単語記事: サザエさん時空

編集

サザエさん時空とは、連載開始から何年たっても登場キャラクターが年をとらない世界のことであり、漫画作品などでよく見られるお約束のひとつである。

概要

テレビアニメサザエさん』は、1969年より放映しているのだが、アニメキャラクターは一切年をとらず、サザエさんは24歳のままであり、カツオは小学5年生のまま、波平髪の毛一本が抜け落ちることもなく、イクラちゃんは「ハーイ」「バブー」だけしかしゃべらず(1985年、一時期言葉を話したが、不評のため黒歴史へと)、というように、年度の流れが一切視されている。

ただし季節は移り変わるし、時事ネタもそのときのモノがきちんと盛り込まれる。

時代は移り変わりつつも登場するキャラクターは一切変化しない。この永遠のループが、「サザエさん」の名を用いて「サザエさん時空」と呼ぶ。

ちなみに『サザエさん』は連載当初からサザエさん時空だったわけではない。原作ではワカメ5歳から7歳に成長しているなど、当初はリアルタイムで年齢を重ねていた。

他作品で起きているサザエさん時空

その世界における時間の流れが永遠にループする間は、他のアニメ漫画シリーズものの小説など色々なもので見受けられる。

代表例としては『ドラえもん』や『キテレツ大百科』などの子作品はもとより、『こちら葛飾区亀有公園前派出所』『あさりちゃん』『うる星やつら』『美味しんぼ』『クレヨンしんちゃん』『ピーナッツ』『落第忍者乱太郎』など、小説では『十津川警部シリーズ』『三毛猫ホームズシリーズ』などがある。

特にギャグマンガなどではサザエさん時空の作品が多岐にわたる。
だぶるじぇい』『日常』『侵略!イカ娘』『のんのんびより』『ゆるゆり』『みつどもえ』など、ギャグコメディではキャラクターの年齢を連載を続けていくうちにいじってしまうと、ドラマ的な形にせざるを得なくなってくる上に、長い連載になってくると矛盾設定が発生してしまう可性が高いため、サザエさん時空物語を展開する以外に方法がなくなる場合がある。

一方、明確に年齢は重ねないものの登場人物同士が結婚したり、子どもが生まれたりする事は「サザエさん時空」でも起きることがあり、「時間は閉じているが歴史は蓄積される」ことから、“蓄積サザエさん時空”と呼ばれることもある(『美味しんぼ』『クレヨンしんちゃん』など)。

なお、作品によっては媒体によってサザエさん時空である場合とそうではない場合がある。例えば、『ラブライブ!』は雑誌での連載企画CDに収録されているPVなどでは明らかサザエさん時空である。これは舞台が高校であり、サザエさん時空にしないとメンバーの一部(3年生)が「卒業」してしまい、企画が成り立たなくなるため。しかし、漫画版はゆっくりではあるが時が進んでいる(後述の「時間ゆっくり」系に該当)ほか、テレビアニメ版は3年生の「卒業」までが描かれている。

ただし「サザエさん時空」自体がすでに矛盾しており、そのこと自体を疑問視しメタ的なネタにすることがある。

「サザエさん時空」をネタにしたもの

セクシーコマンドー外伝 すごいよ!!マサルさん』『さよなら絶望先生』では毎年生徒が留年したことになっている。
また、『かってに改蔵』ではメインキャラが齢を取らない中、当初主人公後輩だったサブキャラだけが年々進級し、終盤では主人公達の先輩になってしまうというギャグも存在している。
そして『さよなら絶望先生』『かってに改蔵』共に、最終盤の衝撃的などんでん返しにおいて、物語サザエさん時空だった事に対する理由付けもされるという展開が用意されていた。

ハイスクール!奇面組』では連載開始当初、奇面組らは中3、、千絵は中2でスタートし、年齢もリアルタイムで重ねていたが、互いに高3となった1984年よりサザエさん時空に突入した。これ以降は作者になるたびにタイムマシンに乗って一年前に戻り、「最後の一年を補する」形でループしている。編集部の意向で理矢理続けされられたとのことで、一回こそ作者も「まだやっていない行事が沢山有る」と乗り気であったが、作者タイムマシンもどんどんボロボロになり連載終了を伝えられた時には泣いて喜ぶという生々しい楽屋オチが描かれた。

魔法陣グルグル』では、「何者か」によって主人公たちがループにハマってしまい、何の変化も起きないから出られなくなる、という事件が発生した。これも「サザエさん時空」に閉じ込められた、と捉えることができるだろう。

