは「サイレントヒルズ」発表前から企画されていた。

シリーズ

開発中止/発売中止タイトル

関連動画

SILENT HILL 1

SILENT HILL 2 最期の詩

SILENT HILL 3

SILENT HILL 4

SILENT HILL Homecoming

SILENT HILL ZERO

SILENT HILL THE ARCADE

SILENT HILL SHATTERED MEMORIES

SILENT HILL Downpour

SILENT HILL: BOOK OF MEMORIES

P.T.

SILENT HILLS

SILENT HILL(パチスロ)

映画

UFOエンディング

UFOエンディングとは、サイレントヒルには欠かせない隠しエンディングである。
詳しいことは「UFOエンディング」の記事を参照。

恐ろしくも切ない物語や、猟奇的な雰囲気をぶち壊しにかかってくるこのエンディングは、すっかりシリーズの名物・お約束となっており、ほぼ全ての作品にこのエンディングが存在する。
このエンディングかった『4』がファンからの不評を買ってしまったほどである。
そのためか、『ZERO』以降の作品では復活している。

因みにUFOエンドが『4』で消滅した原因は不明だが、サイレントヒル3UFOエンディングで流れるエンディングテーマサイレントヒルのうた」では「みんな、もうUFOエンディングなんて飽きたんじゃないか?」と恐る恐る歌われていることから、開発側がこのエンディングへの需要に気づいていなかった可性が考えられる(しかし、『4』のデータが解析された結果、チャネリング用のアイテムという怪しげなデータが使用されずに残っていることがわかっている)。

最近の作品ではUFOエンディングい物も多いが、代わりに「ジョークエンド」が用意されている。

静岡

サイレントヒルプレイ動画において、舞台となる町サイレントヒルを直訳して「静岡(静丘)」とネタにするコメントタグがときおり発生する。

実際、サイレントヒルというタイトルの由来は静岡だったりする。
なんでも、海外に出すサンプルの仮タイトルとして静岡を直訳して「サイレントヒル」としたところ、海外スタッフの間で評判が良かったため、そのまま本タイトルにしたという事らしい。
また、ゲーム内のサイレントヒルの地形や風景は熱を参考に製作されたともられている。

しかし何故静岡を仮題に使ったのかは不明である。一部では「メーカー静岡にあったから」とされているが、コナミの本社や開発スタジオ静岡にあったことはない。

:用例

静岡こえええええw」「※静岡ではよくあることです」「ま た 静 岡 か

黄金の右足

サイレントヒルシリーズでは、基本的には攻撃に武器を使用するのだが、小の敵や、ダウンした敵への追い討ち攻撃の際には足蹴りが使われるのが定番となっている(攻撃ボタンを押していると自動的に足蹴りになる)。

その際、その主人公のあまりの勇ましさ(?)に敬意を表して「の右足」というタグが付けられる場合が多い。
なお、足蹴りは2まで即死攻撃であった。3以降は弱体化したが、ZEROでは再び即死攻撃に戻っている。

サーチヘッド

ホラーゲーム特有の暗い部屋など、アイテムを探すのに困難な場面に遭遇する事がある。ゲーム設定のオプションで画面の明るさを調節できるが、それによって雰囲気を損ねてしまう。

そこでお手軽な手段として、プレイヤーキャラクターの頭を観察しておく方法がある。これはアイテムが傍にあるとその方向を見つめるという習性がシリーズ通してあり、暗い部屋や小さいアイテムなどでもしっかり反応してくれるのである。またサイレントヒルでは開けられないドアが多数存在するが、開けられないドアには反応せずに開けられるドアには反応するようになっている。

関連商品

ゲームソフト

 サウンドトラック

 攻略本・関連書籍

 映画関連商品

シリーズの功績

関連作品

モンスター烈伝 オレカバトル

子供たちに人気のアーケードカードゲームレッドピラミッドシングが参戦。

深き冥界の町からやってきた処刑人。動きは遅いが強く、常に虐げる対を探している。とってもしつこいぞ。(公式サイトの図鑑より)
「第6章 孤の沼地」にて低確率で出現。本作での名称は"ピラミッドヘッド"
ボスでありながら専用BGM『Betrayal』が流れる特別待遇となっている。ただし他のゲストボスと違い、原曲のみ。遭遇時に直接カード化するか、レアドロップの『大』を使った特殊合体で入手可

Krazy Kart Racing

iOSAndroid向けレースゲームレッドピラミッドシングは、ピラミッドヘッドという名前で登場。操作キャラクターのうちの一人。他にサイレントヒルからはロビーが参戦している。

