単語記事: サクラ大戦

編集

サクラ大戦』とは、1996年セガから発売された太正時代(大正ではない)を舞台にした和製スチームパンク作品である。 

概要

サクラ大戦ヒロインズ

上記の様に、各界を代表するクリエイターたちが手を結び、セガサターンゲームソフトとして1996年9月27日に発売され、セガサターンオリジナルタイトルとして最高のセールスを記録。

プレイ後のユーザー評価に基づく人気投票で決定される「1997年CESA大賞グランプリ」「1997年ゲーム・オブ・ザ・イヤーグランプリ」を受賞。多くのユーザーから強い支持を得る。

更に高品質なアニメなども先進的に取り入れている。また田中公平が手掛ける音楽も非常に高い評価を受けている。シリーズ関連のボーカル曲はなんと300曲以上アニメドラマCD、歌謡ショウ使用曲含む)。その後ドリームキャスト移植され、さらにTVアニメOVA、舞台、小説漫画などに幅広く展開された作品。

近年では当たり前になって来たゲーム・アニメの舞台化、常設オフシャルファンショップ1990年代から。ネットワークを生かしたドリームキャストでの専用のネトゲの発売や、常設オフシャルコンセプトカフェを2000年代から展開していた時代を先取りしていた作品。(ショップコンセプトカフェは現在閉店さすが時代を先取りしすぎなSEGA作品。

15周年の節である2011年から、「花とゆめ」にて「サクラ大戦奏組」の連載が行われていた。シリーズ初の女性向けという異色の作品だが、単行本の特典としてアニメDVDが付属していた。後に舞台にもなっている。

2012年には3DSソフトPROJECT X ZONE」、2015年にはその続編たる「PROJECT X ZONE2」、2016年にはソーシャルゲームグランブルーファンタジー」など、近年はコラボ参戦の機会が多くなっている。
そして2017年開発をセガゲームスが担当する「スーパーロボット大戦X-Ω」にて、期間限定とはいえ遂にスパロボ参戦を果たす。実質セガメディアミックスでもあるためか、これまでの期間限定イベントとは違い複数イベントに跨ってのゲスト参戦となり、X-Ωキャラの搭乗するスパロボオリジナル光武光武X」「光武Ω」まで登場するという異例の厚遇となった。またこの際、セガ単独版権として扱われている。

2014年アニメ「セハガール」でもゲスト出演するなど、名実ともにセガの代表シリーズの一つとして計上されている。

本編作品

外伝作品/ファンディスク

ゲームについて

年号、「太正」時代。プレイヤーは1~4は大神一郎、Vは大河新次郎となり、霊都市を防衛する的で作られた組織「撃団」の隊長となり、組織に所属する女の子達と仲良くなりつつ都市を防衛して行くゲーム

シャーマン巫女、霊を持つのは若い女性なので、「撃団」の隊員は隊長以外は若い女性ばかりである。

隊員の女の子達は「歌劇団」のレビュー演劇を行う舞台スターという顔も持つ。

1・2・4は東京、3は巴里、Vは紐育が舞台。DSで発売された「君あるがため」はこれまでのキャラクター総出演の作品で、ナンバリングはされておらずゲームジャンルも1~Vとは違った不思議ダンジョン系だが物語自体はVの続きとなっていてる。

歌劇団のモデル独身の若い女性だけで構成される実在日本少女劇団、「宝塚歌劇団」である。宝塚歌劇団の知識があると更に楽しめるかもしれない。舞台の演は、「松竹歌劇団」をモチーフにしたもので、劇場の大舞台を最大限に利用した「屋台崩し」が印強いだろう。

TVアニメに作られており、話数の終わりに次回予告もある。

基本的にはアドベンチャーゲームADV恋愛シミュレーションゲームだが、戦略シミュレーションゲームSLG)でもあり、演出面ではスチームパンク大正浪漫戦隊ヒーローもの、時代劇の構成(勧善懲悪・殺など)、歌謡曲演劇ロボットオカルトと幅広い要素を融合させた意欲作である。

TVアニメ

 2000年4月8日から同年9月23日までTBS系列で放送。全25話。

 監督中村隆太郎

 アニメーション制作マッドハウス

ゲームの1作の内容を基盤としているが、主人公ゲーム大神一郎ではなくヒロインの1人である真宮寺さくらとなっている。それによりゲーム大神一郎視点からではなく真宮寺さくら視点物語が進み、ほぼアニメオリジナル展開。ゲームの重要な要素である大神一郎とのヒロインとの恋愛要素もなく、組から大神へ特別な好意を寄せられているような描写も一切ない。

その他、本来サクラ大戦2から登場するキャラクターが登場する・一部のキャラクターの性格がゲームと大きく異なる・敵の雑魚キャラの「」がゲーム機械的なものから生物的なものに変更・敵の最終的な的が違う、などゲームとの相違点がかなり多く、結末も全く違った物になっている。

