単語記事: サザビー

編集

サザビーとは以下のものを指す。

  1. 「機動戦士ガンダム 逆襲のシャア」に登場するモビルスーツ
  2. ファッションブランド、生活用品などを販売している企業

当記事では1について記述する。

概要

サイコミュとファンネルを装備したニュータイプ専用モビルスーツ。型式番号はMSN-04。
ネオ・ジオンが設計し、アナハイム・エレクトロニクス社が開発、同社グラナダ工廠で製造を担当した。
重装甲と多彩な武装から防御力と火力に優れ、全身に装備されたスラスターとアポジモーターによって、量産機より高い運動性能を有している。
シャアの専用機であることから、機体色は真紅となっている。
武装:ビームショットライフル メガ粒子砲 ビームサーベル ビームトマホーク ミサイル ファンネル

機体性能

サザビーが登場した第二次ネオジオン戦争の時代は、ドーベンウルフ等に代表される第四世代MS(MA並の高出力機関装備、高出力メガ粒子砲装備、サイコミュ装備の多機能高性能機)からシンプルで汎用性の高いタイプへ回帰したMSが多い。が、サザビーはサイコミュを操縦系に組み込み、メガコンデンサー直結型のメガ粒子砲を搭載、むしろ第四世代MSに近い機体になっている。但し、それでも第一次ネオジオン戦争時の様な重武装山盛りではない。

元々シャア専用機としてはギラ・ドーガにサイコミュを組み込む方針で開発が進んでいた。これが後のヤクト・ドーガだが、ギラ・ドーガの発展ではシャアの専用機としては性能不足と判明。かと言って性能を追求して開発すると大型MAになってしまう・・・という中、サイコ・フレームを初期の設計段階から採用することにより、構造体にもサイコミュ能力を持たせることに成功。ヤクト・ドーガを遙かに上回る追従性を持ちながら、25mサイズに収める事に成功した。

また、ガンダリウム系合の新開発によって装甲材の強度が増し、重装甲大型機でありながらさして重くない、という機体になった。さらに多数のロケットモーターが内蔵されたため、大型の機体にもかかわらず機動性、運動性も高い。

機体にあわせて武装面も充実しており、ヤクト・ドーガと同タイプのファンネル六基と、腹部にはメガ粒子砲が搭載されている。この他にビームトマホーク、ビームサーベル、シールドにマウントされたミサイル三発、ビームショットライフルという、実に多岐にわたる装備を可能にしている。

設計段階からして既に『赤い彗星』シャア・アズナブルの専用機となることが決まっていたため、機体色は真紅となっている。

νガンダムと比較して

武装

サザビーは前述の通り、手持ち・着脱可能武装としてファンネル、ビームショットライフル、ビームトマホーク、ビームサーベル、シールドミサイルと多岐にわたる武装を装備。ビームショットライフルはこの時期のMSとしては破格の出力を誇り、実は腹部メガ粒子砲よりも出力が高い(ライフル10.2MW、腹部メガ粒子砲8.8MW)。その出力を生かし、近距離に踏み込まれた際は散弾として発射、面制圧で敵を撃破する事も可能である。

また、腹部メガ粒子砲を装備しているのも大きな特徴で、こちらも拡散メガ粒子砲として使用可能。定格出力自体はビームショットライフルより低いが、ジェネレータ直結である為威力はこちらの方が高く、複数のMSをまとめて薙ぎ払ったりアクシズの岩盤を吹き飛ばしたりと劇中でも活躍している。但し、強味であるジェネレータ直結式は同時に欠点でもあり、エネルギーの消耗が大きい上に、その供給を外部ケーブルによって行っているため、そこが破損するとパワーダウンして攻撃力が低下してしまう。

近接戦武装のビームトマホークは大型ビームサーベルにもなり、その一方、電力を回さなくてもヒートトマホークとして使用可能な万能武器である。劇中ではそれを投擲してライフルを破壊するなどの器用な場面を見せている他、さらに予備のビームサーベルを2本装備している。

