編集  

サッカー単語

サッカー

サッカー英:Soccer)とは、足を使いボールを相手チームゴールに入れることを的としたスポーツである。海外ではフットボール蹴球ともいう。

概要

サッカーは、身体の手以外の部位を使って、ボールゴールと呼ばれる場所に入れることをす、2チームによる対戦形式のチーム競技である。19世紀イングランドで生まれ、世界中にもっとも広まっている球技の一つであり、200カ以上のサッカー協会があるといわれる。

とりわけ盛んな地区として南ヨーロッパが知られるが、近年は後進地域といわれたアフリカアジアオセアニア、更には不毛の地とまで言われたアメリカにまでサッカー人気は浸透しており、多くの人気No.1スポーツとなっている。

ブラジルアルゼンチンイタリアドイツイングランドフランススペインなどがW杯優勝を経験している強豪国である。その他、過去3回W杯準優勝の実績を持つオランダも強として知られ、数多くの名選手を輩出している。

尚、サッカーは、アメリカでの呼び名Soccerカタカナ表記にしたもの。この名の由来やその他のでの呼び名については後述

特徴

手を使わずにボールゴールへ入れるというシンプルルール。1チームは11人で構成され、1人のゴールキーパーゴール前に配置すれば10人のフィールドプレーヤーの配置は自由。戦術やまた選手の持つ特性に合わせてフォーメーションを決める。

に足を使ってボールを操り、パス、ドリブル、シュートなどプレーの大部分は足で行う。中に浮きあがったボールの処理は頭を使って行う。手を使うと反則となるが、ゴールキーパーのみ相手の蹴ったボールを手で触ることが許される。

オフサイドルールが独特で、このルールがよくも悪くもサッカーというスポーツの特異性を決定づけている。
かつては全員ボールをやみくもに追いかけていたが、長い歴史の中でルールと共に戦術も洗練され、現在ではそれぞれに役割が振り当てられるシステマティックなスポーツとなっている。
とはいえ手を使わないという特性から他のスポーツべると不確実性が立ち、ボール奪取による攻守の入れ替わりしい。また90分の戦いの中で挙げられる得点は両チーム合計3点程度と非常に少ない。導権を握れていないチームラッキーな形で得点したり、誤審で取り返しがつかなくなると言うのもよくある。

歴史

ボールを使ったゲーム世界中に古くからあり、中国から日本へ伝わった蹴もその一つである。

サッカーのもとになったのは、イギリスで行われていたハーリングやドリブリング・ゲームなどである。これらが学校で行われるようになり、他学校との試合が増えると統一したルールを定める必要性が生まれた。1863年に、イングランドフットボール協会(Football Association)がフットボールサッカー)の規則を制定。この際にボールを手で使うこととすねを蹴ることを禁じ、それを許すフットボールの規則と区別するため、アソシエーション・フットボールと呼ばれるようになった。

名称と由来

日本においては「サッカー」(Soccer)という呼称が一般的であるが、これは協会式フットボールAssociation Football)に由来し、アソシエーションの略形アソック(Assoc.)に俗語語尾~アー(-a/-er)が付いたものが更に略され Socca, Socker 等を経て Soccer となったもの。元々は19世紀後半に、英国で文化の最先端にあって社会的影の強い大学生の間で話されていた学生であり、同様の略語にはラグビーフットボールRugby Football)の略称であるラガー(Rugger, アメリカ日本では専ら選手 Rugby Player のこと)などがある。

サッカーという呼び名を使っているのは日本以外だと、北オセアニアアイルランドなどの独自のフットボール文化が浸透または混在している旧英国領地域ぐらいで、イギリスでは現在では Association Football または単に Football と呼ばれている。