「時間ゆっくり」系サザエさん時空

名探偵コナン』はサザエさん時空のようでありながら、実際にはそれほど時間が経っていない。連載開始から2009年現在まで、まだ半年しか過ぎていない事になっている。作者があえてそのようにしているらしいが、そのままサザエさん時空にしてしまってもいいような気がする。

サザエさん時空方式をとらずに成長させていくのが世間一般のマンガだが、必ずしも現実の時間の流れに沿うわけではない。

キャプテン翼』や『スラムダンク』などは1試合に連載を何週間や何ヶもかける(ページ数が多くなる)し、『がんばれ元気』はしっかり成人している。『ひだまりスケッチ』や『けいおん!』や『らき☆すた』も現実の流れとは違いながらも進級・卒業を果たしており、『アカギ ~闇に降り立った天才~』に至っては「中」一枚切るのに三ヶかかっている。

サザエさん時空に近いが、季節が巡るのが極端に遅いだけで、実際には時間が非常にゆっくりと進んでいる。前述の『キャプテン翼』などもそうだが、『ハヤテのごとく!』や『家庭教師ヒットマンREBORN!』などもある。

ドカベン』も山田ら明訓メンバーの中2から高3までの5年間を15年かけて執筆している。さらに1994年の『プロ野球編』で連載再開にあたり、全メンバーの年齢や生年、設定をめるという手法を使った。プロ野球編以降はリアルタイムで進行しているが、ペナントレースの1試合に半年以上使う事もザラであり、いろいろと歪みが起こっている。

通常の漫画作品には、サザエさん時空が存在せず、サザエさん時空漫画の方が圧倒的に少ない。サザエさん時空だと思っていたら最終回で「○年後」と時間を表示させてしまう作品が多いためである。人気作品では魔法先生ネギま!』がその例に当たる。

「サザエさん時空」ではなかった作品

だがそんな中でも、現実の時間に沿うように漫画内の時間も同じ流れにしていた代表例が『あずまんが大王』であろう。1999年2月の連載開始から約3年間、登場人物たちの高校入学・進級まで現実に沿うように連載させ、人気絶頂の中2002年5月には登場人物たちの卒業を描き、一切引き伸ばし等をせず見事に完結させた。これは前述の通り人気作品の延命が度々図られてしまう中、作者の意向通りに連載を終了できた、極めて希有な例である。また同じ学園モノでは、『あずきちゃん』の漫画版も同じく小学5年生~中学3年生までの5年間をリアルタイムに連載した。

サザエさん』の原作が元々新聞で連載されていた事から、他に新聞で連載されている『ののちゃん』や『コボちゃん』等、この方式を取っている漫画も多い。そんな中、『コボちゃん』は主人公コボちゃん母親妊娠、出産を迎えるというイベントが発生し、それに伴いコボちゃん小学生に成長するなど、連載27年にしてサザエさん時空から抜け出すという快挙(?)を達成した。

涼宮ハルヒの憂鬱』の夏休みを何回も繰り返す短編ストーリーエンドレスエイト」はサザエさん時空パターンを踏襲しているが、登場人物のほとんどがループごとに記憶をリセットされてしまうため、サザエさん時空とは呼べないとする意見もある。これはむしろ、サザエさん時空物語題にし、どうやってそこから抜け出すかを描いたものといえるだろう。

超越作品(上記以外)

関連項目


【スポンサーリンク】

携帯版URL:
http://dic.nicomoba.jp/k/a/%E3%82%B5%E3%82%B6%E3%82%A8%E3%81%95%E3%82%93%E6%99%82%E7%A9%BA
ページ番号: 3824104 リビジョン番号: 2333141
読み:サザエサンジクウ
初版作成日: 09/06/27 04:32 ◆ 最終更新日: 16/03/05 10:09
編集内容についての説明/コメント: ゆるゆり追加
記事編集 / 編集履歴を閲覧

この記事の掲示板に最近描かれたお絵カキコ

お絵カキコがありません

この記事の掲示板に最近投稿されたピコカキコ

ピコカキコがありません

サザエさん時空について語るスレ

267 : ななしのよっしん :2016/04/02(土) 23:58:43 ID: tgoopBur1a
>>265
>通常の漫画作品には、サザエさん時空が存在せず、サザエさん時空漫画の方が圧倒的に少ない。
>サザエさん時空だと思っていたら最終回で「○年後」と時間を表示させてしまう作品が多いためである。
>人気作品では『魔法先生ネギま!』がその例に当たる。

