単語記事: サビ

編集  

サビ(さび)とは、

  1. (錆、銹) 金属が腐食したときに生成されるもの。
  2. (寂) 日本の美意識。俳句なら句中で最も深淵に達する部分。対義は「侘(わび)」。 ⇒「
  3. サビ) 歌曲等の旋のうち、聴く者に核として印付ける部分。対義は「メロ」「歌(ひらうた)」。
  4. サビワサビの略。
  5. (皺) 帽子のシワのこと。
  6. (さび) 生放送主。 ⇒「さび(生主)

以下で「3.」についてもう少し詳しく説明する。

サビ(楽曲用語)

音楽には古今東西さまざまな音の構成の仕方があるが、
昔から民謡や賛美歌、アリアなど「旋を歌うこと」を的とした分かりやすい楽曲においては、1つ(又は2つ程度)のまとまったフレーズの流れを繰り返していくのが普通である。

1つのまとまりを繰り返していく曲は「A→A→A→A→…」と表すことができ、民謡童謡、賛美歌の多くはこうした形式である。一方、2つのまとまりに分けることができる場合は「A→B→A→B」と表せる。

しかし、ある時期から(1960年代の米国ロックポップロックR&B等から)
 「A(ダイナミクス小=メロ)→B(ダイナミクス大=サビ)
 「A(ダイナミクス小=メロ)→B(ダイナミクス大=サビ)→A'(ダイナミクス小=メロ)」
 「A(ダイナミクス小=Aメロ)→B(ダイナミクス小=Bメロ)→C(ダイナミクス大=サビ)
といった1分弱~2分強程度の流れを一つの完結として、その後に2番としてもう一回繰り返したり間奏を挟んでサビのみ繰り返す、というような構成が支配的となっていった。
英語ではサビにあたるとしてChorusメロにあたるとしてVerseが使われる)
※なお80年代以降のJ-POPではサビの後にメロに戻ってから完結する上から2番パターンは少数となっている

現在のJ-POPで最もありがちな構成例

イントロ
 →Aメロ(→A'メロ)→Bメロサビ
 →Aメロ(→A'メロ)→Bメロサビ
 →間奏→Cメロ(又はB'メロ)→サビサビ→短いアウト

間奏の終わりあたりか大サビ前で転調することも多い。
なお、Cメロブリッジとも呼ぶ。 

語源

俳句の「寂」から来ているという説が有だが、初出などはわかっていない。
メロサビが明確に区別される楽曲が定式になったのは歌謡曲史上でも戦後になってからなので、そう古くはない気もするが……

関連項目


【スポンサーリンク】

携帯版URL:
http://dic.nicomoba.jp/k/a/%E3%82%B5%E3%83%93
ページ番号: 5049832 リビジョン番号: 1911781
読み:サビ
初版作成日: 13/02/28 08:45 ◆ 最終更新日: 13/10/20 03:45
編集内容についての説明/コメント: 3の対義語の追加。関連項目を追加。
記事編集 / 編集履歴を閲覧
このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事の掲示板に最近描かれたお絵カキコ

お絵カキコがありません

この記事の掲示板に最近投稿されたピコカキコ

ピコカキコがありません

サビについて語るスレ

1 : ななしのよっしん :2013/02/28(木) 08:57:07 ID: sZftbBfmD5
メモ
J-POP限定ではあるが、こちらのサイトがよく考察している。
http://peachgrove.web.fc2.com/jpopform.htm
急上昇ワード
ニコニコニューストピックス
電ファミwiki
  JASRAC許諾番号: 9013388001Y45123
  NexTone許諾番号: ID000001829