世界の他の地域では協会の影下で、りや発音を変えながらも英語Football に由来した名称で呼ばれる。たとえばドイツ語圏ではフースバル(Fußball)、カナダ以外のフランス語圏ではフットボールFootball, 外来語として例外的に英語に倣ったりと発音)、スペイン語圏ではフットボル(Fútbol)または翻訳バロンピエ(Balompié/Balón-pie)、ポルトガル語圏ではフーテボウ/フッチボウ(Futebol)。中国語圏では足球(標準でツーチォ zúqiú)で一見 Football 系なのだが、広東ではツォッカウ(zuk1kau4)であり、Soccer の音写でもあることが判る(なお香港サッカー協会は東アジア最古のサッカー協会である)。

イタリアでは伝統的蹴球技にちなみカルチョCalcio)と呼ぶ。サッカー等の競技スポーツの勝敗をネタにした賭博をすトトカルチョtotocalcio)もこれにちなむ。

日本に伝わった際、アソシエーション(式)フットボールなどと呼ばれていたこともあり、大学サッカーではいまだにこの呼称を用いる団体もある(例 早稲田大学ア式蹴球部)。また、韓国語では日本語蹴球が輸入され、チュック(축구 chuk-gu)と呼ぶ。

競技団体・大会

サッカーの競技はAssociation Footballの名のとおりFIFA国際サッカー連盟)が統括しており、その下に6つの大陸連盟があって、大陸連盟の下に各・地域のサッカー協会が所属している。FIFA下にないものはサッカーとは呼ばない。「FIFA」の項も参照。

その加盟国際連合より多い。基本的に一について一つの協会であるが、歴史的経緯により内の地域で協会が分かれている場合がある。イギリスにおけるイングランドスコットランド、北アイルランドウェールズの各協会が代表的。

サッカーチームに、スポーツクラブに所属する選手によるチームクラブチーム)と、各・地域に所属する選手からなるチーム(代表チーム)に分けられる。

クラブチームのリーグ

クラブチームリーグは、FIFAの方針により加盟ごとに一協会一体系でトップリーグからアマチュアまでを統括することになっている。
昨今ほとんどので、トップリーグプロ化されてきている。イングランドプレミアリーグスペインリーガ・エスパニョーライタリアセリエAドイツブンデスリーガフランスリーグ・アンが特に有名であり、海外や雑誌などでもこれらをヨーロッパ5大リーグと呼ぶ。
日本では1993年プロリーグとして日本プロサッカーリーグJリーグが発足している。

代表チーム

・地域を代表するチーム(代表チーム)も、各協会によって選出される。義を採っている。複数の籍を持つものは、どの代表チームに入るか選択する権利がある。ただし、一度ある代表チームに選出された後では、それを変更することはできない。 上で述べたように内地域ごとに協会がある場合には、その地域ごとに代表チームを組むが、明確な一一代表団制のオリンピック等ではその原則が崩れる場合がある(例:イングランド代表やスコットランド代表ではなく、イギリス代表として出場することになる)。

国際大会

クラブチーム際大会は6つの大陸連盟ごとにあり、ヨーロッパクラブチームで行われるUEFAチャンピオンズリーグと、南クラブチームで行われるコパ・リベルタドーレスが名高い。アジアではAFCチャンピオンズリーグACL)が行われ、日本からはJリーグ上位チーム天皇杯優勝チームが出場する。また、各大陸覇者FIFAクラブワールドカップクラブ世界一の座を争う。

代表チーム際大会といえば、なんといってもFIFAワールドカップである。サッカー界に限らずスポーツ界でもっとも大きな大会であるとされ、視聴者数や放映規模、経済効果はオリンピックかに上回るほどの規模である。また6つの大陸連盟別にも代表チームによる大会が行われており、アジアアジアカップヨーロッパEURO、他大陸からも参加を招待する南コパ・アメリカなど、のものもある。

女子サッカーについては、代表チームについては男子同様に際大会が開催されているものの(FIFA女子ワールドカップなど)、クラブチームによる各から選出されたチームによる際大会を開催しているのは、6つの大陸連盟のうちヨーロッパと南のみである。ただ、日本などではその前段階として招待参加の際大会をいくつか開いており、今後も増えていく可性はある。

オリンピックサッカー競技も非常に注される。ただし歴史的経緯やFIFAワールドカップとの競合を避けることから、現在では男子についてはユース(U-23)の大会となっている。