自分もおおよそそのように認識しているけど
だとしたらこの記述が非常にモヤモヤする
ネギま最終回付近がければサザエさん時空といえる?
268 : ななしのよっしん :2016/04/03(日) 00:00:19 ID: tgoopBur1a
後気になる点は
・記事でエンドレスエイトが例に挙げられているがループ物サザエさん時空
・連載中にサザエさん時空になっている作品は、単行本で読んでもサザエさん時空
・同じ内容の漫画を週刊と刊で掲載した場合で判定は変わる?
ファンタジー物でサザエさん時空は起こる?
269 : ななしのよっしん :2016/04/03(日) 00:18:46 ID: TZQYoPg13Z
時系列的にどう考えてもおかしくなる(なぜか同じ年にクリスマスが2回以上あるとか)のが
呼ばわりされる由縁だから
1年以上経ってるのに前年との年齢差が把握できないとか
そもそも時間経過自体が不明とか
あえて「不明」レベルでぼかされてるのはまた違うんじゃないかと

明らかにおかしい」と「わからん、まったくわからん!」は同じようで全然違うから混同するとマズイ
270 : ななしのよっしん :2016/04/03(日) 10:04:00 ID: tFQ35jpaGS
>>267
ネギまは別に時間はループしていないが、「作中時間」と「時代背景」の進行速度にズレがあるタイプサザエさん時空
連載が始まった当初は2003年が「現代」だったが、作中時間でおよそ3か後、魔法世界に向かった時には2007年が「現代」になった。
>>268
ループ物は言ってしまえば「作中人物が(メタフィクション的なギャグ以外で)サザエさん時空に気づいてしまう」という展開
・わざわざ昔の内容を書き直すような漫画の方が世の中ではしい
・掲載ペースなんてものは基本的に考慮されない
・ほとんどのファンタジー物(とSFもの)は現実とは社会風俗はまるで異なるのでそもそもサザエさん時空にする必要性がない
271 : ななしのよっしん :2016/04/03(日) 15:04:27 ID: tgoopBur1a
>>270
>魔法世界に向かった時には2007年が「現代」になった。
これについて詳しく
ネギま時系列を調べてみたがそういった情報は見つけられなかったです

>・ループ物は言ってしまえば~
ループものループの原因がわかっているなら矛盾なく時系列が書けるからサザエさん時空と違うと思う
繰り返しが起こる作品の内で作品内に原因がある物はループ物、作品外に原因がある物はサザエさん時空と明確に分けられると思う※個人の感想です

>・わざわざ昔の内容を書き直すような漫画の方が世の中ではしい
>・掲載ペースなんてものは基本的に考慮されない
質問の意図が通じなかったので
サザエさん時空には読む時期や読み方(連載中に週刊で読む,雑誌や単行本一気読み)は関係、作品の内容だけが判断基準?
272 : ななしのよっしん :2016/04/03(日) 15:15:28 ID: hSdQ7K4HrO
ネギまって1年間の話を数十巻かけてただけで作中カレンダーはしっかり存在してるしサザエさん時空関係いでしょ
あとハヤテのように作中カレンダーは存在するけどオタ文化だけ現代相応に発達するパターン追記して欲しい
273 : ななしのよっしん :2016/04/05(火) 23:50:27 ID: 8AAp5R5dRn
プリパラが唐突なサザエさん時空に突入…か?
274 : ななしのよっしん :2016/04/16(土) 21:08:10 ID: EhJjMa+N2v
クラちゃんはあんなにしっかり歩けてるのに
ハーイ」「チャーン」「バブー」しかしゃべれないっての
理があるよね
それも含めて時んでるってことなの?
275 : ななしのよっしん :2016/05/09(月) 00:17:13 ID: jm+4Bpy63F
プリパラみたいに途中まで順当に時間経過してたのに突然サザエさん時空になる例って他にどんなのがあったかな
276 : ななしのよっしん :2016/05/15(日) 19:25:56 ID: dtfS6mXzZT
若干違うと思うがアイマスは当初新作出る度時間経過してたのにサザエさん時空になったな
時間経過させたことが失敗につながったわけじゃないんだが、新作がことごとく失敗して結果的に全作品パラレルのサザエさん時空シフトした
  JASRAC許諾番号: 9011622001Y31015