基本的なストーリー原作ゲームの内容とべるとかなり精的に来るような暗く重い展開となっていて組の仲もギスギスのドロドロとなってしまっており、ファンからの評価はお世辞にも高くない。

映画『サクラ大戦活動写真』

 2001年12月22日東映洋画系

 監督本郷みつる

 アニメーション制作Production I.G

 同時上映:『スレイヤーズれみあむ』『あずまんが大王』『Di Gi Charat

角川アニメ』と題し上映された。時間軸と舞台はサクラ大戦3時の大神一郎不在の東京。後にサクラ大戦Vヒロインの1人となるラチェットアルタイルの初登場作品。敵キャラも後に発売されたゲームサクラ大戦V 荒野のサムライ』に登場している。

挿入歌、『奇跡の鐘』と共に始まるOPは一見の価値あり。

当初はサクラ大戦の単独上映で、『魔法少女アイリス』『さくらちゃんハーイ!』という短編が同時上映の予定だったという。広井王子氏のインタビューによると『魔法少女アイリス』はアイリスマスコットジャンポール変身スティックを持って戦う「カードキャプターさくら」ようなイメージ、『さくらちゃんハーイ!』は学園パロディカンナが泣いて教室洪水になりボートで脱出するというような内容のドタバタギャクの予定だったらしい。

舞台

初演は1997年で、昨今のアニメゲームの舞台化の先駆け的存在。各都市の団事に演を展開している。

ゲームでのオーディション時点で舞台に展開される事を前提としてキャスティングされ、メインキャラからサブキャラに至るまで全てのキャラクターゲーム版の声優がそのままの役で立っている事が大きな特徴。それとは逆に舞台版のキャラクターOVAドラマCD逆輸入もされており、その際の声優も舞台版の役者がそのまま演じている。中の人の事情で舞台に出演出来なかった場合は代役を立てる事は一切なくそのキャラクターは欠席扱いになる等「中の人キャラクター」の意識が非常に高い。

最後のカーテンコールまで役者としてではなくキャラクターとして演じ切る演出も高評価を得てエンターテイメントとして10年以上に渡り開催され続けて来た。

2007年5月13日に第1回、2011年10月7日に15周年記念第2回武道館ライブも開催している。

舞台前提のキャスティング
歌謡ショウ』は1997年より毎年演。2001年からは毎年正月にも演されていた。サクラ大戦舞台のだったが2006年舞台10周年の年に幕を下ろした。の舞台、『歌謡ショウ』は日常劇と劇中劇を描いた本格ミュージカル正月の舞台『新歌謡ショウ』は軽い日常劇と歌曲が中心。新らしく大喜利和太鼓演奏も。2002年の「新編八伝」からはの舞台の名称が『スーパー歌謡ショウ』に変わった。

 

巴里
組が舞台を開催する前提でキャスティングしたのと違って舞台をやる予定ではなかったが人気により組の舞台の休演日に急遽1日限りの舞台が決定。後は大きな舞台には立つ事はなく、『クリスマスディナーショウ』をメインに活動する。
2009年以降は組と同じ形式の舞台も開催した。

 

 

紐育
組と同じで舞台前提のキャスティング。予定していた巴里組のクリスマスディナーショウキャストの都合により開催できなくなったため、『新次郎のクリスマス』として数名のキャラが先行お披露され、後に本格舞台化。舞台は劇ではなく、歌曲中心の『レビュウショウ』。
2009年以降は組と同じ形式の舞台も開催した。

 

女組
98年に演された「ミュージカル」。女組を演じるのは「南青山少女歌劇団」の面々で、組は芝居の冒頭に日替わりゲストで登場するだけ、田中公平音楽のみという異色作。歌謡ショウを本格的な芝居にしていくために、演劇のつくりかた・準備の仕方など基礎的なことを劇団と組んで学ぼうとしたという側面が強い。園太郎・中丸新将・次郎など、のちにお染みとなる役者も出演。

 

漫画版

 サクラ大戦漫画版(全9巻 マガジンZKC

 サクラ大戦漫画版第二部(6巻~以下続刊 KCデラックス)

 原作広井王子

 漫画:政一九

 出版社:講談社

月刊マガジンZ』(現在廃刊2002年6月から連載開始。マガジンイーノ、月刊少年マガジン+を経て2017年現在は単行本描き下しとして進行中。ゲーム1作ストーリーを忠実に再現しつつ、舞台版・テレビアニメ版・映画サクラ大戦奏組などの他のメディアの設定を上手く取り込みまとめ上げている。作画キャラクター原案の藤島康介キャラクターデザイン松原秀典に良く酷似しておりファンの評価は高い。

サクラ大戦漫画版(全9巻)はゲームで言うとサクラ大戦1の7話まで、第二部は8話からの話。連載開始から10年以上経つ現在でもサクラ大戦1の話が終了していない正直エヴァ漫画版並。