ルール・ポジション

サッカールールを大まかに紹介する。

フィールド・ゴール

競技は縦90120m、横4590mの長方形のフィールドピッチともいう)で行われる。標準規格は10568mで、要な大会ではこのサイズに統一されている。プロや代表が使うフィールドは、天然芝か人工芝で覆われているのが一般的である(大会によっては人工芝は認められていない)。フィールドの長辺をタッチライン、短辺をゴールラインと呼び、タッチラインの中点同士を結んだ線をハーフウェイラインと呼ぶ。四隅にはコーナーフラッグと呼ばれる旗が立てられる。

ゴールラインの中央に高さ2.44m、幅7.32mのゴールが置かれる。ゴールの支柱をポストといい、梁をクロスバーという。

ゴールを囲う方形の領域をゴールエリアと呼び、その外をさらに囲う方形の領域をペナルティエリアと呼ぶ。

競技者

サッカーは1チーム11人の2チームが対戦する。プレイヤー11人のうち特別に1人だけボールを手で扱えるゴールキーパーと呼ばれるポジションにつく。これ以外の10人はフィールドプレイヤーと呼ばれプレー中は手や腕でボールを扱えない。

試合中には、ベンチ入りした選手との交代が3人まで認められる(親善試合の場合はもっと多いこともある)。一度交代して試合から外れた選手が再び交代することはできない。

ベンチ入りできる人数も3人から7人まで(大会による)。

フィールドプレイヤーは、自軍のゴールから近い方から大まかにディフェンダー(DF)、ミッドフィルダー(MF)、フォワード(FW)の三つのポジションに分けられる。さらにその中での位置や役割の性格によって各でいろいろな名前がつけられている。

フィールドプレイヤーを各ポジションにどの割合で配分するかを4-4-2などと数字で表す。これはディフェンスに4人、ミッドフィルダーに4人、フォワードに2人を配置するという意味である。

チームとしてどう攻め、どう守るかということを戦術やシステムという。もちろん各チームによって異なり、また時代によって変化する。

ボールと競技者の用具

ボールは球形で外周は6870cm、重さは410~450グラム。材質は皮革が一般的。に塗った正六角形と正五形を縫製したボールが有名である。

同時に使うボールは1つだけだが、試合では複数のボールを用意してボールフィールドの外に大きく出た場合には近くに用意したものを使うのが一般的(1つのボールを使っていたときは大きく蹴り出して時間稼ぎ、ということがよくあった)。

選手はシャツ(またはジャージの上着)、ショーツ、ストッキング、すね当て、シューズをみにつけなければならない。

シャツは、一色もしくは2色の縦のボーダーが多い。色はが多い。

代表的な用具メーカーは、アディダス、ナイキ、モルテン、アンブロ、カッパ、ヒンメルプーマ、ミズノ、ディアドラウールシュポルトなど。

審判

1人の審と、2人の副審(線審)から構成される。さらに大会によっては第4の審判(予備審判)がつく。

審はルールを守らせること、タイムキーピング、ロスタイムの設定、アドバンテージの判断、ゲームの停止、中止の判断、再開の示、イエローカードレッドカードの提示などがな役割である。

副審(線審)はタッチライン際にいてオフサイドの判断、ボールフィールドの外へ出たか否かの判断、ゴールとなったか否かの判断、審のサポートを行う。

第4の審判(予備審判)は基本的に審判席に座っており、審や選手交代のサポート審や副審が怪などでジャッジ続行不可能と判断された場合の代役を務める。

ファウル

オフサイドペナルティーキックフリーキックについてはそれぞれの記事を参照。

選手が、反スポーツ的行為やルール違反を繰り返し行う場合には審は警告を与え、イエローカードを提示する。ネット上ではイエローカードカレー券などという。

選手が乱暴な行為や著しく不正な行為を犯す、決定的な得点機会をファウルで防ぐ、イエローカードを二枚提示された場合などには審は退場を宣告し、レッドカードを提示する。ネット上ではキムチ赤紙などという。