一方、νガンダムも負けず劣らず多彩な武装を装備している。代名詞のフィン・ファンネル、グレネードランチャー装備のビームライフル、頭部固定の90mmバルカン、ニュー・ハイパー・バズーカ、ミサイルとビームキャノンを内蔵したシールド、ビームサーベル(背中のメイン1+予備1)、マニピュレータにはトリモチランチャーとダミー発射機。特徴的なのはシールドで、裏面にビームキャノン、先端裏面にミサイルを装備。このビームキャノンを稼動させる為のジェネレータも装備しており、シールドというよりは多目的統合兵装といえる。

更に、ビームライフルはEパックを使用せず、エネルギーCAP式である。これは要するに『手持ち式のメガ粒子砲』で、ジェネレータから直接電力を供給する。更に、出力切り替え機能があり、最大出力では戦艦の主砲並の威力が出せる。ただし、対サザビー戦ではもっぱら普通のビームライフルとして使用していた。

それらを踏まえてライバル同士の武装を比べると・・・

ファンネルについては、サザビーのファンネルはメガ粒子や推進剤が尽きてもファンネルラックに戻せば再補給が可能で長時間運用可能な点が優れており、一方ファンネルを壊されてしまうとラックがデッドウェイト化するのが欠点。フィン・ファンネルは大型故の持続力とファンネルバリアが利点だが、再補給ができない上に収納時の重量なども問題となる。双方一長一短と言った様相だが、実際に劇中では互いが互いを撃墜するなど互角の戦いを見せていた。

シールドはνのものが攻撃的な多目的兵装、サザビーのものは先端のミサイル(と裏面に装備されたビームトマホーク)以外は『盾』であり、そもそも性格が違う。ただ、サザビーのシールドは新型ガンダリウム合を使用しコーティングを施している為、裏面にヤバそうなものがついてるついてないを抜きにしても頑丈な様である。近接武装については、ビームトマホークの仕様から考えてサザビーの方が高威力と考えられる。そもそもジェネレータ出力はサザビー3960kW、νガンダム2980kWなので、ビームトマホークの特殊機能がなくてもサザビーの方が上かもしれないが。

射撃戦武装については、高威力な武装をふたつだけ(ライフルと腹部メガ粒子砲)装備するサザビー、ライフル・バズーカ・ビームキャノン・バルカンと多彩な武器を装備するν、と明確な違いがある。サザビーの方がシンプルにまとまっていると言えるだろうが、νはライフルを破壊されても他の武装で戦闘を継続できる冗長性の高さがある(一応、ライフル以外は何かしら欠点のある武装ではあるが)。無論、その分、劇中のアムロの様にポイポイ武器を捨てる判断力が求められる訳だが。

総合的に見て、大量の量産機を相手にできる武装を備えつつエース機との戦闘にも対応し得るサザビー、汎用性もあるしエース機の相手ならそれこそ「まかせろー(バリバリ」のνと、それぞれの運用に適した武装を装備していると言える。どちらが優れていると言うより、どちらも運用目的にマッチした武装を装備している、と言うべきだろう。

シャアが率いるネオ・ジオンは生産拠点であった小惑星アクシズを喪い、機動兵器を始めとする装備をスポンサーであるアナハイム・エレクトロニクスを頼っていた。故にただでさえ数で連邦を上回った歴史の無いジオン側としては、少数で多数を相手にする羽目にならざるを得ない訳で、サザビーの腹部メガ粒子砲(多数の敵を一網打尽にできる)やビームショットライフル(乱戦になったら散弾でお帰り願う)はネオジオンの状況に適している訳である。

重量、機動性

サザビーは(特に某ガンダムvsガンダムシリーズの3Dモデルのせいで)デブというイメージが強く、デブ→重い→重い機体を無理矢理高出力スラスターで動かしてると考えられがちである。更に『サザビー→重装甲高火力中機動』『νガンダム→中装甲中火力高機動』と比較されがちでもある。しかし、原作を見たりプラモデルを作ったりするとわかる(特に同スケールのジ・Oと比べるとわかりやすい)が、実際にはデブではなくデカいMSである。そりゃ25mもあるんだから当たり前なのだが、特に設定画の手癖から実際よりシルエットが大きく見えるということもあり、立体化の際には議論を呼ぶ事が多い機体でもある。