関連動画

オープニングムービー

各本編プレイ動画(本家)

サクラ大戦興味をもったが買うのは…という場合は1から見る事をお薦めしたい。



各本編プレイ動画(外伝)

本家シリーズとは別モノだが興味を持たれた方には是非。


ゲーム中、合体技を発動したときに入るムービー

これだけ見ると誤解を招きかねない。

関連生放送

関連商品


コミュニティ

関連項目

リンク

サクラ大戦.com

サクラ大戦シリーズ 攻略 Wiki


【スポンサーリンク】

携帯版URL:
http://dic.nicomoba.jp/k/a/%E3%82%B5%E3%82%AF%E3%83%A9%E5%A4%A7%E6%88%A6
ページ番号: 111869 リビジョン番号: 2471085
読み:サクラタイセン
初版作成日: 08/05/20 19:20 ◆ 最終更新日: 17/03/22 08:48
編集内容についての説明/コメント: スパクロ参戦にさらに追記
記事編集 / 編集履歴を閲覧
このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事の掲示板に最近描かれたお絵カキコ


真宮寺さくら

この記事の掲示板に最近投稿されたピコカキコ

檄!帝国華撃団

サクラ大戦について語るスレ

577 : ななしのよっしん :2017/06/05(月) 23:17:49 ID: YBY6P8x4oJ
サクラ大戦.com見たら7月7・8・9日に花やしきイベントのお知らせが出てた
よ・・・チケット売だったorz

578 : ななしのよっしん :2017/06/11(日) 23:36:04 ID: iY4V6ggW0z
>>575
どこを縦読み
579 : ななしのよっしん :2017/06/12(月) 00:50:23 ID: BXHP6KGK8P
>>575
ぷっwwww
も全てがマリア信者に都合の良い内容なんて言ってないのにww
マリア信者は相変わらず強欲ですな
580 : ななしのよっしん :2017/06/13(火) 04:10:19 ID: wuwXUWWvt5
信者関係あるかなあ。ギャルゲやってる人間からしたら、ゲームで「のように慕っている」が漫画読んだら人だったらそら切れると思うよ。
581 : ななしのよっしん :2017/06/22(木) 03:47:24 ID: ru6Lkk+Nrt
切れるとか病気だな
582 : ななしのよっしん :2017/06/22(木) 21:04:58 ID: TcIaNgcSNp
組にスカウトされる前はNYマフィア用心棒やってました
ってのはOKなのかしら
583 : ななしのよっしん :2017/06/28(水) 03:45:28 ID: y6VpmrMWTy
アニメ版しか見たことないがあれで暗いって原作ゲームはどんだけお気楽なの?
せいぜい敵のデザインが少し怖いくらいで何も感じなかったけど。
本当のロボットアニメっていうのはゾイドジェネシスみたいなにを言うんじゃない?サクラ大戦で不言ってたらゾイドなんて一話でトラウマになるレベルじゃ?
主人公さくらはよく泣いてたイメージはあるけど優しい中にも強い意思の宿ったならではの鋭いをのぞかせてて、泣きなだけじゃなく喜怒哀楽がはっきりしてて、ギャルゲチョロインみたいに男の言いなりにもならずにを出す感情のはっきりした人間臭いキャラに見えたけどな。
それともゲームのほうが想像を絶するくらいぶっ飛んで明るいのか。もし勝利シーンゲキテイ処刑用BGMとして流れるくらい調子いいのならそれはそれでありだなw
584 : ななしのよっしん :2017/07/09(日) 21:58:12 ID: FPXLlZ3Db+
原作は「そこまでだ、帝国華撃団参上!」って決めポーズ取りながら現れたり、合体技をセリフ叫んで放ったりするレベル世界
途中暗くても最終的には絶対明るい展開になる優しい世界

そういう戦隊モノとかに準ずる作をがっつりシリアスにまとめられたコレジャナイ感しての「アニメ版は暗すぎ」だから

その辺はゲキテイ歌詞とのミスマッチさで多少察してもらえると思う
「悪を蹴散らして 正義を示すのだ 走れ光速帝国華撃団~♪」って感じじゃないでしょアニメ版は
ゲーム版はそんな感じ
585 : ななしのよっしん :2017/07/17(月) 15:53:30 ID: DMTIUls42X
サクラ大戦シリーズ田中公平氏と共に数多く編曲した根岸貴幸氏を作成しました.
586 : ななしのよっしん :2017/08/03(木) 16:04:42 ID: j6uLkFJOE2
>>570
人間と戦わせないってのはやろうと思えばできなくはないんだよね
エルドランシリーズなんかはそっちで相当気を遣って出してる
ニコニコニューストピックス
  JASRAC許諾番号: 9013388001Y45123
  NexTone許諾番号: ID000001829