試合時間

試合時間は成人向けの公式ルールでは前後半45分、ハーフタイム15分である。時間内に勝負が付かない場合は、引き分けとするか、延長戦かペナルティーキック戦で勝敗を決める。若い世代の場合は40ハーフなどもっと短い場合がある。

カレンダー

サッカーリーグでは、に始まりに終わるもの(制)と、に始まりに終わるもの(制)がある。

要なサッカー際大会は、北半球制でオフにあたる6-7月に開かれることが多い(「国際Aマッチ」の項も参照)。

経済

サッカーにおける経済体は、サッカー選手と代理人、クラブチームと各サッカー協会と連盟である。

サッカー選手クラブチームから年俸やスポンサー料なども受け取り、代理人はサッカー選手の移籍を調整し、そのマージンを受取るのが一般的である。移籍とは、あるクラブチーム契約期間にある選手が別のチームへ移るときの違約である。EU域内の他クラブへの移籍の自由化が認められたボスマン判決以来、一部のスター選手の移籍の高騰が甚だしい。

クラブチームな収入は一般的に放映権料、入場料、移籍グッズ販売などである。とくにUEFAチャンピオンズリーグなどのメジャーな大会(とくに決勝トーナメント)の放映権料は大きく、クラブチームが大会への参加をす大きな理由となっている。

日本のサッカー事情

日本欧州サッカー界のように、プロ社会人学生・・・などといったカテゴリコミュニティが形成されている。それぞれについて解説していく。

プロサッカー界とノンプロ(社会人)サッカー界

この2つの世界は直接の繋がりがある。それは、Jリーグがそもそも社会人リーグトップカテゴリであった日本サッカーリーグJSL)を組して誕生したリーグの一つであることに尽きる。もう一つがノンプロリーグであるジャパンフットボールリーグ(旧JFL)であり、更にこの旧JFLから発展解消の形でJリーグ2部(J2)と現行のJFLである日本フットボールリーグが誕生している。

以降、日本社会人リーグJFLのみならず、地域リーグ都道府県リーグも、「社会人だけのリーグ」という形態をほぼ維持しなくなっていく。その上、プロ契約選手や学生選手の参加に関する制限はほとんどのリーグで一切明確にされることもなく、自然と「ノンプロリーグ」の立場へと移行していっている(※制限の例として、都道府県リーグの一つである東京都リーグ2011年度まで学生チームの参加を禁止にしていた。ただし、各々の学生選手が社会人チームに在籍することは認めていた)。ここでいう『ノンプロリーグ』とは、端的には「プロリーグの下にあるプロリーグではないリーグ」、具体的には「プロ契約者も居るがプロだけのリーグではないリーグ」または「アマチュアが多いがプロ契約者も居るリーグ」という意味だと捉えていただきたい。結果、今日スペインイングランドドイツイタリアフランスといった欧州サッカーと同様に、プロリーグ直下のリーグとして位置づけられている。

これが日本において一番根付いている団体球技の業界である野球界とのな違いとなる。野球界はプロ野球界のみならずそれ以外の野球界までもが各々独立した立場である。これは各々の成り立ちが全く異なって以降、それらをめる組織が設立されることもなく現在に至るため。故にその流れをサッカー界の流れと同一視することはあってはならない。よって、野球界ではプロリーグ入りをするのに「ノンプロの大会で所定の成績を残す」なんてことをしなくてもよいのである。

なお、日本のノンプロリーグでは、日本サッカー協会JFAチーム登録種別において第1種に区分されるチームに参加資格が与えられる。その中でも、所謂「JFA準加盟チーム」と言われる実質的な外国人チーム(=外籍の選手の在籍が6名以上のチーム)はJFLまで昇格出来るようになっている。一方、元Jリーガーを始めとする元プロ選手に対するリーグへの在籍制限はないので、スムーズプロリーグからノンプロリーグへと活動の場を移行することが出来たりする。逆も然りである。