その為、一般的なイメージに比べて実は軽い。νガンダムの本体重量は27.9t、サザビーは30.5t。実に2.6tしか違わない。ちなみにジェガンは21.3t、ギラ・ドーガは23t。むしろνが意外と重いと言うべきか。なんだかんだでνも量産機よりは大きく、ガンダリウム系装甲を採用(量産機はチタン合セラミック複合材)しているので当然と言えば当然だが。但し、全備重量はνガンダム63.0t、サザビー71.2t、ジェガン47.3t、ギラ・ドーガ50.8tとサザビーが大分重い。MSの重量設定自体が適当だというのは言ってはいけない。

とは言え、大型ファンネル(当然重い筈)に加えてビームキャノンにジェネレータまで内蔵した盾、ライフル、バズーカ、と明らか武装が重そうなνガンダムが35.1t増加。一方ビームショットライフルと盾以外は小型ファンネルとサーベル系しかないサザビーは40.7t増加している。恐らくサザビーの全備重量は結構な量を推進剤が食っていると思われる。実際、サザビーの総推力は133,000kg、νガンダムの97,800kgと比べて明らかに高く、背中についているプロペラントタンクも、あの大きさでありながら最大出力だと90秒ぐらいしか戦闘時間は延びない

逆に考えると、武装をポイポイ捨てたνと同様、長時間戦闘し続けたサザビーはνとのタイマンになった時点で相当推進剤を使っていた筈で、かなり軽くなっていた筈。となると、サザビーの自重というハンデはほぼなくなっていた上単純に出力も推力もサザビーの方が高く、武装の冗長性というνの###この執筆者はネオジオン諜報部に粛清されました###

ただ、当然と言えば当然ながら、設定資料集などではあくまで漠然と「全身のアポジモーターと高推力スラスターで大型MSとは思えない機動力を得た」という感じで書いてあるだけであり、νガンダムとサザビーの運動性・機動性はどの様に違ったのかは謎である。多分永遠に謎であろう。後付設###この執筆者はネオジオン諜報部に粛清されました###

尚、この時代になると連邦製MSはプロペラントタンクを付けていない。アレは燃料タンク故に活動時間が延長できる代わり、あそこに被弾したら大爆発不可避の危険物という事で『汎用性』重視の風潮と特に連邦軍がMS単体での長時間行動を想定しない所もあって当時のMSからは省かれる傾向にあったのである。にも関わらずわざわざ重装甲にした総帥専用MSに付けているのは、稼動時間を増やすことで戦力差を補う側面がある。

関連動画


関連商品

関連コミュニティ

関連項目

  • νガンダム
  • モビルスーツ
  • ナイチンゲール(MS)
  • ガンダムシリーズ一覧
  • ガンダムシリーズのMS・MAの一覧

【スポンサーリンク】

携帯版URL:
http://dic.nicomoba.jp/k/a/%E3%82%B5%E3%82%B6%E3%83%93%E3%83%BC
ページ番号: 4758292 リビジョン番号: 2361249
読み:サザビー
初版作成日: 11/11/05 23:59 ◆ 最終更新日: 16/05/13 17:15
編集内容についての説明/コメント: 誤字修正(内臓→内蔵)
記事編集 / 編集履歴を閲覧