関連コミュニティ

関連項目


【スポンサーリンク】

携帯版URL:
http://dic.nicomoba.jp/k/a/%E3%82%B5%E3%82%A4%E3%83%AC%E3%83%B3%E3%83%88%E3%83%92%E3%83%AB
ページ番号: 738624 リビジョン番号: 2244299
読み:サイレントヒル
初版作成日: 08/11/25 05:49 ◆ 最終更新日: 15/08/10 02:10
編集内容についての説明/コメント: SILENT HILL The Escape の配信終了が発表
記事編集 / 編集履歴を閲覧

この記事の掲示板に最近描かれたお絵カキコ


苦しみを越えても

最後にならなかった

次で完成予定

さんかく

レッドピラミッドシン子

この記事の掲示板に最近投稿されたピコカキコ

ピコカキコがありません

サイレントヒルについて語るスレ

499 : ななしのよっしん :2015/08/15(土) 23:54:55 ID: Gw4G3ZdOHv
>>sm10207345

所詮、懐古にわかですらないファン()が食いつぶした作品
やりもせず、批評する評論家だらけだからな
止まったら一生動かないかもしれないのに
試行錯誤する会社を批判して止める、これはファン()の鑑ですねwww
500 : ななしのよっしん :2015/08/16(日) 00:06:25 ID: XInglnzTie
>>499
君、どうしたの?
試行錯誤ってパチンコにしてほしいなんて頼んでないし、P.T.からのSH新作を望む人はプレイした人でも大勢いたよ
だからここまでの騒ぎになったんだよ?
君はコナミにどうしてほしいの?
501 : ななしのよっしん :2015/08/16(日) 00:17:39 ID: 3ebwie1gPB
パチンコ好きながじゃぶじゃぶをおとす。
スマホゲーがうまくいかずコナミの体制が変わる。
パチンコマネーでサイレントヒル新作、の展開待ってます。
502 : ななしのよっしん :2015/08/17(月) 03:43:27 ID: /4sC7DEO1a
開発中止にした時点で「止まっちゃった」んだけどね。
そもそもパチスロ作るにしても並行してやればいいだけの話で
それすらしないってことはもうコナミ的には切り捨てて、最後の出がらしで適当に作っておけという事でしかない。
割れ厨やら動画評論家やらは置いといて、散々企業側の都合で客を振り回しといて挙句客が悪いなんてのが通用するのは日本コンテンツ業界くらいなものだけどね。
その他の業界ならそんな所の商品はすぐに売れなくなるし、下手したら訴訟ものだ

後、パチスロで評判良いかどうかって、乗っかってるコンテンツじゃなくて単純に当たりがでかいかどうかだからね。
大抵、初期に店に押し付けてオシマイ。
>>501
その時点で社内でゲーム作れるは自的に逃げるかクビになるかの違いはあっても去ってるし、作るカネの余裕もない
>>493
最近のコナミの姿勢だと、売れててもけがでなかったか、出てたとしてもコンシューマごと切り捨てる気である可性が高い
503 : ななしのよっしん :2015/08/21(金) 18:05:01 ID: mzwB4cm4Hc




>>lv232179232
504 : ななしのよっしん :2015/08/22(土) 23:17:21 ID: MJWrv9JPkL
他の開発中止になったゲームとりあえずパチスロにして
それ以上は放ったらかしみたいになるのかな……
何にしたって待ち望んだサイヒルは帰ってこないんだ

ダウンプアまでプレイしてうーんって思ってただけに、
P.T.で盛り上がってこのざまって
ほんとユーザを足蹴にするの上手いね……
505 : ななしのよっしん :2015/08/26(水) 00:26:36 ID: LEbMNj82vf
まあ今のコナミの体制からしIPの飼い殺しでしょ
新作を作る訳でもなく、かと言って権利を売れば他社がそれで稼いじゃうから手放す訳でもなく
パチけたサイレントヒルサの字もないソシャゲへ一直線
506 : ななしのよっしん :2015/08/28(金) 10:05:37 ID: a+BQ7zfCcL
3UFOの「ばついちにじのはは」のばつって誰だっけ?
アレッサ二児はシェリル、ヘザー(シェリル)だろうけど
507 : ななしのよっしん :2015/08/28(金) 10:16:42 ID: 0w82Zb1akf
>>506
このゲームプレイしたことないから間違っているかもしれないけど、「ばついち」は離婚を1回しているってこと。
昔は離婚したら戸籍にバツ印をつけていたから、離婚歴のある人を「バツイチ」とか「バツニ」って呼んでいたのよ
508 : ななしのよっしん :2015/08/28(金) 13:11:38 ID: mH015crpGb
いや、あれはジョーク歌詞だからマジメに考察するなよw
ダグラスが本当に探偵屋とか言われても困る
  JASRAC許諾番号: 9011622001Y31015