ただ、欧州サッカー要各との大きな違いは、プロリーグとノンプロリーグの間に入替制度を設けていないことである。その要因として、一番はJリーグがまだエクスパンションを行っており、J3の下(J3JFLの間)に新しいカテゴリが設けられる可性があること。二番は縦に繋がっていて全てJFA下になっているとはいえ、各リーグ運営ともに専用の団体組織が担っている影もある関係で(※益社団法人日本プロサッカーリーグ・一般社団法人日本フットボールリーグ・・・等)、Jリーグのエクスパンションが仮に終わりを告げるにしても、JFAが直々に「入替制度を設けなさい」と命令を下すことはなく、JFL・各地域リーグ・各都道府県リーグとの話し合いを経ていく必要がある可性が高いこと。以上の2点である。

育成世代

ここでいう育成世代は、プロやノンプロと同じ第1種に区分する大学専門学校などの学生サッカー、並びに第2種や第3種などに区分される高校サッカー中学サッカークラブユースサッカーのことをす。

大学サッカー

第1種に区分する学生サッカーの代表的存在が大学サッカーである。大学サッカーではプロやノンプロとは異なる独自のリーグ、つまり大学リーグが形成されている(※立場上は高校・ユース(U-18)世代のU-18リーグ中学ジュニアユース(U-15)世代のU-15リーグと同様の的を持ったリーグだと捉えて構わない)。このリーグには、将来の日本サッカー界を牽引していくであろう有望(即戦とも言う)が集まるので、プロチームやノンプロチームにとっては最重要視される選手供給となっている

大学サッカー部(※以下、大学クラブ)は、この有望が集まる大学リーグトップチームを送り込んでいる。特に9地域の大学リーグの1つである関東大学サッカーリーグは最も有望が集まり、また東京都を本拠地とする各大手メディアにも留まりやすいこともあって、大学リーグ、引いては学生サッカー全体における最高峰リーグであると言っても過言ではなかろう。その他トップチームの選考から漏れた選手についてはサテライトと言われる下部組織チームを創設してそこに所属させ、ノンプロリーグなどで修行させている。下部組織チームい場合は関係あるOBチームに所属させている場合もある。

レベル大学クラブは特に関東関西に集中しているが、その他の地域にも存在する。また、こういった大学クラブは私立だけでなく立にも存在する。



中でも流通経済大学2000年以降に台頭してきた大学クラブとしては成功を収めている方であり、大学リーグに所属するトップチームのみならず、ノンプロリーグに所属するセカンドチーム流通経済大学ドラゴンズ龍ケ崎サードチーム流通経済大学FCも強として知られ、2チームともJFL在籍経験がある。

特に前者の流通経済大学ドラゴンズ龍ケ崎は、2016年の同リーグにてファーストステージ優勝を果たし、学生チームとしては最高順位となる初の年間成績2位を果たす。また、2018年度の天皇杯では、前年度大会本選でベスト16入りを果たした筑波大学蹴球部を相手に予選決勝で競り勝って茨城県代表の座を手にし、本選2回戦では当時Jリーグ1部所属で年間成績暫定2位に付けていたFC東京トップチーム)相手に2点先制されながら追いつくなど健闘した(※結果は2-4で敗退)。

専門学校サッカー

大学サッカーと違い登録チーム数が少ないため注されないことがしばしある。専門学校リーグ自体はいので、ノンプロリーグ大学リーグに所属しているチームもある。また、専門学校サッカーの連盟自体があるものの、JAPANサッカーカレッジのように加盟していない専門学校もあったりする。

高等専門学校サッカー

現役の1年生から3年生までの範囲でなるチームは後述する高校・ユース(U-18)世代と同じ大会に出られる他、大学リーグに所属しているところも見受けられる。

高校・ユース(U-18)世代

基本的に高校サッカー部が中心の高校サッカーサッカークラブのユース(U-18)チームの2つに分類される。前者はの大会が大手メディアを通して全的に知られるために立つが、逆に後者はそういうことはないので注度は低い。

この2者が突する年間通したリーグ戦も開催されている。ちなみにユースチームは、同じクラブに所属している中学ジュニアユース(U-15)世代にあたる選手の起用が可である。