この記事の掲示板に最近描かれたお絵カキコ

お絵カキコがありません

この記事の掲示板に最近投稿されたピコカキコ

ピコカキコがありません

サザビーについて語るスレ

137 : ななしのよっしん :2016/04/28(木) 21:19:12 ID: db3CkFfThu
基本的な比較対象が狂ってるからなぁ
138 : ななしのよっしん :2016/04/28(木) 21:31:16 ID: 29h+8O8snO
アムロinνガンダムが規格外に強すぎるだけだ
シャアとサザビーもそこらのパイロットからしたらチート級だろ
139 : ななしのよっしん :2016/05/03(火) 22:57:59 ID: R97p0hsn3o
νガンダムの武器を使い尽くしても倒しきれなかったから拳で殴りにいったわけだしね
140 : ななしのよっしん :2016/07/19(火) 19:54:46 ID: bhbZTqLSnP
記事にツッコミだけど、フィンファンネルは大型なだけじゃなく
ジェネレーター内蔵だからエネルギー補給の必要はないよ
141 : ななしのよっしん :2016/10/07(金) 18:57:05 ID: FpGtPQmYix
最終的にはどっちもズタボロになりながらいい勝負してたよね
ただ「大佐帰ってきてー!」ていうナナイの思念受信しちゃってスキができちゃったのがサザビーの敗因っていうか・・・
あの脱出装置の作動も誤作動くさいし
142 : ななしのよっしん :2016/11/29(火) 23:21:40 ID: PHprD9HI9h
一番最後の肉弾戦、νガンダムはバルカン使ってない。
「最速で、確実にサザビーを破壊する」なら牽制効果込みで近接戦では非常に有効な手段なのに……。
サイコフレームをリークするシャア同様、アムロにも
「パワーダウンして近接兵器を失ったシャア相手に、ビームサーベル以外の武器、特に飛び道具を使うのは男同士の信義にもとる」という思いがあったのかな。その点、シャアもアムロにちょこっと手加減してもらってるw

サザビーのパワーダウンはバルカンでエネルギーパイプやられたゆえ」との説もあるが、あれ、いまいち破壊効果が確認できないし、激戦の最中、そんな些細で細かい相手の状況に気づけるのか、という気もするが……、アムロとシャアの間柄ならお互い阿吽の呼吸で気づけそうw

逆シャアは、シャアの子供っぽさと、アムロの大人っぽさの対比が目立つ作品だけど、この場面は、アムロもシャア同様、子供っぽい一騎打ちにこだわっちゃうのか、シャアの意地に付き合ってあげるアムロはやっぱり大人で優しいということなのかw
143 : ななしのよっしん :2016/12/16(金) 14:42:12 ID: 8kNerxlsQu
>>142
ただ単に弾切れなんじゃね。

サザビーのデザインで気になるのはいっつも足なんだよな。
設定画だと上にカバーみたいになってて正面から見たら空間が空いてるんだけど、あんましゲームとかだと再現されてないイメージある。
144 : ななしのよっしん :2017/02/01(水) 02:40:03 ID: qfwy1zzpvQ
ttp://highlandview.blog17.fc2.com/blog-entry-122.html
この人のブログの受け売りだけど
νはアクシズ押し返さなきゃいけなかったので五体満足、サザビーは五体満足だと最後はシャア一人だけ棒立ちにするかアムロに同調して協力する等、見せ場がダメになるから脱出ポッド(シャアが自由に動かせられないだけでなく他の理由もあるけど)になるまでボコボコにされたって考えもあると思う
νがラストシューティングの時のような片腕ガンダムだと摩擦熱やオーバーロード云々の台詞の説得力が減るし、押し返す姿の見栄えも悪い
シャアには戦略上勝ってたり他の理由でフォロー入れてあるので、映画で伝えたいことのためにサザビーはボコボコにならざるを得なかった
良いとこなしの印象ばかりだろうけど、映画の最後の見せ場のためにνを壊せない中で最終対決として申し分ない戦いを見せたとなると、サザビーへの印象が変わるんじゃないかな
145 : ななしのよっしん :2017/02/01(水) 03:00:32 ID: Xd6S28m2iZ
>>144
けど片手片足でアクシズを押し返すニューガンダムもそれはそれでかっこ良さそうじゃん
146 : ななしのよっしん :2017/02/02(木) 01:28:52 ID: qfwy1zzpvQ
>>145
見栄えが悪いじゃなくて、起こす奇跡に疑念が出ないようにしたかったですね、すみません
正直、それは自分もカッコいいと思うw
あの場面で「奇跡が起きて運命を共にする二人」以外の余地が生まれないようにしたかったのと
子ども(シャア)を叱る大人(アムロ)を見せたいのに、これが結構いいようにやられているのでは困るというのもあったんじゃないかと
  JASRAC許諾番号: 9011622001Y31015