中学・ジュニアユース(U-15)世代

大体は高校・ユース世代と同じである。

ニコニコ動画において

ニコニコ動画には、笑ってしまうプレー集、すごいプレー集、試合のハイライト特定サッカー選手のまとめ、などがある。

選手、内・海外チーム、さらには別のスポーツ(とくに野球)との不毛な較などの動画は概して荒れやすい。

著名なサッカー関係者

選手についてはサッカー選手を参照。

サッカー指導者

審判・実況者・ジャーナリスト

サッカーチーム、リーグ、大会、競技団体など

サッカーを題材にした作品

その他サッカー関連の単語記事

関連動画

関連商品

関連コミュニティ

関連項目

関連リンク


【スポンサーリンク】

スマホ版URL:
http://dic.nicovideo.jp/t/a/%E3%82%B5%E3%83%83%E3%82%AB%E3%83%BC
ページ番号: 241064 リビジョン番号: 2603435
読み:サッカー
初版作成日: 08/06/14 22:08 ◆ 最終更新日: 18/07/01 02:28
編集内容についての説明/コメント: 日本のサッカー事情について改編・加筆。
記事編集 / 編集履歴を閲覧
このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事の掲示板に最近描かれたお絵カキコ


ユニフォーム:無地

この記事の掲示板に最近投稿されたピコカキコ

ピコカキコがありません

サッカーについて語るスレ

460 : ななしのよっしん :2018/07/12(木) 16:20:43 ID: 9zJv5zSCLr
ガッガチルールで固めると動けなくなるから選手の善性を前提に組んでいるんだけども
その選手がルールを突くもんだからもうこれわけわかんねえな
461 : ななしのよっしん :2018/07/13(金) 12:38:55 ID: poMJNnJZ6v
やるはやるし、やらないはやらないだけの話だと思うけどな
ブラジルの選手は意外とやらないと思ってたけどネイマールが全部持ってった感じ
462 : ななしのよっしん :2018/07/13(金) 14:04:35 ID: pTlNsxEPqI
日本vsポーランド戦においてフェアプレーポイントで勝負せざるを得なくなった理由である失点の原因が日本選手のラフプレーってのが最高に

ファウルの判断基準がガバガバなのにフェアだのラフだの、
ホント面スポーツっすね
463 : ななしのよっしん :2018/07/14(土) 13:17:42 ID: nfzr3oxb8L
今後サッカーゲームには接触時のコマンド手に転がるシステムを標準実装するように
464 : ななしのよっしん :2018/07/14(土) 18:56:54 ID: sqeiUx4O+G
なんJ民ケンモメンイライラやなw
一ヶ前までは全敗だとか、ワールドカップなんか見ないとか言ってたのに
がはえるわ
465 : ななしのよっしん :2018/07/15(日) 12:05:57 ID: axlG1O9rsn
ネイマールが転がるのはなんJ民のせいだったのか
466 : ななしのよっしん :2018/07/15(日) 12:21:13 ID: 37lklCtgV4
コンタクトスポーツの中でもサッカーの汚さが殊更に付くのは手を使ってはいけない特殊性ゆえ
ボール操作に必要ない両手をラフプレーに思う存分使える
467 : ななしのよっしん :2018/07/16(月) 01:23:50 ID: gAMa8J5liC
>>461
むしろ南勢の得意技じゃないの痛い振り
468 : ななしのよっしん :2018/07/16(月) 23:48:48 ID: H8jMpuTkpl
一体ドイツフランスと何が違ったんだ
469 : ななしのよっしん :2018/07/19(木) 20:27:00 ID: FGOAPIzLXq
>>465
ここでキチガイが暴れてるのはなんj民のせいでも不思議はないんじゃない

>>466
というか単純に見てる人が多いからじゃないの?
後何故か昔から野球やらラグビーやらのファンからの敵にされてるし
急上昇ワード
ニコニコニューストピックス
  JASRAC許諾番号: 9013388001Y45123
  NexTone許諾番号: ID000001829